2017 平成29年2月26日(日)のできごと

平成10277日目

2017/02/26

【第89回アカデミー賞】「ムーンライト」作品賞受賞

米ハリウッドで26日(日本時間27日)開かれた第89回アカデミー賞の発表・授賞式は、バリー・ジェンキンス監督の「ムーンライト」を作品賞に選んで閉幕した。排他的な政策をとるトランプ大統領への批判や皮肉が相次ぎ、多様性の大切さを訴える発言に会場から大きな拍手が送られる異例の展開となった。

「ムーンライト」は貧しい黒人少年の成長を、青年期、成人期まで3幕に分けて描いた作品。助演男優賞は同作のマハーシャラ・アリさん、助演女優賞は「フェンシズ(原題)」のビオラ・デイビスさんと、いずれも黒人俳優が選ばれた。《共同通信》




【世界スプリント選手権】小平奈緒選手が総合優勝

スピードスケート女子の小平奈緒(30)=長野県出身、相沢病院=が26日、カナダのカルガリーで行われた世界スプリント選手権で総合優勝に輝いた。日本選手の総合優勝は1987年の黒岩彰以来30年ぶりで、女子では初めて。来年の平昌冬季五輪に向け、期待が膨らむ結果となった。小平は「五輪で爆発させたい」と喜びを語った。

500mと1000mを2回ずつ滑って総合成績で競う大会。小平は25日の第1日に両種目で自身の日本記録を更新した。26日は500mで1位、1000mで3位。タイムをポイント化した総合得点146・390はこれまでの世界記録を更新した。《共同通信》

【サッカー・三浦知良選手】50歳で先発出場

J2横浜FCの元日本代表FW三浦知良が26日、Jリーグ史上初めて50歳で試合に出場した。この日が誕生日の三浦は横浜市のニッパツ三ツ沢球技場で行われた松本との今季開幕戦に先発し、自身の持つJ2最年長出場記録を50歳0日に更新した。

プロ32年目を迎えた三浦が開幕戦に先発するのは2年ぶり。2トップの一角に入った。《共同通信》

【東京マラソン】キプサング選手が初優勝

世界最高峰シリーズ「ワールド・マラソン・メジャーズ」の東京マラソンは26日、東京都庁前から東京駅前にゴールする新コースで行われ、前世界記録保持者のウィルソン・キプサング(ケニア)が2時間3分58秒で初優勝した。2009年の福岡国際でツェガエ・ケベデ(エチオピア)がマークした2時間5分18秒を超える日本国内での最高記録。

世界選手権(8月・ロンドン)代表選考会を兼ねた男子の日本勢では24歳の井上大仁(MHPS)が2時間8分台で8位となった。《共同通信》

【沖縄県・翁長雄志知事】日米会談を批判

沖縄県の翁長雄志知事は26日、岸田文雄外相と那覇市で会談した。米軍普天間飛行場(宜野湾市)問題に触れ、名護市辺野古への移設を「唯一の解決策」と確認した先の日米首脳会談を「誠に遺憾だ」と批判、計画断念を要求した。岸田氏は反論を避けた。対立を印象付けないための対応とみられる。一方で「沖縄の魅力」を世界に発信し、県への観光客誘致を後押しする考えを伝えた。

ワシントンで10日に開かれた安倍晋三首相とトランプ大統領との会談後、安倍政権の閣僚が沖縄を訪れ、翁長氏と対話するのは初めて。《共同通信》

2月26日/366

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする