2017 平成29年4月16日(日)のできごと

平成10326日目

2017/04/16

【富山市議選】不正関与の3人は落選

計4千万円を超える政務活動費の不正が発覚し計14人が辞職した富山市議会(定数38)の任期満了に伴う市議選は16日投開票された。58人が立候補し、焦点となった不正に関与した候補計8人のうち、元職と自民現職2人の計3人が落選。自民現職5人が当選した。投票率は47・83%で、前回2013年市議選を5・22ポイント下回った。

富山で問題が発覚した昨年8月以降、各地で不正が表面化し、地方議会の在り方が問われた。関与した8人の内訳は、不正を認め辞職し自民党を離党した元職1人と不適切使用を認めた自民現職7人。《共同通信》




【熊本地震】本震から1年

震度7を2度記録した熊本地震で、犠牲や被害が拡大した2度目の激震「本震」から16日で1年。国土交通省は同日、大規模な土砂崩れで崩落した熊本県南阿蘇村の阿蘇大橋と、寸断された国道57号の代替ルートの2020年度全線開通を目指すと発表した。大動脈再開に向けた一歩は、復興への後押しとなる。大学生の犠牲者も出た同村では、各地で追悼の催しが行われた。人々は悲しみと犠牲者らの記憶を心に刻み、再出発を誓った。

本震は、最初に大きく揺れた「前震」から約28時間後の昨年4月16日午前1時25分に発生した。《共同通信》

【競泳・池江璃花子選手】日本選手権で5冠

競泳の世界選手権(7月・ブダペスト)代表選考会を兼ねた日本選手権最終日は16日、名古屋市のガイシプラザで行われ、女子で16歳の池江璃花子(ルネサンス亀戸)が100メートルバタフライを57秒39、50メートル自由形を24秒57で制し、女子で史上初の5冠を達成した。池江は5種目全てで日本水連の選考基準を満たし、代表となった。

男子200メートル平泳ぎは小関也朱篤(ミキハウス)が昨年のリオデジャネイロ五輪金メダルに相当する2分7秒18で3連覇し、平泳ぎ3冠。2分6秒67の世界記録を持つ渡辺一平(早大)は2分7秒60で2位となり、ともに代表権を獲得した。《共同通信》

【山本幸三地方創生担当相】「がんは学芸員」

山本幸三地方創生担当相は16日、大津市のホテルで地方創生に関するセミナーに出席し、外国人観光客らに文化財などの説明、案内が不十分として「一番のがんは文化学芸員。この連中を一掃しないと駄目」などと発言した。学芸員やがん患者らに対して不快感を与えかねない発言。不適切だとして野党側が追及するのは必至だ。

山本氏は終了後、報道陣に「二条城(京都市)でも当時の生活を再現しようとしたら学芸員が反対した。彼らだけの文化財にしてしまっては資源が生きない」と指摘。「『一掃』は言い過ぎたが、文化財はプロだけのものではない。学芸員も観光マインドを持ってほしい」と釈明した。《共同通信》

4月16日/366

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする