2017 平成29年8月10日(木)のできごと

平成10442日目

2017/08/10

【自民党】豊田真由子氏の離党了承

自民党は10日、党紀委員会の正副委員長協議で、自身の政策秘書だった50代男性への暴力行為が報じられた豊田真由子衆院議員(42)=埼玉4区=の離党を了承した。同党が発表した。豊田氏を巡る報道は7月の東京都議選で同党が惨敗した一因となった。

週刊誌報道によると、豊田氏は5月、男性が車を運転中、後部座席から罵声を浴びせ、頭などを数回殴ってけがを負わせた。「はげ」「死ねば」といった暴言も吐いた。豊田氏は本人に直接謝罪したとしている。

豊田氏は厚生労働省課長補佐などを経て2012年12月の衆院選で初当選し、現在2期目。《共同通信》




【民進党】細野豪志氏の離党届を受理

民進党は10日、常任幹事会を開き、細野豪志元環境相(衆院静岡5区)が提出した離党届を受理することを決めた。細野氏は同日付で離党となった。

4月に離党した長島昭久衆院議員は除籍処分にしていた。芝博一幹事長代理は幹事会終了後、細野氏を除籍処分にしなかったことについて「長島氏は都連幹事長など要職を務めていたが、細野氏は現在、一議員の立場だった」と説明。細野氏が新党結成を目指していることに関しても「思いの部分であり、実現しているわけではない」として、反党行為に当たらないと判断した。

細野氏は8日に野田佳彦幹事長に離党届を提出し、新たな政権政党の結成を目指すことを表明していた。《静岡新聞》

【東武鉄道】SLの運行を開始

東武鉄道は10日、栃木県日光市の鬼怒川線で蒸気機関車(SL)の運行を始めた。同社にとって51年ぶりの復活運行。記念の出発式典が下今市駅(同市今市)で開かれた後、関係者を乗せた祝賀列車が鬼怒川温泉駅(同市鬼怒川温泉大原)へ出発。鬼怒川温泉駅では営業第1号となる折り返しの列車に満席の約200人の乗客が乗り込み、下今市駅に向かった。

SLは「大樹(たいじゅ)」と名付けられ、下今市-鬼怒川温泉間(12.4キロ)で土日や祝日を中心に運行。7月に新設された東武ワールドスクウェア駅(同市小佐越)にも停車する。《産経新聞》

8月10日/366

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする