新聞記事でたどる平成10000日+α

10月24日

10月24日は何の日(298/366)

転載記事は名前、住所など一部修正、抜粋してあります。

2018 平成30年10月24日(水) 平成10882日目

2017 平成29年10月24日(火) 平成10517日目

2016 平成28年10月24日(月) 平成10152日目

【プロ野球・沢村賞】広島・ジョンソン投手

太平洋戦争で戦死した名投手・沢村栄治を記念し、今季のプロ野球で最も活躍した先発完投型投手を表彰する「沢村賞」の選考委員会(堀内恒夫委員長)が24日、東京都内のホテルで開かれ、クリス・ジョンソン投手(広島)が選ばれた。外国人投手の選出は1964年のジーン・バッキー投手(阪神)以来52年ぶりで2人目。金杯と副賞300万円が贈られる。《毎日新聞》

2015 平成27年10月24日(土) 平成9786日目

【プロ野球・日本シリーズ第1戦】ソフトバンク4―2ヤクルト

【プロ野球】巨人・井端弘和内野手、現役引退を表明

巨人井端弘和内野手(40)が24日、現役引退を表明した。東京・大手町の球団事務所で会見を行った。「今まで携わった方々、監督、コーチ、裏方さん、ファンの皆様には多大なる声援をいただきとても感謝しています」と頭を下げた。引退を決意した理由に、23日に現役を引退して監督就任要請を受諾した、同学年の高橋由伸新監督(40)の存在を挙げた。

「ヨシノブが辞めた時は一緒に辞めようと、巨人に来た時から思っていた。昨日彼が現役を引退して、電話を頂いて、それからもうやめようと決めました。よくやったと自分でも思うし、まさか40までプレーできるとは思っていなかった。夢のような18年間だったかなと思う」と語った。《日刊スポーツ》

【フィギュアGPスケート・アメリカ】宇野昌磨選手、GP初参戦で2位

昨季の世界ジュニア王者・宇野昌磨(17=中京大中京高)が、フリー1位で自己ベストの176・65点をマーク。合計も自己ベストの257・43点とし、2位に入った。日本初となるシニアのGPシリーズ初出場初優勝は1・52点差で逃したが、初出場2位は05年中国杯の浅田真央(25=中京大)に並ぶ快挙。女子では昨季の世界選手権銀メダルの宮原知子(17=関大高)が合計188・07点で3位だった。 《スポニチ》

【維新の党】除籍された大阪系議員が「解党」を決議

維新の党を除籍(除名)された馬場伸幸衆院議員(50)ら橋下徹大阪市長(46)に近い大阪系議員は24日、大阪市内で「臨時党大会」とする会合を開いた。松野頼久代表(55)ら東京系の現執行部は“無視”して欠席する中、馬場氏を「新代表」に選出し、一時的ながら、東西で代表が1人ずつ存在する事態に。さらに維新の党の解党を満場一致で決議した。現執行部はこれを認めず、東西対立はいよいよ泥沼化してきた。《スポーツ報知》

2014 平成26年10月24日(金) 平成9421日目

【 MI PLAZA】三越伊勢丹の小型店が茨城初出店:ひたちなか店オープン

【みのもんたさん】古希の祝いで会見「朝の番組つまんねぇな」

【米ワシントン州】高校で男子生徒が銃を発砲:1人死亡4人負傷

【三菱自動車】軽自動車23万台の改善対策を国交省に届け出

三菱自動車は24日、部品が壊れて変速不能になるとして、「eKワゴン」など軽自動車8車種計23万1378台(2003年3月~09年1月製造)について、リコール(回収・無償修理)に準じた改善対策を行うと国土交通省に届け出た。《時事通信》

【広島県警】20年間誤った交通規制で取り締まり

広島県警は24日、広島市安佐南区大塚西の交差点で、交通取り締まりの根拠となる規制台帳の記載が誤ったまま、20年間違反の取り締まりをしていたと発表した。記録が残っている2009年~14年7月で262件の取り締まりを行い、反則金約145万円を徴収していた。今後反則金の返還や減点の取り消しなどを行う。

県警交通規制課によると、規制台帳には同交差点が3車線と記載されていたが、実際は4車線だった。1993年に現在の安佐南署が県公安委員会に同交差点を3車線道路として交通規制すると上申したが、実際は94年に4車線で開通。署の担当者が車線数の変更を上申し忘れたとみられる。《時事通信》

【山谷えり子国家公安委員長】「学力低い」発言を打ち消し

山谷えり子国家公安委員長は24日の衆院内閣委員会で、「日教組(日本教職員組合)組織率と学力テスト結果は相関関係がある場合もない場合もある」と述べた。山谷氏は野党時代の2010年10月に国会で質問した際、「日教組の支配が強い所は全国学力調査をやれば下の方に並ぶ」と発言していたが、打ち消した。民主党の泉健太議員の質問に答えた。山谷氏は10年10月の参院内閣委で、北海道、大阪、三重、高知、沖縄の5道府県を例に挙げ、日教組の組織率が高い地域は学力が低いとの見方を示していた。《毎日新聞》

2013 平成25年10月24日(木) 平成9056日目

【阪急阪神ホテルズ】社長「偽装ではなく誤表示」

阪急阪神ホテルズ(大阪市)がホテルのレストランなどでメニュー表示と異なる食材を使用していた問題で、同社の出崎弘社長は24日、大阪市内で問題公表後初めて記者会見し「信頼を裏切ったお客様に心よりおわび申し上げます」と謝罪した。一方で、原因は従業員の認識・知識不足にあるとして「偽装でなく誤表示」と強調した。

出崎社長は「信頼回復のめどが立つまで」20%の報酬減額、他の役員9人は6カ月間10%減額の処分とした。親会社の阪急阪神ホールディングスの角和夫社長も役員報酬の50%を自主返上する。メニュー表示をチェックする専門部署の新設など再発防止策も公表した。《日経新聞》

【プロ野球ドラフト会議】楽天、松井裕樹投手の交渉権獲得

プロ野球の新人選手選択会議(ドラフト会議)が24日、都内で行われ、注目の左腕、松井裕樹投手(神奈川・桐光学園高)には5球団の1位指名が集まり、抽選の結果、楽天が交渉権を獲得した。3球団が1位指名した大瀬良大地投手(九州共立大)は広島、2球団が重複した石川歩投手(東京ガス)はロッテがくじを引き当てた。

森友哉捕手(大阪桐蔭高)は西武、吉田一将投手(JR東日本)はオリックスが、それぞれ単独で1位指名したため、交渉権が確定した。1位指名で抽選で外れた中日は鈴木翔太投手(静岡・聖隷クリストファー)、巨人は小林誠司捕手(日本生命)が2回目の入札で単独指名。柿田裕太投手(日本生命)はDeNA、杉浦稔大投手(国学院大)はヤクルトに抽選の末に決まった。《日経新聞》

【安倍晋三首相】小泉氏の原発発言を批判

安倍晋三首相は24日、テレビ朝日の番組で、小泉純一郎首相が「原発ゼロ」を提唱していることについて「小泉さんの政治的な勘もあるのだろうが、(火力発電燃料費の増加が)1年間で4兆円近い。今の段階でゼロを約束するのは無責任だ」と批判した。収録は23日に行われた。《毎日新聞》

2012 平成24年10月24日(水) 平成8691日目

【東京・足立区】「ゴミ屋敷対策」条例が可決

家の内外にごみをため込み、悪臭などを発生させて周辺住民を悩ます”ごみ屋敷”をなくすため、ごみの強制撤去と支援策を盛り込んだ条例が24日、東京・足立区議会で可決、成立した。支援策は、ごみの撤去費用を賄えない住民に費用を捻出することなどを明記し、足立区によると全国でも珍しいという。来年1月1日に施行される。《毎日新聞》

【サッカー・三浦知良選手】フットサル日本代表デビュー

サッカーの元日本代表の人気選手でフットサルのワールドカップ(W杯)日本代表に選出された三浦知良(45=横浜FC)が24日、東京・国立代々木競技場で行われたブラジルとの国際親善試合で“代表デビュー”を果たした。試合は3―3で引き分けた。「カズ効果」で会場は8236人の大観衆で埋まった。競技は違うが、12年ぶりに背番号「11」の日本代表ユニホームを着た一戦。三浦は「君が代を聞いてじんときた。幸せな時間だった」と振り返った。

ベンチスタートから、観衆の「三浦カズ」コールを受けて前半5分に初登場すると、年齢を感じさせない全力プレーを披露。前半には日本の2点目に絡み、後半には相手の強烈なシュートを頭で止めるなど、攻守に活躍した。「いつ出るか分からないので難しかったが、監督がうまい使い方をしてくれた。外から見るのも経験」と満足感を漂わせた。《スポニチ》

【プロ野球・中日】権藤博コーチが退団

中日は24日、権藤博投手コーチ(73)と来季の契約を結ばないと発表した。名古屋市内の球団事務所で記者会見した権藤コーチは「契約満了による退団。それだけ」と話した。

中日OBの権藤コーチは就任1年目の高木守道監督(71)とともに今季から現場に復帰。投手王国と評される中日の投手陣を束ねた。一方、投手起用をめぐって高木監督と対立することも多かった。権藤コーチは「無念の思いはない。年齢とかは関係ないと思っていたけど、この場を与えられたということは恥をかかないようにやりたいと思っていた。悔いはまったくありません」と話した。《日刊スポーツ》

【滝実法相】死刑制度「国際的な流れも念頭に」

田中慶秋前法相の後任として再び就任した滝実法相(74)は24日の就任後の記者会見で、死刑制度について「(死刑を廃止した諸外国の)国際的な流れを頭に入れる必要がある。日本だけで内向きに判断するだけでは済まない問題だと思っている」との認識を示した。4カ月弱の前回在任中、4人に死刑が執行されている。

滝法相は前回任期中、「私自身はもう年だ」と退任を希望していたが、再登板した理由について「私の経験を総動員してお役に立てるのではないかと思い(就任要請を)受けた。心を引き締めてやらないといけない」と述べた。《日経新聞》

【野田佳彦首相】鈴木宗男氏と会談

野田佳彦首相は24日、新党大地・真民主の鈴木宗男代表と国会内で会談し、29日に召集する臨時国会での審議への協力を求めた。鈴木氏が「今は景気対策や復興対策に力を注ぐべきで、選挙をやるべきではない」と述べると、首相は「私もそう思います」と応じた。《産経新聞》

2011 平成23年10月24日(月) 平成8325日目

【 Steve Jobs スティーブ・ジョブズ1巻】発売

【WBAミニマム級タイトル戦】八重樫東選手、10回TKO勝ちで王座獲得

世界ボクシング協会(WBA)ミニマム級タイトルマッチ12回戦は24日、東京・後楽園ホールで行われ、挑戦者で同級4位の八重樫東(大橋)がチャンピオンのポンサワン・ポープラムック(タイ)を10回2分38秒、TKOで破り、新王者となった。28歳の八重樫は4年ぶり2度目の挑戦で初の世界王座獲得。

八重樫はスピードを生かして序盤から攻勢。10回に連打を浴びせ、レフェリーが試合を止めた。戦績は八重樫が17戦15勝(8KO)2敗、初防衛に失敗した33歳のポンサワンは28戦23勝(16KO)4敗1分けとなった。《共同通信》

【英・キャメロン首相】野田首相に訪日延期を陳謝

野田佳彦首相は24日、キャメロン英首相と電話で協議した。キャメロン氏は欧州連合(EU)首脳協議に出席するため25日の訪日予定を延期したことについて「大変申し訳ない」と陳謝。野田氏は「残念だが、欧州金融危機の状況からやむを得ない」と応じた。《毎日新聞》

【作家・北杜夫さん】死去

「楡家の人びと」などの純文学のほか、ユーモアあふれる「どくとるマンボウ」シリーズでも人気を集めた作家で日本芸術院会員の北杜夫さんが24日午前6時2分、腸閉塞のため東京都内の病院で死去した。84歳。東京都出身。体調を崩して23日に入院した後、容体が急変したという。

歌人斎藤茂吉の次男。旧制松本高校、東北大医学部を出て、医師として働くとともに、学生時代に読んだ父の歌集やトーマス・マンの影響を受け、作家を志した。《共同通信》

2010 平成22年10月24日(日) 平成7960日目

【フィギュア・羽生結弦選手】シニアGP戦デビュー戦で4位

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦、NHK杯最終日は24日、名古屋市ガイシプラザで行われ、男子はバンクーバー冬季五輪銅メダルの高橋大輔(関大大学院)がショートプログラム(SP)に続いてフリーも1位となり、合計234.79点で3年ぶり3度目の優勝を果たした。高橋は織田信成(関大)と並ぶ日本男子最多のGP5勝目。

昨季の世界選手権を制した高橋は冒頭で4回転ジャンプに成功。演技終盤の連続ジャンプで転倒したが、圧倒的な表現力で2位のジェレミー・アボット(米国)に16.60点差をつける圧勝だった。昨季の世界ジュニア選手権覇者で、シニアのGPでのデビュー戦だった期待の15歳、羽生結弦(宮城・東北高)は207.72点で4位、無良崇人(中京大)は191.85点で6位だった。《共同通信》

【WBCスーパーバンタム級タイトル戦】西岡利晃選手、判定勝ちで5度目の防衛

ボクシングのダブル世界タイトルマッチ各12回戦は24日、東京・両国国技館で行われ、世界ボクシング評議会(WBC)スーパーバンタム級チャンピオンの西岡利晃(帝拳)は同級1位のレンドール・ムンロー(英国)を3―0の判定で下し、5度目の防衛に成功した。

スピードで上回った西岡はボディーブローを的確に決め、ジャッジの判定は3者とも119―109と大差がついた。西岡の戦績は44戦37勝(23KO)4敗3分け。日本のジムに所属する男子世界王者は3人のまま。

世界ボクシング協会(WBA)ライトフライ級暫定王座決定戦は、同級1位で前WBAミニマム級王者のローマン・ゴンサレス(ニカラグア)が同級2位のフランシスコ・ロサス(メキシコ)に2回1分38秒でKO勝ちし、2階級制覇を達成した。ゴンサレスの戦績は27戦全勝(23KO)。《共同通信》

【茨城県警】消防車を盗んだ46歳の男を逮捕

茨城県警桜川署は24日、消防車を盗んだとして窃盗の疑いで、同県桜川市、土木建築作業員A容疑者(46)を逮捕した。同署によると「格好いいので乗り回した」と供述している。逮捕容疑は24日午前1時ごろ、自宅近くにある桜川市消防団第6分団の倉庫から、消防ポンプ車1台(1千万円相当)を盗んだ疑い。

ポンプ車は午後2時ごろ、約4キロ離れた同県筑西市の路上で見つかった。倉庫のシャッターは下りていたが無施錠で、ポンプ車にはキーが付いたままだった。倉庫近くにあった自転車などからA容疑者が浮上したとしている。《共同通信》

【鳩山由紀夫前首相】引退宣言を撤回

民主党の鳩山由紀夫前首相は24日夕(日本時間同日夜)、訪問先のベトナム・ハノイで同行記者団と懇談し、首相退任時に次期衆院選には出馬しないとしてきた自らの去就について「議員を続ける方向に気持ちが傾いてきている。今年中に結論を出す」と述べ、政界引退の方針を事実上、撤回した。撤回の理由について「民主党の状況が思わしくない。自分なりの役割を投げ出していいのかという、いろいろな声をもらっている」と述べた。《共同通信》

2009 平成21年10月24日(土) 平成7595日目

【プロ野球・楽天】野村克也監督が退任

パCS第2ステージ第4戦◇日本ハム9-4楽天◇24日◇札幌ドーム

楽天が日本ハムに敗れ、1勝4敗(日本ハムのアドバンテージ1勝を含む)で日本シリーズ進出を逃した。野村克也監督(74)は、8回2死二、三塁で2日前の第2戦に先発したエース岩隈久志投手(28)を投入する執念の采配を見せた。岩隈はスレッジにトドメの3ランを浴びてごう沈し、ベンチで涙を流した。今季限りで勇退する野村監督は、4年間教えたナインと、日本ハム稲葉なども加えた教え子たちから胴上げされ、5度宙を舞った。4球団24年の監督生活にピリオドを打った。

札幌ドームの右翼席に陣取る楽天ファンの目の前で、野村監督が5度、宙に舞った。持ち上げようと山崎武、草野、渡辺直、田中らが監督を囲むと、三塁側ベンチから日本ハム稲葉や吉井投手コーチも走ってきた。両軍合わせての胴上げ。

野村監督は「やだなと思った。照れくさい。あんな胴上げ、初めてだ。優勝の時にしか、今までなかった」と照れくさそうに言いながら「一緒になってお別れしてくれた。感無量。胸につまされた。教え子が野球界にいるのは、やっぱり縁だね。喜ばしいこと」と教え子の気持ちに感激した。《日刊スポーツ》

【鳩山由紀夫首相】「東アジア共同体」に意欲

鳩山由紀夫首相ら日中韓3カ国の首脳と、東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳による会合(ASEANプラス3)が24日午後(日本時間同)、タイ・フアヒンで開かれた。首相は地域協力を進展させた「東アジア共同体」構想実現に強い意欲を示し、日中韓3カ国が構想推進に向け連携するのが望ましいとの考えを表明した。

ASEAN議長国タイのガシット外相は記者会見で同構想を「強く歓迎する」と言明。首相は米国の参加を含む関与の在り方について会合で明言しなかったが、「日本外交は日米関係が基軸だ」と強調。会談後、同行記者団にも「米国を排除するつもりはない」と述べ、米国への配慮を示した。《共同通信》

2008 平成20年10月24日(金) 平成7230日目

【WBA世界フェザー級タイトル戦】榎洋之選手、戴冠ならず

◇24日◇東京・後楽園ホール

世界初挑戦の同級4位榎洋之(29=角海老宝石)は、王者クリス・ジョン(29=インドネシア)に0-3の判定で敗れ、王座奪取はならなかった。序盤から積極的に前に出て打ち合いを展開。だが3回から左目が腫れ、6回開始直前には完全にふさがった状態に。そこからは接近戦を挑んだが、キャリアに勝る無敗の王者のうまさにかわされ、大差の判定で涙をのんだ。《日刊スポーツ》

【大阪地裁】痴漢を「でっち上げ」元大学生に懲役5年6月

示談金目的に地下鉄車内で痴漢をでっち上げたとして虚偽告訴などの罪に問われた元甲南大生、K被告(24)に対し、大阪地裁の樋口裕晃裁判官は24日、懲役5年6月(求刑・懲役8年)を言い渡した。樋口裁判官は「正義感の強い若者を演じて、困惑する被害者を窮地に陥れるなど、犯行は巧妙で悪質」と非難した。判決は、K被告が交際していた無職の女(31)=虚偽告訴罪などで有罪判決=を利用してでっち上げを主導したと指摘。

「警察官まで欺き、司法手続きを利用しようとした」と指弾した。犯行による影響にも触れ、「男性通勤客に深刻な不安を与え、痴漢被害に遭った女性にも申告をためらわせる事態を生んだ」と断じた。

事件は、K被告が「被害者と目撃者がいれば100%勝てる」と女に痴漢のでっち上げを持ちかけて実行。今年2月1日午後8時48分ごろ、大阪市阿倍野区の市営地下鉄車内で堺市の会社員、Aさん(59)に尻を触られたと女が騒ぎ、K被告がうその目撃話をして、Aさんを警察官に引き渡した。

判決後、Aさんが会見。ほぼ毎回、裁判を傍聴したが、「K被告の反省の言葉や涙も演技にしか見えなかった」と話した。さらに「服役して反省してほしい」と述べた。Aさんは警察に引き渡された後、無実を主張したのに留置場で22時間にわたり拘束されたことが、今も心の傷となっている。現在も通勤で電車を利用するが、無意識に女性の近くを避けるようになった。「巻き込まれたら逃げようがない。警察も言い分を聞いてくれなかった。女の出頭がなければ、被告として無実を訴え闘っていたと思う」と悪夢のような事件を振り返った。《毎日新聞》

【麻生太郎首相】韓国・李明博大統領と会談

麻生太郎首相は24日午前、北京市内のホテルで韓国の李明博大統領と約40分間、初めて会談した。首脳同士が往来するシャトル首脳外交を継続することを確認し、電話協議を必要に応じて行うことで合意した。金融・経済情勢でも日韓の緊密な連携の重要性で一致した。北朝鮮の核問題では6カ国協議で連携することを確認したほか、麻生首相は拉致問題の解決に向けて韓国の協力を要請した。

李大統領は会談で、麻生首相の訪韓を要請したが、首相は謝意を示すにとどめた。麻生首相は年内に日中韓の首脳会談を日本で行うことを提案し、李大統領は開催を支持した。日本の新学習指導要領解説書に竹島(韓国名・独島)が明記されたことで両国関係は一時悪化したが、今回この問題は取り上げず、首脳間の信頼関係の構築を優先した。《毎日新聞》

広告




2007 平成19年10月24日(水) 平成6864日目

【偽装牛ミンチ事件】ミートホープ元社長逮捕

北海道苫小牧市の食肉加工卸会社「ミートホープ」(自己破産手続き中)による偽装牛ミンチ事件で、道警生活環境課と苫小牧署は24日朝、会社ぐるみで偽装を行ったとして、元社長のA容疑者(69)と元工場長ら3人の計4人を不正競争防止法違反(虚偽表示)容疑で逮捕した。偽装牛ミンチの出荷量は1年間で約140トンに上る。道警は同社が取引先をだまして不正な利益を上げていたとみて、詐欺容疑でも追及する。

調べでは、A容疑者らは偽装が発覚した今年6月までの1年間で冷凍食品会社「北海道加ト吉」(赤平市)など取引業者十数社に、豚肉などを混ぜた偽装牛ミンチ約140トンを「牛100%」と虚偽表示して出荷した疑い。

一連の偽装はA容疑者主導で行われた。A容疑者は道警の任意の事情聴取に対し、「コストが安くなるので混入を指示した」と偽装が組織ぐるみだったことを認めていた。道警は6月下旬、ミート社や北海道加ト吉などを家宅捜索。押収した製品をDNA鑑定し、豚肉や鶏肉の混入を裏付けるとともに、関係資料から悪質な偽装が長期にわたって行われていたと判断した。

一方、業界ではミート社製品は廉価過ぎるため、偽装でないかとのうわさがあった。ミート社は取引先からの問い合わせに一貫して偽装を否定しながら、偽装牛ミンチを出荷していた。道警は同社が取引先をだましていたとみて、業者から被害届を受け捜査している。ミート社はパートも含む全従業員71人を解雇し、7月に総額約6億7000万円の負債を抱えて自己破産申請。A容疑者も8月に自己破産し、破産手続きが行われている。《毎日新聞》

【福田康夫首相】民主との協議機関設置を指示

福田康夫首相は24日夕、首相官邸で自民党の武部勤党改革実行本部長と会談、政治資金の透明化のための政治資金規正法改正案に関する民主党との協議機関設置に全力を尽くすよう指示した。これを受け、自民党は25日にも、民主党に協議機関設置を再度要請する。《福井新聞》

【イラストレーター・内藤ルネさん】死去

2006 平成18年10月24日(火) 平成6499日目

【携帯電話番号ポータビリティ】開始

【出光興産】東証一部上場

【富山県】公立高校での必修科目未履修発覚

富山県立高岡南高校で2005年度に、現在の3年生(197人)の約8割に対し学習指導要領で必修とされている世界史の授業をしていなかったことが24日、分かった。受験に必要な科目に絞って勉強したいとの生徒の要望を受け入れたという。

県教育委員会は同日、会見し、世界史を履修した生徒も地理歴史で必修の「日本史か地理」を履修していないため、履修できないままだと3年生全員が卒業できない恐れがあると述べた。《福井新聞》

【安倍晋三首相】地方分権改革に意欲

安倍晋三首相は24日開かれた政府の経済財政諮問会議で、今国会に提出する地方分権推進法案の早期成立を目指す考えを示した上で「(関係法令をまとめて改正する)分権一括法案を3年以内に提出したい」と述べ、改革実現に強い意欲を表明した。

安倍首相は「一括法は道州制の重要なステップになる」と述べ、一括法の制定を道州制の前提とし、分権改革を優先する考えを強調した。《福井新聞》

2005 平成17年10月24日(月) 平成6134日目

【プロ野球・沢村賞】ソフトバンク・杉内俊哉投手

プロ野球創設期の名投手、故沢村栄治氏を記念した「沢村賞」の選考委員会が24日、東京都内のホテルで開かれ、セ、パ両リーグ最多の18勝を挙げたソフトバンクの杉内俊哉投手が満場一致で選ばれ、初受賞した。《福井新聞》

【小泉純一郎首相】消費税率引き上げ「将来は不可避」

小泉純一郎首相は24日夕、自民党財政改革研究会の中間報告が打ち出した将来の消費税率の大幅な引き上げについて「(自らの任期中には)上げる環境にない」と述べ、来年9月までに引き上げを決定しない方針をあらためて強調した。官邸で記者団に答えた。

一方で「(歳入の)40%も国債に依存しているのだから、歳出削減だけで国民生活に対応できる予算が組めるかどうか。これはもう無理だ」と指摘し、近い将来は税率引き上げが避けられないとの認識を示した。《福井新聞》

2004 平成16年10月24日(日) 平成5769日目

【新潟県中越地方】余震断続、死者23人に

新潟県中越地方を襲った直下型地震の被害は24日、確認作業とともに拡大、県警の調べでは死者は23人に上り、負傷者は2100人を超えた(共同通信まとめ)。死傷者数による被害規模は1995年の阪神大震災以来。

防災科学技術研究所は、本震で観測した小千谷市でも揺れが参考値ながら「震度7相当だった」と地震調査委員会に報告。震度5強などの余震が続き、避難者は夜になって8万2000人に達した。《福井新聞》

【上越新幹線】東京〜越後湯沢間で運転再開

JR東日本によると、新潟地方を中心とする地震で東京―高崎以外の区間での運転を停止していた上越新幹線は24日午前8時10分、高崎-越後湯沢間の運転を再開した。当面、東京―越後湯沢間の折り返しで運行される。下りは午前8時10分東京駅発「たにがわ433号」が、上りは同9時14分越後湯沢駅発「たにがわ434号」が初列車。《朝日新聞》

【政府】中越地震「対策本部」設置

政府は24日、新潟県中越地震で災害対策基本法に基づき「非常災害対策本部」(本部長・村田吉隆防災担当相)を設置した。地震による同本部の設置は1995年の阪神大震災以来。

小泉純一郎首相は同日午後、東京・品川区の公邸で記者団に対し「(災害復旧で)総合的に適切な対応をとっていきたい。必要な予算はきちんと処置する」と今回の地震や一連の大型台風による災害復旧に充てる補正予算案を策定する考えを表明。現地視察を検討していることを明らかにした。《福井新聞》

2003 平成15年10月24日(金) 平成5403日目

【コンコルド】ラストフライト

【タイヤ脱落死傷事故】神奈川県警、三菱自工本社などを捜索

横浜市瀬谷区の県道で昨年1月、大型トレーラーの前輪が外れ、直撃を受けた母子3人が死傷した事故で、神奈川県警交通部は24日午前、業務上過失致死傷容疑で、トレーラーを製造した三菱自動車工業本社(東京都港区)と、三菱ふそうトラック・バス=1月に同社から分社=の川崎製作所(川崎市)、喜連川研究所(栃木県喜連川町)の計3カ所の家宅捜索に入った。県警はタイヤと車体をつなぐ「ハブ」に構造的欠陥があり、事故につながった疑いがあるとみている。交通事故で車メーカーの「製造責任」が問われ、強制捜査が行われるのは異例。

事故は02年1月10日発生。横浜市瀬谷区下瀬谷の県道で、神奈川県綾瀬市の運送会社社長運転の三菱自工製トレーラーの左前輪が脱落し、タイヤ(直径1メートル、重さ140キロ)が、歩道を歩いていた大和市上和田の主婦、A子さん(当時29歳)らを直撃。A子さんは頭を強く打ち死亡、一緒にいた長男と二男も手足に軽傷を負った。《毎日新聞》

【石原伸晃国交相】藤井治芳道路公団総裁を解任

石原伸晃国土交通相は24日、日本道路公団の藤井治芳(はるほ)総裁の解任処分を正式決定した後記者会見し、「(藤井氏は)民営化の改革のあるこの時期に総裁の適格性を欠いている、苦渋の決断だった」と強調した。これに対し、藤井氏の代理人は「解任は違法で、一方的に強行された。法的対応をする所存」とのコメントを発表。藤井氏側が法的手段を辞さない構えを見せていることから、後任総裁の人選は先送りされ、当面は村瀬興一副総裁が総裁代行を務める。

総裁解任の理由として、国交省は日本道路公団が債務超過であるとの疑惑をもたれた「財務諸表問題」などで適切な対応を怠り、国民の信頼を著しく損ね、「総裁としての適格性を欠いた」ことなどを挙げた。国交省の主宰者が作成した報告書も「当事者(藤井氏)の主張には理由がなく、行政庁の判断は妥当なものと考える」と、省側の見方を追認した。一方で石原国交相は、同省道路局の監督責任については「総裁の適格性を問題にしている。国交省の責任にはなじまない問題」と否定した。《毎日新聞》

【小泉再改造内閣】資産公開

小泉純一郎首相と小泉再改造内閣の14閣僚は24日、9月の内閣発足時の資産を公開した。不動産や預貯金・有価証券(株式を除く)を合わせた平均資産額は、配偶者と扶養する子の保有分を含め9200万円。《福井新聞》

2002 平成14年10月24日(木) 平成5038日目

【キム・ヘギョンさん】DNA鑑定で横田めぐみさんの娘と確認

北朝鮮に拉致された横田めぐみさん=失跡当時(13)=の父滋さん(69)は24日、横田さんの娘とされる少女のDNA鑑定結果を内閣府から受け取った。滋さん夫妻が少女と祖父母の血縁関係で矛盾はなく、横田さんの娘であるとの結論だった。これを受け、滋さんは写真を公開した。中山恭子内閣官房参与は滋さん夫妻に対し、「日本国籍とみなし、日本に帰らせることを強く求める」と明言した。

滋さんは記者会見で、「めぐみの子であり、われわれの孫と確認された。めぐみに似ている」と述べた。母早紀江さん(66)は「不思議な気持ちで、何とも言えない感動を覚える」と話した。滋さんは「引き取ることは難しいが、訪日は可能と思う」とした上で、留学などの希望があればかなえてあげたい意向だ。北朝鮮の説明によると、娘の名前はキム・ヘギョンさんで、15歳。横田さんが結婚した朝鮮人の男性との間に生まれたとされる。《時事通信》

【政府】拉致被害者5人を永住帰国させる方針決定

政府は24日、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)から一時帰国している拉致被害者5人を戻さず、その家族全員を含めた永住帰国を前提に、5人の滞在延長と、北朝鮮に残された子どもらを早期に呼び寄せるよう求める対処方針を決定した。福田康夫官房長官が緊急記者会見で発表、外交ルートで北朝鮮側に伝達し家族らにも連絡した。

政府方針は①5人は引き続き日本に滞在、北朝鮮にいる家族の安全を確保し、帰国日程を早期に確定する②29日の日朝国交正常化交渉再開までに帰国日程が確定できない場合は、交渉の最優先事項とする③生存が確認されていない拉致被害者の事実解明を求める―の3点。

一方、拉致された横田めぐみさん=失跡当時(13)=と、娘とされたキム・ヘギョンさん(15)の親子関係がDNA鑑定で確認され、政府はヘギョンさんの早期帰国を要求する方針だ。政府は「5人の拉致被害者が家族を含めて自由な意思決定を行うための環境設定、特に家族全員の日本への帰国が不可欠かつ急務」(福田長官)と判断した。《共同通信》

2001 平成13年10月24日(水) 平成4673日目

【竹田恆和氏】JOC新会長に選出

【民主党・鳩山由紀夫代表】小泉内閣「改革、何も進んでいない」

民主党の鳩山由紀夫代表は24日の記者会見で、小泉内閣が26日に発足後半年を迎えることについて「歴代内閣でも国民の期待は高いが、実際には改革は何も進んでいない。国民もようやく気付きはじめたのではないか」と述べた。《福井新聞》

【小泉純一郎首相】一定限度の誤爆はやむなし

小泉純一郎首相は24日午後の参院外交防衛委員会などの連合審査で、米英軍によるアフガニスタン攻撃で民間人に死傷者が出ていることについて「軍事施設を狙ってやったが、外れる場合も100%ないとは言えない。限定的に一切テロリストだけ攻撃できればいいが、100%確実に標的に当たるとは限らない」と述べ、一定限度の誤爆はやむを得ないとの見解を示した。《福井新聞》

2000 平成12年10月24日(火) 平成4308日目

【トヨタ・マークⅡ】フルモデルチェンジ

TO_S131_F004_M001_1

【三洋電機】太陽電池問題:社長が引責辞任

【若田光一宇宙飛行士】地球に帰還

国際宇宙ステーションの建設作業を成功させた若田光一さん(37)ら7人を乗せたスペースシャトル「ディスカバリー」は米太平洋夏時間24日午後1時59分、エドワーズ空軍基地に帰還した。若田さんは着陸後「ただ今、地球に帰ってきました」と力強くあいさつした。《共同通信》

【森喜朗首相】「第三国発言」政府見解を撤回

森喜朗首相は24日午後の衆院本会議で、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の日本人拉致疑惑をめぐる「第三国発見方式」について、1997年の与党訪朝団の一員だった中山正暉衆院議員の個人的な考えとしていた政府見解を撤回した。

首相は「私や他の団員が同席の場で、副団長だった中山議員が一つの解決策として述べたことだ」「中山氏が代表して拉致問題を取り上げた」と述べ、正式な提案の性格を帯びていたとの認識を示した。《福井新聞》

1999 平成11年10月24日(日) 平成3942日目

【プロ野球・沢村賞】巨人・上原浩治投手

【プロ野球日本シリーズ第2戦】ダイエー2−8中日

【社民党・渕上貞雄幹事長】西村氏を任命した小渕首相の責任を追及へ

社民党の渕上貞雄幹事長は24日のNHK討論番組で、西村真悟前防衛政務次官の「核武装発言」や「女性蔑視発言」について「(政務次官)辞任で済む問題ではない」として、以前から発言が問題視されていたにもかかわらず、同氏を任命した小渕恵三首相の責任を引き続き追及する考えを明らかにした。《福井新聞》

1998 平成10年10月24日(土) 平成3577日目

【ベト君・ドク君】ホーチミンで分離10年記念式典

【プロ野球・日本シリーズ第5戦】西武5−17横浜:横浜が王手

【公明党】3年10ヶ月ぶりに復活へ

新党平和と公明は24日午後、都内の公明会館で来月7日に旗揚げする合流新党の名称について投票を行い、「公明党」と決定した。1994年12月、新進党結成に伴って消滅した「公明党」の名称が3年10ヶ月ぶりに復活することになった。《福井新聞》

広告




1997 平成9年10月24日(金) 平成3212日目

【岩国基地】離陸直後の米軍機が海に墜落

【プロ野球・横浜】新監督に権藤博氏

【橋本龍太郎首相】サウジ投資促進へ調整を指示

橋本龍太郎首相は24日までに、来月7日からのサウジアラビア訪問の際、同国への民間投資促進のため投資保護協定の締結を提案する方向で、関係各省に調整を指示した。同国では若年層の失業問題が深刻で、日本からの新規投資を増加させたいとの強い要望にこたえるためだ。《福井新聞》

1996 平成8年10月24日(木) 平成2847日目

【金沢市民芸術村】オープン

【プロ野球日本シリーズ第5戦】オリックス(仰木彬監督)初の日本一

24日、監督として3度目の日本シリーズ挑戦で、オリックス・仰木彬監督が初めて宙に舞った。オリックス・仰木監督と巨人・長嶋監督、イチローと松井の対決など話題の多かったプロ野球日本シリーズはオリックスが4勝1敗で初の日本一に輝いた。《福井新聞》

【新進党】反党的行為で熊谷弘衆議を除名

新進党は24日の五役会議で、自民党との連携を目指して新進党議員に離党を働き掛けたとされる熊谷弘元官房長官を「反党的行為があった」として除名。小沢一郎党首、西岡武夫幹事長が深夜、党本部で熊谷氏に除名処分を通告した。《福井新聞》

1995 平成7年10月24日(火) 平成2481日目

【 JR北海道・四国・九州】運賃値上げを運輸省に申請

【プロ野球・沢村賞】巨人・斎藤雅樹投手

【地下鉄サリン事件】初公判

地下鉄サリン事件の殺人、殺人未遂罪など5事件で起訴されたオウム真理教の事実上の「法皇内庁長官」中川智正被告(32)の初公判が24日、東京地裁(池田修裁判長)で開かれた。

検察側は冒頭陳述で警察の強制捜査が迫ったのを察知した教祖の麻原彰晃被告(40)=殺人罪などで起訴=が、警察に打撃を与え首都中心部を大混乱に陥れようと、地下鉄でサリンをまくことを決意し信者らに実行させた、と指摘。1万件を超える証拠を提出した。《福井新聞》

1994 平成6年10月24日(月) 平成2116日目

【サッカー・植田直通さん】誕生日

【貴乃花・若乃花】貴ノ花・若ノ花が改名

【沢村賞】中日・山本昌広投手

【村山富市首相】社会党解党も示唆

村山首相は24日昼、社会党の全国選対責任者会議が、久保書記長の「民主主義・リベラル新党」構想を了承したことに関連して「状況にもよるが、社民リベラルの勢力を結集していくことは、新党をつくっていくということにもなるだろう」と、久保構想に同調する姿勢を示した。

その上で首相は「社会党が今のままで発展性がなくなって、社民リベラル勢力を結集する状況になれば、その時は解党することもあり得る。新しい流れに入っていくということで、そういうこと(新党)にもなるだろう」と述べ、社会党の発展的解消と、新党結成の可能性に言及した。《福井新聞》

1993 平成5年10月24日(日) 平成1751日目

【プロ野球コミッショナー事務局】FA資格取得選手60人を公示

【鈴鹿サーキット】テレビカメラが落下、F1観戦客3人が重軽傷

【F1日本GP】アイルトン・セナ選手が優勝

自動車のフォーミュラワン(F1)シリーズ第15戦、日本グランプリ(GP)最終日は24日、三重県の鈴鹿サーキットで24台による53周の決勝レースを行い、マクラーレン・フォードのアイルトン・セナ(ブラジル)が1時間40分27秒912、平均時速185.612キロで優勝した。完走は14台だった。《福井新聞》

1992 平成4年10月24日(土) 平成1386日目

【MLBワールドシリーズ】ブルージェイズが初優勝

【故・服部剛丈さん】日本人留学生射殺事件:両親と共に無言の帰国

【天皇皇后両陛下】中国・李鵬首相と会見

中国訪問中の天皇、皇后両陛下は24日午後、宿泊先の釣魚台迎賓館に李鵬首相夫妻を招き、約30分間会見された。1989年4月の来日時に陛下と会見した李鵬首相は「月日のたつのは早いものです。北京でお会いでき格別の思いです」とあいさつすると陛下も「再びお目にかかれてうれしく思います」と笑顔で応じられた。《共同通信》

1991 平成3年10月24日(木) 平成1020日目

【秋篠宮さま】第一子「私に似てかわいい」

長女を出産したばかりの秋篠宮紀子さまに付き添うように皇居の宮内庁病院で一夜を過ごした秋篠宮さまは24日朝、病院玄関前で報道陣の問いに「かわいい顔をして……私に似て……」とひと言父親になった感想を述べられた。《福井新聞》

【天皇皇后両陛下】初孫とご対面

天皇、皇后両陛下は24日夜、皇太子さまとともに皇居内の宮内庁病院で長女を出産した秋篠宮妃紀子さまを見舞い、病院で初孫と対面された。午後8時すぎ、秋篠宮ご夫妻が両陛下、皇太子さまに眠っている赤ちゃんを紹介。両陛下は紀子さまにねぎらいの言葉をかけられた。《福井新聞》

1990 平成2年10月24日(水) 平成655日目

【日産・プレジデント】フルモデルチェンジ

NI_S004_F001_M001_1_L
http://www.carsensor.net/

【 ZUTTO】永井真理子、12枚目のシングル発売

【愛しい人よGood Night…】B’z、7枚目のシングル発売

【ソ連】1年ぶりに核実験を再開

【プロ野球・巨人】山倉和博捕手が現役引退を表明

【プロ野球・日本シリーズ】西武(森祇晶監督)が巨人に4連勝、6度目の日本一

1990年プロ野球日本シリーズ西武ー巨人第4戦は24日、西武球場で行われ、西武が7−3で勝ち、シリーズ史上30年ぶり3度目の第1戦からの4連勝を達成。88年以来通算6度目、前身の西鉄時代を含め9度目の王座に就いた。《福井新聞》

1989 平成元年10月24日(火) 平成290日目

【茨城・北茨城市】常磐線で貨物列車脱線

【千葉・船橋市】出庫中の電車同士が衝突

【レーガン前米大統領】日本シリーズ第3戦始球式に登場

【プロ野球日本シリーズ第3戦】近鉄3−0巨人:近鉄が3連勝

【海部俊樹首相】東欧訪問を検討

海部首相は24日午前の参院予算委員会で、公明党の太田淳夫氏の質問に対して年明けの外遊日程について「性格に詳しいにっていを発表したわけでも、あるわけでもない」としながらも「1月の(国会の)休会中は歴代の首相が懸案を片付けるため外遊している。外相に検討を要請している」と述べ、1月の東欧訪問を検討中であることを公式に明らかにした。

Last updated:Thursday, June 15, 2017

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

その日のできごと

1月1日(1/366)

1月2日(2/366)

1月3日(3/366)

1月4日(4/366)

1月5日(5/366)

1月6日(6/366)

1月7日(7/366)

1月8日(8/366)

1月9日(9/366)

1月10日(10/366)

1月11日(11/366)

1月12日(12/366)

1月13日(13/366)

1月14日(14/366)

1月15日(15/366)

1月16日(16/366)

1月17日(17/366)

1月18日(18/366)

1月19日(19/366)

1月20日(20/366)

1月21日(21/366)

1月22日(22/366)

1月23日(23/366)

1月24日(24/366)

1月25日(25/366)

1月26日(26/366)

1月27日(27/366)

1月28日(28/366)

1月29日(29/366)

1月30日(30/366)

1月31日(31/366)

2月1日(32/366)

2月2日(33/366)

2月3日(34/366)

2月4日(35/366)

2月5日(36/366)

2月6日(37/366)

2月7日(38/366)

2月8日(39/366)

2月9日(40/366)

2月10日(41/366)

2月11日(42/366)

2月12日(43/366)

2月13日(44/366)

2月14日(45/366)

2月15日(46/366)

2月16日(47/366)

2月17日(48/366)

2月18日(49/366)

2月19日(50/366)

2月20日(51/366)

2月21日(52/366)

2月22日(53/366)

2月23日(54/366)

2月24日(55/366)

2月25日(56/366)

2月26日(57/366)

2月27日(58/366)

2月28日(59/366)

2月29日(60/366)

3月1日(61/366)

3月2日(62/366)

3月3日(63/366)

3月4日(64/366)

3月5日(65/366)

3月6日(66/366)

3月7日(67/366)

3月8日(68/366)

3月9日(69/366)

3月10日(70/366)

3月11日(71/366)

3月12日(72/366)

3月13日(73/366)

3月14日(74/366)

3月15日(75/366)

3月16日(76/366)

3月17日(77/366)

3月18日(78/366)

3月19日(79/366)

3月20日(80/366)

3月21日(81/366)

3月22日(82/366)

3月23日(83/366)

3月24日(84/366)

3月25日(85/366)

3月26日(86/366)

3月27日(87/366)

3月28日(88/366)

3月29日(89/366)

3月30日(90/366)

3月31日(91/366)

4月1日(92/366)

4月2日(93/366)

4月3日(94/366)

4月4日(95/366)

4月5日(96/366)

4月6日(97/366)

4月7日(98/366)

4月8日(99/366)

4月9日(100/366)

4月10日(101/366)

4月11日(102/366)

4月12日(103/366)

4月13日(104/366)

4月14日(105/366)

4月15日(106/366)

4月16日(107/366)

4月17日(108/366)

4月18日(109/366)

4月19日(110/366)

4月20日(111/366)

4月21日(112/366)

4月22日(113/366)

4月23日(114/366)

4月24日(115/366)

4月25日(116/366)

4月26日(117/366)

4月27日(118/366)

4月28日(119/366)

4月29日(120/366)

4月30日(121/366)

5月1日(122/366)

5月2日(123/366)

5月3日(124/366)

5月4日(125/366)

5月5日(126/366)

5月6日(127/366)

5月7日(128/366)

5月8日(129/366)

5月9日(130/366)

5月10日(131/366)

5月11日(132/366)

5月12日(133/366)

5月13日(134/366)

5月14日(135/366)

5月15日(136/366)

5月16日(137/366)

5月17日(138/366)

5月18日(139/366)

5月19日(140/366)

5月20日(141/366)

5月21日(142/366)

5月22日(143/366)

5月23日(144/366)

5月24日(145/366)

5月25日(146/366)

5月26日(147/366)

5月27日(148/366)

5月28日(149/366)

5月29日(150/366)

5月30日(151/366)

5月31日(152/366)

6月1日(153/366)

6月2日(154/366)

6月3日(155/366)

6月4日(156/366)

6月5日(157/366)

6月6日(158/366)

6月7日(159/366)

6月8日(160/366)

6月9日(161/366)

6月10日(162/366)

6月11日(163/366)

6月12日(164/366)

6月13日(165/366)

6月14日(166/366)

6月15日(167/366)

6月16日(168/366)

6月17日(169/366)

6月18日(170/366)

6月19日(171/366)

6月20日(172/366)

6月21日(173/366)

6月22日(174/366)

6月23日(175/366)

6月24日(176/366)

6月25日(177/366)

6月26日(178/366)

6月27日(179/366)

6月28日(180/366)

6月29日(181/366)

6月30日(182/366)

7月1日(183/366)

7月2日(184/366)

7月3日(185/366)

7月4日(186/366)

7月5日(187/366)

7月6日(188/366)

7月7日(189/366)

7月8日(190/366)

7月9日(191/366)

7月10日(192/366)

7月11日(193/366)

7月12日(194/366)

7月13日(195/366)

7月14日(196/366)

7月15日(197/366)

7月16日(198/366)

7月17日(199/366)

7月18日(200/366)

7月19日(201/366)

7月20日(202/366)

7月21日(203/366)

7月22日(204/366)

7月23日(205/366)

7月24日(206/366)

7月25日(207/366)

7月26日(208/366)

7月27日(209/366)

7月28日(210/366)

7月29日(211/366)

7月30日(212/366)

7月31日(213/366)

8月1日(214/366)

8月2日(215/366)

8月3日(216/366)

8月4日(217/366)

8月5日(218/366)

8月6日(219/366)

8月7日(220/366)

8月8日(221/366)

8月9日(222/366)

8月10日(223/366)

8月11日(224/366)

8月12日(225/366)

8月13日(226/366)

8月14日(227/366)

8月15日(228/366)

8月16日(229/366)

8月17日(230/366)

8月18日(231/366)

8月19日(232/366)

8月20日(233/366)

8月21日(234/366)

8月22日(235/366)

8月23日(236/366)

8月24日(237/366)

8月25日(238/366)

8月26日(239/366)

8月27日(240/366)

8月28日(241/366)

8月29日(242/366)

8月30日(243/366)

8月31日(244/366)

9月1日(245/366)

9月2日(246/366)

9月3日(247/366)

9月4日(248/366)

9月5日(249/366)

9月6日(250/366)

9月7日(251/366)

9月8日(252/366)

9月9日(253/366)

9月10日(254/366)

9月11日(255/366)

9月12日(256/366)

9月13日(257/366)

9月14日(258/366)

9月15日(259/366)

9月16日(260/366)

9月17日(261/366)

9月18日(262/366)

9月19日(263/366)

9月20日(264/366)

9月21日(265/366)

9月22日(266/366)

9月23日(267/366)

9月24日(268/366)

9月25日(269/366)

9月26日(270/366)

9月27日(271/366)

9月28日(272/366)

9月29日(273/366)

9月30日(274/366)

10月1日(275/366)

10月2日(276/366)

10月3日(277/366)

10月4日(278/366)

10月5日(279/366)

10月6日(280/366)

10月7日(281/366)

10月8日(282/366)

10月9日(283/366)

10月10日(284/366)

10月11日(285/366)

10月12日(286/366)

10月13日(287/366)

10月14日(288/366)

10月15日(289/366)

10月16日(290/366)

10月17日(291/366)

10月18日(292/366)

10月19日(293/366)

10月20日(294/366)

10月21日(295/366)

10月22日(296/366)

10月23日(297/366)

10月24日(298/366)

10月25日(299/366)

10月26日(300/366)

10月27日(301/366)

10月28日(302/366)

10月29日(303/366)

10月30日(304/366)

10月31日(305/366)

11月1日(306/366)

11月2日(307/366)

11月3日(308/366)

11月4日(309/366)

11月5日(310/366)

11月6日(311/366)

11月7日(312/366)

11月8日(313/366)

11月9日(314/366)

11月10日(315/366)

11月11日(316/366)

11月12日(317/366)

11月13日(318/366)

11月14日(319/366)

11月15日(320/366)

11月16日(321/366)

11月17日(322/366)

11月18日(323/366)

11月19日(324/366)

11月20日(325/366)

11月21日(326/366)

11月22日(327/366)

11月23日(326/366)

11月24日(329/366)

11月25日(330/366)

11月26日(331/366)

11月27日(332/366)

11月28日(333/366)

11月29日(334/366)

11月30日(335/366)

12月1日(336/366)

12月2日(337/366)

12月3日(338/366)

12月4日(339/366)

12月5日(340/366)

12月6日(341/366)

12月7日(342/366)

12月8日(343/366)

12月9日(344/366)

12月10日(345/366)

12月11日(346/366)

12月12日(347/366)

12月13日(348/366)

12月14日(349/366)

12月15日(350/366)

12月16日(351/366)

12月17日(352/366)

12月18日(353/366)

12月19日(354/366)

12月20日(355/366)

12月21日(356/366)

12月22日(357/366)

12月23日(358/366)

12月24日(359/366)

12月25日(360/366)

12月26日(361/366)

12月27日(362/366)

12月28日(363/366)

12月29日(364/366)

12月30日(365/366)

12月31日(366/366)

PAGETOP
Copyright © 366 平成の記録 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.