2017 平成29年10月11日(水)のできごと 29-1011

平成10504日目

2017/10/11

【新燃岳】約6年ぶりに噴火

11日午前5時34分ごろ、宮崎、鹿児島県境にある霧島連山の新燃岳が噴火した。噴火は2011年9月7日以来、約6年ぶり。気象庁は火口から約2キロの範囲で大きな噴石の飛散や火砕流の恐れがあるとして、噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)から3(入山規制)に引き上げた。新燃岳の噴火警戒レベルが3になるのは13年10月以来。《共同通信》

宮崎、鹿児島県境にある霧島連山・新燃岳(1421メートル)が約6年ぶりに噴火したことを受け、気象庁は11日、降灰調査を実施、宮崎市や小林市など宮崎県の3市1町で降灰を確認したと発表した。宮崎県は同日、噴火前から続けていた登山道への立ち入り規制の範囲を拡大した。

宮崎、鹿児島両県警などによると、けが人を含めた被害の情報は入っていない。噴火前から両県は火口から約3キロの範囲で立ち入りを規制。小林市側から霧島連山につながる主要な登山道が11日、新たな規制対象となった。

気象庁によると、新燃岳は11日午前5時34分ごろに噴火。灰白色の噴煙が東方へ流れていた。《共同通信》




【テニス・大坂なおみ選手】ビーナス・ウィリアムズ選手に勝利

女子テニスの香港オープンは11日、香港で行われ、シングルス2回戦で世界ランキング64位の大坂なおみ(日清食品)が世界5位の第2シード、ビーナス・ウィリアムズ(米国)を7―5、6―2で破る金星を挙げ、準々決勝に進出した。

19歳の大坂は今夏のウィンブルドンで敗れた元世界1位のV・ウィリアムズに対し、持ち前の力強いサーブでプレッシャーをかけて第1セットを奪取。第2セットは開始から5ゲームを連取し、勝利を引き寄せた。

女子ツアーを統括するWTAの公式サイトは「短いボールを入れても、彼女(ビーナス)はうまく打ち返してくる。とてもよくプレーをしないといけなかった」と大坂の談話を紹介した。

 

大坂はことしの全米オープン1回戦でも元世界1位のアンゲリク・ケルバー(ドイツ)を破っている。《共同通信》

【沖縄・東村】米軍ヘリが緊急着陸、炎上

11日午後5時20分ごろ、沖縄本島北部の上空を飛行していた米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)配備のCH53E大型輸送ヘリコプターが訓練中に出火し、東村高江の米軍北部訓練場に近い民間地に緊急着陸した。米海兵隊が発表した。機体は炎上、大破した。小野寺五典防衛相によると、乗員7人や周辺住民にけがはなかった。

沖縄県の消防によると「米軍機が墜落し、黒煙が上がった」と近隣住民が119番した。現場は牧草地。米軍が航空機などで消火活動を行い、約3時間後に鎮圧状態となった。

翁長雄志知事は記者団に対し「強い憤りを感じている」と抗議の意を表明した。《共同通信》

10月11日/366

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする