2017 平成29年5月11日(木)のできごと

平成10351日目

2017/05/11

【東京都】五輪仮設費を全額負担

東京都の小池百合子知事は11日、2020年東京五輪・パラリンピックの費用負担問題で、都外の競技会場も含めて仮設整備費を都が原則として全額負担する意向を表明した。安倍晋三首相と官邸で会談後、報道陣の取材に答えた。

小池知事は「(仮設整備費は)他地域の費用も負担する」と明言。全額負担するのかと問われ「一つ一つ精査するが、大枠ではその流れだ。国にはパラリンピックの費用負担をお願いする」と語った。

大会組織委員会の試算では、都外6道県にある11会場の仮設整備費は計438億円に上る。《共同通信》

【自民・公明・維新】「テロ等準備罪」修正で合意

自民、公明両党と日本維新の会は11日、「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案の一部修正で合意した。付則に、捜査可視化の検討を明記するのが柱。3党は党内手続きを経て修正案を共同提出する。与党は18日の衆院本会議で通過を目指す方針だ。

一方、「一般人も対象になりかねない」として改正案の廃案を求めている民進党は11日、対案を衆院に提出した。組織犯罪処罰法に人身売買や組織的詐欺の予備罪を新設するほか、空港警備でテロ対策を強化する内容とした。

3党の修正合意は国対委員長会談を国会内で開いて確認した。《共同通信》

【安倍晋三首相】世界女性サミットであいさつ

5月11日は何の日【安倍晋三首相】世界女性サミットであいさつ
http://www.kantei.go.jp/

安倍晋三首相は11日夜、東京都内で開かれた世界の経済界や政界の女性指導者が集まる「世界女性サミット」の開会式で、「女性の活躍が進めば、社会がよくなる」とあいさつした。

安倍首相は、日本では家事や育児などで自ら非正規雇用を選ぶ女性が少なくないことを紹介し、「仕事ぶりなどが適正に評価され、意欲を持って働けるように同一労働同一賃金を実現したい」として、制度見直しのための関連法案の国会への早期提出を強調した。その上で、「日本や皆さんの国で、女性の輝く社会が実現するように、一緒に世界を変えていこうではありませんか」と呼びかけた。

世界女性サミットは13日まで行われ、世界経済における女性の活躍の推進などを目的に議論が繰り広げられる。期間中は、90カ国以上から1千人以上が参加を予定している。《産経新聞》

5月11日/366

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする