平成8625日目

平成24年8月19日(日)

2012/08/19

【尖閣諸島】東京都議・兵庫県議ら10人が魚釣島に上陸

沖縄県・尖閣諸島の魚釣島に19日、東京都議、兵庫県議ら日本人10人が一時上陸した。政府の許可を得ておらず、第11管区海上保安本部(那覇)が事情を聴いたほか、県警も事情聴取の方針。10人は戦時中の疎開船遭難事件の慰霊祭参加のため、超党派の議員連盟などのメンバーとして船で訪れた。

尖閣諸島をめぐっては、香港の活動家ら14人が15日に魚釣島に上陸するなどして逮捕、強制送還されたばかり。領有権を主張する中国や台湾で反発が高まっている。上陸したのは鈴木章浩都議、和田有一朗兵庫県議、茨城県取手市の小嶋吉浩市議、東京都荒川区の小坂英二区議、杉並区の田中裕太郎区議の地方議員計5人のほか、政治団体幹部ら。《共同通信》




【トッド・エイキン下院議員】失言認める

米共和党のトッド・エイキン下院議員(ミズーリ州)は19日、「『正当なレイプ』が妊娠に結びつくことは滅多にない」とした自らの発言は失言だったと認めた。

エイキン議員は人工妊娠中絶反対の立場で保守層の支持を集め、今年11月の選挙では上院議員選に出馬予定。地元テレビ局のインタビューの中で、強姦事件の被害者の場合は中絶を認めるべきかと尋ねられて反対の意見を示し、「私が医師から聞いた話では、(強姦被害者の)妊娠は極めてまれだ」「もしそれが正当なレイプなら、女性の体にはすべてを拒絶しようとする仕組みがある」と発言した。「正当なレイプ」の定義についての説明はなかった。 リベラル系の団体がこの内容をインターネットに投稿していた。

エイキン議員は19日、「インタビューの中で失言があった。強姦や暴行の被害に遭っている年間何千人という女性に対し、私が抱いている深い同情の念を反映したものではない」とのコメントを発表。ただし強姦被害者の中絶に反対する立場は変わらないと述べ、「罰せられるべきはレイプ犯であって、子どもではない」と強調した。《CNN》

【松本幸四郎さん】「ラ・マンチャの男」通算上演1200回達成

歌舞伎俳優の松本幸四郎さん主演のミュージカル「ラ・マンチャの男」が19日、東京・帝国劇場での公演で、1969年4月の初演から通算1200回を達成した。客席には小泉純一郎元首相や脚本家の山田太一さんらの姿があった。幸四郎さんは終演後「夢のミュージカルを演じながら、夢の中にいるようです。今日まで続けてきてよかった。胸がいっぱいです」とあいさつした。《共同通信》

【ゴルフ・宮里美香選手】米ツアー初優勝

米女子ゴルフツアーのセーフウェー・クラシックは19日、米オレゴン州のパンプキンリッジGCで最終ラウンドを行い、宮里美香が、通算13アンダーの203で同ツアー初優勝を果たした。日本選手では8人目。

米ツアー出場資格を持っての22歳での優勝は、2009年に24歳でエビアン・マスターズを制した宮里藍(27)を抜き、日本人最年少となった。

沖縄出身の宮里美は日本のプロテストを受けずに米ツアーに挑んだ。本格参戦4年目の今季は2位2度、3位1度と、優勝まであと一歩の成績を続けた。《共同通信》

【トニー・スコットさん】死去

トニー・スコット氏(映画監督)19日、米ロサンゼルスの橋から海に飛び降り、死亡した。68歳。近くに駐車されたスコット氏の乗用車から遺書が見つかり、地元警察当局は自殺とみている。AP通信などが伝えた。

トム・クルーズさんを主役に起用し、世界的にヒットした1986年の米映画「トップガン」のほか、「ビバリーヒルズ・コップ2」(87年)などの監督も務めた。「エイリアン」の監督、リドリー・スコット氏(74)は実兄。《共同通信》

8月19日/のできごと