新聞記事でたどる平成10000日+α

10月30日は何の日(304/366)

  • HOME »
  • 10月30日は何の日(304/366)

10月30日は何の日(10月30日のできごと)

10月30日は何の日 アップルCEOがカミングアウト

アップルCEOがカミングアウト(平成26年10月30日)


大西卓哉宇宙飛行士、地球に帰還(平成28年10月30日)

鳩山首相、CD発売(平成21年10月30日)

マラソン・高橋尚子選手、国民栄誉賞受賞(平成12年10月30日)

御嵩町長襲撃事件(平成8年10月30日)

転載記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。

2018 平成30年10月30日(火)

平成10888日目

2017 平成29年10月30日(月)

平成10523日目

2016 平成28年10月30日(日)

平成10158日目

【イタリア】M6.6の地震

イタリア中部で30日午前7時40分(日本時間同午後3時40分)ごろ、地震があった。米地質調査所(USGS)によると、震源はペルージャ県ノルチャの北6キロ、震源の深さは10キロ。地震の規模を示すマグニチュード(M)は6・6だった。震源地から約110キロのローマでも揺れを感じた。周辺では8月と今月26日にも大きな地震が起きている。

震源に近い人口約5千人の町ノルチャ。30日午後、中心部では「ゴゴゴゴッ」という地鳴りを伴う余震が続き、道路のあちこちに新たな亀裂ができた。数十メートルにわたり縦横に走る。大聖堂の壁などが崩壊し、町を囲む城壁は何カ所も倒壊した。8月の地震で一部損壊したゴシック様式の聖ベネディクト教会も大きく崩れた。《朝日新聞》

【競馬・第154回天皇賞(秋)】モーリスが優勝

第154回天皇賞・秋(30日・東京11R2000メートル芝15頭、G1)中距離最強馬決定戦は、昨年の年度代表馬で1番人気のモーリス(ライアン・ムーア騎乗)が1分59秒3で優勝し、海外での2勝も合わせてG1通算5勝目を挙げるとともに、1着賞金1億5千万円を獲得した。ムーア騎手は中央G1・6勝目、堀宣行調教師は秋の天皇賞は初勝利で、中央G1・10勝目。《共同通信》

【大西卓哉宇宙飛行士】地球に帰還

国際宇宙ステーション(ISS)に滞在していた宇宙飛行士の大西卓哉さん(40)が30日午前9時58分(日本時間30日午後0時58分)、ロシアのソユーズ宇宙船でカザフスタン中央部の草原地帯に着陸した。7月の出発以来、約4カ月ぶりの帰還となった。《朝日新聞》

2015 平成27年10月30日(金)

平成9792日目

【ハウス食品グループ】「カレーハウスCoCo壱番屋」買収を発表

【JR西日本・381系】初代「振り子式」特急型車両の近畿地区での運行終了

JR西日本が「こうのとり」(新大阪―城崎温泉)「はしだて」(京都―天橋立)など3­特急で使用していたクリーム色にえんじ色のラインが入った381系の特急車両が30日、定期運行の最終日を迎えた。「国鉄色」とも呼ばれる塗装の最後の特急で、鉄道ファンらが別れを惜しんだ。《共同通信》

【体操世界選手権・個人総合】内村航平選手が6連覇

30日、内村航平選手(26=コナミスポーツク)が男子個人総合で自身の史上最多記録を塗り替える6連覇を成し遂げた。

内村選手は「正直、自分でもちょっと信じられない。気持ちを全6種目保っておくことだけに集中した。どの種目も気持ちが切れなかったのが、いい演技につながった。団体総合も個人総合も両方取ったのは初めてなので、いつもよりうれしい」と喜んだ。《日刊スポーツ》

【エディー・ジョーンズ氏】ラグビー日本代表HCが退任を前に会見

11月1日付で退任するラグビー日本代表のエディー・ジョーンズ・ヘッドコーチ(HC、55)が30日、都内の日本記者クラブで会見し、最後の提言をした。

W杯イングランド大会3勝の勢いを持続するため、エリート育成と一貫指導のシステム構築の必要性を強調。大学中心の現状に危機感を示し、根底から変革しなければ19年のW杯日本大会の8強は不可能と断じた。後任のHCには国際経験が豊かな人物を推奨し、日本人HCには否定的だった。《日刊スポーツ》

2014 平成26年10月30日(木)

平成9427日目

【独・シャルケ】DF・内田篤人選手との契約を2018年まで延長

【MLB・レッドソックス】上原浩治投手との契約を2年間延長

米大リーグ、レッドソックスは30日、抑えの上原浩治投手(39)と2016年までの2シーズン契約を延長したと発表した。AP通信によると総額1800万ドル(約19億6000万円)。昨季レッドソックスに加入した上原はシーズン途中に抑えとなり、ワールドシリーズ制覇に貢献した。今季は終盤に調子を落としたが、64試合で6勝5敗26セーブ、防御率2.52を記録した。《共同通信》

【プロ野球・日本シリーズ】ソフトバンクが3年ぶりの日本一

SMBC日本シリーズ2014は30日、ヤフオクドームで第5戦が行われ、ソフトバンク(パ・リーグ優勝)が阪神(セ・リーグ2位)に1-0で4連勝して対戦成績を4勝1敗とし、3年ぶり6度目(南海、ダイエー時代を含む)の日本シリーズ優勝を果たした。今季限りで退任する秋山監督は、監督として3年ぶり2度目の日本シリーズ制覇で最後の花道を飾った。《共同通信》

【第3管区海上保安部】小笠原付近で212隻の外国漁船を確認

東京・小笠原諸島周辺で問題化している中国漁船によるサンゴ密漁で、第3管区海上保安本部は30日、航空機での監視活動を行い、同諸島周辺や、約400キロ北に位置する伊豆諸島の須美寿島(すみすとう)や鳥島(いずれも東京都)周辺の領海および排他的経済水域(EEZ)内で、中国のサンゴ漁船とみられる計212隻の外国漁船を確認したと発表した。同本部は取り締まりを強化する。《産経新聞》

【ティム・クック氏】アップルCEOが同性愛者であるとカミングアウト

米アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)は米誌ブルームバーグ・ビジネスウィーク(電子版)に寄稿し、自分が同性愛者であることを告白した。手記は30日付。クック氏は53歳。2011年、病気療養中だった故スティーブ・ジョブズ氏の後を継ぎ、アップルCEOに就任。世界で注目される企業経営者の一人で、反響を呼びそうだ。

クック氏は「私は同性愛者であることを誇りに思う」と記した。「会社の多くの同僚は私が同性愛者であるのを知っており、そのことで私への接し方に変化があるようには見えない」と述べた。《共同通信》

2013 平成25年10月30日(水)

平成9062日目

【 MLBワールドシリーズ】レッドソックスが6年ぶり8度目の優勝

米大リーグ(MLB)は30日、ワールドシリーズ(7回戦制)の第6戦を行い、アメリカン・リーグ覇者のレッドソックスがナショナル・リーグ王者のカージナルスに6-1で勝利。対戦成績を4勝2敗とし、6年ぶり8度目のワールドシリーズ制覇を達成した。

レッドソックスの上原浩治投手は、5点リードの9回から4番手として登板。1回を無安打、無四球、1三振、無失点に抑え、胴上げ投手となった。田沢純一投手は、7回途中から2番手としてリリーフ登板し、1/3回を無安打、無四球、無失点という内容だった。

。上原は試合後、「(リーグ優勝決定シリーズの)前回は吐きそうだったけど、今回は泣きそうだった。今でも夢の中にいるみたい。」と喜びを表した。《ロイター》

【プロ野球日本シリーズ第4戦】巨人、楽天に競り勝つ

プロ野球のコナミ日本シリーズ2013は30日、東京ドームで第4戦を行い、巨人(セ・リーグ)が楽天(パ・リーグ)に6―5で競り勝ち、対戦成績を2勝2敗のタイとした。

巨人は3―4の五回に長野の左中間二塁打で2点を挙げ逆転。六回に同点とされたが、七回に寺内の適時打で1点を勝ち越した。楽天は一回にジョーンズの3ランで先行したが、投手陣がリードを守れなかった。

日本シリーズは4戦先勝で争われる。第5戦も東京ドームでのナイターで行われ、予告先発は巨人が内海、楽天が辛島と発表された。《共同通信》

【東京高裁】NHK「承諾なしでも契約成立」

NHKが個人相手に受信契約締結と受信料支払いを求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁の難波孝一裁判長は30日、「NHKが契約を申し込めば、受信者が承諾の意思表示をしない場合でも、長くても2週間が経過すれば契約が成立する」との判断を示した。NHKによると初の司法判断。

一審は「契約締結を命じる判決が確定した段階で契約が成立」としたが、高裁は契約は既に締結されていると判断。難波裁判長は、放送法は受信者に契約締結の義務と受信料を支払う債務を課しており、判決で強制的に承諾させる手続きは不必要だと指摘した。《共同通信》

2012 平成24年10月30日(火)

平成8697日目

【尼崎連続変死事件】被告の写真が「別人」

兵庫県尼崎市の連続変死事件で、共同通信などが「角田美代子被告」として報じた写真について、尼崎市に住む女性(54)が30日、弁護士を通じて「写真は私だ」と名乗り出た。弁護士によると、女性は23日に全国紙に掲載された写真を見て「似ている」と思い、翌24日にテレビで流れた同じ写真で「私に間違いない」と確信。悩んだ末に29日に弁護士に相談したという。

共同通信が報じた写真は角田被告の長男の小学校入学式の集合写真から抜き出したもの。1993年4月に撮影され、和服姿だった。名乗り出た女性は、直前に撮影された子どもの幼稚園の卒園式の写真を持っており、同じ着物姿で写っていた。《共同通信》

【尼崎事件】岡山でドラム缶発見

兵庫県尼崎市の連続変死事件で、尼崎東署捜査本部は30日、別事件で起訴された角田美代子被告(64)の親族の男性が殺害され捨てられたとされる岡山県備前市の日生漁港の海中を、死体遺棄容疑で捜索した。同日正午すぎに岸壁付近の海中で発見したドラム缶をシートにくるんで引き揚げた。

捜査本部によると、美代子被告の複数の周辺関係者が遺棄への関与を認めており、男性の死体遺棄容疑から立件し、全容を解明する。《共同通信》

【藤本義一さん】死去

直木賞作家で、テレビの司会者としても親しまれた藤本義一さんが30日午後10時18分、肺炎のため兵庫県西宮市の病院で死去した。79歳。堺市出身。

大阪府立大卒。在学中から放送作家として活躍。1957年にラジオドラマ「つばくろの歌」で芸術祭文部大臣賞。映画会社で脚本を書き始め、「駅前」シリーズなどの脚本を手掛けた。《共同通信》

2011 平成23年10月30日(日)

平成8331日目

【パ・リーグCS】西武がファイナル進出

プロ野球は30日、クライマックスシリーズ(CS)ファーストステージ(3試合制)第2戦を行い、パ・リーグは札幌ドームで3位西武が2位日本ハムを8―1で下し、2連勝で3年ぶりのファイナルステージ進出を決めた。

セ・リーグは神宮球場で3位巨人が2位ヤクルトに6―2で勝ち、対戦成績を1勝1敗とした。31日の第3戦で巨人は勝てば、ヤクルトは勝つか引き分ければファイナルステージに進む。

西武は西口が八回途中まで1失点と好投。八回に失策で勝ち越し、九回には中村の3点本塁打などで6点を追加した。巨人は四回に阿部のソロ本塁打で先制。2―1の九回には代打高橋由の3点二塁打などで4点を奪い試合を決めた。《共同通信》

【日本ハム】ダルビッシュ有投手】去就語らず

日本ハムのダルビッシュ有投手(25)は30日、CSファーストステージ敗退が決まった試合後、自身の来季の去就について、「方向性は決まっていない。何もコメントすることはありません」と述べた。ダルビッシュは今オフ、ポスティング(入札)制度による大リーグ挑戦の可能性が取りざたされている。

ダルビッシュは自己最多の18勝を挙げた今季を振り返って「1年、けがなく終われた
」と話した。《毎日新聞》

【山田正彦前農相】自公と共闘へ

民主党の山田正彦前農相は30日、テレビ朝日の番組で、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)交渉参加問題について「農業だけでなく、金融や保険などにも影響が及んでくる」として、重ねて反対姿勢を示した。

この後、山田氏は記者団に、政府が交渉入りを決めても協定批准の国会承認は困難との認識をあらためて協調。自民、公明両党の議員とともに、週内にも反対集会を開くと明らかにした。《毎日新聞》

2010 平成22年10月30日(土)

平成7966日目

【千葉県警】16歳少女とみだらな行為、34歳弁護士逮捕

16歳の少女とみだらな行為をしたとして、千葉県警少年課などは30日、児童買春・ポルノ禁止法違反の疑いで、東京都練馬区、弁護士、A容疑者(34)=静岡県弁護士会所属=を逮捕した。

逮捕容疑は6月21日夜、東京都台東区内のホテルで都内の無職少女(16)に現金1万5千円を渡してみだらな行為をした疑い。A容疑者は「16歳だったことは行為の後で知った」と否認している。《共同通信》

【菅直人首相】中国に懸念

10月30日は何の日【菅直人首相】中国に懸念
http://www.kantei.go.jp/

東南アジア諸国連合(ASEAN)10カ国に日中韓、インドなどを加えた16カ国による東アジアサミットが30日、ハノイで開かれた。菅直人首相は「周辺海域の安全確保が重要だ」と述べ、尖閣諸島を含む東シナ海と、南シナ海で中国が軍の活動を活発化させていることに懸念を表明した。

また、菅首相はレアアース(希土類)輸出規制を強める中国を念頭に「資源取引、貿易では共通のルールを守らなくてはならない」と指摘した。

議長の特別ゲストとして初参加したクリントン米国務長官も、中国がASEANの一部加盟国と領有権を争う東シナ海問題の平和的解決をうたった「行動宣言」の順守を要求。「航行の自由は米国の国益だ」と述べ、中国をけん制した。《共同通信》

【野沢那智さん】死去

洋画のアラン・ドロンの声の吹き替えなどで知られる俳優、野沢那智氏が30日午後3時36分、肺がんのため東京都内の病院で死去した。72歳だった。

東京生まれ。国学院大中退後、劇団七曜会などを経て、1977年劇団薔薇座を設立、俳優や演出家として活躍した。声優としてはアル・パチーノやロバート・レッドフォード、「ダイ・ハード」のブルース・ウィリスなどの吹き替えを担当。15年続いたラジオ深夜番組「パック・イン・ミュージック」でも人気を集めた。《日経新聞》

2009 平成21年10月30日(金)

平成7601日目

【岡田克也外相】普天間・嘉手納基地統合案「納得するまで検証」

岡田克也外相は30日夕の記者会見で、自らが言及した米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の嘉手納基地(嘉手納町など)への統合案に関し「納得するまで検証したい」と述べ、引き続き実現の可能性を模索する考えを強調した。

この後、岡田氏は前日に引き続き外務省で、ライス在日米軍司令官やバサラ国防総省日本部長から嘉手納基地に統合した場合に生じる米軍の運用上の問題点などをめぐり説明を受けた。

一方、沖縄県の仲井真弘多知事は午前の記者会見で、嘉手納基地統合案に対し「防衛技術上かなり問題がありそうで、地域の人々の負担も大きすぎる。許容できる限界をはるかに超えると思う」と否定的な考えを表明した。

これに対し岡田氏は会見で、仲井真氏が現行のキャンプ・シュワブ沿岸(名護市)移設案を支持しているため嘉手納統合案に消極的との認識を示し「再検証は外相として当然の責任だ」と指摘した。《福井新聞》

【鳩山由紀夫首相】原爆症に新認定制度

鳩山由紀夫首相は30日の参院代表質問で、原爆症認定に関し「被爆者の早期救済のため、議員立法の具体化の動きなども踏まえながら、被爆実態を反映した新しい認定制度の創設をしっかり検討し実現していきたいと表明した。

原爆症をめぐっては、麻生太郎前首相と原爆症認定集団訴訟の原告団が8月6日、原告全員の救済を盛り込んだ政府の解決策に合意する確認書に調印。原告団に加わっていない未認定患者の救済が課題になっている。鳩山首相の答弁はこれに対応する考えを示したものだ。《福井新聞》

2008 平成20年10月30日(木)

平成7236日目

【日産・KIX】発売

10152042_200810
http://www.goo-net.com/

【プロ野球ドラフト会議】

2008年新人選手選択会議(ドラフト会議)は30日、東京都内のホテルで開かれ、高校通算65本塁打を誇る注目の東海大相模・大田泰示内野手はソフトバンクと巨人の2球団が競合の末、巨人が交渉権を獲得した。早大・松本啓ニ朗外野手、日本通運・野本圭外野手も2球団が競合したが、松本は横浜、野本は中日が交渉権を得た。

2年前のドラフトで巨人入りを熱望し、日本ハム入団を拒否した長野久義外野手(ホンダ)はロッテが2位で指名した。

高校の後輩でもある大田をクジで引き当てた原監督はその瞬間、会心のガッツポーズ。「本当に興奮している」と満面に笑みを浮かべ「無限の可能性を持っている選手なので、大きく大きく育ててあげたい」と話した。《スポニチ》

ソフトバンク、攝津正投手を5位指名

楽天、辛島航投手を6位指名

【麻生太郎首相】追加経済対策を発表

10月30日は何の日【麻生太郎首相】追加経済対策を発表
http://www.kantei.go.jp/

麻生太郎首相は30日記者会見し、26兆9000億円規模の追加経済対策を発表した。財政支出は5兆円。家計への直接効果を狙い、全世帯を対象とする2兆円規模の定額給付金(1世帯4人家族で6万円程度)の支給、住宅ローン減税、証券優遇税制の延長、子育て応援手当て支給、介護報酬の引き上げ、高速道路料金の引き下げなどを盛り込んだ。

また、中小企業の信用保証枠を20兆円に、政府系金融機関からの緊急融資枠を10兆円にそれぞれ拡大。地方自治体に対しても地域活性化のため支援を行うとしている。雇用対策も強化し、増加傾向にある非正規労働者などを中心に60万人分の雇用を支援する。 一方で、景気の回復を前提に、3年後に消費税率を引き上げる考えも表明した。《AFP》

広告




2007 平成19年10月30日(火)

平成6870日目

【メリルリンチ】スタン・オニールCEOを解任

米証券大手のメリルリンチは30日、スタンレー・オニール会長兼最高経営責任者(CEO、56)の退任を発表した。7-9月期(第3四半期)決算が93年の同社史上最大の赤字幅になったことを受け、事実上の更迭となった。《ブルームバーグ》

【福田康夫首相】民主党・小沢一郎代表と会談

福田康夫首相(自民党総裁)は30日午前、民主党の小沢一郎代表と国会内で初めての党首会談を行った。首相はインド洋での海上自衛隊による給油活動を継続する新テロ対策特別措置法案の今国会成立への協力を要請したが、小沢氏は「認められない」と拒否、平行線に終わった。

首相は事態打開を目指して週内に再会談を行うよう要請、11月2日に行われる見通し。政府、与党は再会談の結果を踏まえて同法案の取り扱いや今国会の会期延長について判断する構えで、与党内で今国会の会期を12月上旬まで約1カ月延長する案も浮上した。《福井新聞》

2006 平成18年10月30日(月)

平成6505日目

【九重夢大吊橋】大分県玖珠郡九重町|開通

【高校必須科目未履修問題】安倍首相、学校側の対応を批判

安倍晋三首相は30日午後の衆院教育基本法特別委員会で、いじめによる自殺者が相次いでいることを踏まえ、いじめ防止のため、児童や生徒に規範意識を身に付けさせ、スクールカウンセラーなど相談態勢を充実させる考えを示した。また各自治体の教育委員会の在り方や機能を見直す必要性も指摘した。

高校の必修科目未履修問題について首相は「受験でいい成果を出そうとルール破りをし奨励した結果だ。規範や道徳を教える資格が問われることになり、学校の責任は極めて大きい」と批判。伊吹文明文部科学相は「(生徒には)文教行政の責任者としておわびしなければならない」と陳謝した。《福井新聞》

【漢文学者・白川静さん】死去

【劇作家・木下順二さん】死去

2005 平成17年10月30日(日)

平成6140日目

【天皇皇后両陛下】天皇賞を観戦

天皇、皇后両陛下は30日午後、東京都府中市の東京競馬場で開催された秋の天皇賞を観戦された。天皇陛下じゃ皇太子時代の1987年に天皇賞を観戦したことがあるが、現在の天皇賞が設けられた37年以降、天皇が観戦するのは初めて。いわゆる「天覧競馬」も明治以来となる。

両陛下は各国の駐日大使らと貴賓室から双眼鏡を手にレースを観戦。出走直前には陛下が身を乗り出すなど熱心に見入った。馬券は購入しなかったという。《福井新聞》

【宇津木妙子氏】ソフトボール国際連盟殿堂入り決定

国際ソフトボール連盟(ISF)は30日、台湾の高雄で総会を開き、シドニー、アテネ両五輪でソフトボールの女子日本代表を指揮した宇津木妙子前監督(52)=日立&ルネサス高崎総監督=の殿堂入りを承認した。日本の指導者としては初の殿堂入りとなる。《共同通信》

【小泉純一郎首相】航空観閲式で訓示

10月30日は何の日【小泉純一郎首相】航空観閲式で訓示
http://www.kantei.go.jp/

小泉純一郎首相は30日午前、茨城県の航空自衛隊百里基地で行われた航空観閲式で訓示し、自民党が先に新憲法草案を決定したことを踏まえ、憲法を改正し「自衛軍」の保持を明確に規定することに期待を表明した。

観閲式には、隊員約1000人、戦闘機や輸送機など計115機が参加。民主党の前原誠司代表も出席した。《福井新聞》

2004 平成16年10月30日(土)

平成5775日目

【WBAミニマム級タイトル戦】新井田豊選手が初防衛

世界ボクシング協会(WBA)ミニマム級王座統一戦12回戦は30日、東京・両国国技館で行われ、チャンピオンの新井田豊(横浜光)が同級暫定王者のフアン・ランダエタ(ベネズエラ)に2−1の判定で勝ち、初防衛に成功した。

新井田はサウスポーのランダエタに対し、手数こそ劣勢だったが有効打で上回り、少差の判定をものにした。《福井新聞》

【イラク・バグダッド】首を切断された日本人男性の遺体が見つかる

イラクの首都バグダッドで30日夜、首を切断された男性の遺体が見つかり、政府は31日午前9時すぎ、遺体が武装組織に拉致され人質となっていた福岡県直方市出身のKさん(24)であることを確認した。指紋照合の結果、断定した。細田博之官房長官は武装組織によるKさん殺害について「卑劣極まりない非道な行為」と非難した。《時事通信》

【中曽根康弘元首相】小泉首相の政治手法を批判

中曽根康弘元首相は30日昼、都内で講演し、郵政民営化に関し「自民党だって一生懸命(反対論議を)やるから総務会を通らない。参院だってどうなるか分からない。小泉君の『大統領方式』はある程度限界に来ている」と述べ、首相の政治手法を批判した。

同時に「憲法、教育基本法、安全保障政策など国家の基本問題を言わず、郵政と道路(日本道路公団の民営化)に固執している印象を禁じ得ない」と指摘した。《福井新聞》

2003 平成15年10月30日(木)

平成5409日目

【福井日系ブラジル人殺害事件】名古屋高裁、31歳被告に無期判決

【阪神・広沢克実内野手】現役引退を表明

【東京ガス・内海哲也投手】巨人入団が決定

巨人が東京ガス・内海哲也投手(21=敦賀気比)と自由獲得選手として契約することが内定。30日、コミッショナー事務局から契約締結内定選手として公示された。

前日29日に東京・大森の東京ガス合宿所で巨人吉田編成部長、上田スカウトが内海に2度目のあいさつを行い、最高条件(契約金1億円、出来高5000万円、年俸1500万円)を提示、入団することで合意した。00年のドラフト会議でオリックス1位指名を拒否して3年。内海は「長いようで短く感じた」と振り返った。《日刊スポーツ》

【小泉純一郎首相】民主党の一部と連携も

小泉純一郎首相は30日、党本部で共同通信社などのインタビューに答え、衆院選で与党3党が過半数を獲得した場合について「民主党の中でどういう動きが出てくるか、見ないと分からない。民主党の中にも私の考えに賛成してくれる人が結構いる」と述べ、民主党の一部と連携する可能性があるとの考えを表明した。《共同通信》

2002 平成14年10月30日(水)

平成5044日目

【一青窈さん】シングル「もらい泣き」発売

【プロ野球・日本シリーズ】巨人(原辰徳監督)2年ぶり20度目の優勝

新人監督同士の対決は、原巨人の圧勝に終わった。プロ野球日本シリーズ第4戦、西武(パ・リーグ)ー巨人(セ・リーグ)は30日、西武ドームで行われ、投打に豊富な戦力を誇る巨人が6−2で快勝、4連勝で西武を下し、2年ぶり20度目の日本一となった。

巨人は二回に斎藤が先制の2点本塁打。同点とされた後の六回は松坂を攻め斎藤、後藤の連打で一挙3点を勝ち越した。先発した高橋尚の好投も光った。

伊原監督の下、4年ぶりに日本シリーズの舞台を踏んだ西武は、投手陣が崩れて屈辱の完敗。10年ぶりの頂点の夢はあっけなく消えた。《福井新聞》

【北朝鮮】拉致被害者家族の帰国を拒否

2年ぶりに再開した日本と朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の国交正常化交渉は30日、クアラルンプール市内のホテルで協議を行い、同日夕、2日間の協議を終了した。日本側が拉致事件の被害者5人の定住を決めたことを受けて、北朝鮮に残っている家族全員の早期帰国を実現するよう強く要求、北朝鮮は5人をまず戻すよう主張し、家族の帰国を拒否した。《共同通信》

2001 平成13年10月30日(火)

平成4679日目

【森喜朗前首相】インド・バジパイ首相と会談

小泉純一郎首相の特使として特使としてインドを訪問している森喜朗前首相は30日、ニューデリーの首相公邸でバジパイ首相と会談、小泉首相の親書を手渡した。

バジパイ首相は、タリバン政権後のアフガニスタンについて「さまざまな民族、宗教を代表する広範な基盤を持つ政府が必要だ。タリバンが参加すべきではない」と述べ、タリバンを排除した新政権が必要との考えを強調した。《共同通信》

【外務省】人事課長の更迭見送り

田中真紀子外相が外務省の斎木昭隆人事課長の更迭を求めていた問題は30日、野上義二外務次官と首相官邸サイドの協議で見送られることになった。ただ外相は斎木氏の更迭にこだわっており「次官と(小町恭士)官房長を更迭してからの話だ」(幹部)という事務方との対立は、首相官邸も巻き込んで尾を引きそうだ。《福井新聞》

2000 平成12年10月30日(月)

平成4314日目

【日産自動車】黒字転換へ

日産自動車のカルロス・ゴーン社長は30日、昨年10月に発表した再建計画「日産リバイバル・プラン」の進行状況について記者会見し、今年5月に示した2001年3月期の連結純利益600億円という見通しを大幅に上方修正し、2500億円になると発表。2000年3月期の6844億円の赤字から一転して高水準の黒字を実現できることに自信を示した。

ゴーン社長は「リバイバル・プランは予想よりも早いスピードで進展しており、過去10年間で最高の決算になる」と成果を強調した。《福井新聞》

【プロ野球・MVP】(セ)巨人・松井秀喜外野手(パ)ダイエー・松中信彦内野手

プロ野球の最優秀選手(MVP)は30日、セ・リーグは日本一に輝いた巨人の松井秀喜外野手、パ・リーグは松中信彦内野手の両優勝球団の主砲がそろって選出された。

最優秀新人(新人王)には、セが入団2年目で首位打者を獲得した横浜の金城龍彦内野手が選ばれたが、パは32年ぶりに該当者なしとなった。2年目選手の新人王は13年ぶり。《福井新聞》

【阪神・新庄剛志外野手】FA宣言

プロ野球のフリーエージェント(FA)宣言期間が30日始まり、阪神の新庄剛志外野手が早速、権利行使の意思を表明、球団に文書を提出した。新庄は「あとは待つだけ」と話しただけで、残留か移籍かについては言及しなかった。また、矢野輝弘捕手はFA宣言して阪神に残ることが決まった。

ヤクルトの川崎憲次郎投手は残留を最優先としながらも、球団との交渉が決裂した場合にはFA宣言することを明らかにした。広島の前田智徳外野手は「今はけがを克服し、広島でプレーしたい」と権利行使は見送ることを公表。二度目の資格を得た巨人の桑田真澄投手は「今は何も言えない」と態度を保留した。《福井新聞》

【マラソン・高橋尚子選手】国民栄誉賞受賞

シドニー五輪女子マラソンで日本の陸上女子選手として初の金メダルに輝いた高橋尚子選手(28)に対する国民栄誉賞表彰式が30日、首相官邸で行われた。

高橋選手は積水化学の小出義雄監督らに付き添われて出席。森喜朗首相から表彰状、楯、記念品の腕時計を贈られ「栄誉ある賞をいただき記念すべき日となりました。この賞を大事にして多くの人に陸上を楽しんで、あこがれてもらえるような人になりたい」と笑みを浮かべた。《福井新聞》

1999 平成11年10月30日(土)

平成3948日目

【道路交通法改正】高齢者運転標識導入

【上信越道】中郷IC〜上越JCT供用開始、全線開通

【プロ野球MVP】(セ)中日・野口茂樹投手(パ)ダイエー・工藤公康投手

今季のプロ野球最優秀選手(MVP)が30日決まった。パ・リーグはダイエーをリーグ優勝と日本一に導いた工藤公康投手が西武時代以来6年ぶり2度目の受賞で、セ・リーグは11年ぶりのリーグ優勝に貢献した中日の野口茂樹投手が巨人の上原浩治投手を抑え、初めて選出された。

新人王はパが西武の松坂大輔投手、セは最多勝、防御率、奪三振のタイトルを独占した上原が輝いた。両投手はMVPの工藤、野口を抑えてベストナインにも選ばれた。《福井新聞》

【巨人・ロッテ】トレード発表

巨人の石井浩郎内野手(35)とロッテの河本育之投手(32)の交換トレードがまとまり、30日両球団から発表された。

3年ぶりの優勝を逃す大きな原因となった不安定な投手陣の立て直しを狙う巨人は、ロッテで通算93セーブを挙げた河本の左腕に注目。勝負強さと長打力が魅力の石井の獲得で打線強化を狙うロッテとの間で思惑が一致した。

巨人の長嶋茂雄監督は秋季キャンプ中の宮崎で「攻撃が薄くなるのは仕方ないが、投手の整備が急務。先発か救援かはまだ考えていないが、河本のスタミナは問題ないだろう」と話した。《福井新聞》

【小泉純一郎元厚相】「小渕内閣退陣を」

自民党の小泉純一郎元厚相は30日夕、横浜市で開かれた公開討論会で、自自公3党が合意した介護保険制度見直しについて「このまま自由、公明の言いなりになるのなら、自自公内閣なんてない方がいい。早く小渕内閣が退陣した方がいい」と述べ、制度見直し反対を重ねて表明した。

討論会には鳩山由紀夫民主党代表、坂口力公明党政審会長も出席しており、坂口氏は「(今回の連立を機に)自民党と初めて付き合った。それぞれがいろいろなことを言うのは結構だが、党としては意見をまとめてもらわないと困る」と不快感を示した。

鳩山氏は「選挙目当てとしか思えない合意だ。こういう政策変更を行うべきではない。本当に邪道だ」と痛烈に批判した。《福井新聞》

1998 平成10年10月30日(金)

平成3583日目

【キリン・一番搾り黒生】発売

【トヨタ・アルテッツァ】発売

10101043_199810
http://www.goo-net.com/

【阪神・八木裕内野手】FA行使し残留

阪神の八木裕内野手がフリーエージェント(FA)の権利を行使した上で残留することが30日、決まった。条件面は大筋で合意に達しており、単年契約になる。八木は「複数年契約が一番いいが、拒否されたのでしょうがない」と話した。

今季の八木は、前半戦こそ代打の切り札として活躍したが、最終成績は打率2割8分2厘、3本塁打、31打点だった。《福井新聞》

【亀井静香元建設相】「小渕政権下で自自公連立を」

自民党の亀井静香元建設相は30日、福岡市で講演し、今後の政権の枠組みについて「野中広務官房長官は小渕恵三内閣の下で大連立、挙国一致体制をつくりたいというのが現在の路線だ。私は彼とまったく同じ考えだ」と述べた。

亀井氏は自由党との連立を野中氏に働き掛けており、この発言は小渕首相の下で自由党や旧公明グループとの「自自公」連立政権を目指す考えを示したものだ。

これに関連して、野中長官は同日夕の会見で「『挙国一致』がどんな体系を指すか分からないが、政策を共有でき、国民の幸せのために一緒に行動されようとする野党の皆さんとは、きたんない信頼関係を培っていきたい」と述べ、自自公路線を含め野党との連携に積極的姿勢を表明した。

亀井氏は講演で「菅政権」誕生を阻止する必要があるとの考えを強調した。《福井新聞》

広告




1997 平成9年10月30日(木)

平成3218日目

【タレント・神宮寺勇太さん】誕生日

【日本ハム・西崎幸広投手】西武へトレード

日本ハムの西崎幸広投手(33)と西武の石井丈裕投手(33)、奈良原浩内野手(29)の1−2の交換トレードが成立し、30日、両球団から発表された。正式な入団発表は11月1日に行われる。

西崎は昨年14勝を挙げたが、今季は腰痛のためわずか3勝にとどまった。日本ハムは同選手を来季の構想から外し、トレード先を検討していたが、西武が西崎の実績を評価し、このほど石井丈と奈良原を交換要員とすることで合意に達した。西崎はフリーエージェント(FA)の資格を取得したが、移籍先が希望の在京球団(西武を含む)になり、FA宣言をしないことで球団と合意している。《福井新聞》

【小泉純一郎厚相】衆院永年表彰を辞退

衆院は30日昼の本会議で、在職25年を迎えた8議員への永年在職表彰を行った。有資格者の小泉純一郎厚相は「行政改革に国民の理解を得るため、国会議員が自ら先べんをつけるべきだ」として、1950年の制度発足以来、初めて辞退した。

同表彰は国会議員歳費、旅費及び手当法に基づくもの。《福井新聞》

【新党さきがけ】結成4周年記念パーティー

新党さきがけは30日、都内のホテルで結党4周年記念パーティーを開いた。自社さ3党体制内での行財政改革を推進しつつも、与党離脱とそれに伴う民主党などとの連携も探るさきがけの現状を反映し、橋本首相、社民党の土井党首、民主党の菅代表が出席、それぞれの立場からエールを贈った。

首相は「今までも助言や叱咤激励を受けてきた。これからもそういう存在であってほしい」と述べ、3党体制の維持に期待感を表明した。土井氏は「私たちが行動する時はさきがけがともにあってほしい」とし、与党離脱も視野に共同歩調を呼び掛けた。菅氏は「ともに活動できる日はそう遠くないと信じる」と強調した。

これに対し、さきがけの園田幹事長は「首相、自民党が1年前の約束に従って真っすぐ進むかどうかで我々の道を決める」と応じた。《読売新聞》

1996 平成8年10月30日(水)

平成2853日目

【globe】シングル「Can’t Stop Fallin’ in Love」発売

【中国】王丹氏に懲役11年

海外メディアへ寄稿した論文で中国政府を批判したなどとして政府転覆陰謀罪に問われた中国の著名な民主活動家、王丹氏(27)に対する初公判が30日、北京市中級人民法院(地裁)で開かれ、政府転覆陰謀罪で懲役11年、政治権利はく奪2年の実刑判決が言い渡された。王丹氏は同日、控訴の意向を示したが、最終審の二審で判決が覆る可能性は小さい。

王丹氏は1989年6月の天安門事件当時の学生運動指導者としても海外でもよく知られており、国際社会から中国政府への反発が起きるのは確実だ。

しかし、かつて中国の人権問題に厳しい目を向けてきた米国は、11月後半にクリストファー国務長官が訪中を予定するなど、中国政府との協調姿勢に転じており、中国に圧力を行使するとは考えにくい。中国国内の民主活動家たちが直面する状況はますます厳しさを増している。《福井新聞》

【ボクシング・竹原慎二選手】引退会見

日本のボクシング史上で最重量級の世界チャンピオンになった前世界ボクシング協会(WBA)ミドル級王者、竹原慎二(沖)は30日、東京都板橋区の沖ジムで会見し、左目の白内障を理由に現役を引退すると発表した。

竹原は「本当は(目のことを)黙ってボクシングをやろうと考えた。でも体の方が大事だから3週間ほど前に辞めると決めた。未練はあるが、自分でも今までよくやったと思う。とりあえず早く目を直したい」と話した。《福井新聞》

【御嵩町長襲撃事件】

30日午後6時15分ごろ、岐阜県可児郡御嵩町のマンション4階のエレベーター前で、同マンションに住む同町の柳川喜郎町長(63)が2人組の男にバットのようなもので頭や腕を殴られ、病院に運ばれたが重体。2人組は逃走した。

同県警捜査一課は殺人未遂事件として可児署に捜査本部を設置、捜査を始めた。御嵩町には大規模な産業廃棄物処分場の建設が検討されているが、柳川町長は計画に慎重な姿勢を取っており、捜査本部は関連を調べている。《福井新聞》

【秋の園遊会】1700人が出席

天皇、皇后両陛下主催の秋の園遊会が30日午後、東京・元赤坂の赤坂御苑で開かれ、橋本龍太郎首相ら政界関係者や、宇宙飛行士の若田光一さん、アトランタ五輪柔道金メダリストの野村忠宏選手ら各界功労者など約1700人が出席した。

快晴の空の下、両陛下は皇太子ご夫妻ら皇族方と広い会場内をゆっくりと歩き、出席者と笑顔で歓談された。20日に当選したばかりの議員約100人も出席。歌手の五木ひろしさんやマラソンの有森裕子さんも姿をみせた。《福井新聞》

1995 平成7年10月30日(月)

平成2487日目

【野球・松井裕樹さん】誕生日

【東京地裁】オウム真理教に解散命令

東京地検検事正らによるオウム真理教の解散請求で東京地裁(金築誠志裁判長)は30日、教団施設内の化学プラントで実際にサリンの生成が行われたなどと認定、「このような恐るべき犯罪が社会一般に与えた恐怖感、不安感の大きさには計り知れないものがある。もはや宗教法人としての保護を受けるべき宗教団体とは認められない」として、宗教法人法に基づく教団の解散を命じる決定をした。

教団によるサリン生成などを認定した初の司法判断。また、組織犯罪を理由とした宗教法人の解散命令は初めて。教団の存続や教祖の麻原彰晃被告(40)らの公判にも重大な影響を与えそうだ。決定が確定すればオウム真理教の所有する施設、土地などは裁判所が選任する清算人の管理に入る。教団側は即時抗告して争うとみられる。《福井新聞》

【沖縄県・大田昌秀知事】代理署名、あくまで拒否

自民、社会、さきがけの与党外務・防衛調整会議の合同代表団(座長・中山太郎、伊藤茂、前原誠司)の3氏は30日夕、沖縄県庁で大田昌秀知事らと会談し、沖縄駐留米軍基地や日米地位協定問題について意見交換した。

大田知事は米軍用地強制使用の代理署名について、あくまで拒否する考えを明言、基地縮小の具体的な青写真を求めた。沖縄県側は11月4日の大田知事と村山富市首相との会談で①代理署名は国が法に基づいて行う②日米地位協定の全面的な見直し③21世紀の沖縄建設に向け、米軍基地返還のアクションプログラムの策定、の3項目を要請する意向を明らかにした。

沖縄県側があらためえt強硬姿勢を示したことを受けて、与党は11月2日の3党首会談で対応策を取りまとめる。与党内では「法的手続きに入るのもやむを得ない」との声が強まるとみられ、首相は自ら代理署名する厳しい判断を迫られよう。《福井新聞》

1994 平成6年10月30日(日)

平成2122日目

【日本新党】12.9付での解党決定

日本新党(細川護熙代表)は30日、都内のホテルで党大会を開き、解党と新・新党への参加を正式決定した。12月9日付けで解党し、翌10日に結成の新・新党に合流する。1992年5月の結党以来、初の党大会が事実上の解党大会となった。この大会を皮切りに新生、公明、民社の各党も党大会などを開き、それぞれの解党を了承する。

日本新党は既成政党からの離党組とは違った「政治の素人集団」として新党ブームの火付け役となり、昨年の政権交代の原動力となった。しかし政権交代という最大の目的を果たした後、激しい政界再編の波の中で新たな展望を見言い出せずに2年半でその役割を終える。《福井新聞》

【村山富市首相】自衛隊観閲式で訓示

自衛隊の観閲式が30日午前、埼玉県の陸上自衛隊朝霞訓練場で開かれ、村山首相が社会党出身の首相として初めて出席した。

首相は訓示で(1)地域紛争の危険性が増し周辺諸国が国防力の増強、近代化を図る傾向がある(2)朝鮮半島や南沙諸島、北方領土など未解決の問題が残る、と指摘。「日米安保体制を堅持、節度ある防衛力を整備する基本的な考え方を一貫してとっていく」と述べた。

国際貢献については「憲法が禁ずる武力行使は行わないが、国連平和維持活動(PKO)に積極的に協力し地球規模の問題解決に、より責任ある役割を果たす」と述べた。《福井新聞》

1993 平成5年10月30日(土)

平成1757日目

【サッカー日本代表】無念の帰国

カタールのドーハで行われていたサッカーのワールドカップ(W杯)アジア最終予選で惜しくも本大会への出場権を逃した日本代表チームの選手団が30日朝、成田空港着の日航特別機で帰国した。

オフトカント樹は「今はまだ頭の中が空っぽの状態」の胸の内を明かしながらも、選手たちに対しては「一年半の間、素晴らしい仕事をしてくれた」と高く評価。柱谷主将(川崎)は「残念でしようがないが、恥ずかしい試合はしていないと思う」と話し、W杯への挑戦を締めくくった。《福井新聞》

【細川護熙首相】コメで米に譲歩姿勢

細川首相は、来月中旬の米国・シアトルで開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議を機に開かれる日米首脳会談に臨むコメ市場開放問題の対処方針を固めた。複数の政府関係筋が30日、明らかにした。

それによると、クリントン米大統領が首相に対しコメの輸入自由化を正式に求めた場合は「国際的強調を重視する観点から、複数の選択肢を検討し、新多角的貿易交渉(ウルグアイ・ラウンド)の成功に全力を尽くす」などの表現で、日本の首相として初めて公式に米側に譲歩の姿勢を示す。《福井新聞》

1992 平成4年10月30日(金)

平成1392日目

【パーマ訴訟】高裁「退学勧告やむを得ず」

高校の校則で禁じられたパーマをかけたことなどを理由に退学を迫られ、卒業直前に自主退学した東京都内の会社員A子さん(23)が「校則は違憲・違法で退学勧告は行き過ぎ」として私立修徳学園(東京都葛飾区)と校長に卒業認定と卒業証書授与のほか慰謝料500万円を求めた訴訟の控訴審判決が30日、東京高裁であった。

菊池信男裁判長は「パーマ禁止の校則は社会通念上不合理ではなく、無効と言えない。退学勧告はA子さんの態度などからやむを得ず、違法性は認められない」としてA子さんの請求をすべて退けた一審東京地裁判決を支持、A子さんの控訴を棄却した。《福井新聞》

【宮沢喜一首相】所信表明演説

第135臨時国会は30日召集された。会期は12月8日までの40日間。宮沢首相は同日午後、衆参両院の各本会議で所信表明演説を行い、政治改革の実現に「不退転の覚悟で取り組む」と強い決意を表明した。

首相は佐川急便事件に関連し政治家と暴力団との関係について「およそ政治家がこのような集団とかかわりを持つべきではない」と厳しく批判。政治資金の透明性の確保、金の掛からない政治活動や政策中心の選挙の実現を挙げ「思い切った政治改革」との表現で抜本改革への意欲を強調。さらに竹下派の抗争などを背景に行き過ぎた派閥活動への反省を示した。《福井新聞》

1991 平成3年10月30日(水)

平成1026日目

【B’z】シングル「ALONE」発売

【プロ野球MVP】(セ)広島・佐々岡真司投手(パ)西武・郭泰源投手

1991年セ、パ両リーグ公式戦の最優秀選手(MVP)最優秀新人(新人王)を選ぶ記者投票は30日行われ、MVPのセは広島の佐々岡真司投手(24)、パは西武の郭泰源投手(29)が選ばれ、共に初受賞。

新人王はセが中日の森田幸一投手(26)、パはオリックスの長谷川滋利投手(23)に決まった。《福井新聞》

【ペルシャ湾掃海部隊】帰還

湾岸戦争停戦後の日本の国際貢献策として4月末、ペルシャ湾の機雷掃海に派遣された海上自衛隊の掃海派遣部隊(509人)が30日、187日ぶりに帰国、午前9時すぎ呉港に入港した。

海部俊樹首相「本日ここに、海上自衛隊ペルシャ湾掃海派遣部隊の帰港を迎え、私は、自衛隊の最高指揮官として、諸君の労を心からねぎらうことができますことを大変嬉しく思っております。諸君は、遠く故国を離れた熱暑の地において、生命の危険を顧みず、掃海という高度の技術を要し、かつ極めて大きな危険を伴う作業に文字通り身命を賭して従事され、その任務を全うし、本日無地帰還されました。諸君の揺るぎない使命感と、任務達成に向けて傾注された献身的な努力に対し、深い敬意と感謝の意を表するものであります」《福井新聞》

1990 平成2年10月30日(火)

平成661日目

【朝鮮総連】「工作船はでっちあげ」

福井県美浜町の海岸に朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)のものと思われる小船が漂着していた事件で、県警警備部などが漂着船を北朝鮮の特殊工作船小船と発表したことに対し、在日朝鮮人総合連合会県本部は30日、県警本部を訪れ「事件はでっち上げで両国関係を妨害する行為はやめるべき」と申し入れをした。

同総連の朴聖民組織部長ら8人が社会党の坂井哲夫県議とともに同本部を訪問。応対した大橋俊一秘書課広報官に「県警が朝・日関係改善がみられるこの時期にスパイ事件をでっちあげたことに対し、はげしい民族的憤りをもつ」とした同総連県本部のチョーピルギュ副委員長の談話を発表。捜査内容が事実かどうかなどについてただしたが、県警側は「証拠もあり事実でる」と述べた。《福井新聞》

【ネルソン・マンデラ氏】国会演説

政府の招待で来日中のアフリカ民族会議(ANC)のネルソン・マンデラ副議長が30日正午すぎから衆院本会議場で衆参両院議員を前に国会演説をした。

マンデラ氏は「日本政府がアパルトヘイト(人種隔離)の撤廃を主張し、アパルトヘイト問題の解決に向けての平和的プロセスを支援していることを多とする」と述べ、日本のこれまでの南アフリカ人種差別撤廃に対する貢献に謝意を示した。

その上で「南アフリカでは再建のための計画的かつ緊急なプログラムが必要」と指摘し、日本の広範な支援を要請した。《福井新聞》

1989 平成元年10月30日(月)

平成296日目

【東ドイツ】全土で空前のデモ

民主化運動が空前の盛り上がりをみせている東ドイツ各地で30日夜、これまで最大規模のデモが繰り返され、ライプチヒでは30万人を超す市民が参加した。

東ドイツの党・政府当局は市民の信頼回復を目指して、27日に不法出国者とデモの逮捕者に対する恩赦を発表したが、根本的な民主化を求める市民の声は当局側の和解姿勢を一蹴したことになる。

毎週月曜日の定例デモが行われているライプチヒでは30万人を超す市民が参加、このほかハレ、マグデブルク、シュベリン、カールマルクス・シュタットなどでも数千人から数万人が街頭で民主化を訴え、地方の小都市にもデモが広がった。《共同通信》

【大相撲・貴花田】十両昇進

日本相撲協会は30日朝、九州場所の新番付を発表した。元大関貴ノ花のジュニア貴花田(藤島部屋、東京都出身)は先場所の西幕下9枚目から西十両10枚目に躍進。北の湖の記録を9ヶ月上回る17歳2ヶ月の最年少関脇となった。

役力士の新たな昇進者がなく、新鮮味を欠く。横綱、大関の昇進なしは史上最多の12場所連続。東正横綱には先場所、最多勝記録を更新して国民栄誉賞を受賞した千代の富士が3場所ぶりに座った。”鉄人横綱”が最高位の東正位に就くのは通算36場所目で、大鵬の最多37場所にあと「1」と迫った。《福井新聞》

【公明党・石田幸四郎委員長】社会党構想を批判

公明党の石田委員長は30日午後、遊説先の熊本市内で記者会見し「野党4党による政策協議への基本的な見解」(石田見解)を発表した。

見解は連合政権協議に向けて「あいまいな合意は政権のぜい弱性につながる」と基本政策の合意が不可欠との立場を示した。その上で(1)日米安保条約を自民党政治の負の遺産としてやむを得ず引き継ぐのでは、条約を運用する内閣(連合政権)の立場として無責任(2)違憲・法的存在(合法)論のままで、内閣として自衛隊を保持することは困難ーと社会党連合政権ビジョン(土井提言)を批判、自衛隊合憲を打ち出すなどの明確な政策転換を迫っている。《福井新聞》

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 366 平成の記録 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.