平成6868日目

2007/10/28

【この日の福田総理】

自衛隊観閲式に出席

福田康夫首相は28日午前、陸上自衛隊朝霞駐屯地(東京都練馬区)の朝霞訓練場で行われた観閲式で訓示した。守屋武昌前防衛事務次官の業者との癒着問題や給油量訂正などを念頭に「防衛省、自衛隊で規律の保持や情報管理に関する問題が発生していることは誠に遺憾だ」と述べ、綱紀粛正の徹底を求めた。《共同通信》

平成19年10月28日、福田総理は陸上自衛隊朝霞駐屯地内の訓練場で開かれた自衛隊観閲式に出席しました。

自衛隊の最高指揮官として、訓示の中で、国際平和協力活動について「国際社会が協力して行う平和と安定のための活動に、主体的・積極的に取り組むことが必要であり、国際的に信頼される国家として果たさなければならない責務でもあります。私は、遠く日本を離れ、厳しい環境の中、汗を流し、士気高く任務を遂行している隊員諸官に対し、心から敬意を表します。」と述べました。

危機管理について「本年は石川県能登半島沖や新潟県中越沖において、大規模な地震が発生するなど自然災害が国民に不安をもたらしており、災害時における自衛隊の活動に対し大きな期待が寄せられています。国民の安全・安心が諸官の双肩にかかっていることに思いを致し、任務に臨まれたいのであります。」と述べました。

また信頼の確保については「国の防衛は国民の信頼なくしてはなし得ません。特に幹部諸官はこのことを強く自覚し、厳正な規律を保持する必要があります。その上で幹部はもとよりすべての隊員の一人ひとりが能力を高め、誇りをもって職務に精励し、国民の期待に真に応えていくことを切望します。」と規律の保持の徹底を求めました。

その後、福田総理は陸海空の各自衛隊の隊員約4,300人、車両約200両、航空機約70機を観閲しました。《首相官邸》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【 MLBワールドシリーズ】レッドソックス、3年ぶり7度目の優勝


https://www.youtube.com/

米大リーグのワールドシリーズ(7回戦制)、ロッキーズ(ナ・リーグ)ーレッドソックス(ア・リーグ)第4戦は28日、デンバーのクアーズ・フィールドで行われ、レッドソックスが4−3で勝ち、4連勝で3年ぶり7度目の優勝を果たした。

第3戦で日本の投手として同シリーズ初勝利を挙げた松坂大輔投手と、岡島秀樹投手は初出場で優勝し、大リーグ1年目を終えた。《共同通信》

【福岡市】船場吉兆に販売自粛を勧告

福岡市は、市内の百貨店「岩田屋」に出店している船場吉兆(大阪市中央区)が、消費期限を最長17日以上過ぎた黒豆プリン、桜ゼリー、抹茶ゼリーの3種類、計98個について、期限を示すラベルを張り替えていたとして、食品衛生法違反で販売自粛などを求める勧告をした。本来の消費期限は4〜5日。勧告は28日付。《中日新聞》

【福田内閣】支持率50.2%

共同通信社が10月27、28両日に実施した全国電話世論調査で、政権発足1ヶ月を迎えた福田内閣の支持率は発足直後の調査より7.6ポイント下がり50.2%となった。不支持率は4.0ポイント上昇し29.6%。

海上自衛隊の給油量訂正や守屋武昌前防衛事務次官の業者との癒着問題、厚生労働省のC型肝炎資料隠ぺい問題などが響いたとみられる。《共同通信》

【第46代内閣官房長官・藤波孝生さん】死去

中曽根内閣の官房長官を務め、リクルート事件で受託収賄罪で有罪判決を受けた藤波孝生氏が28日午後4時22分、三重県伊勢市内の病院で死去した。74歳。

1932年、三重県伊勢市生まれ。早大商学部卒業後、63年に同県議に初当選。67年に旧三重2区から衆院議員に初当選し当選11回。大平内閣で労相、中曽根内閣で官房長官を務めた。

34歳で衆院に初当選後、76年に河野洋平氏(現衆院議長)が自民党を離党し、新自由クラブを結成した際には河野氏の誘いを断って自民党に残った。77年には派閥横断の政策集団「新生クラブ」を発足させ座長に就任。メンバーは60人を超え、後に首相となる羽田孜氏や森喜朗氏らも参加した。一方、中曽根康弘元首相の側近として中曽根政権を官房副長官、官房長官として支え、将来の首相候補と目された。

しかし89年5月、リクルート事件で受託収賄罪で在宅起訴。1審判決は無罪だったが、2審判決では懲役3年、執行猶予4年の逆転有罪、99年に最高裁で有罪が確定した。その後自民党を離党、00年衆院選は無所属で出馬し三重5区で当選。03年衆院選に出馬せず政界を引退した。《毎日新聞》



10月28日 その日のできごと(何の日)