2017 平成29年10月8日(日)のできごと 29-1008

平成10501日目

2017/10/08

【世界体操】村上茉愛選手、白井健三選手が金

Embed from Getty Images

体操の世界選手権最終日は8日、モントリオールで種目別決勝の後半5種目が行われ、女子床運動で村上茉愛(日体大)が14・233点をマークし、同種目で日本勢初の金メダルに輝いた。日本女子の世界一は1954年大会で平均台優勝の田中(現姓池田)敬子以来63年ぶり2人目の快挙。

男子跳馬で白井健三(日体大)が14・900点を出し、2位のイーゴリ・ラディビロフ(ウクライナ)に0・001点差で初優勝した。同種目の日本勢で78年大会の清水順一以来39年ぶり5人目の世界王者。今大会で床運動に続く2冠を達成、個人総合3位と合わせて計3個のメダルとなった。《共同通信》

Embed from Getty Images



【長野・善光寺】本堂などに落書き

8日午後4時40分ごろ、長野市の善光寺から「国宝の本堂などに落書きがあった」と長野中央署に通報があった。落書きは本堂など5施設で見つかり、署は文化財保護法違反や器物損壊などの疑いで捜査を始めた。

署と善光寺が調べたところ、国宝の本堂、重要文化財の三門と経蔵のほか、仁王門と忠霊殿の柱や台座など少なくとも30カ所に、白いペンでバツ印などが落書きされていた。大きいもので12センチ四方程度。描かれてから、それほど時間がたっていないという。

善光寺は644年の創建と伝えられ、現在の本堂は1707年に再建された。《共同通信》

【神戸製鋼】アルミのデータを改ざん

神戸製鋼所は8日、アルミ製品の一部で強度などの性能データを改ざんして納入していたと発表した。三菱重工業によると、開発中の国産初のジェット旅客機MRJ(三菱リージョナルジェット)にも使われている。不正は組織的に、約10年前から行われていた。

強度不足の恐れもあるが、三菱重工は安全性に問題はなく、MRJの開発に影響しないとの見方を示した。

神戸製鋼は昨年にもグループ会社、神鋼鋼線ステンレス(大阪府泉佐野市)によるステンレス製品のデータ改ざんが発覚しており、信用力の低下は必至だ。川崎博也会長兼社長ら経営陣の責任の明確化は避けられない。《共同通信》

【安倍晋三首相】与党過半数で続投

安倍晋三首相(自民党総裁)は8日、日本記者クラブの党首討論会で、衆院選に関し「与党で過半数を維持すれば政権を継続していく」と述べた。自民党が単独過半数を割っても、公明党を含めて過半数を確保できれば続投する考えを示した発言。希望の党の小池百合子代表(東京都知事)は、衆院選後の首相指名選挙を巡り「選挙結果を踏まえながら考える」と語り、党の「首相候補」は示さず、衆院選後に判断する意向を示した。

首相は、与党で過半数を維持した場合に関し「当然、首相指名を受ける候補になる」とも述べた。ただ自民党として惨敗していれば、党内で退陣を求める声が強まる可能性がある。《共同通信》

10月8日/366

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする