2017 平成29年9月23日(土)のできごと

平成10486日目

2017/09/23

【大阪市】旅客機の部品が落下

関西空港を離陸したオランダ・アムステルダム行きのKLMオランダ航空機から23日午前11時ごろ、重さ約4・3キロのパネルが落下し、大阪市中心部の国道1号を走行していた乗用車を直撃した。国土交通省が24日、発表した。車の女性2人にけがはなかった。

同省は航空事故につながりかねない重大インシデントに認定。パネルは大阪府警が保管しており、運輸安全委員会は航空事故調査官2人を大阪に派遣し、調査を開始した。25日に整備状況などを確認する。

車は屋根がへこみ、窓ガラスが割れるなどして、運転していた病院職員の女性(51)=東京都日野市=が110番した。《共同通信》




【フィギュア・羽生結弦選手】今季初戦は2位

フィギュアスケートの国際大会のオータム・クラシック最終日は23日、モントリオールで行われ、男子で今季初戦の羽生結弦は世界歴代最高得点を更新したショートプログラム(SP)首位で迎えたフリーでジャンプのミスが相次いで155・52点で5位にとどまり、合計268・24点で2位に終わった。

世界選手権2度制覇のハビエル・フェルナンデス(スペイン)がフリー1位の合計279・07点で逆転優勝。

女子でSP2位の三原舞依はフリーも2位となり合計199・02点で2位。ケイトリン・オズモンド(カナダ)がSP、フリーともに1位の合計217・55点で優勝。《共同通信》

【北朝鮮・李容浩外相】武力兆候には先制行動

北朝鮮の李容浩外相は23日、ニューヨークの国連本部で国連総会一般討論演説を行い、北朝鮮弾道ミサイルの米全土到達が「避けられなくなる」と述べ、トランプ米政権に警告した。米国などが北朝鮮に武力行使する兆候があれば「容赦ない先制行動で予防措置を取る」として、弾道ミサイルなどでの先制攻撃も辞さない姿勢を強調した。

李氏は、トランプ米大統領が金正恩朝鮮労働党委員長を「ロケットマン」と糾弾したことを「最高尊厳(金氏)を冒涜しようとした」と批判。「われわれのロケットの米全土到達が避けられなくなるという取り返しのつかない過ちを犯した」と強調した。《共同通信》

9月23日/366

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする