2017 平成29年7月20日(木)のできごと

平成10421日目

2017/07/20

【九州北部豪雨】被害は1000億円超え

九州北部の豪雨による福岡県内の被害額が少なくとも828億円に上ることが20日、県関係者への取材で分かった。大分県と合わせ、豪雨の被害総額は1千億円を超える。両県は、激甚災害の早期指定に向けて国に働きかけるなどし、復旧・復興の取り組みを加速させたい考えだ。

福岡県は19日までに確認した河川・道路施設や農林業などの被害状況を踏まえて額を算出した。朝倉市など一部で依然被害の全容がつかめておらず、額はさらに増える見込み。

福岡県によると、最も被害額が大きいのは河川施設で約336億円。道路施設は約196億円、農産物や林道など農林水産関連は計約138億円としている。《共同通信》




【横綱白鵬】通算1047勝目

大相撲の東横綱白鵬(32)=モンゴル出身、宮城野部屋=が20日、名古屋市中区の愛知県体育館で行われた名古屋場所12日目で関脇玉鷲を寄り切り、元大関魁皇(現浅香山親方)に並んで史上1位となる通算1047勝目を挙げた。21日の大関高安戦に新記録樹立が懸かる。

また、白鵬が日本国籍取得の意向を持っていることが関係者の話で分かった。現役引退後、親方として日本相撲協会に残るためには日本国籍が必要となる。

2001年夏場所の序ノ口デビューから16年余りで、所要97場所のスピードで大記録に到達した。魁皇より42場所も速い達成となった。《共同通信》

【安倍晋三首相】岸田外相と会談

安倍晋三首相は20日夜、都内のホテルで岸田文雄外相と2時間近く会談した。8月3日に予定している内閣改造・自民党役員人事について意見交換したとみられる。内閣改造では、外相を4年半以上務める岸田氏の動向が焦点で、首相は岸田氏の意向を踏まえて最終的に判断する見通しだ。岸田氏は会談後、記者団の質問に無言だった。《産経新聞》

7月20日/366

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする