平成5729日目

2004/09/14

【宅間守死刑囚】刑執行

大阪教育大付属池田小(大阪府池田市)の児童殺傷事件で、殺人罪などで死刑が確定した宅間守死刑囚(40)が14日、大阪拘置所で死刑を執行された。

宅間死刑囚は昨年9月に控訴を取り下げて死刑が確定しており、確定からわずか1年足らずでの死刑執行は極めて異例だ。宅間死刑囚は刑の早期執行を望んでいたという。この日は熊本県内などで暴力団組員3人を殺害した島崎末男死刑囚(59)も福岡拘置所で刑を執行された。死刑執行は、昨年9月以来で、野沢法相のもとでは初めて。

宅間死刑囚の1審公判を担当した戸谷茂樹弁護士によると、14日午前9時半過ぎ、大阪拘置所から宅間死刑囚の妻に同死刑囚の死刑を執行したことを伝える連絡があった。宅間死刑囚は最近まで戸谷弁護士に、死刑の早期執行を求める裁判を起こすよう強く要望し、同弁護士が断ると、別の弁護士を紹介してほしいと頼んでいた。

宅間死刑囚は2001年6月、付属池田小に侵入し、包丁で児童8人を刺殺、教諭を含む15人に重軽傷を負わせたとして殺人罪などに問われた。《読売新聞》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【栃木兄弟誘拐事件】弟の遺体が見つかる

栃木県小山市に住む塗装工・Kさん(40)の次男Aちゃん(4)と三男Bちゃん(3)が11日午後から行方不明になっている事件で、県警の捜査本部は14日午前、未成年者誘拐の疑いで逮捕した自称会社員・S容疑者(39)の供述に基づいて、同県小山市間々田の思川中州で幼児1人の遺体を発見した。遺体は、着衣や家族の話などから弟のBちゃんと確認された。県警は引き続き兄のAちゃんの発見に全力を挙げている。

遺体の発見場所は、兄弟が暮らしていたアパートから南西に5.4キロ。思川にかかる網戸大橋の上流約300メートル。13日夜にS容疑者が「川で兄弟を殺害した」「小山市間々田の思川に2人を置いた」と供述した。

14日午前10時35分ごろ、県警のヘリコプターが、中州に打ち上げられている幼児1人の遺体を発見した。この事件では12日深夜、Kさん一家3人と同じアパートで暮らしていたS容疑者が逮捕され、当初の取り調べでは「12日の午前1時半ごろ、小山市間々田の公園付近の路上で2人を車から降ろした」と供述。車から降ろした時点で兄弟が生存していたかどうかははっきり言わず、殺害は否認していた。

13日夜になって殺害を認め始めたという。県警はS容疑者をその夜のうちに現場に連れて行き、放置場所を確認させたという。《毎日新聞》

【自民党・安倍晋三幹事長】「退任の了承得た」

自民党の安倍晋三幹事長は14日午後、共同通信社加盟の論説研究会で講演し、7月の参院選敗北の責任をとって幹事長を退任する意向を小泉純一郎首相に伝えたことに関し「首相はじっと聞いていた。了承は得られたと考えている」と強調した。《共同通信》

【この日の小泉総理】

平成16年9月13日夜、中南米訪問、国連総会出席のため政府専用機で羽田空港を出発した小泉総理は、14日朝(日本時間14日夜)、最初の訪問国であるブラジルのサンパウロに到着しました。

小泉総理は、到着後すぐに、日本の円借款で改修工事が行われているチエテ川の流域環境改善事業の現場の視察を行いました。アルキミン・サンパウロ州知事の案内で工事現場を見て回った後、記念の植樹を行いました。

午後には、20世紀初頭に日系移民が多く入植したプラドポリス市一帯のサトウキビやオレンジの農場などをヘリコプターで視察し、当時の移民の方たちの苦労をしのんで上空から花束を投下しました。視察の途中、小泉総理は広場に「カンゲイ小泉首相」の文字を見つけ、急きょ広場に着陸し、移住者の子孫の方たちと懇談しました。

その後、JETプログラム(語学指導等を行う外国青年招致事業)のOBやブラジルで活躍する日系企業の方たちと懇談しました。《首相官邸》

【この日の民主党】

岡田新代表が各党に挨拶回り

臨時党大会で再選された民主党の岡田克也代表は14日、新たに就任した藤井裕久代表代行、川端達夫幹事長、鉢呂吉雄国会対策委員長とともに、衆議院正副議長、参議院副議長および自民党、公明党、共産党、社民党の各党を訪れ、挨拶した。

自民党では、出迎えた安倍幹事長らに国会の早期開会の要請も行った。

「総理外遊は国会拒否の理由にならない」岡田代表

民主党の岡田克也代表は14日、党本部で記者会見を開き、同日、各党に対する代表就任の挨拶回りの中で、河野衆議院議長や自民党に国会の早期開会を強く求めたことを明らかにした。

岡田代表は、年金改革、沖縄米軍ヘリ墜落事故をめぐって表面化した普天間基地返還や日米地位協定改定問題、日歯連事件を始めとする政治とカネの問題などを挙げながら「これだけ課題が山積している中で国会が開かれないのは極めて遺憾」と強調。同日の挨拶回りで、自民党の安倍幹事長らが小泉首相の外遊日程が忙しいことを開会に応じない理由にしたことについても、「本来逆だ。開会しないことの正当化に外遊を利用している」と手厳しく批判し、今後他の野党と協議しながら改めて衆院議長への申し入れなどを行っていく意向を示した。《民主党ニュース》



9月14日 その日のできごと(何の日)