2017 平成29年4月25日(火)のできごと

平成10335日目

2017/04/25

【今村雅弘復興相】東日本大震災「まだ東北で良かった」

今村雅弘復興相は25日、自民党二階派のパーティーで講演し、東日本大震災の被害に関し「まだ東北で、あっちの方だったから良かった。首都圏に近かったりすると、莫大(ばくだい)な、甚大な額になった」と述べた。今村氏は講演後、記者団に「首都圏でも防災対策をやらなければならないとの意味だった」と説明。その上で「取り消す。ご心配をかけ、おわびする」と語った。

パーティーに出席した安倍晋三首相も「東北の方々を傷つける極めて不適切な発言だ。おわびをさせていただきたい」と述べた。

今村氏は今月4日の記者会見で、東京電力福島第1原発事故に伴う自主避難者の帰還について「自己責任」との認識を示し、その後撤回、謝罪したばかりだった。《産経新聞》




【日本郵政】4000億円の損失

日本郵政は25日、傘下のオーストラリア物流会社トール・ホールディングスの業績不振に伴って、2017年3月期に4003億円の損失を計上すると発表した。純損益は400億円の赤字(前期は4259億円の黒字)に転落する。通期の純損益の赤字は07年10月の郵政民営化後、初めて。

経営責任を明確化するため、日本郵政と日本郵便の全役員は役員報酬の5~30%を6カ月間返上する。トール買収時に日本郵便の社長だった高橋亨同社会長は代表権を返上する。

日本郵政グループは全国の郵便局ネットワークを維持することが求められており、早期の経営立て直しが急務となる。《共同通信》

【北朝鮮】軍記念日に重大挑発なし

北朝鮮は25日、朝鮮人民軍創建85年の記念日を迎えた。韓国メディアによると東部で大規模な砲撃訓練を実施したが、核実験など重大な挑発は確認されていない。警戒を続ける日米韓は東京での高官会合で、北朝鮮への圧力を最大化し抑止力を強めることで一致。日米は弾道ミサイル防衛機能があるイージス艦の共同訓練も日本海で行った。中国からは6カ国協議議長を務める武大偉朝鮮半島問題特別代表が訪日し、緊張緩和に向けた関係国の動きが活発化した。

韓国軍によると、砲撃訓練は東部元山で実施され、過去最大規模。《共同通信》

【厚生労働省】電通支社幹部を書類送検

広告大手、電通(東京)の違法残業事件で、厚生労働省は25日、労使協定(三六協定)で定めた上限を超える残業を社員にさせていたとして、労働基準法違反の疑いで、法人としての同社と中部(名古屋市)、関西(大阪市)、京都(京都市)3支社の幹部を書類送検した。

厚労省は既に、自殺した新入社員=当時(24)=に違法残業をさせた疑いで、電通と上司だった幹部社員1人を書類送検。労働事件としては、異例の規模で続けられた捜査は今回の立件で終結する。

書類送検を受け、名古屋、大阪、京都の各地検は事件を東京地検に移送し、最終的な刑事処分が決まる見通し。《共同通信》

4月25日/366

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする