平成7894日目

2010/08/19

【この日の菅直人総理】

自衛隊各幕僚長等との意見交換

平成22年8月19日、菅総理は総理大臣官邸で、自衛隊各幕僚長等との意見交換を行いました。

菅総理は、冒頭のあいさつで「我が国の平和のために自衛隊の大きな役目を果たしていただかなければならないということで、皆さんのご意見を拝聴しながら今後の責任を果たす役目を担っていきたいと思っております。」と述べました。《首相官邸》

自衛隊各幕僚長等との意見交換-平成22年8月19日|政府インターネットテレビ

政府インターネットテレビの動画です。

記者ぶらさがり

菅直人総理(代表)は19日夕、首相官邸で記者団から、同日、直嶋正行経済産業大臣と景気動向について意見交換を行ったことや、民主党が来週の26日に政調拡大役員会で追加経済対策の指針を取りまとめる方針を示したことなどから、総理自身の追加経済対策への考えを問われた。総理は「昨日、一昨日も申し上げたように関係閣僚から(景気動向や経済情勢について)話が聞きたいということで直嶋経済産業大臣から話を聞いた」と状況を説明。今後、荒井聰経済財政担当大臣および野田佳彦財務大臣からも近々話を聞く予定であることとあわせ、党側の考えとして、玄葉光一郎政調会長からも経済対策に関する考え方について8月中に話を聞き、追加経済対策の検討を行っていく考えを明らかにした。《民主党ニュース》



【警視庁】新高齢者運転標識を発表

110910-mark

警察庁は19日、70歳以上のドライバーに運転時の表示が求められる高齢運転者標識について、現行の「もみじマーク」を見直し、四葉のクローバーをモチーフとした新たなデザインに変更すると発表した。今後、道路交通法施行規則を改正し、年内に導入する。もみじマークも当分の間、使用できる。

同庁によると、新しいデザインは大阪市のグラフィックデザイナー松山幹生さん(31)が考案したもので、四葉のクローバーとシニアの「S」を組み合わせたデザイン。緑や黄色などを配置し、活発な高齢者のイメージを表現した。

新しい高齢運転者標識は、公募で寄せられた1万4573点の中から選定。有識者による検討委員会がもみじマークを含めた5点に絞り、70歳以上の高齢ドライバーなどから意見を募った結果、「色合いがさわやかで印象がよく、高齢運転者が誇りを持って表示できる」などと支持する声が最も多かった。《時事通信》

【社民党】辻元清美議員の離党を了承

社民党は19日の常任幹事会で辻元清美前国土交通副大臣の離党を正式に認めた。「除名」などの処分は行わない。衆院会派「社民党・市民連合」は辻元氏の退会を衆院事務局に届け出た。辻元氏は無所属となる。

辻元氏は7月に大阪府連に離党届を提出、社民党は対応を協議していた。重野安正幹事長は幹事会後の記者会見で、処分を見送った理由について「大阪府連から辻元氏のこれまでの党への貢献を踏まえ寛大な措置を求める要請があり、その点を考慮した」と説明した。《共同通信》

【民主党・小沢一郎前幹事長】鳩山研修会に出席

9月の民主党代表選に向け、小沢一郎前幹事長が自らの出馬を含め対応を検討していることが19日、分かった。周辺が明らかにした。自身の政治資金問題に対する世論や党内情勢を見極めた上で来週にも最終判断するとみられる。

小沢氏はこの日、長野県軽井沢町で開かれた鳩山由紀夫前首相グループの研修会に出席して結束を訴え、再選を目指す菅直人首相をけん制した。ただ自身の出馬については言及しなかった。

研修会には首相に批判的な小沢氏や側近議員らが多数合流し、鳩山氏側によると参加者は計約150人。党所属議員の3分の1以上の議員が集まったことで、政権批判派の動きが増し、再選を目指す首相の対抗馬擁立の動きが加速する可能性がある。《共同通信》

【民主党・枝野幸男幹事長】福井県鯖江市訪問

枝野幸男幹事長は19日午後、福井県を訪れ、眼鏡フレームの製造で国内の9割以上のシェアを誇る鯖江市内の(株)シャルマンを訪問した。

枝野幹事長は堀川馨シャルマン会長から眼鏡のフレーム製造の概要について説明を受けた後、メガネショールームと工場内を視察した。視察を通じて枝野幹事長は「スイスの時計産業のように、眼鏡産業と言えば鯖江となればいい」と国内の地域活性化をはかる成長戦略として、民主党としても政府と協力し地場産業を伸ばしていきたいと感想を述べた。《民主党ニュース》



8月19日のできごと