新聞記事でたどる平成10000日+α

12月20日は何の日(355/366)

  • HOME »
  • 12月20日は何の日(355/366)

12月20日は何の日(12月20日のできごと)

12月20日は何の日 記念Suica販売で大混乱

東京駅、記念Suica販売で大混乱(平成26年12月20日)


清原和博内野手、オリックス入団を表明(平成17年12月20日)

伊丹十三監督、死去(平成9年12月20日)

眞子内親王殿下、お宮参り(平成3年12月20日)

パナマ侵攻(平成元年12月20日)

転載記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。

2018 平成30年12月20日(木)

平成10939日目

2017 平成29年12月20日(水)

平成10574日目

2016 平成28年12月20日(火)

平成10209日目

【2016Jリーグアウォーズ・MVP】川崎・中村憲剛選手

Jリーグの年間表彰式「2016Jリーグアウォーズ」で、最優秀選手賞に川崎からMF中村憲剛が選ばれた。1993年のJリーグ初年度に中学生だった中村。MVP受賞に「カズさん(三浦知良)がバルーンの中から派手に登場したMVPに、自分も選ばれたのは光栄」と笑みを浮かべた。《朝日新聞》

【野球・侍ジャパン】18選手を先行発表

来年3月の第4回WBCに出場する侍ジャパン28人のうち、一部メンバー18人が20日、都内で発表され、投手は日本ハム・大谷翔平投手(22)、巨人・菅野智之投手(27)ら、野手は巨人・坂本勇人内野手(28)、筒香嘉智外野手(25)らが選出された。

一部の先行発表について、日本野球機構(NPB)の井原事務局長は「小久保監督の強い意向。選ばれた選手たちは侍ジャパンとしての責任と自覚を持ってオフを過ごし、万全の準備をしていただきたい」と説明した。《スポーツ報知》

【北陸新幹線】小浜ー京都ルート採用が決定

北陸新幹線で未着工となっている敦賀(福井県)-新大阪のルートについて、与党整備新幹線建設推進プロジェクトチーム(PT)は20日、小浜(福井県)から南下して京都を経由する「小浜京都ルート」の採用を決めた。京都-新大阪については、東海道新幹線の北側を通る北回り案か、京都府南部を経由する南回り案にするかの判断を先送りし、年度内の決定を目指して検討を続ける。《産経新聞》

2015 平成27年12月20日(日)

平成9843日目

【全国高校駅伝】世羅(広島)が男女共に優勝

男子第66回、女子第27回全国高校駅伝競走大会は20日、京都市西京極陸上競技場発着のコースであり、男女ともに世羅(広島)が優勝した。男女の同一校優勝は1993年の仙台育英以来、2校目。

7区間42・195キロの男子は、2区途中でトップに立つと、一度も先頭を譲らず、従来の大会記録を14秒更新する2時間1分18秒で2連覇を達成。西脇工(兵庫)と並んでいた最多優勝回数を「9」にのばした。5区間21・0975キロの女子は、最終5区で4位から逆転し、初優勝を飾った。《朝日新聞》

【FIFA・クラブW杯】バルセロナが3度目の世界一

サッカーのクラブワールドカップ(W杯)最終日は20日、横浜市の日産スタジアムで2試合が行われ、決勝で欧州代表のバルセロナ(スペイン)が南米代表のリバープレート(アルゼンチン)に3―0で快勝し、4年ぶり3度目のクラブ世界一に輝いた。優勝賞金は500万ドル(約6億円)。3位決定戦でJ1王者の広島はアジア代表の広州恒大(中国)に2―1で逆転勝ちし、3位だった。《日経新聞》

【水球男子日本代表】32年ぶりの五輪出場が決定

水球:アジア選手権◇最終日◇20日◇中国・仏山

水球の男子日本代表が、32年ぶりの五輪出場を決めた。リオデジャネイロ五輪予選を兼ねたアジア選手権で、日本は中国との全勝対決を16-10で制し、84年ロサンゼルス大会以来の五輪切符を獲得した。第1ピリオドで6-2とリードして流れをつかむと、地元の有利なレフェリーの笛に苦しみながらも最後までリードを守った。17日には昨年アジア大会決勝で敗れたカザフスタンを9-8で撃破。勢いに乗ったまま、地元中国に挑み、最高の結果を出した。《日刊スポーツ》

【中国・広東省】土砂崩れで59人不明

新華社電などによると、中国南部・広東省深セン市光明新区で20日、大規模な土砂崩れが発生し、工業団地の建物多数が倒壊した。59人が行方不明となっており、習近平国家主席は、救助活動に全力を挙げるよう地元当局に指示した。

中国メディアによると、崩れた土砂は広範囲に広がり、20棟以上が土砂に埋まるなどしたほか、天然ガスのパイプラインが爆発したという。現場は深セン市中心部から西北に約30キロ離れた場所。積み上げられていた建設残土が崩れた可能性があるとも伝えられた。在広州日本総領事館によると、これまでに日本人が巻き込まれたとの情報はない。《読売新聞》

【米・ラスベガス】20代の女が車で37人をはねる

米ネバダ州ラスベガスのカジノ街で20日夜、20代の女が乗用車で複数の歩行者グループに突っ込み、少なくとも1人が死亡、36人が負傷した。うち6人が重傷。警察は「テロではないが、故意に歩行者をはねた」とみて、殺人などの容疑で調べを進める。

警察などによると、事件は目抜き通り「ラスベガス・ストリップ」沿いのホテル「パリス・ラスベガス」周辺の歩道で発生。複数の歩行者グループが次々とはねられた。女は現場から逃走しようとしたが、拘束された。女の車には3歳児が乗っていたが、けがはなかった。《時事通信》

2014 平成26年12月20日(土)

平成9478日目

【ベイマックス】ドン・ホール/クリス・ウィリアムズ監督作品公開

【FIFA・クラブW杯】レアル・マドリード、初優勝

サッカーのクラブ世界一を決めるトヨタ・クラブW杯は20日、モロッコのマラケシュで行われ、決勝では欧州王者のレアル・マドリード(スペイン)が南米王者のサンロレンソ(アルゼンチン)を2―0で下し、初優勝を飾った。

Rマドリードは試合開始から終始試合を支配した。前半37分にCKからセルヒオラモスが頭で決めて先制すると、後半6分にもベールが加点。守備も崩れず快勝した。

3位決定戦はオークランド(ニュージーランド)が1―1からのPK戦を4―2で制し、クルスアスル(メキシコ)を退けた。岩田卓也は左サイドバックでフル出場した。《共同通信》

【 JR東日本】記念Suica限定発売で大混乱

JR東日本が20日午前、東京駅開業100周年を記念したIC乗車券Suica(スイカ)1万5千枚を限定販売したところ、同駅丸の内南口の窓口に客が殺到した。安全を確保するため約2時間半で販売を中止したのに対し、買えなかった人が駅員に詰め寄るなど大混乱した。今後、あらためて販売するが、詳細は未定という。

JR東日本東京支社などによると、スイカは赤れんが駅舎をデザインした1万5千枚。1枚2千円で1人3枚まで。希望者が多く、午前8時だった販売開始時刻を前倒しし、午前7時14分から売り出した。19日朝から並んだ人を含め、その時点で約9千人が列をつくった。販売は午前9時40分に打ち切られた。《共同通信》

【安倍晋三首相】報道写真展を鑑賞

安倍晋三首相は20日、東京都中央区の日本橋三越本店で開かれている「2014年報道写真展」を鑑賞した。今年1年の印象的な出来事を撮影した280点を見て回った首相は、14日の衆院選投開票日に「安倍晋三」に当選のバラをつける自身の写真パネルなどにサイン。協会幹部からカメラを渡されると報道陣を相手に「逆取材」と称し、「いい写真がとれた」と笑顔をみせた。《毎日新聞》

2013 平成25年12月20日(金)

平成9113日目

【イオンモール幕張新都心】国内最大級のSCオープン

【大阪府教育委員会】府立高運動部顧問を体罰で懲戒処分

大阪府教育委員会は20日、府立高の男子ハンドボール部員20人に対し、約2年半の間に頬をたたくなど計97回の体罰を加えたとして、部顧問の男性教諭(51)を停職6カ月の懲戒処分とした。

集合時間に遅れるなどした部員13人に、丸刈りにするよう命じていたほか、熱中症の部員を無理やり試合に出場させていた。ことし1月に発覚した大阪市立桜宮高の体罰事件以降も54回あった。

府教委が体罰と認定したのは、2011年5月~13年9月まで。府教委教職員人事課の中野伸一課長は「非常に悪質な事案」と述べた。《共同通信》

【結いの党・江田憲司代表】安倍首相に新党結成のあいさつ

結いの党の江田憲司代表は20日、首相官邸を訪れ、安倍晋三首相に新党結成のあいさつをした。江田氏は「既得権益を打破して、規制改革や地域主権を断行してほしい」と新党の綱領にも掲げた政策の実現を要請。首相は「橋本政権や小泉政権も規制改革をやってきた中で(今も)困難な固い規制が残っている」と応じ、一層の改革を進める意欲を示した。《毎日新聞》

2012 平成24年12月20日(木)

平成8748日目

【警視庁】2ちゃんねる開設者を書類送検

インターネット掲示板「2ちゃんねる」への覚せい剤密売などに関する書き込みを放置したとして、警視庁サイバー犯罪対策課は20日、麻薬特例法違反(あおり、唆し)のほう助の疑いで、2ちゃんねる開設者で元管理人の会社役員西村博之氏(36)を書類送検した。

警視庁によると、掲示板の管理に絡み2ちゃんねる関係者が摘発されるのは初めて。東京地検が起訴するかどうか判断する。ネット上の有害情報の管理責任と規制をめぐり、論議を呼びそうだ。

男は覚せい剤0・2グラムを1万円で販売する意味で「02―1万円」の書き込みを投稿。麻薬特例法違反容疑などで逮捕、起訴された。《共同通信》

【朴槿恵氏】安保強化の必要性を強調

19日の韓国大統領選で大接戦を制した保守与党セヌリ党の朴槿恵氏は一夜明けた20日午前、ソウル市内の党本部で記者会見し「正しい歴史認識を土台に、北東アジアの和解、協力と平和が拡大するよう努力する」と述べた。竹島(韓国名・独島)や従軍慰安婦の問題を念頭に、妥協しない原則的立場を示したとみられる。

また、北朝鮮の事実上の長距離弾道ミサイル発射については「われわれが置かれた安全保障の現実がどれだけ厳しいかを象徴的に示した」と述べ、安保強化の必要性を強調した。《共同通信》

【自民党・安倍晋三総裁】韓国大統領選についてコメント

自民党の安倍晋三総裁は20日朝、韓国大統領選で朴槿恵氏が当選したことを受け「心からお祝い申し上げる。朴次期大統領との間で緊密に意思疎通を行うことで、大局的な観点から日韓関係をさらに深化させていきたい」とのコメントを発表した。《日経新聞》

2011 平成23年12月20日(火)

平成8382日目

【プロ野球・ソフトバンク】小林取締役の辞任を発表

ソフトバンクは20日、小林至取締役(編成・育成担当)の辞任を発表した。巨人移籍が決まった杉内俊哉投手に対し、昨季オフの契約更改でフリーエージェント(FA)権行使に言及した際「手を挙げる球団がありますか」と自尊心を傷つける発言をしたとされる。同日朝に笠井和彦オーナー代行に辞任を申し出た。

小林氏は海外担当兼中長期戦略担当部長として球団に残り、外国人選手のスカウトなどを担当する。後任にあたる編成・育成部長には石渡茂編成・育成部長補佐が就いた。

笠井オーナー代行によると、小林氏は「杉内投手が残留できなかった点と、ファンにご迷惑を掛けることになった責任を取りたい。不用意な発言で杉内投手にご迷惑をお掛けした。誤解を生む発言をしてしまった」と理由を説明したという。《共同通信》

【安倍晋三元首相】拉致問題解決へ政府に協力

自民党の安倍晋三元首相は20日のTBS番組で、北朝鮮の金正日総書記死去に伴う日本人拉致問題に関して「政府が司令塔で戦略を練り、解決する方向がはっきりすれば、もちろん私も全面的に協力する」と述べた。《日経新聞》

【野田佳彦首相】対北朝鮮「日米韓で緊密連携」

野田佳彦首相は20日、北朝鮮情勢に関するオバマ米大統領との電話協議に関し「朝鮮半島情勢に悪影響が出ないよう日米や日米韓で緊密に連携していくことになった」と述べた。記者団の要請に応じ、首相官邸で答えた。《日経新聞》

【映画監督・森田芳光さん】死去

「家族ゲーム」「失楽園」などで知られる映画監督の森田芳光さんが20日午後10時15分、急性肝不全のため東京都内の病院で死去した。61歳。東京都出身。

日大芸術学部在学中から8ミリ映画を製作し、1981年に落語家の若者を主人公にした青春映画「の・ようなもの」で劇場映画デビュー。家族の崩壊など、日本社会が抱える問題を独特のユーモアを交えてスクリーンにぶつけた。《共同通信》

2010 平成22年12月20日(月)

平成8017日目

【日産・リーフ】100%・電気自動車(EV)発売開始

【プロ野球・広島】前田健太投手、1億2000万円で契約更改

セ・リーグの投手3冠で沢村賞に輝いた広島の前田健太投手(22)が20日、マツダスタジアムで7200万円増の年俸1億2000万円、タイトル料3000万円で契約を更改した。1億2000万円は栗原、永川勝とともにチーム最高年俸となる。《福井新聞》

【菅直人首相】民主党・小沢元代表と会談

菅直人首相は20日、衆院政治倫理審査会への出席を促すため、民主党の小沢一郎元代表と官邸で約1時間半にわたり会談したが、説得は不調に終わり決裂した。これを受け、党執行部は野党の求める証人喚問に同調することも選択肢とする強い姿勢で臨む方針を固めた。

結論を27日に先送りした上で党の意思決定を図る意向だが、小沢氏側が反発を強めるのは必至。先の党代表選から続く小沢氏をめぐる対立は一層激化し、首相の指導力を疑問視する声も高まりそうだ。《福井新聞》

2009 平成21年12月20日(日)

平成7652日目

【M-1グランプリ2009】パンクブーブー、満場一致で完全優勝

M-1 グランプリ 2009 完全版 100点満点と連覇を超えた9年目の栄光 [DVD]
M-1 グランプリ 2009 完全版 100点満点と連覇を超えた9年目の栄光 [DVD]

【スケート・寺尾悟選手】第一線を退く意向表明

【第60回男子高校駅伝】世羅、6度目の優勝

【第21回女子高校駅伝】豊川、2年連続2度目の優勝

【民主党・小沢一郎代表】重点要望「最後は政府が決定」

民主党の小沢一郎幹事長は20日午後、盛岡市内で開かれた党岩手県連パーティーであいさつし、ガソリン税などの暫定税率維持や子ども手当への所得制限導入を盛り込んだ来年度予算編成の「重点要望」について「最終的には政府が決定することだが、各地域の要望を可能な限り政府に伝えたつもりだ」と述べ、政府の対応を最終的には容認する考えを示した。《福井新聞》

2008 平成20年12月20日(土)

平成7287日目

【民主・小沢一郎代表】自民・渡辺喜美氏に離党促す

民主党の小沢一郎代表は20日、麻生政権に批判的な渡辺喜美元行政改革担当相について「自民党にまだいるのにどうこう言っても仕方ない」と離党を促した。また「今の自民党政権では駄目だと言う人は(離党すれば)誰とでも協力する」と述べた。宇都宮市で記者団の質問に応えた。《福井新聞》

【2009年度予算財務省原案】景気優先で歳出最大

中川昭一財務相は20日午前の臨時閣議に2009年度予算の財務省原案を提出、各省庁に内示した。景気への配慮を優先し、政策経費である一般歳出を大幅拡大、自治体に配る地方交付税も増やしたため、一般会計総額は前年度当初予算比6.6%増、過去最高の88兆5480億円に膨らんだ。

中川財務相は記者会見で「経済や雇用の悪化を食い止め、世界に先駆けて(景気を)上向きにする目標でつくった」と強調した。《福井新聞》

【麻生太郎首相】「安心確保の予算を編成」

麻生太郎首相は20日、2009年度予算の財務省原案の内示を受け「景気回復を最優先し、生活者のための安心を確保したい。このため経済、雇用、生活を重視して財源を工夫しながら大胆な実行予算を編成したい」とのコメントを発表した。

これから配分を決める3330億円の重要課題推進枠については「生活防衛、地方の底力に重点を行うよう指示を行う」とした。《福井新聞》

広告




2007 平成19年12月20日(木)

平成6921日目

【ドコモ・キッズケータイF801i】発売

【福田康夫首相】低姿勢路線から転換へ

福田康夫首相は20日午前、官邸での上毛新聞社の新春用インタビューで、国会対応に関し「話し合いを念頭に(強固な姿勢は)留保していたが、そういうことではそろそろすまなくなってきた」と述べ、就任以来続けてきた「低姿勢」路線からの転換を図る考えを示した。《福井新聞》

2006 平成18年12月20日(水)

平成6556日目

【 G大阪・DF宮本恒靖選手】ザルツブルク移籍会見

【尾身幸次財務相】2007年度予算財務省原案を閣議に提出

尾身幸次財務相は20日午前の閣議に2007年度予算の財務省原案を提出、各省庁に内示した。景気拡大に伴う税収の大幅増で新たな国債の発行額は過去最大の4兆5410億円を減額し、25兆4320億円に抑制して財政収支は改善。一方、高齢化を背景に社会保障費の増加は続き、一般会計総額は06年度当初予算比4.0%増の82兆9088億円と、2年ぶりに増加した。

安倍政権による初の予算編成は、道路特定財源の一般財源化問題で抜本的見直しを先送りするなど、本格的な財政改革へは大きな課題を残した。地方交付税の抑制が続くことから地方間格差が拡大。「再チャレンジ」支援でも目玉の事業に欠け、格差問題は素通りした形だ。《福井新聞》

【元東京都知事・青島幸男さん】死去

直木賞作家で、東京都知事や参院議員を務めた青島幸男(あおしま・ゆきお)さんが20日午前9時半、東京都江東区内の病院で死去した。死因は血液がんの一種である骨髄異形成症候群。74歳だった。

1932年、東京・日本橋の仕出し弁当屋の次男に生まれた。早大大学院在学中に漫才の台本を書き始め、20歳代で放送作家としてデビュー。「シャボン玉ホリデー」を手がけるなど草創期のテレビ界で活躍した。67年からのテレビドラマ「意地悪ばあさん」では主演を務め、お茶の間の人気を集めた。大ヒットした「スーダラ節」の作詞を手がけ、初めての小説「人間万事塞翁(さいおう)が丙午(ひのえうま)」では直木賞を受賞するなど、文化人として多彩な才能を発揮した。

政界でも活躍した。35歳だった68年、参院の全国区に初めて立候補し、120万票を集めて初当選するなどタレント議員のパイオニア。故市川房枝参院議員の遺志をついで「二院クラブ」の代表を務め、「選挙に金をかけるから後で回収しようとして政治腐敗が起きる」との考えから、以後は街頭演説など選挙運動らしいことをしないスタイルを確立した。

参院5期目の95年には東京都知事選に立候補。自民、社会、公明など主要政党が相乗りした官僚出身候補に約50万票差をつけて圧勝した。

都知事就任後、公約通り世界都市博覧会は中止したが、その後は都官僚と協調路線を取ることも多くなり、選挙時に支持した市民団体からは「ミスター公約違反」と批判を浴び、1期4年で知事を退いた。01、04年の参院選にも立候補したが落選し、04年に政界からの引退を表明した。《朝日新聞》

【カンニング・中島忠幸さん】死去

人気お笑いコンビ、カンニングの中島忠幸(なかしま・ただゆき)さんが20日午前、白血病ウイルス性肺炎のため都内の病院で死去した。35歳だった。中島さんは04年12月末に急性リンパ球性白血病で入院。入退院を繰り返しながら闘病生活を送っていた。《日刊スポーツ》

2005 平成17年12月20日(火)

平成6191日目

【 1リットルの涙】フジ系連続ドラマ最終回

【 Jリーグ最優秀選手】G大阪・アラウージョ選手

【 Jリーグ新人王】磐田・カノン選手

【清原和博内野手】オリックス入団を表明

前巨人の清原和博内野手(38)が20日、都内のホテルで会見し、オリックス入りを正式に表明した。「おまえの最後の花道はおれがつくってやる」とオリックス入りへラブコールを送り続けてくれた仰木彬前監督(享年70)が15日に死去。その恩義に報い、地元大阪、パ・リーグ、そしてプロ野球ファンのために、オリックスでプレーを続けることを決断した。1年、年俸2億5000万円(推定)の条件提示を受けているが、26日に最終交渉を行い入団会見する。《日刊スポーツ》

【耐震偽装問題】合同捜査本部、103箇所を一斉捜索

耐震強度偽装問題を調べている警視庁と千葉、神奈川県警の合同捜査本部は20日午前、建築基準法違反の疑いで千葉県市川市のA元建築士(48)の事務所などの家宅捜索を始めた。関係先は、A元建築士が偽装した物件の建築主や施工業者など約100カ所に及ぶ。捜査本部は今後、押収資料の分析や関係者の事情聴取を進め、偽装問題の刑事責任追及に向けた動きを本格化させる。

捜査本部や国土交通省などの調べでは、設計者には建築物の構造を安全なものにする義務があるのに、A元建築士は構造計算書を偽造して、耐震性が不足した都内のマンション3棟とホテル1棟を建てさせた疑い。国交省が今月5日、A元建築士を建築基準法違反の疑いで刑事告発していた。《朝日新聞》

【谷垣禎一財務相】2006年度予算原案を閣議に提出

谷垣禎一財務相は20日午前の閣議に2006年度予算の財務相原案を提出、各省庁に内示した。一般会計総額は05年度当初予算比3.0%減の79兆6860億円と4年ぶりに減少、8年ぶりに80兆円を割った。

政策経費である一般歳出も1.9%減の46兆3660億円と2年連続で縮小。小泉純一郎首相による最後の予算は過去4回に比べても一段と緊縮型となり、財政再建への意欲を強く示した。《福井新聞》

2004 平成16年12月20日(月)

平成5826日目

【プロ野球・日本ハム】新人選手入団発表

日本ハムは20日、札幌市内のホテルで新人選手の入団発表を行い、1巡目指名のダルビッシュ有投手(東北高)は「ずっとプロでやりたかった。新人王を取りたい」と抱負を話した。《福井新聞》

【政府】2005年度予算の財務省原案を了承

政府は20日の臨時閣議で、2005年度財務省原案を了承、財務省が各省庁に内示した。政策的経費である一般歳出は04年度当初予算と比べ0.7%減の47兆2829億円と、02年度以来3年ぶりに前年度を下回った。一般会計の総額も0.1%増の81兆1829億円と4年連続で緊縮型を堅持。税収増や定率減税の縮小など国民負担の拡大で国債の新規発行を4年ぶりに減額した。《福井新聞》

【民主党・仙谷由人政調会長】

民主党の仙谷由人政調会長は20日午前、2005年度予算の財務省原案について談話を発表、「小泉内閣による国債発行額が140兆円を超えることが確実になった。国民を欺き、将来の国民に無謀な負担を押し付ける小泉構造改革は、紛れもなく悪政だ」などと厳しく批判した。《福井新聞》

【小泉純一郎首相】「良い予算に仕上がった」

小泉純一郎首相は20日、2005年度予算の財務省原案について「良い予算に仕上がった。方針を守れた」と総括した上で「国債発行額が減額でき、なおかつめりはりが利いた予算だ」と述べ、予算編成を評価する考えを示した。《福井新聞》

2003 平成15年12月20日(土)

平成5460日目

【プロ野球・日本ハム】新人選手入団発表

日本ハムは20日、札幌市内のホテルで新人6選手の入団発表を行った。来季から本拠地が北海道に移り、新人は1期生となる。自由獲得枠の糸井嘉男投手(近大)は「強気で打者に向かい、札幌ドームで胴上げをしたい」と語った。

当初は巨人入りを希望していたドラフト2巡目の須永英輝投手(埼玉・浦和学院高)も「プロの実感がわいてきた。技術と体力をつけて早く1軍に上がりたい」と意気込んだ。《福井新聞》

【公明党・神崎武法代表】サマワを視察

公明党の神崎武法代表は20日午前、クウェートからヘリコプターで、イラク復興支援特措法に基づく陸上自衛隊の活動予定地のイラク南部サマワにあるオランダ軍駐屯地に到着した。

オランダ軍報道担当者によると、神崎氏は到着後、オランダ軍司令官と会談。サマワの治安情勢などについて意見交換したとみられる。

神崎氏はムサンナ州やサマワ市の関係者らと自衛隊派遣について意見交換、同日夕、クウェートに戻った。

自衛隊イラク派遣の実施要項が18日に決定したことで、今後の最大の焦点は陸自の派遣問題。公明党や支持団体・創価学会に慎重論が根強い中、神崎氏の視察結果は派遣時期に大きな影響を与えそうだ。《共同通信》

2002 平成14年12月20日(金)

平成5095日目

【ダイハツ・ミラ】フルモデルチェンジ

DA_S009_F004_M001_1_L
http://www.carsensor.net/

【WBAスーパーフライ級タイトル戦】徳山昌守選手、6度目の防衛成功

ボクシングのダブル世界タイトル戦は20日、大阪城ホールで行われ、世界ボクシング評議会(WBC)スーパーフライ級タイトルマッチ12回戦で、チャンピオンの徳山昌守(金沢)は挑戦者で同級1位のジェリー・ペニャロサ(フィリピン)を2−1の判定で下し、6度目の防衛に成功した。徳山の世界王座6連続防衛は、輪島功一らと並び国内史上3位となった。《福井新聞》

【WBAミニマム級タイトル戦】星野敬太郎選手、王座返り咲きならず

世界ボクシング協会(WBA)ミニマム級タイトルマッチ12回戦では、挑戦者で同級3位の星野敬太郎(花形)がチャンピオンのノエル・アランブレット(ベネズエラ)に0−2で判定負けし、王座奪回に失敗した。《福井新聞》

【松井秀喜外野手】ヤンキース入団を正式発表

米大リーグヤンキース、ニューヨーク・ヤンキースは19日、巨人からフリーエージェント(FA)宣言した松井秀喜外野手(28)と3年契約で合意に達したと発表した。松井選手は20日に東京都内のホテルで「これから大変だけど、大変なところに飛び込んでいって、道を開いていくのは楽しいことだと思う」と話した。21日にも渡米し、健康診断などの諸手続きを経て正式決定に至る。《福井新聞》

【小泉純一郎首相】役人言葉は分かりにくい

小泉純一郎首相は20日の閣僚懇談会で。予算書や各種の答申、報告書について「官庁が書くことはよく分からない」と批判した。特に税制改正大綱の住宅投資減税や証券税制を例に挙げ「分かりにくく、家や株を買おうという動きにつながるよう国民に知っていただくことをやらなくてはいけない」と述べ、広報の在り方を検討するよう各閣僚に指示した。《福井新聞》

2001 平成13年12月20日(木)

平成4730日目

【プロ野球・阪神】チーフ打撃コーチに田淵幸一氏

星野仙一新監督を迎えた阪神は20日、阪神OBで野球解説者の田淵幸一氏(55)のチーフ打撃コーチ就任を発表した。田淵新コーチは24年ぶりの阪神復帰で1年契約。背番号88。また日本ハムからフリーエージェント(FA)になっていた片岡篤史内野手(32)も阪神入りを表明した。

星野監督から就任要請を受けていた田淵氏は大阪市内のホテルで野崎正義球団社長と交渉して契約に合意。「星野監督とスクラムを組んで、何とか低迷しているタイガースを再生させたい」と抱負を語った。《福井新聞》

【片岡篤史内野手】阪神入団を表明

11月6日のFA公示以来、阪神移籍と日本ハム残留の間で揺れ動いた片岡はこの日、東京都内のホテルで会見。「(関西出身で阪神入りを)小さいころから夢に思ってやってきた」と阪神や甲子園球場へのあこがれが選択の決め手になったことを明かした。

一方で10年間在籍した日本ハムに対し「感謝の気持ちでいっぱい。ファンやチームメイトに申し訳ない」と涙を交えながら話した。《福井新聞》

【東京V・武田修宏選手】現役引退を表明

東京Vの元日本代表FW武田修宏(34)が20日、東京・稲城市のクラブハウスで記者会見し、「ワールドカップ(W杯)に出るという小学校からの夢が途切れた。まだやれる自信はあるが、男のけじめとして決意した」と、涙ながらに引退を正式表明した。 武田は「J1残留を決めた11月24日に1度は発表しようと思ったが、ファンの期待を感じて考え直した」と、悩み抜いた経緯を説明。「カズさん(神戸)はブラジル、ゴン(中山=磐田)は筑波大でプレーした。同じくらいやったと思う」と、同世代のストライカーを例に出し、16年間プロとして国内リーグを支えてきた自負を見せた。

選手生活最大の思い出は「(93年10月28日に)イラクに引き分けてW杯米国大会出場を逃した“ドーハの悲劇”のピッチに立てたこと」と言い、ベストゴールには、90年10月、NKK戦でカズの右クロスを決めたオーバーヘッドを挙げた。 今後は主に解説者として活動するが、「将来は監督としてJリーグに戻ってきたい」と新たな夢を語り、「今は足の骨のヒビでリハビリ中だが、(24日の)天皇杯の準々決勝を勝ってもらって、準決勝と決勝に出たい」と、ラストマッチへの強い意欲を示した。 《読売新聞》

【野茂英雄投手】ドジャース復帰

米大リーグ、ロサンゼルス・ドジャースは20日、今季終了後にボストン・レッドソックスからフリーエージェント(FA)になった野茂英雄投手(33)を獲得したと発表した。ドジャースは野茂が1995年に大リーグに初めて挑んだ際の球団。今回は2年契約で、AP通信によると、年俸総額は1300万ドル(約16億6400万円)。背番号は未定。《共同通信》

【アニータ・アルバラードさん】公金横領犯の妻が会見

青森県住宅供給公社の14億円横領事件で、S容疑者の妻のチリ人アニータ・アルバラードさん(29)が20日、サンディエゴ市内で会見し、「夫からもらった金を返すつもりはない」などと述べた。

アルバラードさんは「邸宅やレストラン、病院を売却するわけにはいかず、現金としても残っていない。(前夫との間の)2人の子供ら家族や友人のためにも、日本の方には申し訳がないが、返済できない」と語った。また「S容疑者が犯罪で手に入れた公金だとは知らなかった。日本人は金持ちにみえたから金額に不思議な思いは抱かなかった」と自らの潔白を強調した。《共同通信》

2000 平成12年12月20日(水)

平成4365日目

【大相撲・朝青竜関】新入幕

日本相撲協会は20日、大相撲初場所(来年1月7日ー21日・両国国技館)の番付を発表し、先場所13勝を挙げた琴光喜が前頭9枚目から躍進、幕内3場所目で新関脇となった。

モンゴル出身の朝青竜は新入幕を果たした。所要12場所での新入幕は、前相撲から取った力士では元大関小錦らに並ぶ、1958年に年6場所制になって以降の最速記録。《福井新聞》

【日韓親善サッカー】日本1-1韓国

サッカーの日本代表がことし最後の国際親善試合として韓国代表と対戦するキリンビバレッジ2000は20日、東京・国立競技場で約5万4000人の観衆を集めて行われ、日本は1−1で引き分けた。2002年ワールドカップ(W杯)を共催する両国の通算成績は韓国の35勝15分け11敗。

10月のアジアカップ(レバノン)で優勝し、アジアの王者になった日本は、スタートからボールを支配しチャンスを演出したが、前半14分、イタリア1部リーグ(セリエA)ペルージャでプレーする安貞桓に先制点を許した。

しかし、日本は前半25分すぎに退場者を出して1人少ない韓国を攻め立て、後半11分、柳沢(鹿島)の右センタリングを服部(磐田)がヘディングで決め、追いついた。その後も、優位に試合を進めたが、勝ち越すことはできなかった。《福井新聞》

【JR高槻駅】JT職員が「放射性物質」をばらまく

20日午前10時ごろ、大阪府高槻市のJR高槻駅コンコースで、白衣を着た男が駅助役に「放射性同位元素をまいた」と話しかけてきたため、110番通報した。高槻署が液体を分析するとともに、「放射性同位元素等による放射線障害の防止に関する法律」違反の疑いもあるとみて、男から事情を聴いている。駅の客らに被害はなかった。

現場には瓶が2本残っており、うち1本が割れた状態で、改札口付近で破片が散乱していた。いずれの瓶にもヨウ素125などと書かれたシールが張られ、放射性同位元素を示すマークが付いていた。瓶の容量は20CC程度という。

調べによると、男は高槻市紫町の日本たばこ産業(JT)医薬総合研究所の社員(40)で、「会社の冷蔵庫から1CC入りの瓶3本を持ち出し、うち1本の全部と、もう1本の半分をまいた」と供述。男の上司が確認したところ、供述通り冷蔵庫から薬品がなくなっていたという。JT医薬総合研究所によると、男は主に薬の化合物の研究をしており、勤務態度に問題はなかったという。《朝日新聞》

1999 平成11年12月20日(月)

平成3999日目

【さぬきエクスプレス神戸・ハーバーライナー】神戸〜坂出:高速バス運行開始

【高松エクスプレス神戸号】神戸〜高松:高速バス運行開始

【マカオ】ポルトガルから中国に返還

大航海時代の1557年以来、442年にわたってポルトガルが統治してきたアジア最後の植民地、マカオが20日午前0時、中国に返還された。

マカオは香港同様「一国二制度」の下、マカオ基本法に基づき「高度の自治」を保証される中国の特別行政区として再スタート、今後50年間は資本主義体制を維持する。《共同通信》

【大阪地検】セクハラ事件で大阪府庁を家宅捜索

大阪府知事選手中にセクシャルハラスメントを受けたとして、元運動員の女子大生(21)が横山ノック知事を強制わいせつ容疑で告訴した事件で、大阪地検特捜部は20日、大阪府庁の知事室や知事公館など数カ所を同容疑で家宅捜索した。

特捜部は既に、知事から事情聴取を終えていることも判明。女子大生の証言は信用性が高いとの判断に達し、近く横山知事を起訴する方針で、知事が女子大生を逆告訴した問題についても、虚偽告訴容疑での立件可否を検討している模様だ。

一方、横山知事は20日、大阪府内の病院に入院、府幹部が病名は「不安定狭心症」と明らかにした。《福井新聞》

1998 平成10年12月20日(日)

平成3634日目

【エアドゥ】就航

格安運賃を掲げ羽田ー新千歳線に参入する北海道国際航空(エア・ドゥ、本社札幌市)が20日、運航を開始した。国内定期航空事業への新規参入は、9月に羽田ー福岡線で35年ぶりに就航したスカイマークエアラインズ(本社東京)に次いで2社目。《福井新聞》

【小渕恵三首相】内閣改造は1月5日以降

小渕恵三首相は20日午後の臨時閣議後の閣僚懇談会で、自民党と自由党の連立に伴う内閣改造を来年1月5日以降に実施する考えを表明した。首相は今回の改造は小幅とする方針を固めていることから、挙党態勢をつくるため来年4月以降に党人事を行う「二段階改造案」が浮上してきた。

自自両党首が合意した2閣僚削減で、政府、自民党は2001年からの中央省庁再編を先送りする方針。文相と科学技術庁長官、建設相と国土庁長官の兼務案などを軸に調整している。《福井新聞》

広告





1997 平成9年12月20日(土)

平成3269日目

【タレント・中元すず香さん】誕生日

【ぼくらの勇気 未満都市】日テレ系連続ドラマ最終回

【新幹線・E4系MAX】運行開始

東北新幹線で20日、新型のオール2階建て車両E4系「MAX」の運行が始まった。8両編成を2つつなげた16両で最高時速は240キロ。高速列車としては定員が1634人と世界最大で、JR東日本の新幹線車両は6種類になった。《福井新聞》

【映画監督・伊丹十三さん】死去

「マルサの女」などで知られる映画監督の伊丹十三さんが20日夜、事務所のある港区麻布台のマンション屋上から飛び降り自殺した。64歳だった。伊丹さんの事務所は21日、数通の遺書には22日発売の写真週刊誌「フラッシュ」(光文社)に掲載される女性との交際に関する記事に憤り「死をもって潔白を証明する。これ以外の方法では立証できない」とマスコミあてのメッセージがあると発表。本人の意思で告別式は行わない意向も明らかにした。《福井新聞》

1996 平成8年12月20日(金)

平成2904日目

【トヨタ・コロナプレミオG】直噴「D4」エンジン搭載車発売

【巨人・斎藤雅樹投手】3億円プレーヤーに

巨人の斎藤雅樹投手(31)は20日、東京・神田の球団事務所で契約更改交渉に臨み、8000万円増の年俸3億3000万円で来年の契約にサインし、落合博満内野手(日本ハム)、清原和博内野手(巨人)に続く3億円プレーヤーとなった。《福井新聞》

【在ペルー日本大使公邸占拠事件】大使・議員ら39人解放

ペルーの日本大使公邸人質事件で、極左ゲリラ、トゥパク・アマル革命運動は20日午後7時すぎ、韓国、ブラジル、エジプト各大使ら39人の人質を解放、現地の日系人協会は日本人・日系人はうち14人と確認した。《共同通信》

1995 平成7年12月20日(水)

平成2538日目

【アメリカン航空965便墜落事故】

コロンビア南西部カリの北方で20日夜、マイアミ発カリ行きの米アメリカン航空965便ボーイング757旅客機が墜落、炎上した。アメリカン航空当局者によると、事故機には乗客156人と乗員8人が乗っており、コロンビア軍当局が21日朝、全員の死亡を確認した。《共同通信》

【動燃】もんじゅ事故の一部映像隠匿が判明

高速増殖炉原型炉「もんじゅ」(敦賀市白木)のナトリウム漏れ事故で、現場のビデオ映像をすべて公開していたと発表していた動力炉・核燃料開発事業団(動燃)が実は数分間分の映像を隠していたことが分かり、大石博理事長が20日夜、緊急会見して謝罪した。

隠していた映像には動燃が「撮影していない」としていた漏れたナトリウムの様子が克明に映っていた。大石理事長も「ナトリウム漏れが想像を超えて大きいために、そのまま出すのをためらい、意図的にカットしたものだ」と認めた。《福井新聞》

1994 平成6年12月20日(火)

平成2173日目

【女優・村崎真彩さん】誕生日

【テニス イワン・レンドル選手】腰痛のため現役引退を表明

【日本テレビ小包爆破事件】タレント・安達祐実さん宛の郵便物が局内で爆発

20日午後5時45分ごろ、東京都千代田区二番町、日本テレビ放送網の西本館6階編成局制作センターで、人気子役タレントの安達祐実さん(13)あての郵便物が開封中に爆発した。開封した芸能プロダクション、サンミュージック系列社員(31)が左手親指などに重傷、近くにいた同テレビ関連会社社員ら3人が軽いけがをした。《福井新聞》

1993 平成5年12月20日(月)

平成1808日目

【タレント・木下有希子さん】誕生日

【女優・西村優奈さん】誕生日

【陸上・久馬悠さん】誕生日

【陸上・久馬萌さん】誕生日

【あすなろ白書】フジ系連続ドラマ最終回

あすなろ白書 DVD-BOX
あすなろ白書

【国連・ガリ事務総長】羽田外相と会談

来日中のガリ国連事務総長は20日、細川首相、羽田外相と個別に会談した。外務省で行われた羽田外相との会談でガリ氏は、旧ユーゴスラビアに展開している国連平和維持活動(PKO)に日本が人道的な貢献をするよう期待を表明。外相は「来年の早い時期に調査団を派遣することを検討中だ」と述べ、PKO協力法が許容する範囲内で最大限協力する考えを強調した。《福井新聞》

1992 平成4年12月20日(日)

平成1443日目

【W杯複合】日本勢、上位を独占

ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)複合第3戦は20日、サンモリッツ(スイス)で後半の距離15キロを行い、前半ジャンプで首位に立った荻原健司(北野建設)が40分23秒5の9位でトップを守りきり、第1戦から3連勝をマークした。

共同通信に連絡が入ったもので、2位には河野孝典(野沢温泉ク)、3位にも阿部雅司(東京美装)が続き、日本はW杯史上初めて1−3位独占を成し遂げた。《共同通信》

【橋本龍太郎元蔵相】宮沢内閣支援を強調

自民党小渕派幹部の橋本元蔵相は20日放送のNHKテレビ番組で「来年7月の先進国首脳会議(東京サミット)を現内閣でいかにして乗り切るのかが大事で(そのために)全力を傾けて宮沢内閣を支える」と述べ、小渕派として宮沢内閣を全面支援することを改めて強調した。

また羽田派が改革を前面に打ち出していることに対して、橋本氏は「言葉で言わなければ改革しているという意識にならないのは寂しい」と指摘した。

1991 平成3年12月20日(金)

平成1077日目

【TBS系連続ドラマ・あしたがあるから】最終回

【眞子内親王殿下】お宮参り

秋篠宮ご夫妻の長女眞子さまは誕生から59日目の20日午前、ご両親とともに、一般のお宮参りにあたる皇居・宮中三殿の参拝をし、皇族の仲間入りしたことなどを報告された。午前10時、眞子さまは侍女長に抱かれて賢所、皇霊殿、神殿の順に参拝。続いてモーニング姿の秋篠宮さま、ロングドレスの紀子さまも順に参拝された。

この後、3人は赤坂御所を訪れ、天皇、皇后両陛下に正式に対面。初参拝を終えたことや成長ぶりなどを報告された。《福井新聞》

【宮沢喜一首相】米・ブッシュ大統領と電話会談

宮沢首相は20日夜、首相官邸でブッシュ米大統領と電話で約3分間会談した。この中で大統領は、来年1月の訪日成功に向けて21日からゼーリック国務次官、パール大統領特別補佐官、モスコウ通商代表部次席代表を派遣するとともに「会ってよく話を聞いてほしい」と要請した。これに対し首相は「分かりました。喜んでお会いする。東京でお会いできるのを楽しみにしている」と答えた。

新多角的貿易交渉(ウルグアイ・ラウンド)が大詰めを迎えた段階での米国の経済担当部の日本への派遣は、来日を機にコメ自由化、自動車などを争点とする経済問題をか解決したいとの大統領の強い決意を表明したものといえる。《福井新聞》

1990 平成2年12月20日(木)

平成712日目

【俳優・水田航生さん】誕生日

【ガーラ湯沢】新幹線で行けるスキー場がオープン

【ソ連・シュワルナゼ外相】辞意表明

ソ連のシュワルナゼ外相は20日のソ連人民代議員大会で、ソ連で独裁が始まろうとしていると述べ、これに抗議して辞任する意向を表明した。突然の辞意表明にあたり外相は、ペレストロイカ(改革)と民主化を支持すると強調しながらも「反動主義者から私への攻撃が行われている。今、国内で起きていることを受け入れることはできない。辞任は独裁が始まろうとしていることへの抵抗である」と警告した。

イグナチェンコ大統領報道官によると、ゴルバチョフ大統領は、人民代議員大会が正式に辞任を承認するまで外相職にとどまるよう要請。しかし報道官は、外相の辞意は最終的なものであるとし、撤回はあり得ないと言明した。

外相の辞任発言は、ゴルバチョフ大統領が民族問題や経済情勢の深刻化に対処するため、保守派や軍を取り込んだ形で自らの権力強化を図っていることへの抗議として、あえて表明されたとみられる。《福井新聞》

【熊本県警】オウム真理教を書類送検

新興宗教団体オウム真理教(本部静岡県富士宮市、麻原彰晃教祖)の熊本県阿蘇郡波野村の土地取得に絡む国土計画法違反事件で、熊本県警の捜査本部は20日、同教団に国土利用計画法の「両罰規定」を適用、同法違反容疑で書類送検した。しかし、同捜査本部は、麻原教祖の土地取引の関与については「教祖個人を共犯として立件するのは現時点では証拠上困難と判断した」としている。《福井新聞》

1989 平成元年12月20日(水)

平成347日目

【パナマ侵攻】

ブッシュ米大統領は20日午前1時、米兵射殺事件などで緊張が高まっている中米パナマに、米軍実戦部隊を投入し、「政府主席」に就任した最高実力者ノリエガ将軍の逮捕作戦に踏み切った。

フィッツウォーター大統領報道官は、米軍の作戦開始の直前、ことし5月の選挙に立候補、実質的に当選した野党のギジェルモ・エンダラ候補がパナマ大統領就任の宣誓をパナマ国内で行い、米政府は直ちにこれを承認したことを明らかにした。

ブッシュ米大統領、ベーカー国務長官ら米政府首脳はこれまで、ノリエガ将軍の支配体制に対し「米の反応は、軍事力の行使を除外しない」(ベーカー長官)との姿勢を続けてきたが、今回の米軍作戦はその最後の手段に訴えたことになる。しかしパナマ国軍の中核部隊はノリエガ将軍に忠誠を誓っているといわれ、作戦成功の見通しは確かではなく、予断を許さない。《共同通信》

【ユーゴ共産党】ルーマニア共産党と断絶

ユーゴスラビア共産主義者同盟(共産党)は20日、ルーマニア・ティミショアラでの反政府デモ弾圧に抗議し、ルーマニア共産党との関係を「無期限に断絶する」と発表した。

国営タンユグ通信が伝えた公式声明の中で、ユーゴ党はティミショアラの弾圧を「悲劇的事件」とし、チャウシェスク大統領を始めとする保守的なルーマニア党が「流血で解決した」と非難。ルーマニア当局に残虐行為をやめ、国内の民主的勢力との対話を始めるよう呼び掛けている。《読売新聞》

【ルーマニア】西部に非常事態宣言

国際社会の対ルーマニア非難の高まる中、チャウシェスク・ルーマニア大統領は20日夜、国営テレビ・ラジオで演説、ティミショアラ事件について「帝国主義勢力による内政干渉に反撃したもの」と武力弾圧を正当化、今後も反政府デモに厳しく対処する強硬方針を明らかにした。これを受け、ルーマニア政府は同日夜、ティミショアラ市を含むティミス郡に非常事態宣言を発令した。

30分間の演説でチャウシェスク大統領は「過去ルーマニアは西側諸国と良好な関係を保ってきたが、今、帝国主義的報復主義的勢力が反国家的テロ行為を組織化している。事件は混乱を引き起こし、体制の破壊を狙ったもの」とティミショアラでの反政府デモを糾弾し、今後も内政干渉に厳しく対処していくと語った。《読売新聞》

【海部俊樹首相】「できるだけ早く改革推進要綱を決定」

臨時行政改革審議会(新行革審、大槻文平会長)は20日、国と地方の関係等に関する答申を決定し、同日夕、大槻会長らが海部首相に提出した。これに対し首相は「できるだけ早く改革推進要綱を決定して、答申の実現を図りたい。行政改革の推進は内閣の基本方針として堅持し、引き続き努力したい」と述べた。

答申は農地転用許可や都市計画決定などの権限を国から地方へ移譲することや、補助金の整理合理化など142の個別改善策を早急に実施するよう強く求めている。《福井新聞》

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 366 平成の記録 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.