2017 平成29年5月4日(木)のできごと

平成10344日目・みどりの日

2017/05/04

【北朝鮮による日本人拉致問題】欧州議会と初の政策対話

日本人拉致問題を含む北朝鮮の人権侵害をテーマに、日本と欧州連合(EU)欧州議会の初の政策対話が4日、ブリュッセルで開かれ、日本から加藤勝信拉致問題担当相や拉致被害者家族が出席し、早期解決への欧州の協力を訴えた。対話は欧州で拉致問題への理解を広めることが目的で、議会から対朝鮮半島交流議員団団長や対日交流議員団団長ら3議員が参加。

横田めぐみさん(52)=拉致当時(13)=の弟、拓也さん(48)が高齢化する被害者の親が「(被害者と)二度とあえないとのリスクを恐れている」と早期解決を訴えた。田口八重子さん(61)=同(22)=の長男、飯塚耕一郎さん(40)は欧州にも被害者がいる可能性を紹介し、解決には「EU各国の協力が必要」と呼びかけた。

欧州議会は北朝鮮と対話の枠組みを持つことから、加藤担当相は北朝鮮が「誠実な対応」をとるよう「粘り強く説明してもらうことを期待する」とした。対日交流議員団団長のペトル・イェジェック氏は対話後、「問題をより理解できた」と感想を述べた。《産経新聞》

【将棋・藤井聡太四段】16連勝

将棋の最年少プロ棋士、藤井聡太四段(14)は4日、大阪市の関西将棋会館で指された新人王戦トーナメントでアマチュアの横山大樹さん(26)を破り、自身の持つデビュー後の連勝記録を「16」に更新した。

藤井四段はこれで新人王戦のベスト8に進出。同棋戦はトップ棋士への登竜門として知られ、歴代優勝者には第一人者の羽生善治3冠(46)がいる。天才棋士への注目が集まる中、非公式戦のインターネットテレビ対局では羽生3冠を破るなど、快進撃を続けている。

対局は藤井四段の後手番。終盤、大駒の飛車を取らせてから持ち前の鋭い終盤力で押し切った。《共同通信》

【バチカン・ミャンマー】国交樹立

バチカン(ローマ法王庁)とミャンマーは4日、両国の国交樹立に合意した。バチカンが発表した。両国は互いに大使館を設置し、大使を派遣する見通し。国交樹立により、「相互の友好関係を促進する」としている。

ローマ・カトリック教会のフランシスコ法王は同日、ミャンマーのアウンサンスーチー国家顧問とバチカンで面会した。ミャンマー政府は、ミャンマー西部の少数派イスラム教徒ロヒンギャへの人権侵害で国際的に非難されている。法王も今年2月、ロヒンギャが伝統や信仰を理由に「拷問を受け、殺されている」と批判した。《朝日新聞》

【ボコ・ハラム】4年間で子供3900人を殺害

国連は4日、ナイジェリア北東部を拠点とするイスラム過激派ボコ・ハラムが2013年1月からの4年間で、少なくとも子供3900人を殺害したとする報告書を発表した。ガンバ事務総長特別代表は「ボコ・ハラムは自爆テロに子供を利用するなど、言葉にならないほどの恐怖を与えている」と批判した。

報告書によると、ボコ・ハラムはナイジェリアのほか、カメルーン、チャド、ニジェールで自爆テロや学校襲撃を繰り返し、子供を死傷させている。重傷を負った子供はこの4年間で少なくとも7300人に上る。また、誘拐するなどした子供90人に自爆テロを強要した。テロを強要された子供の大半は女児だったという。

ボコ・ハラムは02年にナイジェリア北東部で結成され、キリスト教徒が人口の半数を占める同国のイスラム化を目指しテロを活発化。14年には北東部チボクの学校から約270人の女子生徒を拉致した。《毎日新聞》

5月4日/366

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする