2017 平成29年8月14日(月)のできごと

平成10446日目

2017/08/14

【韓国・ソウル】バスの座席に少女像

8月14日は何の日【韓国・ソウル】バスの座席に少女像
https://www.youtube.com/

ソウルのバス運行会社「東亜運輸」は14日、慰安婦を象徴する少女像を座席に置いた路線バスの運行を始めた。

民間の国際会議が定めた「世界慰安婦の日」(8月14日)に合わせた取り組みで、9月30日まで運行される。

少女像はプラスチック製で、高さ約1メートル30。ソウルの日本大使館公報文化院近くを走る路線バス34台のうち、5台の座席部分に1体ずつ据え付けられた。バスはソウル市の中心部と北部を結んでいる。同社の 林真ウク社長は「多く利用する学生たちに少女像を見ながら歴史について考えてほしかった」としている。14日朝には、 朴元淳 ソウル市長が試乗し、慰安婦問題に取り組む姿勢をアピールした。《読売新聞》




【ゴルフ・松山英樹選手】結婚発表

男子ゴルフで世界ランキング2位の松山英樹選手(25)は14日、マネジメント会社を通じ、以前から交際していた女性と1月に結婚し、7月に第1子が誕生したことを発表した。相手の女性についてマネジメント会社は、名前や職業などを明らかにしていない。

マネジメント会社を通じ「結婚し、子どもが生まれてのブリヂストン招待での優勝はひときわうれしかった。まだまだ未熟な私たちですが、力を合わせ、目標を達成するために努力してまいります」とコメントした。

この時期に公表したことについては「出産前後の母子のプライバシー、安全を考慮して、このタイミングでの報告となりました」とした。《共同通信》

【小野寺五典防衛相】沖縄県・翁長知事と会談

小野寺五典防衛相は14日午後、沖縄県の翁長雄志知事と県庁で会談した。米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)所属の新型輸送機オスプレイがオーストラリア沖で墜落した事故への対応に関し、翁長氏はオスプレイの飛行を国内で容認する政府判断について「県民、国民の命を守る意味で大変残念だ」と批判。小野寺氏は「わが国の安全保障に大変重要な装備だ」と述べ、理解を求めた。3日の就任後、翁長氏との会談は初めて。

小野寺氏は「米側には繰り返し安全な飛行を求めたい」とも伝えた。会談後、記者団には「緊迫する東アジアにとって、米側は大変重要な航空機と位置付けている」と説明した。《共同通信》

【安倍晋三首相】チョウザメの養殖現場を視察

安倍首相は14日、地元・山口県下関市でチョウザメの養殖現場を視察した。

チョウザメの卵を塩漬けにしたキャビアは、高級食材として知られる。養殖過程などの説明を受けた首相は「地域を活性化できる非常に面白い取り組みだ」と激励した。同県山陽小野田市にある、燃料電池車に燃料の水素を供給する「水素ステーション」の実証施設も訪ねた。その後、4日間の地元滞在を終えて帰京した。《読売新聞》

8月14日/366

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする