2013 平成25年12月22日(日)

平成9115日目

平成25年12月22日(日)

2013/12/22

【第58回有馬記念】オルフェーヴル、有終の美

12月22日のできごと(何の日)
https://www.youtube.com/

有馬記念は22日、中山で行われ、引退レースに臨んだ圧倒的な1番人気のオルフェーヴル(池添謙一騎乗)が2年ぶり2度目の優勝を果たした。有馬記念2勝は史上6頭目、G1はクラシック3冠と昨年の宝塚記念を合わせて6勝目。池添騎手は中央G1、20勝目、池江調教師は10勝目。

後方から4頭目をじっくりと進んだオルフェーヴルは、2周目の3コーナー付近から外側を一気に進出。最後の直線入り口で早めに先頭に立つと、末脚を伸ばして2着に入った4番人気のウインバリアシオンに8馬身差をつけて圧勝した。《共同通信》

【全国高校駅伝】女子は豊川(愛知)が4度目の優勝

全国高校駅伝が22日、京都市の西京極陸上競技場発着コースで行われ、第25回記念大会で58校が出場した女子(5区間、21・0975キロ)は豊川(愛知)が1時間6分54秒で2年ぶり、史上最多4度目の優勝を決めた。第64回の男子(7区間、42・195キロ)は山梨学院大付が2時間3分53秒で初優勝した。

女子の豊川は歴代2位タイの好タイムで2位の興譲館(岡山)に57秒差の完勝。3位は須磨学園(兵庫)で2連覇を狙った立命館宇治(京都)は4位だった。

男子の山梨学院大付は激しいトラック勝負を制した。《共同通信》

【フィギュア・羽生結弦選手】初の五輪へ

フィギュアスケートのソチ冬季五輪代表最終選考会を兼ねた全日本選手権第2日は22日、さいたまスーパーアリーナで行われ、男子は今季のグランプリ(GP)ファイナルを制した19歳の羽生結弦が合計297・80点で2連覇し、初の五輪代表入りを決めた。277・04点で2位となった町田樹も代表を確実にした。

代表の3枠目は3位の小塚崇彦と、5位だった高橋大輔のどちらかを選ぶことになった。

女子ショートプログラム(SP)はGPファイナル女王の浅田真央が73・01点で、3年連続7度目の優勝に向けて首位発進した。《共同通信》

12月22日のできごと