2017 平成29年8月3日(木)のできごと

平成10435日目

2017/08/03

【築地場外市場】火災

3日午後4時50分ごろ、東京都中央区築地4丁目の築地場外市場内で、建物から出火したと東京消防庁に通報があった。同庁や警視庁築地署によると、飲食店など7棟、計935平方メートルが延焼しており、消防車など60台で消火活動に当たった。4日午前0時40分ごろ、ほぼ消し止めた。けが人や逃げ遅れた人の情報はない。

東京消防庁によると、延焼した7棟のうち少なくとも店舗4棟は営業時間外だった。同庁や警視庁築地署が出火原因を調べている。

築地場外市場は築地市場と隣接し、すし店や海産物を扱う食料品店など計約400店がひしめき合う。近年は外国人観光客にも人気となっている。《共同通信》




【第3次安倍第3次改造内閣】発足

8月3日は何の日【第3次安倍第3次改造内閣】
http://www.kantei.go.jp/

第3次安倍第3次改造内閣は3日午後、皇居での認証式を経て発足した。安倍晋三首相は官邸で記者会見し、自ら提唱した改正憲法の2020年施行目標や秋の臨時国会での自民党改憲案提示について「議論を深めるべきだと一石を投じた。スケジュールありきではない」と固執しない考えを示した。事実上の先送りを表明した形だ。年内の衆院解散・総選挙の可能性を問われ「全く白紙だ」とした。学校法人「加計学園」問題などにより国民の不信を招いたとして陳謝した。

自民党の萩生田光一幹事長代行は、改憲日程を巡る首相発言について「臨時国会で(の提示)ということを軌道修正した」と記者団に明言した。《共同通信》

【野田聖子総務相】自民党総裁選に意欲

野田聖子総務相は3日夜、来年の自民党総裁選に立候補したいとの意向を表明した。首相官邸で記者団に「何が行われているか分からない自民党の中で、候補者が政策を戦わせ、国民とつながる場面だ。次も必ず出る」と述べ、意欲を示した。安倍晋三首相の後継である「ポスト安倍」に名乗りを上げた形だ。

野田氏は、立候補を目指す理由に関し「安倍首相を倒すこと(が目的)ではない。総裁選は、自民党の持つ開かれた民主主義を表すことができる、3年に1回の大きな国民に対しての約束事だからだ」と説明。首相は野田氏の起用を決める前から、野田氏の意欲を把握していたという。《共同通信》

8月3日/366

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする