11月9日のできごと(314/366)

11月9日の主なできごと

11月9日のできごと(何の日) ベルリンの壁崩壊

ベルリンの壁崩壊(平成元年11月9日)


米大統領選挙、トランプ氏が勝利宣言(平成28年11月9日)

プロ野球・日本ハム、栗山英樹氏の新監督就任を発表(平成23年11月9日)

政府行政刷新会議、仕分け447事業決定(平成21年11月9日)

第43回衆院選、民主党が躍進(平成15年11月9日)

※転載記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。




2017 平成29年11月9日(木)

平成10533日目

【ボクシング・井岡一翔選手】WBA王座を返上

世界ボクシング協会(WBA)フライ級王者の井岡一翔(井岡)が9日、王座を返上したことが分かった。父で所属ジムの井岡一法会長が大阪市内で記者会見を開き、明らかにした。

井岡は年内に防衛戦を行う方向で調整していたが、井岡会長は「コンスタントに練習ができていない。準備が間に合わないので(王座を)返上する」と説明した。《読売新聞》

【米・トランプ大統領】中国・習近平国家主席と会談

11月09日のできごと(何の日)
https://www.youtube.com/

トランプ米大統領と中国の習近平国家主席は9日、北京で首脳会談を行った。トランプ氏は北朝鮮の核・ミサイル問題の解決に意欲を表明。圧力強化で中国の協力を求める考えを示すとともに、米中間の貿易を「公平にする」として、貿易不均衡の是正を求めた。習氏は北朝鮮を巡る問題で米国との「意思疎通と連携を強化したい」と応え、米中関係については「協力こそが唯一の正しい選択肢」と述べた。

中国政府高官はトランプ氏の訪中に合わせ、米中間で計約2500億ドル(約28兆円)の商談がまとまったと語った。

トランプ氏は北朝鮮問題について「解決方法があると信じる」と述べた。《共同通信》

2016 平成28年11月9日(水)

平成10168日目

【米大統領選挙】トランプ氏が勝利宣言

米大統領選で当選を確実にした共和党候補のドナルド・トランプ氏は9日未明(日本時間9日夕)、勝利演説を行い、「皆が一つになる時だ」と人々に団結を呼びかけた。その上で、「これまで見捨てられてきた男性や女性が見捨てられることはなくなる」と語り、「すべての国と協調していく」とも強調した。《毎日新聞》

【安倍晋三首相】トランプ氏に祝辞

安倍晋三首相は9日、米大統領選で当選が確実となった共和党のドナルド・トランプ氏に「心から祝意を表する」との祝辞を送った。トランプ氏を「類いまれなる能力によりビジネスで大きな成功を収め、米国経済に多大な貢献をしただけでなく、強いリーダーとして米国を導こうとしている」と評価。緊密に協力し、日米同盟を強化したい考えを示した。《日経新聞》

2015 平成27年11月9日(月)

平成9802日目

【兵庫県警】側溝からスカートの中をのぞき見、28歳会社員の男を逮捕

側溝に潜んで、上を歩く女性のスカート内をのぞき見ようとしたとして、兵庫県警生活安全特捜隊と東灘署は9日、県迷惑防止条例違反の疑いで、神戸市東灘区の会社員の男(28)を逮捕した。逮捕容疑は、8月16日午前7時50分ごろ、同市東灘区岡本1で、道路脇の側溝の中から、女性(37)のスカート内をのぞこうとした疑い。

同署によると、道路脇にある側溝は、幅約55センチメートル、深さ約60センチメートル。男は格子状の鉄製のふたを外して中に入って寝転び、ふたの下から路上を歩く女性の姿を見ていたという。被害女性が、ふたから髪の毛が出ているのを不審に思って、男の姿に気付いたという。男は「(同日)午前3時ごろから中に入って、スカートの中を見ていました」と容疑を認めているという。《神戸新聞》

【ミャンマー総選挙】スー・チー氏「勝利宣言」

2011年の民政移管後初となるミャンマー総選挙は9日も開票が続き、アウン・サン・スー・チー氏率いる最大野党・国民民主連盟(NLD)が全国で議席を伸ばしている。軍政の流れをくむ与党・連邦団結発展党(USDP)を抑えて単独過半数に迫る勢いで、同氏は事実上の「勝利宣言」を行った。国軍の政治支配が半世紀近く続いた同国で初の民主的な政権交代の可能性が高まっている。《読売新聞》

【大阪市長選】各候補が舌戦

大阪市長選が告示され、選挙戦2日目となった9日、各候補は街頭で舌戦を展開した。

地域政党・大阪維新の会公認の前衆院議員・吉村洋文氏は住之江区のスーパー前で、「市役所改革で財源を生み、医療、教育、福祉を充実させる。税金を市民の手に取り戻す」と主張した。

自民党推薦で、民主、共産両党が自主的に支援する前市議・柳本顕氏(41)は市役所前で、吉村氏が再挑戦を掲げる大阪都構想を批判し、「制度論だけではなく、政策で市政を元気にしたい」と訴えた。

元同氏北区長の中川暢三氏(59)は淀川区の商店街で「都構想の対立にしこりなく決着をつけられるのは、不偏不党の自分だ」と強調した。《読売新聞》

2014 平成26年11月9日(日)

平成9437日目

【楽天・星野仙一前監督】シニアアドバイザーに就任

楽天は9日、今季限りで退任した星野仙一前監督(67)が「シニアアドバイザー(SA)」に就任することを発表した。

星野前監督は「自分の去就についてはノーコメント」と一貫して口を閉ざしてきたが、フロントの悲願でもある常勝軍団の構築に向けて今後もサポートする。役職はアドバイザー的な立場でもある「SA」だが、国内外に広い人脈を持っていることからチーム編成にも携わる見込み。《スポニチ》

【佳子さま】初の単独公務

36回目となる「少年の主張全国大会」が9日、秋篠宮ご夫妻の次女佳子さま(19)をお迎えし、国立オリンピック記念青少年総合センター(東京都渋谷区)で開かれた。

佳子さまは1人での公務は初めてで、全国56万人の中から選ばれた中学生12人が理想の社会や夢を語る発表に聞き入られた。審査の間に行われた中学生らとの懇談では、「すてきな発表をありがとうございました」「感動しました」と話されていたという。《読売新聞》

【安倍晋三首相】ロシア・プーチン大統領と会談

11月09日のできごと(何の日)
https://www.kantei.go.jp/

安倍首相は9日夜、ロシアのプーチン大統領と北京市内で会談し、来年の適切な時期のプーチン氏来日に向け、準備を進める方針で一致した。当初、今秋に予定されていた来日はウクライナ情勢の影響で困難となったが、日程を再調整する。北方領土問題の解決に向けた平和条約締結については、両国が受け入れ可能な解決策を議論していくことを確認した。

両首脳の会談は、10月のイタリア・ミラノでの短時間の会談以来で、2012年に発足した第2次安倍内閣では7回目。第1時安倍内閣を合わせると10回目となった。この日の会談はプーチン氏の滞在先の釣魚台国賓館で行われ、当初予定した時間の倍近い1時間半に及んだ。《読売新聞》

2013 平成25年11月9日(土)

平成9072日目

【とっとちゃん】鳥栖市のゆるキャラ、わいせつ発言で活動自粛

佐賀県鳥栖市の公式ゆるキャラ「とっとちゃん」がラジオの深夜番組に出演した際、わいせつな発言を繰り返し、活動を自粛していることが9日、分かった。市に苦情が相次いだため。

番組を放送したニッポン放送(東京)によると、とっとちゃんが出演したのは10月23日未明の生放送番組。鳥栖観光コンベンション協会が委託した会社がパソコンを使って発言した。

とっとちゃんは鳥栖市の鳥メジロをモデルに、2004年に市制50周年を記念して誕生した。総合政策課は事実関係を調査した上で今後の対応を決める。《共同通信》

【フィギュアNHK杯】浅田真央選手が2連覇

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦、NHK杯第2日は9日、東京・国立代々木競技場で行われ、女子は浅田真央がショートプログラム(SP)フリーともに1位で自己最高の合計207・59点で2年連続4度目の優勝を果たし、GP2連勝で上位6人によるファイナル(12月・福岡)進出を決めた。通算は日本最多のGP13勝目。

14歳のエレーナ・ラジオノワ(ロシア)が2位、SP2位の鈴木明子が3位、宮原知子が5位。

男子は高橋大輔が2年ぶり5度目の制覇を果たした。織田信成が2位、無良崇人が6位。《共同通信》

【安倍晋三首相】自動運転車に試乗

安倍首相は9日、国会周辺で、運転手がハンドル操作をしなくても走行する「自動運転車」に試乗した。一般公道での試験走行は国内では初めて。国際的な競争が激しい次世代自動車の開発に向けて、政府として支援する姿勢をアピールする狙いがある。《読売新聞》

2012 平成24年11月9日(金)

平成8707日目

【日本直販】民事再生法適用申請

テレビ通販の「日本直販」を運営する総通(大阪市)は9日、大阪地方裁判所に民事再生法の適用を申請した。負債総額は約174億円。テレビ通販の老舗として業容を拡大してきたが、近年はインターネット販売に押されて資金繰りが悪化していた。《日経新聞》

【英科学誌ネイチャー】iPS虚偽発表の論文2本を撤回

米国で人工多能性幹細胞(iPS細胞)を心筋細胞に変え患者に移植したと虚偽発表を行った森口尚史氏(48)の別の論文2本について、英科学誌サイエンティフィック・リポーツは9日付で取り消した。《時事通信》

【東京家裁】高嶋政伸さん夫妻の離婚認める

俳優の高嶋政伸さん(46)がモデルの美元さん(33)との離婚を求めた訴訟で、東京家裁は9日、「婚姻関係はもはや修復不可能」として離婚を認める判決を言い渡した。2人は出廷しなかった。

小林愛子裁判官は「婚姻を継続し難い重大な事情があると認められ、婚姻関係は破綻していると言わざるを得ない」と認定。その責任がもっぱら高嶋さん側にあるとは言えない、と指摘した。

訴状によると、2人は2007年10月に知り合い、翌年9月に結婚。子どもはいない。10年8月に別居したという。高嶋さんは、美元さんが仕事に理解を示さなかったことや、金銭感覚の違いが理由と主張していた。《共同通信》

【田中真紀子文科相】大学不認可問題を謝罪

来春開学予定の3大学がいったん不認可とされた問題で、田中真紀子文部科学相は9日の閣議後の記者会見で「関係者の皆様にご心配、ご迷惑をおかけしたことを心からおわびします」と陳謝した。自民党などから辞任や罷免を求める声が上がっていることについては「国会の審議の中で(議論が)進むと思います」と述べるにとどめた。《日経新聞》

【野田佳彦首相】中央アジア5カ国の外相らと会談

11月09日のできごと(何の日)
https://www.kantei.go.jp/

野田首相は9日、首相官邸でカザフスタンのイドリソフ外相ら中央アジア5カ国の外相らと会談し、「資源、エネルギーが豊富な中央アジアを重視している」と述べて、今後の関係強化に意欲を示した。政府はハイテク産業に不可欠で、中国からの輸入に全面依存してきたレアアースの新たな調達先として中央アジア各国に期待しており、関係強化に力を入れている。《読売新聞》

2011 平成23年11月9日(水)

平成8341日目

【タレント・猫ひろしさん】カンボジア国籍取得を発表

タレントの猫ひろしさん(34)がカンボジア国籍を取得し、16日にインドネシアのパレンバンで開催される東南アジア大会の男子マラソンにカンボジア代表として出場することになった。所属事務所が9日、発表した。《共同通信》

【オリンパス】損失隠しは1000億円超

オリンパスが過去の投資有価証券の損失を隠し、不適正な決算処理を続けていた問題で、同社が隠していた損失額が1千億円を超える規模であることが9日、関係者への取材で分かった。8日の損失隠しを発表した記者会見では、損失額は明らかにしていなかった。

オリンパスは弁護士や公認会計士でつくる第三者委員会の調査を待って過去の決算を訂正する方針だが、大幅な下方修正は必至だ。14日に延期していた2011年9月中間連結決算の発表はさらに遅れる可能性もある。同社は、バブル期に財テクに走ったが、金融商品の価格下落などで、有価証券の損失が膨らんだ。《共同通信》

【プロ野球・日本ハム】栗山英樹氏の新監督就任を発表

日本ハムは9日、スポーツキャスターの栗山英樹氏(50)の新監督就任を発表した。2年契約で、契約金3000万円、年俸7000万円(金額は推定)。背番号は80。

就任記者会見に臨んだ栗山氏は硬い表情で「怖さしかない。責任が重いこと、それだけを感じる。とにかく熱さを持って前に進む」チーム像については「ここ一番で勝負を仕掛けられる、見ていてワクワクするようなチームを目指したい」と力強く語った。《読売新聞》

【野田佳彦首相】TPP「説明責任果たす」

野田首相は9日午前の衆院予算委員会で、環太平洋経済連携協定(TPP)について「様々な不安や懸念に答えるため、さらに説明責任を果たしたい。議論が熱した段階で一定の結論を出すことが必要だ」と述べ、10日に記者会見してTPPへの交渉参加を表明する意向を表明した。《読売新聞》

2010 平成22年11月9日(火)

平成7976日目

【マリナーズ・イチロー外野手】10年連続ゴールドクラブ賞受賞

米大リーグは9日、守備のベストナインに相当するゴールドグラブ賞のア・リーグ受賞者を発表し、マリナーズのイチロー外野手(37)が大リーグ1年目の2001年から10年連続で選ばれた。外野手での10年連続の受賞は史上5人目。この賞は監督、コーチの投票で選出される。

イチローは162試合すべてに先発出場し、指名打者の2試合を除く160試合で守備に就いた。送球などで走者をアウトにすると記録される補殺7個と4失策は10年間で2番目に悪く、守備率9割8分8厘は3番目に悪い数字だったが、俊足と強肩を生かした守備は今季も高く評価された。現在一時帰国中のイチローは10日、関係者を通じ「謹んでお受けいたします。でも、おなかいっぱいではありません。まだ、おかわりしたいです」との談話を寄せた。《スポニチ》

【ミャンマー】APF通信代表・山路徹さんを釈放

ミャンマー当局に拘束されていたニュースプロダクション「APF通信社」代表でジャーナリストの山路徹さんが、日本時間の9日午後7時すぎに解放されたことが分かった。APF通信のスタッフが確認した。《時事通信》

【菅直人首相】情報管理体制を強化

菅直人首相は9日の衆院予算委員会で、海上保安庁が撮影した中国漁船衝突事件の映像や、警視庁公安部などが作成したとみられる国際テロ捜査に関する文書が流出した事態を受け、官邸を主体に情報管理体制を強化する意向を示した。「問題頻発に強い危機感を覚える。情報管理、危機管理について専門家の意見も聞いて官邸を中心に取り組みたい」と強調した。《共同通信》

2009 平成21年11月9日(月)

平成7611日目

【東京地裁】酒井法子被告に有罪判決

夫とともに覚せい剤取締法違反(使用、所持)の罪に問われた元女優酒井法子被告(38)=保釈中=に対し、東京地裁は9日、「旅行先で使用したり、残りを保管するなど覚せい剤に対する親和性や執着は明らか」として懲役1年6月、執行猶予3年(求刑懲役1年6月)の判決を言い渡した。

判決理由で村山浩昭裁判官は、被告が前回10月26日の初公判で「4年前ごろ夫に勧められた。昨年夏以降、月1回から数回使った。夫に使用を持ち掛けたこともある」と述べた点に触れ「常習性や、ある程度の依存性がある」と認定。常習性を否定していた弁護側主張を退けた。

さらに「夫が逮捕されるとみるや現場を立ち去り、使用の発覚を免れようとして転々と逃走するなど事後の行動も卑劣」と批判。一方で所属事務所を解雇されたことや、覚せい剤を勧めた夫と離婚する意向を示したことなどを考慮し、刑の猶予が相当とした。《スポニチ》

【行政刷新会議】仕分け447事業決定

11月09日のできごと(何の日)
https://www.kantei.go.jp/

政府の行政刷新会議(議長・鳩山由紀夫首相)は9日夜の会合で、2010年度予算概算要求の無駄を洗い流す「事業仕分け」の対象として、医療費と義務教育費の国庫負担など447事業を選定、これを約210〜220類型に分類して議論し、判断を下すことを決定した。調整が続いていた在日米軍駐留経費負担(思いやり予算)は、日本人基地従業員の労務費が対象に入った。

首相は会合で10年度予算編成に関して「聖域なく見直す。筋肉質の予算になることが求められている」と強調。同時に「類似事業も見直してほしい」と述べ、対象にならなかった事業も、仕分け作業の成果を生かして予算削減に務める考えを表明した。

これらの取り組みを通じて、過去最高の95億円超に膨らんだ概算要求を3兆円以上削減することを目指す。《共同通信》

2008 平成20年11月9日(日)

平成7246日目

【プロ野球・日本シリーズ】西武(渡辺久信監督)4年ぶり13度目の日本一

プロ野球日本シリーズは9日、東京ドームで第7戦が行われ、西武が巨人を3―2で下し、4勝3敗で4年ぶり13度目(前身の西鉄時代を含む)の優勝を決めた。西武は日本シリーズで巨人と10度対戦し、7度目の勝利となった。

西武は1―2の8回、片岡の死球を足場に1死三塁とし、中島の三ゴロで同点。さらに2死一、二塁から平尾の中前打で勝ち越し、最後はグラマンが締めた。

巨人は1回に1点を先制し、2回には坂本のソロ本塁打で加点。しかし、その後は安打が出なかった。

西武はアジアの4カ国・地域のプロ野球リーグ優勝チームが争う「アジアシリーズ2008」(13~16日・東京ドーム)に日本代表として出場する。《スポニチ》

【麻生太郎首相】全国遊説スタート

麻生太郎首相は9日、水戸市のJR水戸駅前で街頭演説し「まず景気対策をやって経済のパイが大きくなったところで皆さんの介護、福祉、医療に使うため消費税を上げさせてください」と述べ、景気動向をみて3年後に消費税率を引き上げる考えを強調した。

首相は次期衆院選に向けて全国各地での遊説を計画しており、この日が第一弾。「地方の声を直接聞きたいと思ってここを選んだ」と演説を始め、地方重視の姿勢をアピール。「高速道路の料金を週末だけどこまで走っても1000円にする。これは間違いなくやる」と述べ、追加経済対策の実現にあらためて意欲を示した。《共同通信》




2007 平成19年11月9日(金)

平成6880日目

【西武・和田一浩外野手】FA宣言

今季フリーエージェント(FA)権を取得した西武の和田一浩外野手(35)が9日、埼玉県所沢市の球団事務所を訪れ、権利行使の意向を伝えた。和田は西武残留の可能性を残しながらも「違う環境で挑戦したい気持ちもある」とし、国内他球団への移籍を視野に入れていることを明らかにした。

決断の理由については「年齢的に最後のチャンス。最初で最後の気持ちだったので、宣言しようという気持ちになった」と語った。北京五輪予選日本代表候補のため、去就の最終決断はアジア予選終了後の12月中になる見通し。西武の小林信次球団社長は「絶対に必要な選手。残ってもらえるよう努力する」とし、15日に交渉を行う。《読売新聞》

【船場吉兆】本店でも偽装

高級料亭や加工食品販売を営む「船場吉兆」による賞味・消費期限切れ商品の販売問題で、農林水産省は9日、大阪市中央区の「船場吉兆」本店でも産地を偽装した牛肉のみそ漬けや、ブロイラーが原材料のみそ漬けを「地鶏のこがねみそ漬け」と表示して販売するJAS(日本農林規格)法の加工食品品質表示に違反する販売があったと発表した。

農水省は同日、同社の湯木正徳社長(74)に対し、品質表示の管理強化などの改善を指示した。福岡市で偽装が発覚した際、同社は会社の関与を否定していたが、会社ぐるみで不正販売していた疑いが強まった。湯木社長らは同日夕、大阪市内で記者会見。「お客様や社会の信頼を深く傷つけた」として、社長と湯木尚治・九州担当取締役(38)の辞任を表明した。しかし産地偽装は「現場の担当者だけが知っていた」と述べ、他の偽装も「組織的関与は一切ない」と強調した。《毎日新聞》

【福田康夫首相】公明党・太田昭宏代表と会談

福田康夫首相は9日、自民、民主両党の「大連立構想」が不調に終わったことを受け、公明党の太田昭宏代表と官邸で会談し、党首会談を頻繁に行っていくことなどで自公両党の結束をあらためて確認した。《共同通信》

2006 平成18年11月9日(木)

平成6515日目

【群馬県警】埼玉県警巡査長を指名手配

群馬県太田市の世良田郵便局で現金約13万円などが奪われた強盗事件で、群馬県警は9日、同県伊勢崎市、埼玉県警加須署地域課勤務、A巡査長(44)を強盗容疑で指名手配した。巡査長が乗り捨てたとみられる乗用車内から包丁が見つかり、車は巡査長の妻名義だった。

群馬県警捜査一課と太田署の調べでは、巡査長は8日は非番で、夕方以降自宅に帰っていない。9日も出勤せず、連絡が取れないため、強盗の容疑者との見方を強めた。《毎日新聞》

【安倍晋三首相】麻生外相罷免要求を拒否

民主、共産、社民、国民新の野党4党幹事長らは9日午後、首相官邸で下村博文官房副長官と会い、核保有論議を容認する発言を繰り返している麻生太郎外相罷免を要求する申し入れ書を提出、13日夕までに文書で回答するよう求めた。

これに対して安倍晋三首相は9日夕、首相官邸で記者団に「非核三原則を堅持する方針で一致しているから問題はない。(罷免は)ありません」と述べ、要求に応じない考えを示した。《共同通信》

【安倍晋三首相】タウンミーティングを当面見合わせ

安倍晋三首相は9日、教育改革をテーマにした政府のタウンミーティング8回のうち5回でやらせ質問が発覚したことについて「大変残念だし遺憾だ、調査すべきは調査し、体制をつくってから再開したい」と述べた。

小泉内閣時代に行われた他のテーマの166回のタウンミーティングでのやらせの有無の調査を優先し、当面、新たなタウンミーティング開催を見合わせる考えを示したものだ。今国会中に新たな運営方法と併せて、調査結果を公表する考えだ。首相官邸で記者団の質問に答えた。《日経新聞》

2005 平成17年11月9日(水)

平成6150日目

【ヨルダン】3カ所で同時爆破、57人死亡

ヨルダンの首都アンマンの高級ホテルなど3カ所で9日、ほぼ同時に爆発があった。ムアシェル副首相は自爆犯による爆弾テロと断定、57人が死亡、115人が負傷したと述べた。死者の多くはヨルダン人という。アンマンの日本大使館によると、日本人の被害は確認されていない。

AP通信によると、警察当局者は「(国際テロ組織)アルカイダ特有の攻撃だ」と述べた。ヨルダンのムアシェル副首相は9日、米CNNテレビに対し、イラク聖戦アルカイダ組織を率いるヨルダン人テロリスト、ザルカウィ容疑者が「確証はないが、重要容疑者だとみられる」と述べた。《共同通信》

【安倍晋三官房長官】靖国神社参拝継続を表明

安倍晋三官房長官は9日、共同通信などのインタビューに応じ、自らの靖国神社参拝について「国のために殉じた人に祈りをささげ、敬意を表する気持ちで多くの方々が参拝している。私もその1人だ」と述べ、参拝を継続する意向を重ねて表明した。靖国参拝をめぐっては公明党の神崎武法代表が首相、外相、官房長官の参拝自粛を求めていた。《共同通信》

【小泉純一郎首相】公務員の人件費削減に慎重な経財相に改革促す

小泉首相は9日の経済財政諮問会議で、公務員の総人件費削減に慎重姿勢を示した与謝野経済財政相に対し、「次の首相は(任期中に)参院選があり、改革を推進しなければならない。人件費改革もやればできる。与謝野氏も改革勢力になってほしい」と述べた。与謝野氏にも「ポスト小泉」の資格があると持ち上げることで、構造改革を推進するよう求めたと見られる。

この日の会議では、民間議員が、公務員の総人件費を10年間で対GDP比で半減することを柱とした「基本指針」を提示。これについて与謝野氏は、「引き続き検討が必要だ」と述べるにとどめた。《読売新聞》

2004 平成16年11月9日(火)

平成5785日目

【トヨタ・マークX】発売

11月9日のできごと(何の日)
http://www.goo-net.com/

【NTT】一般住宅向け「光IP電話」に本格参入

NTT東西地域会社は9日、光ファイバー回線を使った高品質の「光IP(インターネット・プロトコル)電話」サービスを来年1月以降、一戸建て住宅向けに始める計画を発表した。音声品質は固定電話並みだが料金は格安に設定する。同日、総務省に事業を認可申請した。

すでに企業やマンション向けで一部提供しているが、一戸建て向けの開始で全面展開する。光IP電話は、KDDIが一部で始めているほか、ソフトバンクグループも準備中で、電話のIP化が加速しそうだ。

NTT東西のIP電話は、光ファイバーサービス「Bフレッツ」とセットで利用。電話番号は従来の固定電話と同じものを使えるほか110番などの緊急通報にも対応。通話料は全国一律の低料金で、マンション向けでは3分、8・4円だが、一戸建ても同程度になる見通し。《共同通信》

【小泉純一郎首相】米軍によるイラク攻撃「全面支持」

小泉純一郎首相は9日、米軍によるイラク中部ファルージャ総攻撃について「成功させなければならない。治安の改善がイラク復興の鍵だ」と述べ、全面的に支持する意向を表明した。首相はイラク情勢に関し「テロリストグループはますます混乱させようとしている。治安が回復しないと人道支援も復興支援もうまくいかない」と指摘した。《共同通信》

【政府・与党】不安と戸惑いの声が交錯

小泉純一郎首相は9日、米軍のイラク中部ファルージャ総攻撃について「成功させなければならない」と支持を鮮明に打ち出したが、12月14日で切れる自衛隊イラク派遣期限の延長を控え、政府、与党内には首相の踏み込んだ発言に戸惑いと不安の声が交錯した。

首相は記者団に「治安が回復しないと人道支援も復興支援もうまくいかない。イラク人自身が治安の回復を望んでいる」と強調したが、細田博之官房長官は記者会見で、首相発言に触れ「治安が改善され、1月のイラク国民議会選挙の実施を期待するとの認識を述べたものだ」と「釈明」に追われた。総攻撃を支持するかどうかは「現地の事情を承知していない。攻撃の実態が分からない」と首相発言の追認を避けた。《共同通信》

2003 平成15年11月9日(日)

平成5419日目

【第43回衆院選】民主党が躍進

11月09日のできごと(何の日)
http://archive.dpj.or.jp/

政権選択を最大の焦点にした第43回衆院選は9日、投開票された。自民党は解散時の247議席を減らし過半数(241議席)を割り込んだが、前回2000年衆院選の233議席は上回った。公明、保守新を加えた与党3党で国会運営を安定して進められる絶対安定多数(269議席)も確保。小泉純一郎首相は続投、自公保連立政権は継続される。

民主党は躍進し比例代表では72議席を獲得、比例第一党となった。小選挙区と合わせ計177議席。自民党に対峙する過去最大の野党になり、本格的な二大政党時代に入る。《共同通信》

【小泉純一郎首相】「全く問題ない」

Embed from Getty Images

自民党は目標としていた単独過半数の241議席に至らず、議席が伸び悩んだことに厳しい表情だ。

小泉純一郎首相は9日夜、党本部で「与党3党で安定多数を確保できれば(政権運営は)全く問題ない。今までの実績が評価されたと思う」と指摘。「与党3党で過半数を取れば問題はない」と強調したが、衆院解散時の247議席から議席を減らす見通しで、首相の求心力低下も予想される。

安倍晋三幹事長は「民主党も善戦しており、二大政党に進んでいく兆候が出ているのではないか」と分析。自民党が単独過半数に届かなかったことに関し「民主党と自由党の合併効果はあったと思う」と認めた。《共同通信》

2002 平成14年11月9日(土)

平成5054日目

【J2】大分が初優勝

J2第42節第1日(9日・長居陸上競技場ほか=5試合)C大阪は水戸に5−1で大勝、勝ち点を83に伸ばし、J1復帰に大きく前進した。16日の新潟戦に引き分けても、2位を確保し昇格が決まる。

既にJ1昇格を決めている首位大分は、川崎を2−1で破って勝ち点を91に伸ばし、2試合を残してJ2初優勝を決めた。《共同通信》

【東北新幹線】八戸延伸開業前に1万5000人が試乗

東北新幹線盛岡ー八戸の12月1日の開業を控え、JR東日本は9日、「はやて」の一般向け試乗会を開催した。2日間の日程で盛岡、八戸両駅から計24本が運行され、全国各地から応募があった1万5000人が試乗する。《共同通信》

【早大雄弁会】100周年式典

政界に多くの人材を輩出している早大雄弁会の創設100周年記念式典が9日、同大の大隈講堂で開かれ、海部元首相、森前首相、自民党の青木参院幹事長ら“大物OB”が駆けつけた。

式典では、渡部恒三衆院副議長が「私の親分は田中角栄さん(元首相)だが、人脈では田中さんに負けない。雄弁会にいたおかげだ」とあいさつ。さらに、「青木君が代表質問で雄弁会でないと言えない素晴らしい(小泉首相の経済政策を批判する)演説をした。『小泉さんに協力します』の部分がなければなお良かった」としたうえ、「『内閣総理大臣・青木幹雄君』と呼べるまで副議長をやっているかなあ」と語り、会場の笑いを誘った。

雄弁会は1902年に設立。政治演説活動を展開し、大隈、石橋湛山、竹下登、海部俊樹、小渕恵三、森喜朗の6氏を首相に送り出した。同会出身の国会議員は118人に上るという。《読売新聞》

2001 平成13年11月9日(金)

平成4689日目

【海上自衛隊】インド洋へ3隻が出港

テロ対策特別措置法に基づく米軍などの軍事行動支援に先立ち、政府がインド洋への派遣を決めた海上自衛隊の護衛艦2隻と補給艦1隻が9日午前7時すぎ、佐世保基地(長崎県)から出港した。「調査・研究」に基づく派遣で、防衛庁は特措法の基本計画策定のための情報収集が目的としている。今月中旬に基本計画が決まれば支援業務も実施、下旬にも出発する支援艦隊本隊と合流する予定で、事実上の支援艦隊派遣第一陣となる。乗員は約700人。《共同通信》

【小泉純一郎首相】景気深刻化の認識

国会は2001年度補正予算案提出を受けて衆参両院本会議で塩川正十郎財務相が財政演説し、代表質問を行った。答弁で小泉純一郎首相は、景気の現状について「失業率が過去最高の5.3%を記録するなど厳しい状況にある」などと一層深刻化しているとの認識を表明した。

しかし「わが国の潜在的な成長力は十分にある。これを生かすためにも構造改革は必要だ」として、財政再建路線を堅持する考えを強調した。《共同通信》

2000 平成12年11月9日(木)

平成4324日目

【MLB・マリナーズ】イチロー外野手との独占交渉権獲得

米大リーグ機構は9日、ポスティングシステム(入札制度)を利用して、大リーグ移籍を目指すプロ野球、オリックスのイチロー外野手(27)に対する独占交渉権を、佐々木主浩投手(32)が所属するシアトル・マリナーズが獲得したと発表した。

マリナーズは今後、12月9日までに同選手と入団交渉を進め、契約が完了すれば、日本人として11人目、野手としては初の日本人大リーガーが誕生する。

独占交渉権を巡る入札は8日に締め切られ、最高入札額は1312万5000ドル(約14億円)だった。オリックスが即日、この額を了承したため、大リーグ機構は9日、球団名を公表した。契約がまとまれば、入札額はオリックスに支払われる。《読売新聞》

【野党】内閣不信任案提出へ

菅・民主、藤井・自由、渕上・社民の各党幹事長と志位・共産党書記局長は9日夜、都内の料理店で会談し、森内閣に対する不信任決議案を4党共同で、今月末をめどに提出することで合意した。具体的な提出時期については、今月下旬に開かれる予定の衆参両院の予算委員会の状況などを見極めて決める。

森内閣の支持率が低迷していることを踏まえ、首相退陣を明確に求める必要があると判断したものだ。

また、来年夏の参院選について、「自公保の与党3党を過半数割れに追い込む必要がある」として、野党統一候補の擁立など、4党の選挙協力を検討していくことでも一致した。《読売新聞》

【自民党・亀井静香政調会長】森首相との蜜月ぶりを強調

自民党の亀井政調会長は9日、都内のホテルで開かれた江藤・亀井派パーティーで、森政権を全面的に支える姿勢を改めて強調した。政治日程の切れ目をなくすため、首相の税制改革作業の前倒しを演出するなど、政局混乱の火消し役としての奮闘ぶりが目立つ。

森、橋本、江藤・亀井3派が主流派を構成する森政権の長期化が、自らの影響力を強めることに役立つとの思惑が背景にあるようだ。ただ、派内には「森首相と心中する事態だけは避けたい」(若手)と、首相支持の突出ぶりを心配する声も出ている。

「首相になって電話で一番話したのは亀井さんだ。くさっていたり、うちひしがれていたり、苦しみを持っているときに、電話で激励してもらっている。本当にありがたい」

パーティーであいさつに立った森首相は、亀井氏との蜜月ぶりを強調した。

亀井氏も「森首相は21世紀初頭に革命を断行していく。今はその助走期間だ。必死に頑張っている首相を、江藤(隆美)会長のもと、一糸乱れず徹底的に支えていく」と応じた。《読売新聞》

1999 平成11年11月9日(火)

平成3958日目

【島根県教育委】暴言校長を降格処分

島根県内の村立小学校の校長(52)が、今年6月の職員朝礼で、児童の保護者について「脳足りん」「ばか」などと発言し保護者らが免職処分を求めていた問題で、同県教育委員会は9日付で校長を停職6ヵ月の懲戒処分と、校長から教諭へ降任する分限処分をした。

処分理由として県教委は(1)校長が二日酔いの状態で、職員朝礼で児童の保護者や地域住民を馬鹿にする発言をした(2)校長に就任の1997年4月から今年4月までの間、飲酒の席でたびたび地域住民とトラブルを起こしたーなど、管理職として不適格としている。

県教委の処分について同校長は「地域との考えの違いにプレッシャーを感じており、その辺を理解していただけなかったのは残念」などと話していたという。《共同通信》

【ベルリンの壁】崩壊から10年

ベルリンの壁崩壊からちょうど10年の9日、ベルリンの旧帝国議会議事堂ではゴルバチョフ元ソ連大統領、ブッシュ前米大統領、コール前ドイツ首相ら歴史的な決断にかかわった元首脳らが出席して記念式典が開かれた。

元首脳らは式典でそれぞれ演説し、1989年11月9日に壁が開放された当時の心境や統一を果たしたドイツに対する期待感、冷戦後の世界が目指すべき進路についての考えを表明、平和への決意を新たにした。《共同通信》

1998 平成10年11月9日(月)

平成3593日目

【大体大・上原浩治投手】巨人を逆指名

日米の球団が獲得を争っていた阪神大学野球リーグ、大体大の上原浩治投手(23)が9日、大阪府熊取町の浪商倶楽部で会見し、巨人を逆指名した。巨人は20日のドラフト会議で同投手を1位指名する方針。

米大リーグ、エンゼルスとも交渉した上原投手は、巨人を選んだ理由を「日本の中のメジャーな球団。やるなら強いところでやりたい」とやや硬い表情で説明。将来のメジャー挑戦については「あきらめるつもりはありません。まだ自信がないということ」と答えた。《共同通信》

【公明党】新役員があいさつ回り

公明党の神崎武法代表、浜四津敏子代表代行ら新執行部メンバーは9日、役員就任のあいさつを兼ねて、出張中の菅直人民主党代表を除く与野党党首を訪問、今後の国会対応などについて意見交換した。

特に「自公」連携が取りざたされている自民党の小渕恵三首相(総裁)や森喜朗幹事長に対しては、所得税減税などの景気対策を1998年度第3次補正予算案に盛り込むよう要請。党の運動方針で決めた「政策連携で合意形成型政治をリードする」姿をアピールした。

ただ公明党側が「自公連携」に神経質になっているためか、政府、自民党との会談はいずれも短時間で終わった。《共同通信》




1997 平成9年11月9日(日)

平成3228日目

【競馬・エリザベス女王杯】エリモシックがV

競馬・第22回エリザベス女王杯(9日・京都競馬場)–3番人気のエリモシックがゴール前、連覇を狙った1番人気のダンスパートナーを首差で差し切り、G1初優勝を飾った。

スタートから後方につけたシックは、4コーナーから徐々に進出。直線で鋭い差し脚を見せ、逃げるエイシンサンサンをとらえたダンスを抜き去った。《読売新聞》

【橋本龍太郎首相】行革の最終責任は自分で負う

橋本首相は9日午前、リヤド市内で同行記者団と懇談し、中央省庁再編案の最終報告とりまとめについて「行革の最終責任は自分で負う。ぎりぎりまで集約を図り、国益を見据え、私の責任で判断する」と、強い決意を表明した。さらに「今まで聞き役に徹してきたが、集約の努力を始めなければならない。与党協議を代表する(加藤・自民党)幹事長や、党はいろんな場面で協議する必要もあるだろう」と述べ、自ら意見集約に乗り出す考えも示した。

景気対策については「一番の対策は行政改革、財政構造改革を仕上げることに尽きる」と述べた。《読売新聞》

1996 平成8年11月9日(土)

平成2863日目

【Jリーグ・鹿島】初のリーグ優勝

Jリーグ最終節(9日・等々力競技場ほか=8試合)鹿島アントラーズがヴェルディ川崎に0−5で完敗したものの、かすかな優勝の望みを残していた横浜フリューゲルスも浦和レッズに0−3で敗れ、鹿島が4年目のシーズンで初のリーグチャンピオンに輝いた。

名古屋グランパスはセレッソ大阪に2−1で逆転勝ちし、横浜Fを得失点差で抑えて2位になり、Jリーグ・チャンピオンファイナルの出場権を得た。

個人得点では、この日2得点した三浦知良(川崎)が通算23得点で、21得点のエジウソン(柏レイソル)を抑えて初の得点王になった。《共同通信》

【横綱貴乃花】初の休場が決定

大相撲の横綱貴乃花(24)=二子山部屋=が9日朝、急性腸炎によるとみられる発熱のため、九州場所(10ー24日・福岡国際センター)の休場を決めた。貴乃花の休場は昭和63年春場所の初土俵以来初めて。貴乃花は九州場所に自己初の5連覇がかかっていた。

日本相撲協会の境川理事長によると、同日朝、二子山親方(元大関貴ノ花)から電話で貴乃花の休場が伝えられた。二子山親方は「貴乃花は8日夜、発熱して39度の熱があり、9日朝になっても下がらないため、休場に踏み切った」と説明し、さらに「(治療を受けた病院によると)腸が原因の熱らしい」と語った。貴乃花は8日夜から、福岡県粕屋郡の病院に入院していた。《共同通信》

1995 平成7年11月9日(木)

平成2497日目

【ドジャース・野茂英雄投手】ナ・リーグ新人王に選出

米大リーグ、ドジャースの野茂英雄投手(27)が9日、ナ・リーグの「ルーキー・オブ・ザ・イヤー」(新人王)に選出された。同投手は近鉄時代の1990年にパ・リーグ新人王に輝いており、日米両方で受賞する快挙となった。

この日発表された全米野球記者協会(BBWAA)の投票結果によると、28人(1球団2人)の記者が投票したうち野茂は18人の1位票を得て118点を獲得し、2位のチッパー・ジョーンズ内野手(ブレーブス)に14点差をつけた。

ことし1月に近鉄を退団しドジャース入りした野茂は13勝(6敗)をマーク。オールスターゲームでは先発投手を務めた。大リーグは労使紛争の後遺症で人気低下が心配されていたが、野茂の独特な投法は「トルネード」の異名をとり、リーグトップの236三振を奪って全米にブームを巻き起こした。その活躍は「大リーグの救世主」とまでいわれた。《共同通信》

【韓国・孔魯明外相】江藤隆美総務庁長官の辞任を要求

韓国の孔魯明外相は9日、江藤隆美総務庁長官の朝鮮半島植民地支配をめぐる発言で、日本の山下新太郎・中韓大使を呼び「日本の閣僚の発言は、問題になったからといって取り消すということで収まる問題ではない」と強く抗議、江藤長官の辞任を暗に要求した。

韓国政府が8日の外務省スポークスマン声明に続き、外相による抗議を行うのは異例で、韓国側は極めて厳しい反応を示したといえる。韓国政府が直接の表現を避けながらも江藤長官の辞任を求めたことで、今後の日本政府の対応が焦点となってきた。

韓国ではまた、村山富市首相の「日韓併合条約は法的に有効に締結された」という発言を機に、日本の政治家の歴史認識転換を求める声も出ており、アジア太平洋経済協力会議(APEC)大阪会議の際に予定されている日韓首脳会談を前に、政府間の調整も必要となろう。《共同通信》

1994 平成6年11月9日(水)

平成2132日目

【田村直美さん】シングル「ゆずれない願い」発売

11月9日のできごと(何の日)

【米・クリントン大統領】中間選挙大敗で責任認める

与党民主党が歴史的敗北を喫した8日の米中間選挙で大きな打撃を受けたクリントン大統領は9日、記者会見して選挙結果に対する自らの責任を認め、共和党との「超党派の協力」を模索する姿勢を打ち出すと同時に、従来の基本政策の継続にかける強い意欲を強調した。

しかし40年ぶりに上下両院で主導権を握った共和党指導部は同日、選挙中に示した減税など保守的な内容の公約「米国民との契約」を目指すと言明。早くも大統領の言う議会との協力関係の実現性に暗雲が漂い始めた。《共同通信》

【西武・工藤公康投手】球団との決別を表明

フリーエージェント(FA)宣言した西武の工藤公康投手(31)が他球団へ移籍することになった。9日、温泉リハビリ中の神奈川県箱根町のホテルで、西武と決別する意思を明らかにした。その後、小野新球団代表との交渉で年俸などの金額提示やこれまでの謝罪を受けたが、固い意思を変えなかった。工藤はこれを西武との最後の会談としている。

練習環境の充実を訴えてきた工藤だが、決別にいたる本当の理由が球団不信であることを明らかにした。さらに2日、6日の2度の交渉で引き留めがなかったことと、清水前球団代表が6日に「何かひっかかりがある」と、他球団との裏交渉を示唆する発言をしたことで最終的に決意した、と説明した。

工藤は「残留するつもりだったが、僕をいらない、という球団の態度が見えた。僕の13年間は何だったのか。寂しい」と話した。移籍先はダイエーが有力視されているが「まだ頭の中がぼう然としている。家族のこともあるしこれから考える」と話すにとどまった。《共同通信》

1993 平成5年11月9日(火)

平成1767日目

【巨人・槙原寛己投手】FA宣言を表明

巨人の槙原寛己投手(30)が9日、フリーエージェント(FA)宣言することを明らかにした。10日にもFA宣言の手続きをする。FA宣言は松永(阪神)、駒田(巨人)、石嶺(オリックス)、落合(中日)に続き5人目。

この日槙原は都内のホテルで、保科球団代表、関本球団代表補佐と来季の契約について約1時間の話し合いを持った。席上、球団側は年俸1億円を提示したが、今季チーム最多の13勝をマークし、現状の1.5倍の1億2000万円を目標とする同投手との合意に達しなかった。

会談が決裂し、FA宣言することを決断した槙原は同日、東京・世田谷の自宅前で「球団の提示額には納得できない。FAに対する球団の対応の遅さにがっかりした」と語り、「宣言後にもちろん巨人と歩み寄ることはできる」と付け加えた。(金額は推定)《共同通信》

【政治改革法案】連立側が定数で譲歩

連立与党と自民党は9日夕、国会内で市川公明党書記長と森自民党幹事長を代表とする協議で、政治改革法案の修正問題について実質折衝に入った。小選挙区比例代表並立制の定数配分など7項目をめぐり協議、10日午後再協議し問題点を詰めることを確認した。

連立側は11日に細川首相と河野自民党総裁のトップ会談を提案したが、自民党は「時期尚早だ」として拒否した。

一方、これまでの折衝で小選挙区の定数配分について、連立側が自民党に譲歩、選挙区画策定機関の設置に関しても歩み寄り、衆院内に設置する方向が出てきた。自民党内には比例の選挙単位をブロック別にする妥協案が強まり、修正折衝はヤマ場を迎えた。《共同通信》

1992 平成4年11月9日(月)

平成1402日目

【兵庫・尼崎市】社会党市議11人が総辞職を表明

兵庫県尼崎市議会の社会党・市民連合(小柳久嗣幹事長、12人)は9日、公費で会派の観光旅行をした責任を取り、党籍のない1人を除く11人全員が議員辞職すると表明した。また、実際の旅行が1泊2日だったのに、事前に旅費を受け取る際、2泊3日の水増し申請をしていたことが新たに明らかになった。

尼崎市役所内の記者会見で、小柳幹事長らは「革新政党としてあるまじき不祥事で、市民に率直におわび申し上げたい」と陳謝した。辞職の時期については「支持者の理解が得られるまである程度の期間が必要だ」とした。《共同通信》

【臨時国会】開店休業に

国会は9日、佐川急便事件をめぐる証人喚問の扱いで与野党の主張が激しく対立して衆院予算委委員会の開会には至らず、1992年度補正予算案の審議に入れなかった。

竹下元首相、金丸前自民党総裁らの証人喚問実現を再優先する社会党など野党側の主張と、政治倫理審査会での釈明を前提とする自民党の立場にはかなりの隔たりがあることから打開の見通しは全く立っていない。

このままでは週内空転の公算が大きく、補正予算案の審議入りは来週にずれ込むとの見通しもでてきた。《共同通信》

1991 平成3年11月9日(土)

平成1036日目

【柔道アジア選手権】田辺陽子選手が初優勝

柔道のアジア選手権は9日、17の国と地域が参加して大阪府立体育会館で開幕。第1日は男女各4階級を行い、日本勢は女子72キロ級で田辺陽子(ミキハウス)が初優勝するなど、男女合わせて4階級を制した。《共同通信》

【米・EC首脳会談】新ラウンドの年内合意を確認

ブッシュ米大統領と欧州共同体(EC)議長国オランダのルベルス首相、ドロールEC委員長による米・EC首脳会議が9日ハーグで開かれ、関税貿易一般協定(ガット)新多角的貿易交渉(ウルグアイ・ラウンド)の農業交渉を中心に協議した。

終了後記者会見したブッシュ米大統領は「(交渉をめぐる)両者の立場は縮まった」と述べ、協議で一定の前進があったことを示唆するとともに米ECの間で新ラウンド全体の年内合意を再確認したことを明らかにした。《共同通信》

【イヴ・モンタンさん】死去

11月09日のできごと(何の日)

11月09日のできごと(何の日)

シャンソン「枯葉」などで世界的に有名なフランスのシャンソン歌手、イヴ・モンタン氏が9日午後、パリ北方オワーズ県の病院で心筋こうそくのため死去した。70歳。

モンタン氏は映画「夜の門」(1946年)で歌った「枯葉」でシャンソン歌手として成功、クルーゾ監督の「恐怖の報酬」(52年)でスターになった。

日本でもファンは多く、日本公演でも大歓迎を受けた。死去の際は映画撮影のためオワーズ県に来ており、救急隊によって病院に移送され、死去したという。来年5月にはパリでの講演が予定されていた。《共同通信》

1990 平成2年11月9日(金)

平成671日目

【即位の礼】元首クラスの来日始まる

即位の礼を3日後に控えた9日午前、外国要人の受け入れ空港となる羽田空港にはルーマニアのイリエスク大統領やスウェーデンのグスタフ国王夫妻が相次いで到着、式典に参加する元首クラスの来日が始まった。イリエスク大統領は特別機での到着第一号。午前9時45分、ボーイング707で到着、石井外務政務次官らの出迎えを受けた。《共同通信》

【臨時国会】事実上閉幕

臨時国会が9日、事実上閉幕した。政府、自民党が成立を目指した国際平和協力法案は廃案になったが、自民、公明、民社3党間で「国際平和協力に関する合意覚書」が交わされ、自衛隊とは別個の国連機関の設置で収拾されたことから、海部首相、小沢幹事血長ら党執行部の責任を公然と追求する声は自民党内に少なく、首相、執行部は現体制で今後の政治日程に臨む。

今後の日程としては代替法案の作成を急ぐほか、11月末の選挙制度改革要綱決定に向けた党内調整、土地税制改革、12月初旬の新多角的貿易交渉(ウルグアイ・ラウンド)閣僚会合に絡んだコメ問題などが予定されている。また12月10日ごろには補正予算の年内成立のため通常国会が召集されることから、予想されていた内閣改造は見送られる方向だ。《共同通信》

1989 平成元年11月9日(木)

平成306日目

【近鉄・淡口憲治外野手】現役引退を表明

近鉄の淡口憲治外野手(37)が、19年間の選手生活にピリオドを打つことになった。同選手は9日、大阪市難波の球団事務所で前田球団代表に「力の限界を感じた」と現役引退を申し入れ、了承された。正式発表は後日行われる予定で、今後の進路は未定。

同選手は1971年に三田学園高からドラフト3位指名で巨人に入団。81、83年に打率3割をマークして巨人の優勝を支えた。86年に近鉄に移籍し、左の貴重な外野手として活躍した。《共同通信》

【中国】鄧小平主席が辞任、後任に江沢民総書記

北京で11月6日から開かれていた中国共産党十三期中央委員会第五回総会(五中総会)は9日閉幕、発表されたコミュニケによると、最高指導者鄧小平氏(85)が党中央軍事委主席を辞任、後任に江沢民総書記を選出した。同時に鄧氏は国家中央軍事委主席のポストについても辞意を表明、完全引退を宣言しているが、実際には”院政”が続くとみられる。《共同通信》

【ベルリンの壁崩壊】国境ゲート解放

Embed from Getty Images

東ドイツ閣僚評議会(内閣)は9日、これまで厳しく制限してきた市民の西側への旅行と出国を原則的に自由化する決定を下した。これにより、市民の大量出国を強制的に阻止する目的で構築された東西冷戦構造の象徴「ベルリンの壁」は事実上有名無実化されることになり、ドイツ分断を軸に東西に分かれた戦後の欧州体制、ひいては国際秩序は新たな時代に突入しよう。《共同通信》

これまで地図の上でしか想像できなかった国へ行けるし、もう二度と会えないと思っていた友達や親族に会える–。9日、東ドイツ新指導部によって発表された旅行自由化のニュースは、東ドイツ国民の間に驚がくと興奮をもって駆け抜けた。

とりわけ1961年以来、西側世界との交流を阻止してきた「ベルリンの壁」の開放は若い人々に夢と希望を与えることになった。

18歳のマリオ・シュミット君は「本当ですか。自由に行けるのなら、ソ連のバルト諸国に行こうかと計画しています」と興奮した面持ちで語り、他の人々も最初に行きたいところとして西ドイツと西ベルリンを挙げた。

「なぜ今ベルリンの壁を撤去しないのか」と18歳の学生。9日深夜、約100人の東ドイツ市民がベルリンの壁近くにあるブランデンブルク門前で「門を開放せよ、門を開放せよ」と気勢を上げた。《共同通信》




→11月10日/366

11月のできごと

←11月8日/366

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする