11月24日

11月24日
11月24日 今日は何の日

新潟日報上越支社・報道部長が暴言ツイートで謝罪(平成27年11月24日)

安倍晋三首相、長野県白馬村の地震被災地を視察(平成26年11月24日)

共産党、志位和夫氏を新委員長に選出(平成12年11月24日)

山一證券、自主廃業を決定(平成9年11月24日)

清原和博内野手、巨人入団会見(平成8年11月24日)

転載記事は名前、住所など一部修正、抜粋してあります。

2016 平成28年11月24日(木) 平成10183日目

【大分・別府市】動画「湯~園地」再生回数100万回突破

大分県別府市が「湯~園地」と銘打ち、本物の観覧車やジェットコースターに温泉計12トンを張って撮影した動画が24日、視聴回数100万回を超えた。市が「温泉のPRに」と、市内の遊園地の協力を得て作った。閲覧・再生数が100万回を超えたら「湯~園地」計画を実行すると宣言していた。

3日間で目標超え。長野恭紘市長は「こんなに早いとは」。予算のめどもまだ立たないが「1年以内に実現したい」と頭から湯気が出そうな勢いだった。《朝日新聞》

【関東甲信地方】初雪、積雪を観測

1月上旬並みの寒気が流れ込んだ影響で24日、東京都心など、関東・甲信地方の各地で初雪、積雪が観測された。気象庁によると、都心では午前6時15分ごろに初雪を観測、午前11時に積雪を確認した。

11月の積雪は1875(明治8)年の統計開始以来初めて。初雪は1962(昭和37)年11月22日以来、54年ぶりで、9番目の早さだった。都心の気温も午前9時すぎに0.9度と今季最低を記録した。《毎日新聞》

2015 平成27年11月24日(火) 平成9817日目

【H2Aロケット・29号機】打ち上げ成功

菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は24日午後3時50分、鹿児島県の種子島宇宙センターから、カナダの衛星運用大手「テレサット」の通信放送用衛星「テルスター12V」を搭載したH2Aロケット29号機を打ち上げた。当初は午後3時23分の打ち上げを予定していたが、直前に安全管理区域内に船舶があることが分かりカウントダウンを中断。安全を確認した上で、27分遅れで打ち上げられた。国産ロケットによる民間商業衛星の打ち上げは初めて。衛星は約4時間半後に分離される予定。《毎日新聞》

【新潟日報上越支社】報道部長が暴言ツイートで謝罪

新潟県の地方紙、新潟日報社上越支社の50代の男性報道部長が、インターネットの短文投稿サイト「ツイッター」上でハンドルネーム(ネット上の別名)を使 い、新潟県弁護士会の高島章弁護士に「うるせーな、ハゲ! はよ弁護士やめろ」などと暴言を繰り返したことが分かった。報道部長は24日、高島弁護士に直接謝罪した。

高島弁護士は新潟水俣病3次訴訟弁護団長を務め、人権問題などについて幅広く発言している。高島弁護士によると、20日、ツイッターで「まるでネトウヨ の高島弁護士」などと複数の中傷が投稿された。その後、投稿主が報道部長ではないかとの指摘がネット上であり、23日に新潟日報社に連絡。報道部長本人から電話があり、投稿を認めたという。

報道部長は24日、高島弁護士の事務所を訪れ、酒を飲んでいたことや職場のストレスから暴言を書き込んだと説明し、謝罪したという。高島弁護士は毎日新 聞の取材に「許される限度を超えている。匿名での書き込みはたがが外れるので怖い」と話した。新潟日報社経営管理本部は「過去の投稿も含めて調査している。対処すべきことがあれば適切に対応する」としている。《毎日新聞》

【トルコ軍】領空を侵犯したとしてロシア軍機を撃墜

トルコは24日、度重なる警告にもかかわらず領空を侵犯したとして、シリア国境付近でロシアの軍用機を撃墜。ソビエト時代も含め、北大西洋条約機構(NATO)加盟国によるロシア軍機撃墜が確認されたのは1950年代以来初めてで、緊張が高まっている。ロシアのプーチン大統領は、「テロリストの共犯者ら」による背信行為としてトルコを強く非難。両国関係に重大な影響をもたらすとの認識を示し、「このような犯罪をわれわれは決して許さない」とした。《ロイター》

【KAT-TUN・田口淳之介さん】グループ脱退を発表

KAT-TUN田口淳之介(29)が24日、来年春にグループを脱退し、ジャニーズ事務所を退社すると発表した。メンバーと芸能活動に対する考え方に相違が生じ、脱退の意思を固めたとみられる。同事務所はグループの解散を予定していないとした。デビュー時は6人だったグループは、来年の10周年を3人で迎えることになった。《日刊スポーツ》

【日本野球機構】今季のベストナインを発表、12人が初受賞

20151124-00010007-fullcount-000-3-view

【神戸地裁】号泣「元」県議、初公判を欠席

日帰り出張を多数繰り返したなどとする虚偽の収支報告書を作成し、政務活動費などをだまし取ったとして、詐欺と虚偽有印公文書作成・同行使の罪に問われた 元兵庫県議野々村竜太郎被告(49)の初公判は24日、神戸地裁(佐茂剛裁判長)で開かれる予定だったが、野々村被告は欠席し、この日の公判は中止され た。(時事通信)

【プロ野球・阪神】藤川球児投手、復帰会見

阪神へ4年ぶりに復帰する藤川球児投手(35)が24日、大阪市内のホテルで入団記者会見を開き「人生で一番輝きを残したのは阪神。全身全霊の覚悟でやれる。自信はある」と意気込みを示した。2年契約で年俸は総額4億円(推定)、背番号は18に決まった。藤川は高知商高からドラフト1位で1999年に阪神入団。2005年には主に中継ぎとして当時のプロ野球記録となるシーズン80試合に登板してリーグ優勝に貢献。抑えとしても日本プロ野球歴代5位の通算220セーブをマークした。《毎日新聞》

【中央道・諏訪湖SA】スターバックスにトレーラーが突っ込む

24日午前6時50分ごろ、長野県岡谷市湊の中央自動車道下り線諏訪湖サービスエリア(SA)で、大型トレーラーが歩道に乗り上げ、大手コーヒーチェーン「スターバックス諏訪湖サービスエリア下り線店」に突っ込んだ。開店前で客はおらず、開店準備中だった同市内の30代の女性店員と、トレーラーの40代男性運転手がいずれも足に軽傷を負った。

県警高速隊などによると、トレーラーはSA駐車場内の小型車用の道路に進入し、高さ約20センチの歩道に乗り上げ約10メートル直進。店舗出入り口のドアガラスを突き破り、運転席が店内に入った状態で停車した。男性運転手は「駐車場に止めようとして一瞬寝てしまった」と話しているという。運転手は運転席に閉じ込められ、事故から約2時間後に救出された。《中日新聞》

【命日】高田宏さん《作家》

樹木や島、雪といった自然をテーマにしたエッセーや小説から、綿密な取材による伝記までを手掛けた作家の高田宏さんが24日、肺がんのため死去した。83歳だった。石川県で育ち、京大卒業後、雑誌編集者を経て、エッソ石油広報室でPR誌「エナジー」を編集。文化、経済、風俗と幅広いテーマで各界の識者らに原稿を依頼するなど、宣伝に偏らぬ誌面を作り、企業PR誌のイメージを大きく変えた。1984年にフリーとなり、エッセーや評論、歴史小説など多くの著作を書いた。《読売新聞・一部略》

2014 平成26年11月24日(月) 平成9452日目

【安倍晋三首相】長野県白馬村の地震被災地を視察

安倍晋三首相は24日昼、長野県北部を震源に22日夜に起きた最大震度6弱の地震の被災地を視察するため、陸上自衛隊のヘリコプターで長野県白馬村に入った。村役場で阿部守一知事らから被害状況の報告を受け、復旧作業などについて意見交換する。その後、避難所や地震の被災現場を視察する。被災地に約1時間半滞在した後、自衛隊ヘリで9月末の噴火災害で大きな被害を出した御嶽山(長野・岐阜県)を上空から視察する。そのまま夕方に都内に戻る予定。《日経新聞》

【韓国軍・海洋警察】違法占拠している島根県・竹島の「防衛訓練」を実施

韓国軍は24日、島根県の竹島(韓国名・独島(トクト))の防衛訓練を始めた。 韓国国防省報道官は24日の記者会見で「韓国の固有の領土である独島を外部勢力から守るための定例的な訓練だ」と説明した。《朝日新聞》

【辰吉寿以輝さん】ボクシングプロテストに合格

親子で緑の世界ベルトを巻くんや!プロボクシングの元WBC世界バンタム級王者・辰吉丈一郎(44)の次男・寿以輝(じゅいき、18=大阪帝拳)が24日、大阪市内で行われたプロテストに合格した。目標はもちろん、世界チャンピオン。国内初、世界で数例しかない親子世界王者を目指し、来春にもプロデビューする。 
張り出された試験結果に「合格」の文字を確認した寿以輝は頬を緩めた。「うれしい」。プロのスタートラインに立ち、「早く試合がしたい。目標は世界チャンピオン」と声を弾ませた。《スポニチ》

【なでしこリーグ】浦和レディースが5年ぶりの優勝

【国際千葉駅伝】日本が5年ぶり3度目の優勝

日本が2時間5分53秒で、5年ぶり3度目の優勝を果たした。1区で期待された村山謙太(駒大4年)が、先頭のオーストラリアに12秒差をつけられ8位と、苦しいスタートを切った。だが2区以降は2位をキープして、アンカーの萩原歩美(ユニクロ)へ。8秒差でトップを走るケニアを3・4キロ付近でとらえ並走。再び離されたが4・3キロ付近で再逆転。そのままリードを広げ、最後は4連覇を狙うケニアに36秒の大差をつけ逃げ切った。一色恭志(青学大)横手健(明大)ら箱根駅伝出場のエース級をそろえた日本学生選抜は、2時間7分16秒で3位に入った。《日刊スポーツ》

【プロ野球・オリックス】新ユニホームを発表

オリックスは24日、来季2015年シーズン用の新ユニホームを発表した。新たに第4のユニホームを追加。全体的なコンセプトは「輝こう、一緒に」で、ゴールドをちりばめたデザインとなっている。ホーム用はキャップのつばをゴールドに変更。胸ロゴ、背番号などのゴールドを、さらに輝きを強めたカラーリングとなった。《日刊スポーツ》

【北海道・旭川市】コンビニ26店で年賀状1万6000枚盗まれる

北海道警は24日、旭川市にある26店のコンビニで23~24日に少なくとも計約1万6100枚の年賀はがきが盗まれたと発表した。店はいずれもローソンで、同一犯の可能性があるとみて窃盗容疑で捜査している。 旭川中央署や旭川東署によると、24日になって一部の店から「在庫が足りず、盗まれた可能性がある」と通報があり、道警が他の店にも確認して被害が判明したという。《日経新聞》

【第3管区海保】サンゴ密漁、中国漁船を横浜港に回航

小笠原諸島(東京都)周辺などの中国漁船によるサンゴ密漁問題で、第3管区海上保安本部(横浜市)は24日、一斉摘発により外国人漁業規制法違反(領海内操業)の疑いで現行犯逮捕した中国人船長、A容疑者(43)の漁船「●連漁運61178」を、検証のため、横浜港内の海保の基地に回航させた。21日に航空機で移送された林容疑者以外の乗組員10人が乗船しており、横浜海上保安部(同市)が事情を聴く。A容疑者は22日に同容疑で送検されており、容疑を認めている。●=「門」に「虫」《産経新聞》

【大阪大病院】子供同士で初の脳死肺移植に成功

大阪大病院(大阪府吹田市)は24日、順天堂大病院(東京都)で23日に脳死と判定された6歳未満の女児から摘出された心臓を、心筋の一部が正常に育たない左室心筋緻密化障害の10歳未満の男児に移植する手術に成功したと発表した。
日本臓器移植ネットワークによると、女児から摘出された肺は、京都大病院で肺の気道が粘液でふさがれるなどの症状が出るのう胞性線維症の10歳未満の男児に移植。15歳未満の子どもから子どもへの脳死肺移植としては初で、京大病院は24日夜、成功したと明かした。《静岡新聞》

【大阪府警】実弾900発と火薬3キロを所持、35歳男を逮捕

許可なく実弾約900発や火薬約3キロを所持していたとして、大阪府警保安課は24日、火薬類取締法違反容疑で、大阪府寝屋川市、無職、Y容疑者(35)=銃刀法違反容疑で逮捕=を再逮捕した。再逮捕容疑は6月、自宅で猟銃用の実弾910発や火薬約3・3キロなどを無許可で所持していたとしている。実弾を所持するには、火薬類取締法に基づき、都道府県の公安委員会の許可を得る必要があるが、山下容疑者は「猟銃の販売許可を持っているので、火薬も所持できると思った」と供述しているという。《産経新聞・一部修正》

【あべのハルカス】展望台への入場者数が200万人突破

日本一高いビル「あべのハルカス」のハルカス300(展望台)では、平成26年11月24日(月・ 祝)に、ご来場者数が200万人に到達しました。ハルカス300では、平成26年3月7日(金)のグランドオープンから263日目となる11月24 日(月・祝)に、ご来場者数累計200万人目のお客様をお迎えしました。これを記念して、「200万 人到達記念イベント」を11時45分より、ハルカス300の60階天上回廊にて実施し、200万人目 となったお客様にお祝いの花束や記念品をお渡ししました。
http://www.kintetsu.co.jp

【プロ野球・ソフトバンク】福岡で優勝パレード、35万人が沿道埋める

3年ぶりに日本シリーズを制したプロ野球・福岡ソフトバンクホークスの優勝祝賀パレードが24日、福岡市で行われ、約35万人(主催者発表)のファンが沿道を埋め尽くした。今季限りで退任した秋山幸二前監督は先頭のオープンカーから歓声に応え、「最後にこういう形でパレードができて良かった」とすがすがしい表情を見せた。《西日本新聞》

【長崎県警】対馬で仏像を窃盗、韓国人住職ら4人を逮捕

長崎県警対馬南署は24日夜、同県対馬市の寺から市指定有形文化財の仏像を盗んだとして、自称住職の金相鎬(キムサンホ)容疑者(70)ら韓国人の男4人を窃盗、建造物侵入容疑で逮捕した。発表などによると、4人は同日午前10時頃から午後1時50分頃にかけ、対馬市美津島町の梅林寺の倉庫に侵入し、銅製仏像「誕生仏」(高さ10・6センチ)を盗んだ疑い。

寺から通報を受けた署員が同日午後3時半頃、韓国・釜山行きの船が出る港の乗り場で、不審な韓国人に職務質問。持っていた紙袋の中から仏像を発見した。4人のうち2人は容疑を認めており、「日本に仏像を盗みに来た」「日本の仏像は金になる」という趣旨の供述をしているという。同寺からは市指定有形文化財の大般若経(だいはんにゃきょう)の一部約350冊もなくなっており、4人の所持品から見つかった複数の書物が大般若経とみて調べている。《読売新聞》

2013 平成25年11月24日(日) 平成9087日目

【ゆるキャラグランプリ2013】栃木県佐野市「さのまる」優勝

インターネット投票でゆるキャラ人気ナンバーワンを決める「ゆるキャラグランプリ2013」の投票結果が24日、埼玉県羽生市で発表され、栃木県佐野市の「さのまる」が優勝した。2位は浜松市の「出世大名家康くん」、3位は群馬県の「ぐんまちゃん」。

グランプリには全都道府県と海外、企業・団体PRのマスコット1580体が“出馬”。昨年のエントリー数865体を大きく上回り、投票締め切りまで選挙戦が白熱した。

同グランプリでは、2011年は熊本県の「くまモン」、昨年は愛媛県今治市の「バリィさん」が優勝。《共同通信》

【プロ野球・楽天】仙台で優勝パレード、21万40000人が声援

球団創設9年目で初の日本一になったプロ野球楽天ゴールデンイーグルスの優勝パレードが24日、本拠地の仙台市で行われ、ファンらが沿道から「ありがとう」と歓声を送った。パレードの実行委員会によると、人出は約21万4千人。

出発前に星野仙一監督が「こんなにたくさんの人が集まってくれて1年間戦ったかいがあった。東北の皆さんが後押ししてくれたことに感謝したい」とあいさつした。ユニホーム姿の田中将大投手も車の上から笑顔で手を振り、仙台市中心部を南北に走る「東二番丁通」の約1・5キロを凱旋した。《共同通信》

【大相撲九州場所千秋楽】横綱日馬富士が5場所ぶり6度目の優勝

横綱日馬富士(29=伊勢ケ浜)が、5場所ぶり6度目の優勝を果たした。1敗で並んでいた横綱白鵬との結びの一番。立行司・木村庄之助が、2人の動きを途中で止めて勝負が決まる、という珍しい優勝決定の瞬間となった。

日馬富士は立ち合いで当たった直後、左上手を取り、体を入れ替えるようにして一気に寄り。白鵬の右かかとが一瞬、土俵外に出たが、2人は気付かないまま取組続行。鏡山審判長(元関脇多賀竜)が手を挙げ、気付いた庄之助が2人を止めた。決まり手は「寄り切り」となった。《日刊スポーツ》

2012 平成24年11月24日(土) 平成8722日目

【J1・広島】クラブ初のシーズン優勝

J1第33節は24日、広島広域公園陸上競技場などで9試合が行われ、広島が佐藤の今季22点目のゴールなどでC大阪に4―1で快勝して勝ち点61とし、初の年間優勝を決めた。2位仙台が新潟に0―1で敗れて同57で足踏みし、最終節を残して逆転の可能性がなくなった。

鳥栖は浦和を3―1で破り、勝ち点53で3位に浮上した。鹿島は名古屋に2―1で競り勝ち、同43で残留が決まった。残留争いはFC東京と2―2で引き分けたG大阪が同38の16位、新潟が同37で17位となった。《共同通信》

【サッカー・中山雅史選手】811日ぶりに公式戦出場

ゴンがJ1に帰ってきた。札幌FW中山雅史(45)が横浜戦の後半45分から今季初出場。得点はならなかったが、公式戦出場は10年9月5日の天皇杯グルージャ盛岡戦以来811日ぶり、J1で09年11月28日広島戦以来1092日ぶりの出場を果たした。45歳2カ月1日でのJ1出場で、自身が持つ最年長記録を更新したが、チームは今季ホーム最終戦を0-2で敗れ、J1ワースト27敗目を喫した。《日刊スポーツ》

【大相撲九州場所14日目】横綱白鵬、23度目の優勝

大相撲九州場所14日目は24日、福岡国際センターで行われ、横綱白鵬が4場所ぶりの優勝を決めた。23度目の優勝は貴乃花を抜いて単独史上5位。九州場所6連覇は千代の富士の8連覇に次いで2位。

単独首位の白鵬をただ一人2差で追っていた旭天鵬が大関琴奨菊の寄りに屈し、優勝が決まった。白鵬は大関鶴竜を上手投げで下して13勝目を挙げた。鶴竜は6敗目。勝ち越した琴奨菊は初のかど番を脱した。

新横綱日馬富士は大関稀勢の里に寄り切られ、4連敗で5敗目。稀勢の里は関脇豪栄道とともに10勝目を挙げた。大関琴欧洲は豊ノ島の下手投げに屈して6敗目。《共同通信》

【女優・酒井法子さん】芸能活動復帰会見

2009年11月、覚せい剤取締法違反で有罪判決(懲役1年6月、執行猶予3年)を受けた酒井法子さん。12年12月に主演舞台で芸能活動に復帰することになり、猶予期間が明けた24日、東京都内で復帰会見に臨んだ。《時事通信》

【自民党・安倍晋三総裁】党首討論「応じる」

自民党の安倍総裁は24日夜、民主党が呼びかけている野田首相(民主党代表)との党首討論に応じる考えを表明した。民主党は26日に正式に自民党に申し入れる構えで、近く両党首の討論が実現する見通しだ。

安倍氏は東京都内で記者団に、「野田首相が希望するなら、政策論議を深めていくことは大切だ。私たちが何を目指すのか、民主党と何が違うのか、明確にしていきたい」と述べた。

一方で「友党である公明党をはじめ、たくさんの政党がある。同じ機会を与えられてしかるべきだ」とも語った。29日にインターネット番組上で、民自両党以外の各党を含めた討論会が開かれることから、この番組の中で行うのがふさわしいとの認識も示した。《読売新聞》

【野田佳彦首相】全国遊説スタート

野田首相(民主党代表)は24日午後、東京都多摩市で衆院解散後初めて街頭演説を行い、衆院選(12月4日公示ー16日投開票)に向けた全国遊説をスタートした。

演説では、自民党の安倍総裁が掲げる経済政策への批判を強めた。安倍氏も同日昼、東京都武蔵野市の街頭演説で民主党政権が経済、外交政策で失敗したと追及し、両党党首は舌戦の火花を散らした。《読売新聞》

2011 平成23年11月24日(木) 平成8356日目

【オリンパス】前会長ら3人が辞任

オリンパスは24日、巨額の損失隠しを主導したとされる菊川剛取締役(前会長兼社長)、森久志取締役(前副社長)、山田秀雄監査役の3人が同日付で辞任したと発表した。3氏はオリンパスが損失隠しを公表した際などに辞意を表明していたが、会社側は第三者委員会の調査などへの影響を考慮し留保していた。

オリンパスは10月14日にマイケル・ウッドフォード氏を社長から解任した後、会長だった菊川氏が社長を兼任。同月26日に高山修一氏が社長に就いた。その後、過去の損失隠しが明らかになった11月8日に森氏が副社長を解任され、山田氏は監査役辞任の意思を表明していた。《日経新聞》

【野田佳彦首相】TPP参加方針について民主党内に説明

民主党は24日、環太平洋連携協定(TPP)の交渉参加をテーマに、東京・永田町の憲政記念館で党両院議員懇談会を開いた。懇談会には野田首相が出席し、交渉参加方針について、初めて党内で説明する場となった。

懇談会は紛糾せず、党執行部はこれで参加方針をめぐる党内調整が一区切りついたと見ている。《読売新聞》

2010 平成22年11月24日(水) 平成7991日目

【韓国・延坪島】北朝鮮砲撃事件:民間人2人も犠牲に

北朝鮮による韓国・延坪島砲撃(23日)で、韓国海洋警察当局は24日、同島で工事現場の作業員とみられる民間人男性2人の遺体を発見した。韓国軍兵士2人を含め、死者は計4人となった。

菅直人首相は24日、韓国の李明博大統領と電話会談し「国連の場を含め国際社会が一致して対応することが重要」と述べ、緊密な連携を取ることを確認。オバマ米大統領も李大統領と電話会談し米韓合同軍事演習を実施し「同盟の強固さを強調する」ことで合意した。《共同通信》

2009 平成21年11月24日(火) 平成7626日目

【プロ野球・藤本敦士内野手】ヤクルト入団に合意

阪神からフリーエージェント(FA)宣言した藤本敦士内野手(32)が24日、ヤクルトとの契約に合意した。2年契約で総額1億円(推定)。ヤクルトが発表した。今オフにFA宣言した5選手で、移籍先が決まったのは初めて。藤本は20日にヤクルトと初交渉し、2年契約と背番号「10」などの条件を提示されていた。出場機会を求める藤本と、内野手の補強を目指すヤクルトの思惑が一致した。ヤクルトのFA補強は昨年の相川に続いて2人目になる。《朝日新聞》

【鳩山由紀夫首相】森繁久彌さんに国民栄誉賞を

政府は24日、俳優の故森繁久彌さんに国民栄誉賞を贈る方針を固めた。鳩山由紀夫首相が平野博文官房長官に検討を指示した。首相は官邸で記者団に「すべての国民のおじいちゃんのような方だ。まさに国民栄誉賞にふさわしい」と述べた。授与が決まれば鳩山内閣では初めてとなる。《福井新聞》

2008 平成20年11月24日(月) 平成7261日目

振替休日

【阪神なんば線】開通前の見学会に大阪市民ら400人が参加

来年3月20日に開通する阪神なんば線の見学会が大阪市内で24日開かれ、小雨の降る中、市民ら約400人がトンネルや高架橋など約1・6キロの区間を歩いた。新線は市中心部にある阪神西九条駅と近鉄難波駅の約3・4キロを結ぶ。

見学会は午前9時スタート。西区の京セラドーム大阪近くの地下約30メートルに建設中の「ドーム前」駅から、トンネルを通って安治川に架かる高架橋まで歩いた。阪神、近鉄両社は開通に伴い、阪神三宮駅-近鉄奈良駅間を最長に、相互直通運転を行う予定。《共同通信》

広告




11月23日 > 11月24日 > 11月25日

2007 平成19年11月24日(土) 平成6895日目

【J1・ヴァンフォーレ甲府】J2降格決定

【北海道警】十勝岳雪崩事故:4人の遺体収容

北海道十勝岳連峰の上ホロカメットク山(1920メートル)で日本山岳会北海道支部のパーティーが巻き込まれた雪崩事故で、道警は24日、遭難した男性3人と女性1人を「 安政火口」の現場付近で発見、収容先の病院で4人全員の死亡を確認した。《福井新聞》

【拉致被害者家族会】横田滋代表が退任

拉致被害者救出運動の象徴的存在として、結成以来10年8ヶ月にわたり家族会代表を努めた横田滋さん(75)が24日、退任した。「種をまき、水をやればいずれ花が咲く。なるべく早い時期に結果が出せるよう期待しています」」記者会見ではほっとしたような表情を見せたが、出口の見えない拉致問題に深まる憂いもみせた。《福井新聞》

2006 平成18年11月24日(金) 平成6530日目

【安倍晋三首相】知事会議で不祥事を批判

安倍政権発足後初めての政府主催の全国知事会議が24日、首相官邸で開かれ、安倍晋三首相は官製談合事件などが相次いでいることについて、吉田松陰の言葉「命を知らざればもって君子たることなし」を引用しながら「一連の不祥事が事実ならば、知事自身が民意に背き初心、熱意や志を捨ててしまたと思われる」と厳しく批判した。《福井新聞》

2005 平成17年11月24日(木) 平成6165日目

【世界体操個人総合】冨田洋之選手が金、水鳥寿思選手が銀メダル獲得

世界体操選手権第3日は24日、メルボルンのロッド・レーバー・アリーナで男子の個人総合決勝を行い、昨夏のアテネ五輪で団体総合優勝に貢献した冨田洋之選手(25)が56.698点で金メダル、水鳥寿思選手(25)も55.349点で銀メダルを獲得した。《共同通信》

【皇室典範・有識者会議】皇太子さまの次は愛子さま

小泉純一郎首相の私的諮問機関「皇室典範に関する有識者会議」(座長・吉川弘之元東大学長)は24日、皇位継承の安定的維持のため(1)「男系男子」に限った現行の継承資格を女性とその子どもの「女系」皇族に拡大(2)継承順位は男女を問わず天皇直系の長子(第一子)を優先(3)女性は結婚後も皇族にとどまり宮家創設、を求める報告書をまとめ、首相に提出した。《福井新聞》

【命日】パット・モリタさん《俳優》

2004 平成16年11月24日(水) 平成5800日目

【大相撲九州場所11日目】19歳の白鵬が初金星

大相撲九州場所11日目(24日・福岡国際センター)横綱朝青龍が初黒星を喫する波乱があり、幕内の全勝がいなくなった。朝青龍は同じモンゴル出身の19歳、白鵬に送り出された。1敗を守った白鵬は昭和以降では貴花田に次ぐ若さで初金星。《福井新聞》

2003 平成15年11月24日(月) 平成5434日目

振替休日

【プロ野球・日本ハム】北海道移転を前に東京で最後のファン感謝祭

【経団連・奥田碩会長】中国・温家宝首相と会談

奥田碩・日本経団連会長は24日、北京市内で中国の温家宝首相と会談、北京ー上海間の高速鉄道に日本の新幹線方式を採用するよう経済界として働き掛けた。これに対し首相は「さまざまな要素を重ねて検討する必要があることを理解いただきたい」と述べ、決定に時間がかかっている状況に理解を求めた。《共同通信》

2002 平成14年11月24日(日) 平成5069日目

【亜大・木佐貫洋投手】自由獲得枠:巨人と仮契約

【早大・和田毅投手】自由獲得枠:ダイエーと仮契約

【自民党・野中広務元幹事長】引退を否定、戦闘宣言

「私がもう一歩踏ん張らなきゃ、この日本をどうするんだという思いだ。命ある限り、政治家として動ける限り、日本のために行動したい」自民党の野中広務元幹事長は24日、京都市内で開かれた政治生活50周年を祝う会で一部にあった「引退説」を明確に否定、小泉政権の経財政策を厳しく批判するなど、新「戦闘宣言」を展開した。《福井新聞》

2001 平成13年11月24日(土) 平成4704日目

【J1・アビスパ福岡】G大阪に逆転負け、J2降格決定

【大相撲九州場所14日目】横綱武蔵丸、7場所ぶり9度目の優勝決定

大相撲九州場所14日目(24日・福岡国際センター)1敗の横綱武蔵丸が、ただ1人2敗で追っていた関脇栃東を寄り倒して13勝目を挙げ、千秋楽を待たずに7場所ぶり9度目の優勝を決めた。3敗となった栃東は敗れた際に右太ももを痛めた。大関対決は魁皇が武双山を豪快な右上手投げで破り、9勝目を挙げた。武双山も9勝5敗。《福井新聞》

【田中真紀子外相】パキスタン外相と会談

パキスタン訪問中の田中真紀子外相は24日夕、イスラマバードでサッタル外相と会談した。田中外相は、来年1月に日米両国などが中心となって「アフガニスタン復興支援会議」の閣僚級会合を東京で開催することになったと説明した上で、今後もアフガン復興に取り組んでいきたいとの考えを表明した。《共同通信》

2000 平成12年11月24日(金) 平成4339日目

【ストーカー規制法】施行

【共産党】志位和夫氏を新委員長に選出

静岡県熱海市で開かれていた第22回共産党大会は24日午後、3年間空白だった議長に不破哲三委員長(70)、新委員長に志位和夫書記局長(46)を選出し閉会した。新書記長には市田忠義選対局長(57)を抜擢した。《福井新聞》

【森喜朗首相】中韓首脳と会談

森喜朗首相は24日午前、シンガポールのホテルで朱鎔基中国首相、金大中韓国大統領と朝食を挟みながら会談し、昨年初めて実現した3カ国首脳会談は北東アジアや世界の平和と安定に寄与すると意義付けた上で、年一回に定例化することで合意した。《共同通信》

1999 平成11年11月24日(水) 平成3973日目

【千葉県警】死体遺棄容疑でライフスペースを捜索

千葉県成田市のホテルで兵庫県川西市の会社員Aさん(66)のミイラ化した遺体が見つかった事件で、千葉県警の特別捜査班は24日、被疑者負傷のまま死体遺棄の疑いで、自己啓発セミナー主催団体「ライフスペース」の関連施設を一斉に家宅捜索した。東京都内の施設で9歳がら17歳までの少年少女9人を発見、東京都児童相談センターに緊急保護した。《福井新聞》

【小渕恵三首相】自由党・小沢一郎党首と会談

小渕恵三首相と自由党の小沢一郎党首は24日夜、首相官邸で会談し、1999年度第二次補正予算案について、自由党が賛成し成立に協力することで合意した。介護問題については自由党の連立政権離脱は回避された。これを受けて25日に政府は与党3党の賛成の下に、補正予算案を閣議決定する。《福井新聞》

1998 平成10年11月24日(火) 平成3608日目

【横浜高・松坂大輔投手】西武球団あいさつに「誠意を感じる」

今年のドラフト会議で3球団と競合しての抽選で横浜高・松坂大輔投手の交渉権を獲得した西武は24日、小野賢二球団社長らが横浜市金沢区の横浜高を訪れ、同投手に1位指名のあいさつをし、入団交渉の了解を得た。

松坂投手は会談後の会見で社会人入りへの意思について「変わっていない」とこれまでの姿勢を崩さなかったが、西武については「誠意を感じます」と話し、入団拒否の硬化した態度は見せなかった。《福井新聞》

【小渕恵三首相】稲嶺恵一次期沖縄県知事と会談

小渕恵三首相は24日、首相官邸で沖縄県知事選に初当選した稲嶺恵一氏と会談し、沖縄振興策を先行して進めるため、政府の「沖縄政策協議会」を早期に開催することで同意した。知事就任翌日の12月11日にも官邸で開かれる方向だ。《福井新聞》

【命日】滝進太郎さん《レーシングドライバー》

1997 平成9年11月24日(月) 平成3243日目

振替休日

【山一証券】自主廃業決定

24日は何の日 山一證券、自主廃業を決定

山一証券は24日早朝、臨時取締役会を開き、自主廃業を正式決定するとともに、大蔵省に、自主廃業に向けた営業休止届を提出した。

百年の歴史を誇る同社の経営は破たんし、負債総額約三兆五千億円に上る戦後最大の倒産に追い込まれた。これを受けて、日本銀行は臨時政策委員会を開き、顧客からの預かり資産の全額保護と信用秩序維持のため、日銀法二五条に基づく無担保の特別融資(日銀特融)の実施を決めた。

大蔵省も同社に対し、新規業務などの一部業務停止命令を出した。三塚蔵相は記者会見で「投資家保護に万全を尽くす」と言明、山一証券の顧客の資産は全額保護されることを強調した。同時に蔵相は、三洋証券、北海道拓殖銀行など金融機関の破たんが続発していることから、金融システム安定に関する談話を発表するとともに、公的資金の活用を含めた対策の検討を初めて表明した。海外市場の懸念も強く、「日本発」の金融不安の拡大防止が橋本政権の大きな課題になってきた。《読売新聞》

1996 平成8年11月24日(日) 平成2878日目

【清原和博内野手】巨人入団会見

巨人の清原和博内野手(29)が24日、誕生した。1986年にドラフト1位で西武に入団し、6度の日本一に貢献した清原内野手は来季、新たなプロ野球人生を踏み出すことになった。長嶋茂雄監督とともに記者会見に臨んだ清原内野手は「自分の決めた道。チームが日本一になるよう命懸けでやりたい」と晴れやかな表情で喜びを語った。《福井新聞》

【大相撲九州場所千秋楽】史上初、5人による優勝決定戦を大関武蔵丸が制す

大相撲九州場所千秋楽(24日・福岡国際センター)大関武蔵丸が史上初の5人による決定戦を制し、11勝4敗で14場所ぶり2度目の優勝を飾った。最後に笑ったのは武蔵丸だった。前代未聞、5人による優勝決定戦。スタミナ十分で「けいこと一緒の気持ち」で取った武蔵丸が若乃花、曙、貴ノ浪を破って14場所ぶり2度目の賜杯を抱いた。《福井新聞》

【橋本竜太郎首相】米・クリントン大統領と会談

橋本竜太郎首相は24日午後、マニラ市内のフィリピン中央銀行内でクリントン米大統領と約1時間会談した。首相は在沖縄米軍の普天間飛行場返還に伴う代替ヘリポート建設を中心とする基地縮小について「日米特別行動委員会(SACO)を成功させ、区切りをつけることが最重要課題だ」と指摘、両首脳は12月2日のSACO最終報告で明確な結果を出すよう取り組むことを確認した。《共同通信》

【橋本竜太郎首相】中国・江沢民国家主席と会談

橋本竜太郎首相は24日夕、マニラ市内のホテルで中国の江沢民国家主席と初の会談を行い、「日中関係は日米とともに重要な二国間関係」と述べ、第2次橋本政権として日中関係を最重視する姿勢を強調。核実験で先送りされていた第4次円借款を実施する方針を伝えるととmに、中国の世界貿易機関(WTO)加盟支援を表明した。《共同通信》

1995 平成7年11月24日(金) 平成2512日目

【南京都高・斉藤和巳投手】ドラフト1位指名、ダイエー入団決定

【慶応・高木大成捕手】ドラフト1位指名、西武入団決定

【村山富市首相】沖縄県・大田昌秀知事と会談

村山富市首相は24日夜、沖縄県の基地問題をめぐり大田昌秀沖縄県知事と首相官邸で2度目の会談を行い、基地縮小に向けた政府の対米対応について説明するとともに、米軍用地強制収用のための署名代行の手続きに入ったことに引き続き理解を求めた。大田知事は代理署名の勧告に対して「文書で答えたい」との表現で、事実上、拒否回答した。《福井新聞》

1994 平成6年11月24日(木) 平成2147日目

【鹿島アントラーズ】アルシンド選手と契約更新しないと発表

【新進党】新党準備会が12.10結成の新党名を発表

野党の新党準備会は24日夕、衆院別館の講堂で総会を開き、12月10日に結成する新・新党名を「新進党」と決定した。英語名は「ニュー・フロンティア・パーティー」。併せて党の「綱領」と「規約」、基本政策となる「当面する重点政策」の各案をそれぞれ了承した。新党名が決まったことで、今後の焦点は海部元首相、羽田前首相を軸とした初代党首ら役員人事に移る。幹事長には小沢一郎新党準備会実効委員長が有力視されている。《福井新聞》

【村山富市首相】1月上旬訪米で調整

政府は24日、村山首相の訪米を1月上旬に実現する方向で米側と最終調整に入った。クリントン大統領との首脳会談で、日米包括経済協議の部分合意など村山政権運営の対米実績を踏まえながら、地球的規模の問題で協調体制を確認、日米関係を一層強化するのが目的だ。《福井新聞》

1993 平成5年11月24日(水) 平成1782日目

【青山学院・小久保裕紀内野手】ドラフト2位指名、ダイエー入団決定

【兵庫県警】将棋・森安九段の長男を保護

行くあてもなくたどり着いた先は、顔見知りの店員がいたテレビゲーム機店だった。兵庫県西宮市の将棋の森安秀光九段殺害事件発覚後、姿を消した中学1年の長男(12)は24日、約30時間ぶりに保護された。警察に「父のことは知らない」などと話す長男は家を出た後、大阪ー神戸を電車でうろうろ。23日夜は野宿しており、ほっとした表情も浮かべた。《福井新聞》

【細川護熙首相】社会党農林関係議員とコメ問題で応酬

社会党の農林関係議員が24日、コメの市場開放問題をめぐる細川首相との会談で「連立政権の合意をほごにするなら政権を去る」と迫り、首相が感情むき出しに「それじゃあ何もしなくて新多角的貿易交渉(ウルグアイ・ラウンド)が壊れてもいいということですか」と激しくやり合った。コメ問題が政権のアキレス腱であることを改めて浮き彫りにし、最終段階に入った連立与党内の調整の難しさを予想させる一幕となりそうだ。《福井新聞》

1992 平成4年11月24日(火) 平成1417日目

【旧宝塚大劇場】68年の歴史に幕

【最高裁】連合赤軍事件が結審

【米軍】フィリピンから撤退

今年9月末のスビック米海軍基地(ルソン島サンバレス州)返還に続き、同基地に隣接するキュービポイント米海軍飛行場が24日、フィリピンに返還された。最後まで残留していた米軍兵士約500人もこの日ですべて撤収。米国がフィリピンを植民地として以来、91年ぶりの米軍全面撤退が完了した。《共同通信》

【宮沢喜一首相】国民の政治不信増大に懸念

国会は24日、衆院予算委員会を舞台に焦点の佐川急便事件の疑惑解明を中心とした実質的な論戦に入った。宮沢首相は、竹下政権誕生をめぐる皇民党事件について「(政治家が)このような暴力団とのかかわりを持つべきでないことは申すまでもない」と改めて批判。同時に佐川急便事件に対して「自分の体験したことのないような異常なもの」と述べ、国民の政治不信の増大に強い懸念を表明した。《福井新聞》

1991 平成3年11月24日(日) 平成1051日目

【大相撲九州場所千秋楽】大関小錦が2年ぶり2度目の優勝

大相撲九州場所千秋楽(24日・福岡国際センター)大関小錦が13勝2敗で一昨年九州場所以来、2年ぶり2度目の優勝を飾った。2敗で並んでいた小結琴錦が新小結若花田に押し出されて3敗となった後、小錦は大関同士の対戦で霧島を一方的に押し出した。《福井新聞》

【命日】フレディ・マーキュリーさん《ミュージシャン》

【命日】大村千吉さん《俳優》

1990 平成2年11月24日(土) 平成686日目

【プロ野球ドラフト会議】亜細亜大・小池秀郎投手を8球団が指名

1990年プロ野球新人選手選択会議(ドラフト会議)は24日、東京都港区の新高輪プリンスホテルで開かれ、注目の元木大介内野手(18)=大阪・上宮高出=は巨人が単独1位指名した。昨年、ダイエーに1位指名されながら入団を拒否、巨人入りの希望を貫くためハワイで単独練習を続けた同内野手はホノルルで吉報を聞いた。

小池秀郎投手(21)=亜大=には、昨年の野茂英雄投手(新日鉄堺ー近鉄)と並ぶ史上最多の8球団の1位指名が集中。ロッテが抽選で交渉権を獲得した。《福井新聞》

【大相撲九州場所14日目】横綱千代の富士、31度目の優勝決定

大相撲九州場所14日目(24日・福岡国際センター)横綱千代の富士が千秋楽を待たずに5場所ぶり31度目の優勝を決めた。前日まで1敗で単独トップの千代の富士はただ1人2敗で追っていた横綱旭富士をもろ差しから寄り切って快勝。幕内通算804勝目をマークして、北の湖の史上1位記録に並ぶとともに、初場所以来の優勝を決め、大鵬の最多優勝記録32回に「あと1」と迫った。《福井新聞》

【命日】西谷啓治さん《哲学者》

1989 平成元年11月24日(金) 平成321日目

【誕生日】武隈祥太さん《野球》

【誕生日】若月さらさん《女優》

【チェコスロバキア】ヤケシュ書記長を解任

【東京地裁】リクルート事件初公判:元労働事務次官ら無罪主張

リクルート事件労働省ルートで収賄罪に問われた元労働事務次官K被告(59)と贈賄側のリ社元社長室長T被告(47)の初公判が24日午前、東京地裁(中川武隆裁判長)で開かれ、K被告は「値上がり確実な非公開株だとは知らなかった」とわいろ性の認識を否認するなど両被告とも無罪を主張した。《福井新聞》

【海部俊樹首相】「政治改革を一生懸命に」

海部首相は24日午前、リクルート事件の公判が同日始まったことに関連して「(こうした事件は)繰り返してはならないことだ」とした上で「(自民)党はリクルート事件のけじめ案に従って対応しているし、政治改革を一生懸命やらなければならないと思っている」と述べた。《福井新聞》

広告




11月23日 > 11月24日 > 11月25日

このページの先頭へ