8月8日のできごと

郵政解散(平成17年8月8日)

8月8日は何の日 郵政解散

衆院は8日夜の本会議で解散された。小泉純一郎首相が最重要課題と位置付けた郵政民営化関連法案が同日の参院本会議で多数の自民党議員の造反により否決。首相は「国民の信を問う」と、直ちに臨時閣議を開き解散を決定した。署名を拒否した島村宜伸農相は罷免された。《福井新聞》

衆院は8日夜、解散された。

政府は同日の臨時閣議で、衆院選を8月30日公示、9月11日投票の日程で実施することを決めた。小泉首相は8日夜の記者会見で、郵政民営化の是非を選挙戦の争点とする考えを強調すると共に、衆院選での目標議席について「自民、公明両党で過半数を取れなかったら退陣する」と語った。

自民党は同夜、7月5日の衆院本会議での採決で法案に反対した亀井静香・元政調会長ら37人を公認しないことを正式決定した。自民党は分裂状態で選挙戦に突入する。《読売新聞》

広告




 

リオ五輪・体操男子団体:日本、金メダルを獲得(平成28年8月8日)

中国甘粛省土石流災害(平成22年8月8日)

みんなの党旗揚げ(平成21年8月8日)

海部俊樹氏、自民党第14代総裁に選出(平成元年8月8日)