新聞記事でたどる平成10000日+α

11月22日は何の日(327/366)

  • HOME »
  • 11月22日は何の日(327/366)

11月22日は何の日(11月22日のできごと)

11月22日は何の日 豊川心筋立てこもり事件

豊川信金立てこもり事件(平成24年11月22日)


台湾・復興航空が解散(平成28年11月22日)

長野県神城断層地震(平成26年11月22日)

金本知憲外野手、阪神入団会見(平成14年11月22日)

大相撲・小錦関が引退(平成9年11月22日)

転載記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。

2018 平成30年11月22日(木)

平成10911日目

2017 平成29年11月22日(水)

平成10546日目

2016 平成28年11月22日(火)

平成10181日目

【台湾・復興航空】解散

台湾の復興(トランスアジア)航空は22日、臨時取締役会を開き、解散することを決めた。台湾メディアが報じた。同社は21日に22日の運航を全面的に停止すると発表しており、自社のホームページで航空券の払い戻しや他路線への振り替えに応じる方針を示していた。

同社は2014年と15年に台湾域内で相次ぎ墜落事故を起こして多数の死傷者を出してから搭乗率が低下していたとされる。近年は格安航空との競争激化もあって収益が悪化。16年7~9月期まで7四半期連続の最終赤字に陥っていた。《日経新聞》

【福島県沖地震】

22日午前5時59分ごろ、福島県沖を震源とする地震があった。気象庁によると、福島県中通り、福島県浜通り、茨城県高萩市、栃木県大田原市で震度5弱を観測したほか、宮城県や山形県などの東北地方や関東地方の広い範囲で震度4を観測した。

震源の深さは約25キロ、地震の規模を示すマグニチュード(M)は7・4と推定される。気象庁は福島県と宮城県に津波警報を発令し、青森県から伊豆諸島にかけての太平洋沿岸に津波注意報を発令した。《朝日新聞》

2015 平成27年11月22日(日)

平成9815日目

【大阪ダブル選】維新2勝

大阪府知事・大阪市長のダブル選が22日、投開票された。知事選は地域政党・大阪維新の会幹事長の現職・松井一郎氏(51)が再選され、市長選でも大阪維新の会の前衆院議員・吉村洋文氏(40)が初当選を決めた。

大阪維新は2011年のダブル選に続いて知事、市長の両ポストを確保し、5月の住民投票で否定された大阪都構想に再挑戦する。ダブル選では、都構想をはじめ、12月の任期満了で退任する橋下徹市長(大阪維新の会代表)が府知事時代から推し進めた政策を継承するか、転換するかが最大の争点となった。《読売新聞》

【プロ野球・ソフトバンク】福岡で優勝パレード、35万人が歓声

球団史上初の2年連続日本一に輝いたプロ野球・福岡ソフトバンクホークスが22日、福岡市の中心部をパレードした。昨年と同じ35万人(主催者発表)が沿道を埋め尽くし、選手たちに「ありがとう」と歓声を送った。《毎日新聞》

【大相撲九州場所千秋楽】横綱・日馬富士、2年ぶりの賜杯

大相撲九州場所千秋楽は22日、福岡国際センターで行われ、横綱日馬富士が13年九州場所以来2年ぶり7度目の優勝を果たした。大関稀勢の里に敗れ13勝2敗となったが、2敗で追っていた横綱白鵬、平幕の松鳳山がそれぞれ黒星を喫し、日馬富士の優勝が決まった。《スポニチ》

【競馬・第32回マイルチャンピオンシップ】4番人気モーリスが春秋マイルGI制覇

第32回マイルチャンピオンシップ・G1は、4番人気のモーリス(ムーア騎乗)が差し切って、今年無傷の5連勝で、安田記念に続くG1連覇を達成。8年ぶり史上6頭目の同一年の春秋マイルG1制覇の快挙を、5か月半の休み明け初戦で成し遂げた。2着は昨年に続いてフィエロ。1番人気のイスラボニータは3着に終わった。《スポーツ報知》

【J1・第2ステージ最終節】サンフレッチェ広島、第2ステージ&年間1位のダブル優勝

J1第2ステージ(S)最終節は22日、各地で9試合を行い、首位の広島はホームのエディオンスタジアム広島で湘南と対戦。5-0で完勝して4連勝とし、第2S優勝と年間1位のダブル優勝を決めた。FW佐藤寿人(33)がJ1歴代最多記録に並ぶ157得点目のゴールを挙げるなど前半から3点を奪い、勝ち点3を獲得。1ステージ18チーム制となった05年以降、06年・浦和などが記録した「72」を更新する歴代最多の年間勝ち点「74」を記録した。《スポニチ》

【日・米・中】南シナ海で平行線

日本と米国、中国と東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国など18か国が参加する東アジア首脳会議(EAS)が22日、マレーシアの首都クアラルンプールで開かれた。中国が南シナ海で造成している人工島問題について、日米などが「航行の自由」の観点から批判したが、中国は造成を合法だと主張し、議論は平行線をたどった。会議では13日のパリ同時テロを受け、テロ対策での連携を確認した。

会議には、安倍首相と米国のオバマ大統領、中国の李克強首相らが出席した。

オバマ大統領は会議で、中国による南シナ海での人工島問題について「『航行と自由な飛行』や紛争の平和的な解決などの国際的な原則を守る必要がある」と訴え、中国の行動を容認しない考えを示した。安倍首相も「南シナ海で、大規模かつ急速な埋め立てと拠点構築が今なお継続している。深刻に懸念する」と同調した。

首相はその上で、9月の米中首脳会談後の記者会見で、中国の習近平国家主席が人工島について「軍事化を進める意図はない」と発言したことを念頭に、「言葉には具体的な行動が伴わなければならない」と述べ、中国の動向を注視していく考えを強調した。

一方、李氏は「中国が自らの島や岩礁で(施設を)建設することは、合理的かつ合法」と従来の主張を繰り返し、10月に人工島12カイリ内でイージス艦による巡視を行った米国をけん制した。《読売新聞》

2014 平成26年11月22日(土)

平成9450日目

【長野県神城断層地震】

22日午後10時8分頃、長野県北部を震源とする強い地震があり、長野市、同県小谷村、小川村で震度6を記録した。読売新聞のまとめでは、23日午前1時現在、長野市と同県白馬村などで20人以上がけがをし、うち同県大町市内の病院に搬送された3人が重傷を負っている。同村では計10棟が倒壊、同村や小谷村の国道では土砂崩れが発生した。《読売新聞》

【WBCスーパーフェザー級タイトル戦】三浦隆司選手、3度目の防衛に成功

ボクシングマガジン 2015年 01月号 [雑誌]
ボクシングマガジン

王者三浦隆司(30=帝拳)が、同級1位の指名挑戦者エドガル・プエルタ(32=メキシコ)に6回TKO勝ちし、3度目の防衛に成功した。初回に左フックでダウンを奪うなど優勢に試合を進め、6回に連打を集めたところでレフェリーが試合を止めた。「勝ててほっとした。相手が強くて仕留めきれないところがあったが、良いジャブを打てたし、ショートの左ストレートも打てて、手応えを感じた」と話した。《日刊スポーツ》

【維新の党】衆院選の公約を発表

維新の党は22日、衆院選の公約を発表した。安倍首相の経済政策「アベノミクス」について「日本経済の再生はおろか、国民の生活を守ることもできない」と批判。その上で「身を切る改革。実のある改革」をスローガンに、国会議員定数・歳費の3割削減や、農協改革、電力自由化の推進などを掲げた。

柿沢未途政調会長は記者会見で「身を切る改革は自民党にも民主党にもできない」と述べた。《読売新聞》

2013 平成25年11月22日(金)

平成9085日目

【ホンダ・N-WGN】発売

【 simフリー iPhone】国内販売開始

【徳洲会】東京都・猪瀬知事に5000万円

医療グループ「徳洲会」側が昨年12月の東京都知事選前に、猪瀬直樹知事(67)に5000万円を提供していたことが関係者への取材で分かった。猪瀬知事側は、徳洲会が今年9月、公職選挙法違反容疑で東京地検特捜部の捜索を受けた後、全額を返却したという。猪瀬知事は「個人として借りた金だった」としている。

猪瀬知事は22日午後1時過ぎ、都庁内で取材に応じ「昨年11月頃に徳田(虎雄)さんのところにあいさつ回りに行き、そこで資金提供という形で応援してもらうことになった。個人として借用をお願いした。貸金庫に入れて保管し、一切手をつけていない。1、2ヶ月のうちに返却するつもりだった」と話した。《読売新聞》

【参院】猪木氏に登院停止30日

参院は22日の本会議で、国会の許可を得ずに北朝鮮を訪問したアントニオ猪木参院議員を30日間の登院停止とする懲罰を自民、公明、民主各党などの賛成多数で可決した。参院での懲罰は1950年以来63年ぶり。

国会法は懲罰について(1)戒告(2)陳謝(3)一定期間の登院停止(4)議員の身分を失う除名―の4段階を定めている。参院規則で登院停止期間は最長30日とされており、今回の懲罰は除名に次ぐ重い処分だ。《共同通信》

【安倍晋三首相】フィリピン・アキノ大統領と電話会談

安倍首相は22日、フィリピンのアキノ大統領と電話で会談し、同国中部を襲った台風30号の被害について「可能な限りの支援を行いたい」と述べ、お見舞いと支援を約束した。アキノ大統領は「日本の支援は大規模かつ迅速であり感謝している」と応じ、両首脳は今後も被害対応で連携することを確認した。《読売新聞》

2012 平成24年11月22日(木)

平成8720日目

【僕の死に方 エンディングダイアリー500日】故・金子哲雄さんの著書発売

僕の死に方 エンディングダイアリー500日 (小学館文庫)
僕の死に方 エンディングダイアリー500日 (小学館文庫)

【豊川信金立てこもり事件】刃物男が職員4人を人質にとる

11月22日は何の日 豊川心筋立てこもり事件

愛知県警によると、22日午後2時20分ごろ、同県豊川市蔵子の豊川信用金庫蔵子支店で、刃物を持った男1人が人質を取って立てこもった。県警の捜査員が説得に当たっている。県警によると、男は30代とみられる。人質は支店次長の男性(41)、27歳と19歳の女性職員とパートの女性(55)、女性客1人。他にも職員がいたが、男によって外に出されたという。けが人は確認されていない。

男は支店のシャッターを下ろさせ、食料と飲み物、拡声器を要求。信金関係者によると、「野田佳彦首相に辞めてほしい」と話しているという。現場は名鉄名古屋線小田渕駅から約1キロ。近くに保育園や小中高校があり、緊張感に包まれた。 《時事通信》

【社民党】衆院選公約を発表

社民党の福島党首は22日午前、党本部で記者会見し、衆院選公約を発表した。原発ゼロ、消費増税反対、環太平洋経済連携協定(TPP)への参加反対を掲げており、福島氏は「民主、自民、公明3党や第3極との対立軸を示せるのは社民党だ」と述べた。

公約では原子力発電所について「新増設はすべて白紙撤回し、建設を中止する」と明記。再稼働した福井県の大飯原子力発電所3、4号機についても稼働停止を求めるとした。消費税率の引き上げは撤回し、現行の5%を維持した上で、低所得者対策として食料品分の税額払い戻し制度や軽減税率の導入を検討するとした。

TPPは「参加を阻止し、関係国との事前協議も打ち切る」と明記した。米軍の新型輸送機MV22オスプレイの沖縄県配備についても「強く反対する」とした。このほか、所得税の最高税率を当面50%に引き上げることなどを盛り込んだ。《読売新聞》

【野田佳彦首相】「戦う集団作りたい」

民主、自由両党は22日、それぞれ都内で全国幹事長会議などを開き、来月4日公示の衆院選に向け、地方組織に準備を加速するよう指示した。民主党は党本部で全国幹事長・選挙責任者会議を開催し、野田首相があいさつで「自分たちで決めたことは守り抜く。そういう戦う集団を私は作りたい」と訴えた。

一方、自民党も全国幹事長・政調会長会議を党本部で開いた。安倍総裁は「何としてでも政権奪還を果たさなければいけない。民主党のマニフェストによって政治は信頼を失おうとしている。この信頼を取り戻すことこそ、私たちの責任でもある」と強調した。《読売新聞》

2011 平成23年11月22日(火)

平成8354日目

【古川聡宇宙飛行士】地球に帰還

宇宙航空研究開発機構の飛行士古川聡さん(47)が国際宇宙ステーションでの長期滞在を終え、ロシアのソユーズ宇宙船で22日午前8時25分(日本時間同11時25分)ごろ、中央アジア・カザフスタンの平原に着陸、約5カ月半ぶりに地球に帰還した。

初飛行だった古川さんの宇宙滞在は167日と約6時間。1回の飛行での連続滞在としては、野口聡一さん(46)の163日、若田光一さん(48)の137日を超え、日本人最長を記録。古川さんは、米ロの飛行士と3人で宇宙船に乗り込み、22日午前5時(日本時間同8時)ごろステーションから離脱した。《共同通信》

【東京地検】大王製紙前会長を逮捕

熔ける 大王製紙前会長 井川意高の懺悔録
熔ける 大王製紙前会長 井川意高の懺悔録

大王製紙前会長が子会社から巨額借り入れした問題で、東京地検特捜部は22日、子会社4社に損害を与えたとして、会社法の特別背任の疑いで前会長井川意高容疑者(47)を逮捕した。

関係者によると、井川容疑者は特捜部のこれまでの任意聴取に対し、大筋で容疑を認めた上で「返済するつもりだった。今後、株を売却して弁済したい」と説明。取り調べに対しても同様の供述をしているとみられる。

特捜部は同日、都内の関係先などを家宅捜索。今後、巨額借り入れの全容解明を進める。逮捕容疑は、今年7月から9月にかけ、子会社に指示し、本人名義の銀行口座などに7回にわたり計約32億円を振り込ませた疑い。《共同通信》

【野田佳彦首相】「仕分け」を視察

野田首相は22日、都内で行われている行政刷新会議の「提言型政策仕分け」を視察し、ジェネリック医薬品(後発薬)の使用推進などの議論を約30分にわたって見守った。

首相は視察後、記者団に「外部の目の中で議論することが大事だと実感した。議論して出てきた方向性は政府が受け止める。特に予算編成で反映していくことを改めて各閣僚に指示したい」と述べた。《読売新聞》

2010 平成22年11月22日(月)

平成7989日目

【トヨタ・ラクティス】フルモデルチェンジ

10102064_201011
http://www.goo-net.com/

【菅直人首相】柳田稔法相を更迭

国会軽視と受け取られる発言が問われていた柳田稔法相は22日朝、首相官邸で菅直人首相と面会し、発言の責任をとって辞表を提出、受理された。今年度補正予算の速やかな成立を図るため、首相が野党の辞任要求を踏まえて事実上、更迭したものだ。ただ、首相の任命責任は免れず、内閣支持率が急落している菅内閣にとってはさらなる打撃となる。法相の職務は当面、仙谷由人官房長官が兼務する。《朝日新聞》

2009 平成21年11月22日(日)

平成7624日目

【天地人】NHK大河ドラマ最終回

NHK大河ドラマ・ストーリー 天地人 後編
NHK大河ドラマ・ストーリー 天地人 後編

【セ・パ誕生60周年記念野球】プロ選抜1−1学生選抜

【鳩山由紀夫首相】「政治もストライク投げたい」

鳩山由紀夫首相は22日午後、東京ドームで行われたプロ野球セ、パ両リーグ誕生60周年記念試合の始球式で投球。この後首相は記者団に「ストライクになりましたね。練習しましたから。気持ちいいもんですね。こういうふうに政治もストライク投げたいね」と述べた。《福井新聞》

2008 平成20年11月22日(土)

平成7259日目

【元厚生事務次官宅連続襲撃事件】男が出頭

22日午後9時20分ごろ、東京都千代田区霞が関の警視庁本部に男が出頭し「おれが事務次官を殺した」と警備の機動隊員に話した。男は血の付いた手袋、ナイフとスニーカーを所持しており、警視庁は麹町署に同行、銃刀法違反容疑で逮捕する方針。元厚生次官ら連続殺傷事件に関与した疑いが強いとみて捜査する。《福井新聞》

【民主党・小沢一郎代表】麻生首相を批判

民主党の小沢一郎代表は22日、ペルー訪問中の麻生太郎首相から「信用できなくなった」と不信感を表明されたことに対し「首相として情けないというか、あまりにもレベルの低い話しだ。論評のしようがない」と強い不快感を示した。《福井新聞》

広告




2007 平成19年11月22日(木)

平成6893日目

【きのう何食べた?】よしながふみ作:コミック第1巻刊行

きのう何食べた?(1) (モーニング KC)
きのう何食べた?(1) (モーニング KC)

【ミシュランガイド東京2008】発売

【日清・JT】加ト吉買収を発表

日本たばこ産業(JT)と即席めん最大手の日清食品は22日、冷凍食品大手の加ト吉を共同で買収すると正式発表した。買収額は約1090億円。買収後に3社の冷凍食品事業を統合する。JTが28日から加ト吉株式の公開買い付け(TOB)を実施。買い付け価格は1株710円で、加ト吉はTOBに賛同している。

JTが加ト吉株をすべて取得した後、日清に49%(議決権ベース)を譲渡する。その上で来年4月に冷凍食品事業を加ト吉に集約して統合。商品開発力や海外展開を強化する。加ト吉は上場廃止になる見通し。加ト吉は3月に発覚した不正会計問題の影響で経営が悪化しており、基盤強化が課題になっていた。《共同通信》

【白い恋人】販売再開

賞味期限の改ざんなどの不正で販売を中止していた北海道の土産菓子「白い恋人」が22日、約3カ月ぶりに新千歳空港の土産売り場などで販売再開された。「あれだけ騒がれたから、大丈夫だと思う」「受けを狙って」と手にとる客がいる一方で、「信用できない」と話す人も。土産店などは、白い恋人が不在だった間に穴を埋める有力な土産菓子が現れていないといい、年末の観光シーズンに向けて消費者の動きを注視している。《朝日新聞》

【福田康夫首相】与野党党首と個別に会談

福田康夫首相は22日午後、首相官邸で民主党の小沢一郎代表ら与野党党首と個別に会談した。首相は小沢氏にインド洋での海上自衛隊の給油活動を再開するため新テロ対策特別措置法案の会期内成立に協力を要請、協力できない場合でも参院で議決するよう繰り返し求めた。

しかし小沢氏は拒否、会談は物別れに終わった。この結果、同法案の12月15日までの会期内成立は極めて困難な情勢で、与党は衆院で再議決して成立させることを念頭に会期を再延長する構えだ。《福井新聞》

【江藤隆美さん】死去

運輸相や総務庁長官などを歴任した自民党の江藤隆美元衆院議員が22日朝、 訪問先のベトナム・ホーチミン市内のホテルで死去した。82歳。葬儀の日程などは未定。 江藤氏は19日から農畜産業の視察でベトナムを訪れ、24日に帰国する予定だった。

江藤氏は中曽根内閣で建設相、海部内閣で運輸省、村山内閣で総務庁長官を務めた。 小選挙区制が導入された1996年衆院選では宮崎2区から出馬。当選10回。

総務庁長官当時の95年10月、記者団とのオフレコ懇談で「植民地時代には日本が韓国にいいこともした」と発言。韓国政府が強く反発したうえ、当時の野党、新進党が不信任決議案を提出したのを受け、11月、就任3カ月で辞任した。旧渡辺派と亀井グループが合併した江藤・亀井派の会長を務めた。03年衆院選に出馬せず政界を引退した。《毎日新聞》

【モーリス・ベジャールさん】死去

AFP通信によると、「春の祭典」「ボレロ」などで現代バレエに新しい地平を開いたフランスの振付家モーリス・ベジャールさんが22日、スイス・ローザンヌの病院で亡くなった。80歳だった。《朝日新聞》

2006 平成18年11月22日(水)

平成6528日目

【小笠原道大内野手】巨人入団を表明

日本ハムからフリーエージェント(FA)宣言した小笠原道大内野手(33)が22日、巨人入団の意向を表明した。同内野手はこの日、東京都内のホテルで巨人と2度目の交渉を行い、清武英利球団代表から4年契約など初の条件提示を受けて「最初から4年を出してもらってうれしく思う。そこでほぼ(巨人入りを)決めた。巨人にお世話になると思う」と話した。《福井新聞》

【安倍晋三首相】タウンミーティングやらせ問題:処分を示唆

安倍晋三首相は22日、野党が審議に復帰した参院教育基本法特別委員会で、政府の教育改革タウンミーティングでの「やらせ質問」に関して「当時の官房長官として私の所掌の中で起きた大変遺憾な出来事だ。所掌する事柄においては責任を負っている」と述べた、自らの結果責任を認めた。

また「責任の所在を明らかにする。実際の運用に当たった人も明確にしなければならない」と政府職員の処分を示唆。「徹底的な調査結果を国民に明らかにする」との意向を示した。《福井新聞》

2005 平成17年11月22日(火)

平成6163日目

【広島・安芸区】ダンボールに小1女児の遺体

【アンゲラ・メルケル氏】ドイツ第9代首相に就任、ドイツ初の女性首相誕生

【小泉純一郎首相】自民党立党50年記念大会で演説

自民党は22日、都内のホテルで立党50年記念大会を開いた。小泉純一郎首相(党総裁)は演説で「世界の変化に対応しうる改革を平和のうちに進めることが政権政党の責務だ」と述べ、改革の続行に強い意欲を表明。大会は日本の歴史と伝統の尊重などを盛り込んだ立党50年宣言を発表した。《福井新聞》

2004 平成16年11月22日(月)

平成5798日目

【ワシントン・ナショナルズ】MLB・エクスポズが新球団名を発表

【小泉純一郎首相】靖国参拝継続を示唆

小泉純一郎首相は22日夕、チリ・サンディエゴ市内のホテルで記者会見し、中国の胡錦濤国家主席から靖国神社参拝の中止を要請されたことに対し「大局的見地から一つ二つお互いに都合の悪い問題、摩擦のある問題が起こっても。日中関係全体発展の支障にならないよう協力していきたい」と述べた。来年以降も靖国参拝を継続する考えを示唆したとみられる。《共同通信》

《共同通信》

2003 平成15年11月22日(土)

平成5432日目

【グルジア】非常事態宣言

11月2日の議会選挙の結果をめぐって混乱が続くグルジアの首都トビリシで22日、野党勢力の一部が新議会召集初日の議場に乱入、議会周辺には野党支持者ら約3万人が集結し、議会を事実上占拠した。

シェワルナゼ大統領は議場から退去し「軍事クーデター」と非難するとともに全土に非常事態を宣言、国防省がすべての国家機能を統括すると述べた。《福井新聞》

【ラグビー・W杯】イングランドが初優勝

ラグビーの第5回ワールドカップ(W杯)最終日は22日、シドニーのテルストラ・スタジアムで決勝を行い、イングランドが延長の末オーストラリアを20−17で破って初優勝した。

イングランドは1991年の第2回大会決勝で敗れたオーストラリアに雪辱し、北半球に初めて優勝杯の「エリス・カップ」をもたらした。《共同通信》

2002 平成14年11月22日(金)

平成5067日目

【大相撲九州場所13日目】大関朝青龍、初優勝決定

大相撲九州場所13日目(22日・福岡国際センター)大関朝青龍が12勝1敗で、13日目にして初優勝を決めた。朝青龍は関脇若の里との力相撲を左外掛けで制した。22歳1ヶ月26日での初優勝は史上7位の若さ。《福井新聞》

【金本知憲外野手】阪神入団会見

広島からフリーエージェント(FA)宣言して阪神入りした金本知憲外野手が22日、大阪市内のホテルで4年総額12億円で正式契約し、入団会見で「気分がすっきりした。甲子園の大観衆の中で、試合を決める一打を打ちたい」と意気込みを語った。(金額は推定)《福井新聞》

【小泉純一郎首相】補正予算編成を指示

小泉純一郎首相は22日の閣議で、公共投資を含め追加歳出が4兆円に上る本年度補正予算を編成することを正式に表明、塩川正十郎財務相ら担当閣僚に取りまとめを指示した。

首相はこれを受けて、談話を発表し、来年度税制改正で実施する先行減税の規模について、当初言明していた「1兆円超」から拡大を検討する方針を示した。《福井新聞》

【プロレス・サンダー杉山さん】死去

2001 平成13年11月22日(木)

平成4702日目

【前田幸長投手】巨人入り

中日からフリーエージェント(FA)宣言していた前田幸長投手(31)の巨人移籍が22日、正式に決まり、東京都内のホテルで入団が発表された。この日の交渉で4年契約、年俸総額5億円プラス出来高払いの条件で契約した。

交渉直後の会見で、前田幸は「原監督のジャイアンツのユニホームを着て一緒に戦おう、の言葉が印象深かった。先発でも中継ぎでも勝利に貢献したい」と話した。(金額は推定)《福井新聞》

【大成火災】経営破たん

損害保険業界中堅の大成火災海上保険は22日、米中枢同時テロの保険金支払のため、398億円の債務超過に陥ることが確実となり、一般企業の会社更生法にあたる更生特例法の適用を東京地裁に申請した。民間信用調査会社によると、負債総額は3648億円。《福井新聞》

【小泉純一郎首相】与党党首と会談、7特殊法人廃止で合意

小泉純一郎首相は22日夕、公明党の神崎武法代表、保守党の野田毅党首と首相官邸で会談し、日本道路公団や住宅金融公庫など7特殊法人の廃止、民営化方針を提示、了承された。特殊法人改革の焦点となっていた7法人の見直し問題は、首相と自民党族議員が折り合う形で決着した。《福井新聞》

2000 平成12年11月22日(水)

平成4337日目

【新庄剛志外野手】阪神からFA:横浜と交渉も結論ださず

【森喜朗首相】勝利宣言

「私が不信任をくらって退陣したらあなたは納得するかもしれないが、そうでないと願っている人の方が国会では多かった」森首相は22日の参院予算委員会で、内閣不信任決議案の否決を受けて「勝利宣言」。加藤紘一元幹事長への対抗心からか、「世論」の支持も強調した。《福井新聞》

1999 平成11年11月22日(月)

平成3971日目

【航空自衛隊T-33A墜落事故】

22日午後1時42分ごろ、埼玉県狭山市柏原の入間川河川敷に、航空自衛隊入間基地所属のT33ジェット練習機が墜落し炎上、航空幕僚監部所属のN空佐(47)と同基地所属のK空佐の乗員2人が死亡した。

事故機は墜落の際、東京電力の高圧線に接触して切断、東京都内や埼玉県南部の広い地域で約80万世帯が停電した。一時、鉄道が運転を見合わせたほか、水道が止まったり、エレベーターの停止で人が閉じ込められたりするなど、市民生活に大きな影響が出た。《福井新聞》

【沖縄県】普天間飛行場辺野古移設を決定

沖縄県の稲嶺恵一知事は22日午後の記者会見で、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設候補地としてキャンプ・シュワブ周辺の名護市辺野古沿岸域を選び、15年の米軍使用期限付きの軍民共有空港建設や、騒音への影響、移設地の地域振興と跡地利用に関する特別措置を条件とすることを正式発表した。24日にも政府に報告する。

選定理由について、知事は(1)基地整理・縮小(2)騒音軽減(3)地域経済発展の拠点形成、が可能になると説明。県内移設は「目前の問題を解決する上ではベターな選択」と強調した。《福井新聞》

【小渕恵三首相】小学校の授業を参観

小渕恵三首相は22日午前、就任以来続けている対話集会の一環として都内の中央区立日本橋小学校を訪れ、教育現場を視察した。引き続き、銀座中学校も訪れた。中曽根弘文文相も同行した。首相らは日本橋小学校で、水泳の授業を参観したり、コンピューターを使った授業では「すぐ実践で使えていいね」と感心した様子で、児童らに握手して回る場面もあった。《福井新聞》

1998 平成10年11月22日(日)

平成3606日目

【大相撲九州場所千秋楽】琴錦が有終の美

大相撲九州場所千秋楽(22日・福岡国際センター)前日優勝を決めていた琴錦が旭鷲山を得意のもろ差しで寄り切り、14勝1敗で史上初の2度目の平幕優勝に花を添えた。琴錦は殊勲、技能賞も合わせて獲得、史上1位の三賞受賞回数を18回に伸ばした。

横綱貴乃花は大関武蔵丸を下手ひねりで倒し12勝3敗。武蔵丸は11勝4敗。横綱若乃花は関脇千代大海に突き出され、13日目から3連敗で9勝6敗に終わった。千代大海は10勝目。小結武双山に敗れた大関貴ノ浪は、終盤5連敗で8勝7敗だった。《福井新聞》

【自由党・小沢一郎党首】国連軍参加は可能

自由党の小沢一郎党首は22日、小渕恵三首相(自民党総裁)との間で基本的に合意した安全保障政策に関連し「これまでの内閣の解釈を変えるということ。小渕内閣の憲法解釈を確立したということだ」と述べ、国連決議に基づき国連軍に参加できるとの認識で首相と一致したとの見解を示した。集団的自衛権の行使は許されないとする従来の憲法解釈にもつながりかねないため、論議を呼びそうだ。

また小沢氏は「党が了承しないという理由で政策を実行しないなら連立を解消する。組閣は(閣僚)17人で合意しており、できないなら協力できない」と述べ、1997年度予算編成後の連立政権発足時、閣僚数を20人から17人に削減しない場合は、連立を白紙に戻す考えを表明した。

これはNHKやテレビ朝日の番組で語ったもので、小沢氏自身の入閣については「縛られるのでそのつもりはない」と否定し、自民党復党も「100%ない」と強調した。衆院解散、総選挙について「できるだけ早くやるのが憲政の常道だ」と述べた。《福井新聞》

広告





1997 平成9年11月22日(土)

平成3241日目

【プロ野球・西武】渡辺久信投手に戦力外通告

【スピードスケートW杯・男子1000m】堀井学選手「1分10秒63」世界新記録樹立

【大相撲・小錦関】引退「お相撲さんになってよかった」

大相撲の元大関で東前頭14枚目の小錦(33)=高砂部屋=が九州場所14日目の22日、引退し年寄「佐ノ山」を襲名した。今後は高砂部屋で後進の指導にあたる。小錦は場所前に胃かいようで入院するなど満身創痍だったが背水の陣で今場所に臨んだ。しかし、13日目の琴の若戦に敗れ5勝8敗と負け越し、来場所での十両落ちが濃厚となった。

22日朝、師匠の高砂親方と相談し千秋楽まで取って引退すると公表した。しかし、「引退表明後は相撲は取らないもの」との境川理事長とらの意見を受け入れ、この日の土俵に上がらず引退となった。《福井新聞》

【WBCバンタム級タイトル戦】辰吉丈一郎選手、3年ぶりに王座奪還

世界ボクシング評議会(WBC)バンタム級タイトルマッチ12回戦は22日、大阪城ホールで行われ、挑戦者で同級2位の辰吉丈一郎(大阪帝拳)はチャンピオンのシリモンコン・ナコントンパークビュー(タイ)に7回1分54秒TKO勝ちし、約3年ぶりに同級王座への返り咲きを果たした。《福井新聞》

【WBAフライ級タイトル戦】山口圭司選手、戴冠ならず

世界ボクシング協会(WBA)フライ級タイトルマッチ12回戦は、WBAジュニアフライ級に次ぐ世界2階級制覇を狙った挑戦者、同級7位の山口圭司(グリーンツダ)がチャンピオンのホセ・ボニージャ(ベネズエラ)に6回2分20秒TKO負けした。《福井新聞》

【行政改革会議】中央省庁再編案を決定

行政改革会議(会長・橋本竜太郎首相)は22日未明、現在の22省庁体制を1府12省庁に再編し、郵政3事業は5年後に3事業一体で新型「郵政公社」に移行するなどを柱とする中央省庁再編案を決定した。《福井新聞》

1996 平成8年11月22日(金)

平成2876日目

【タレント・藤波心さん】誕生日

【橋本龍太郎首相】ネパール・コイララ女性福祉相と会談

【東洋大・今岡誠内野手】阪神入団決定

【テニス・伊達公子選手】プロ生活に終止符「やっと、終わった」

テニスのみならず日本の女子スポーツ界のリーダーの一人でもあった伊達公子選手(26)が22日、数々の輝かしい栄光に彩られた選手生活にピリオドを打った。ニューヨークのマジソンスクエアガーデンで行われた女子テニスツアーのチェース選手権。16歳の天才少女とうたわれるマルチナ・ヒンギス選手(スイス)に敗れ、コートに「サヨナラ」を告げた。「やっと、終わったという感じ。長かったようで、短かったようで、長かった……」あふれる思いがあったのだろう。言葉が詰まった。《共同通信》

【松本智津夫被告】発言やめずに退廷命じられる

オウム真理教松本智津夫被告(41)は22日、東京地裁で開かれた第17回公判で、元幹部井上嘉浩被告(26)に対する弁護側の反対尋問中に何度も「立場をはっきりさせたい」と意見陳述を求めた。阿部文洋裁判長が陳述を認めず、反対尋問を続行させると「サリンなどなかった」「現実と違う話で意味がない」などと尋問を遮って発言を繰り返したため阿部裁判長は退廷を命じた。松本被告の退廷は今月7日の第14回公判に続き2度目。《福井新聞》

1995 平成7年11月22日(水)

平成2510日目

【タレント・奥真奈美さん】誕生日

【プロ野球ドラフト会議】福留孝介選手を7球団が指名

1995年のプロ野球新人選手選択会議(ドラフト会議)は22日、東京都内のホテルで開かれ、指名68選手の交渉権が確定した。このドラフトの目玉、PL学園の福留孝介内野手は1位指名で、85年の清原和博内野手(PL学園高=6球団)を上回る高校生最多の7球団による抽選の結果、近鉄が交渉権を獲得した。

くじを引き当てた佐々木新監督と筑間球団社長が早速、指名のあいさつのため、大阪・富田林市の同校野球部寮に出向いた。しかし、同選手は社会人野球の日本生命入りを示唆したため、今後、近鉄との交渉は難航することが予想される。《福井新聞》

【石川・輪島沖】空自F15が僚機を撃墜

22日午前8時40分ごろ、石川県輪島市沖の日本海で航空自衛隊小松基地の第6航空団303飛行隊所属のF15戦闘機2機が訓練中、1機が誤ってミサイルを発射した。ミサイルは樋口達巳二尉(30)操縦の訓練機に当たり、樋口機は墜落した。樋口二尉は緊急脱出し、近くを通りかかった漁船に救出されて無事だった。

ミサイルには安全装置が掛かっており、誤射原因としては電気的なトラブルなどが考えられるという。訓練中にミサイルが誤作動して撃墜した例はなく、事態を重くみた防衛庁はパイロットらから事情を聴く一方、同型機への同種ミサイルの搭載を取りやめた。《福井新聞》

【村山富市首相】「(宗教法人の)政治活動には一定の限界」

参院は22日午後の本会議で、今国会の焦点である宗教法人法改正案について島村宜伸文相の趣旨説明と各党の質疑を行い、13日に衆院を通過してから9日ぶりに審議に入った。

本会議の答弁で村山富市首相は、宗教団体の政治活動への関与について「宗教法人は宗教活動をすることを目的に法人格を取得している。政治活動を主要な活動とすることは、宗教法人法上予定されていない」と指摘、宗教法人の政治活動には一定の限界があるとの認識を示した。

ただ首相は「特定政党と宗教邦人が互いに協力することだけで政教分離原則に反するとは言えない」と、宗教団体の政治活動は憲法違反ではないとの見解をあらためて示した。改正案について「国民の見直し論は強まっている。宗教法人活動の透明性を高め、所轄庁が適正に把握することは国民世論でもある」と述べ、重ねて今国会での成立の必要性を強調した。《福井新聞》

1994 平成6年11月22日(火)

平成2145日目

【フィギュア・田中刑事さん】誕生日

【広沢克己内野手】巨人入団決定

ヤクルトからフリーエージェント(FA)宣言している広沢克己内野手(32)が22日、巨人の保科球団代表、倉田編成部長と初めての入団交渉に臨み、巨人への移籍が決まった。正式契約は後日交わされる。

話し合いの中で、保科球団代表は年俸、契約金から遠征の際の待遇まで具体的な条件を提示、「入団を前向きに考えてくれていると確信している」と球団側の意向を伝えた。広沢克も交渉後「即答は避けたが、お世話になろうという気持ちが強い。これで来年は新しい気持ちでスタートを切れる」と巨人入りの決意を語った。《福井新聞》

【シュートボクシング VS UWFインター対抗戦】SB・吉鷹弘選手が大江慎選手に判定勝ち

【村山富市首相】早期新党に難色

村山首相は22日昼、首相官邸で社会党の久保書記長と約1時間会談、中間・右派の政策集団「新民主連合」(山花貞夫会長)の動向など党内情勢について協議した。両者は新党結成の方向性では一致したものの、来年1月の結成に意欲を見せる書記長と、党分裂回避のため両院議員総会の開催など党内手続きを十分踏むよう求めた首相とのずれが一層鮮明になった。

久保氏は会談後の記者会見で、来月中旬の全国代表者会議を検討する意向を表明。新民連も新党の理念・政策の軸となる独自案を発表した。

一方、首相は同党参院議員に「(解党のための)1月党大会は適当でない」と不快感を表明。首相支持派の「村山政権を支え社民リベラル政治をすすめる会」は党機関中心で進めるよう求め、党内の綱引きは激化した。《福井新聞》

1993 平成5年11月22日(月)

平成1780日目

【東洋太平洋ミドル級タイトル戦】竹原慎二選手、6回TKO勝ちで初防衛

ボクシングの東洋太平洋ミドル級タイトルマッチ12回戦は22日、東京・後楽園ホールで行われ、チャンピオンの竹原慎二(沖)は挑戦者の同級1位ニコ・トリリ(インドネシア)に6回2分37秒でTKO勝ちし、初防衛に成功した。竹原はデビュー以来負けなしの17連勝。《福井新聞》

【NTT東北・加藤高康投手】ロッテと仮契約

ロッテがドラフト1位指名したNTT東北の加藤高康投手(24)は22日、仙台市のNTT東北支社で木樽スカウト部長、佐藤スカウトと入団交渉し、契約金1億6000万円、年俸1200万円で入団が決まった。両親らを交えた交渉で仮契約を済ませた加藤投手は球界史上最高の契約金提示に「想像がつかない金額」と緊張の表情を浮かべた。

ことしは破格の契約金が目立ち、ダイエーが2位指名の小久保裕紀内野手(青学大)に1億5000万円を提示するなど、事前交渉が進んだため、予想通り一気に相場が上昇した。このほか、巨人1位の三野勝大投手(東北福祉大)、西武1位の石井貴投手(三菱重工横浜)はともにスカウト陣があいさつし、次回交渉で仮契約の予定。(金額は推定)《福井新聞》

1992 平成4年11月22日(日)

平成1415日目

【大相撲九州場所千秋楽】大関曙、2度目の優勝

大相撲九州場所千秋楽(22日・福岡国際センター)大関曙が14勝1敗でことし夏場所以来2度目、大関昇進後は初めての優勝を飾った。前日まで1敗で並んでいた小結琴錦が関脇貴花田に上手投げで敗れて2敗となった後、結びの一番で曙は関脇武蔵丸を右上手出し投げで下した。外国人出身力士の優勝は高見山(現東関親方)が1度、小錦が3度果たしており、曙の2度を合わせ6度となった。

貴花田は10勝5敗とし、来場所で再び史上最年少大関昇進を狙うことになった。関脇武蔵丸は9勝6敗に終わった。十両は駒不動が11勝4敗で初優勝した。《福井新聞》

【星稜高・松井秀喜内野手】「長島さんから特に打撃を教わりたい」

「長島さんから特に打撃を教わりたい。できれば三塁を守りたい」ドラフト会議で巨人の1位指名を受けた石川・星稜高の松井秀喜内野手は一夜明けた22日午前、能美郡根上町の自宅でさわやかな笑顔を見せ、プロ入りを前にした心境を語った。

前夜は赤飯で家族そろってお祝い。さらに友人らが自宅に祝福に訪れ、遅くまで歓談が続いたという。「まだ巨人に指名されたことの実感はわかない」とは言うものの、尊敬する長嶋監督の下でのプレーに胸が躍っている様子。「(練習に耐えられるように)体をつくっておかないと……。(巨人の)練習は厳しいんですよね」と新しい目標に向かう気構えを示した。《福井新聞》

1991 平成3年11月22日(金)

平成1049日目

【プロ野球ドラフト会議】

1991年プロ野球新人選手選択会議(ドラフト会議)は22日、東京都港区の新高輪プリンスホテルで開かれ、12球団が1位指名選手12選手を含む計92選手の入団交渉権を獲得した。1巡目では3選手に指名が重複。即戦力としての期待が大きい本格派右腕、若田部健一(駒大)にはダイエー、巨人、広島、西武の4球団の指名が集まり、抽選でダイエーが交渉権を得た。

2球団から1位指名を受けた田口壮内野手(関学大)は逆指名していたオリックス、斎藤隆投手(東北福祉大)は大洋がそれぞれ交渉権を得た。《福井新聞》

ダイエー、駒大・若田部健一投手の交渉権獲得

オリックス、鈴木一朗選手を4位指名

広島、金本知憲選手を4位指名

【宮沢喜一首相】チェイニー米国防長官と会談

チェイニー米国防長官は22日夕、首相官邸に宮沢首相を訪ね、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の核開発問題を中心に30分余りにわたって意見を交換した。

この中で、宮沢首相が「北朝鮮の寧辺(での核再処理施設建設)は日本の安全に直接影響するので強い関心を払っている」との懸念を表明。これに対しチェイニー長官は「見方は別れるが、来年のいずれかの時点で核再処理施設が機能し始める」との認識を示し、北朝鮮の核査察受け入れ、核兵器開発阻止に向け「あらゆる外交圧力をかける」と、強い姿勢で臨む考えを明らかにした。《福井新聞》

1990 平成2年11月22日(木)

平成684日目

【コンスタンチン君】札幌医大病院を退院

ソ連・サハリンで大やけどをして札幌医大病院で治療を受けていたコンスタンチン・スコロプイシュヌイちゃん(3つ)が22日、元気に退院した。8月28日に海上保安庁のYS-11で緊急搬送されて以来3ヶ月ぶり。両親のイーゴリさん夫妻(27)とともに23日、新潟発ハバロフスク行きのアエロフロート機で帰国する。《福井新聞》

【マーガレット・サッチャー英首相】辞任表明

サッチャー英首相(65)は22日朝の閣議で、27日に予定されている保守党党首選の第二回投票には立候補しないと言明、保守党の新たな党首が選出され次第、首相を辞任するとの意向を明らかにした。首相は既に辞任の意向をエリザベス女王にも伝えた。

1979年5月の首相就任以来11年半に及び今世紀の連続首相在任記録を更新したサッチャー首相は、閉幕したばかりの全欧安保協力会議(CSCE)首脳会議で宣言された東西冷戦の終結とともに、27日にも政権を去ることになった。《共同通信》

【大嘗宮の儀】

天皇即位に伴う重要祭儀とされる大嘗祭の中心儀式「大嘗宮の儀」が22日夜から23日未明にかけて、皇居・東御苑に建てた大嘗宮で「公的な皇室行事」として行われた。12日の即位の礼と同様、62年ぶり、現行憲法下では初の実施。

大嘗祭については政府は宗教色が否定できないとしたものの、皇室に長く伝わる重要な皇位継承儀式として「公的性格がある」と位置付け、公費の支出を認めた。しかし、儀式の核心部分での天皇の所作が事実上非公開の上、憲法の政教分離に違反するとの批判も根強い。

宮内庁によると、海部首相ら三権の長、閣僚、各界代表など約900人に招待状を出したが、自民、民社両党を除く社会、公明、共産、社民連の野党各党は欠席(公明は個人参加を容認)、全国47都道府県知事のうち約3分の1は出席を見合わせた。

一方、警視庁は皇居周辺を中心に、他府県警の応援も含め計3万人の警察官らを配置する厳戒態勢を敷いた。《福井新聞》

1989 平成元年11月22日(水)

平成319日目

【俳優・木ノ本嶺浩さん】誕生日

【大相撲九州場所11日目】大関小錦が11連勝

大相撲九州場所11日目(22日・福岡国際センター)全勝の大関小錦と、1敗で追う横綱千代の富士がそろって勝った。平幕逆鉾が敗れて2敗力士がいなくなり、優勝争いは2力士に絞られてきた。

小錦は大関同士の対戦で北天佑を右四つから豪快に寄り切った。千代の富士は押されて取り直しの末に、関脇琴ヶ梅を左上手投げで退けた。北天佑は4勝7敗と後がなくなり、琴ヶ梅は6勝5敗となり今場所での大関昇進は絶望的。

横綱北勝海は平幕陣岳を簡単に押し出して勝ち越し決定。不振の大関旭富士は孝乃富士を寄り切って5勝目を挙げた。元気な小結水戸泉は速攻で両国を寄り切って勝ち越しを決めた。

十両は小城ノ花が1敗を守って依然単独トップ。貴花田は大徹を右外掛けに制し6勝5敗と白星先行。《福井新聞》

【日航ジャンボ機墜落事故】ボーイング社など全員不起訴

昭和60年8月、群馬県上野村の御巣鷹の尾根に墜落、乗員乗客520人が死亡した日航ジャンボ機事故の刑事責任を追求していた前橋地検は22日、群馬県警から業務上過失致死傷容疑で書類送検されていたボーイング社、日航、運輸省関係者20人と遺族側から告訴・告発された3者の幹部12人の計32人(1人は重複)を不起訴処分とした。

処分に合わせ同地検は不起訴理由を詳細に公表。ボ社関係者については事情聴取が実現しないため、墜落原因となった修理ミスの具体的内容が不明とし、日航、運輸省関係者については各種検査で修理ミスや後部圧力隔壁の亀裂を発見するのは不可能だったなどとしている。《福井新聞》

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 366 平成の記録 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.