10月19日

10月19日
10月19日 今日は何の日

巨人・原辰徳監督が退任会見(平成27年10月19日)

阪神・金本知憲監督が就任会見(平成27年10月19日)

民主党・藤井裕久代表代行「小泉首相は人殺し礼賛」(平成16年10月19日)

松井秀喜外野手、ワールドシリーズで先制3ラン(平成15年10月19日)

ヤクルト、野村克也氏の監督就任を発表(平成元年10月19日)

転載記事は名前、住所など一部修正、抜粋してあります。

2016 平成28年10月19日(水) 平成10147日目

【安倍晋三首相】ブラジル・テメル大統領と会談

安倍晋三首相は19日、ブラジルのテメル大統領と首相官邸で会談し、ブラジルのインフラ整備を促進するための作業部会を設置することで合意した。首相は共同記者発表で「経済関係を一層強化していく」と述べ、テメル氏は「ブラジルへの新たな投資もお願いしたい」と語った。《毎日新聞》

2015 平成27年10月19日(月) 平成9781日目

【500 TYPE EVA】JR西日本が公開:営業運転は11月7日〜

hqdefault
https://www.youtube.com/

JR西日本は19日、11月7日から運行を始めるアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の­デザインをあしらった500系山陽新幹線こだま号を報道陣に公開した。運転期間は 2017年3月までで、新大阪―博多間を1日1往復する予定。《共同通信》

【プロ野球・巨人】原辰徳監督が退任会見

巨人の原辰徳監督(57)が19日、都内の読売新聞本社内で退任会見に臨んだ。17日のクライマックスシリーズ・ファイナルS第4戦(神宮)で敗戦後、球団側に辞意を伝えていたが、この日の会見前には渡辺恒雄球団最高顧問らに会い、あらためて直接、辞意を伝え、受理された。

白石興二郎オーナー、久保博球団社長とともに、黒のスーツに真っ白のシャツ、そして巨人のチームカラーである橙(だいだい)色のネクタイを結んで会見に臨んだ原監督は「きょう改めて(辞意を)渡辺主筆、白石オーナーにお伝えし、退任する運びとなりました。ファンの皆様、スタッフの皆様、選手、皆々様に感謝の思いでいっぱいです」と述べ、「ここ3年ほどチーム力が低下しており、この辺が潮時ではないかと、新陳代謝することの方が、新監督のもとチームを託す方が正しい選択ということになりました」と語った。《スポニチ》

【プロ野球・阪神】金本知憲監督が就任会見

プロ野球阪神の金本知憲新監督(47)が19日、大阪市内のホテルで就任記者会見に臨み「やってやろうという、すごく強い気持ちがある。何とかこのチームを強くしたい。それしか思っていない」と言葉に力を込めて意気込みを語った。

3年契約で年俸は1億2000万円、背番号は未定。22日のドラフト会議に出席し、抽選の場合はくじを引く。10年連続でリーグ優勝から遠ざかるチームを託された「鉄人」は「勝ちながら再建できるように、そこを目指していく」と言い切った。「見ていて面白い、わくわくするような。結束力のある戦う集団」にしていく青写真を披露した。《サンスポ》

【ボクシング・山崎静代選手】引退会見

お笑いコンビ、南海キャンディーズの「しずちゃん」こと、アマチュアボクシング女子ミドル級の山崎静代選手(36=よしもとクリエイティブ・エージェンシー)が19日、大阪市内で引退会見を開いた。「ボクシングがなかったら、私の人生、今がなかったし、これから仕事をしていく上でも、自信をもたせてくれた」 引退を決めた理由には「心と体がついていかなくなった」とし、昨年11月の世界選手権で「世界の壁に当たった」と感じたことが大きかったという。《日刊スポーツ》

2014 平成26年10月19日(日) 平成9416日目

【 B-1グランプリin郡山】十和田バラ焼きゼミナール、ゴールドグランプリ獲得

【横須賀海保】エアマットで漂流した19歳大学生を救助

横須賀海上保安部は19日、神奈川県葉山町の沖合約3キロの海上をエアマットで漂流していた東京都杉並区、大学1年の男子(19)を救助し、大学生と保護者を厳重注意したと発表した。

同海保によると、大学生は同日午前6時、葉山町の森戸神社付近の海岸から1人でエアマットに乗って出発し、沖合の無人島「名島」を目指したが漂流。約1時間40分後、自ら119番通報して救助を求め、同海保、町消防、葉山署、葉山港管理事務所から12人と船1艇が出て救助した。

大学生は冒険サークルに所属しており、名島を探検しようと考えていたという。オールも無く、棒で海底を突いて進もうとしていたが、見つかった場所は水深約70メートルだった。救命胴衣は着ておらず、マットから海中に落ちなかったため、大事に至らなかったとみられるという。《朝日新聞》

【男子ゴルフ日本オープン】池田勇太選手が初優勝

男子ゴルフの国内メジャー第3戦、第79回日本オープン選手権最終日は19日、千葉CC梅郷(7081ヤード、パー70)で行い、3打差で首位発進した池田勇太(28)が2バーディー、2ボギー、1ダブルボギーの72とスコアを2打落としながらも通算10アンダー、270で逃げ切り、大会初制覇を果たした。優勝賞金4000万円と5年間のシード権を獲得。昨年11月のマイナビABC選手権以来、ツアー通算12勝目で、09年日本プロに次ぎメジャー2勝目。《日経新聞》

【ちばアクアラインマラソン・ハーフマラソンの部】川内優輝選手が圧勝

男子マラソンの川内優輝(27=埼玉県庁)が19日、ちばアクアラインマラソンのハーフマラソンの部に出場し、1時間4分22秒で2位に5分以上の差をつけて圧勝。「きょうは楽しくて、ニヤニヤしながら走ってました!ペースを落とさず終盤も上げてこられた」とさわやかな笑みを浮かべた。《スポニチ》

【サッカー・本田圭佑選手】セリエAで初の1試合2得点

ベローナ1-3ACミラン◇19日◇ベローナ

ACミランの日本代表FW本田圭佑(28)がアウェーのベローナ戦で先発。3トップで本田が右のFW、中央にFWフェルナンドトレス、左にFWエルシャーラウィが入った。1-0の前半27分にエルシャーラウィのパスを本田が左足ダイレクトでゴール左に決め、2試合連続の今季5点目を挙げた。後半11分にはスルーパスに抜け出し、左足でこの試合2点目。セリエAで初の複数ゴールで、今季得点を6まで伸ばした。《日刊スポーツ》

【競馬・秋華賞】3番人気のショウナンパンドラが優勝

第19回秋華賞(19日・京都11R2000メートル芝18頭、G1)3歳牝馬3冠レース最終戦は、3番人気のショウナンパンドラ(浜中俊騎乗)が1分57秒0で優勝し、G1初勝利を挙げるとともに1着賞金8900万円を獲得した。《共同通信》

2013 平成25年10月19日(土) 平成9051日目

【 TOHOKU EMOTION】移動するレストラン、JR八戸線で運転開始

【ソフトバンク】米ブライトスター社買収を発表

ソフトバンクは19日、携帯端末の卸売事業大手の米ブライトスターを買収すると正式発表した。12月までに同社の株式の約57%を取得して子会社にし、最終的に約70%まで引き上げることで同社と合意した。投資額は約12億6000万ドル(約1234億円)となる。ブライトスターはメーカーから携帯端末を調達し、通信会社に販売する世界大手。ソフトバンクは卸売事業に参入するとともに、自社の端末調達コストの削減につながるとみている。《日経新聞》

【伊豆大島】2300人に避難勧告

台風26号の豪雨による大規模な土石流が発生した東京・伊豆大島(大島町)で、20日にかけて雨が強まり、土砂崩れなど二次災害の恐れがあるとして、同町の川島理史町長は19日夕、町内2地区の約1200世帯、約2300人を対象に避難勧告を出した。町によると、同日午後10時時点で990人が町が設けた避難所6カ所に避難し、不安な夜を過ごした。

警視庁や東京消防庁、自衛隊などは避難勧告を受け、計千人を超える態勢で夜を徹して続けてきた捜索を中断した。大島町では19日午後から雨が断続的に降り、風も強まった。気象庁は同日夕、大島町に大雨注意報を出し、土砂災害への注意も呼び掛けた。《日経新聞》

【安倍晋三首相】福島県を視察


http://www.kantei.go.jp/

安倍晋三首相は19日、福島県相馬市の松川浦漁港を訪れ、底引き網漁を視察した。同漁港は東京電力福島第1原子力発電所の汚染水漏れを受け、操業を一時停止していたが9月下旬から試験的に再開している。

首相は水産物の放射能検査の状況について説明を受けた後、地元住民らを前に「正しい発信をして風評被害を払拭していきたい」と表明。水揚げされたシラスやタコなどを試食し「全国の皆さんに、おいしく安全だと知ってもらいたい」と安全性をアピールした。《日経新聞》

【作家・連城三紀彦さん】死去

「恋文」「戻り川心中」などの小説で知られる直木賞作家の連城三紀彦さんが19日午前11時25分、名古屋市の病院で死去した。65歳。名古屋市出身。葬儀・告別式は近親者で済ませた。

早稲田大を卒業後、名古屋市で塾講師を務めながら推理小説を書いた。1981年、大正期の歌人を主人公に据えたミステリー「戻り川心中」で日本推理作家協会賞短編賞を受賞。84年には恋愛短編集「恋文」で直木賞を受けた。40歳を前に僧侶に。近年は寡作で、胃がん療養中だった。

2012 平成24年10月19日(金) 平成8686日目

【おい小池!】殺人容疑で指名手配中の容疑者が岡山市内で病死

徳島県警は20日、2001年に徳島市で起きた父子殺害事件で、長男への殺人容疑で指名手配し「おい、小池!」のポスターを作製して行方を追っていた小池俊一容疑者(52)が、岡山市で19日に死亡したと明らかにした。心臓疾患による病死とみられる。《日経新聞》

【週刊朝日】橋下氏出自めぐる記述不適切で連載中止

「週刊朝日」が橋下徹大阪市長の出自を巡る連載記事を掲載し、橋下氏が朝日新聞社の取材を拒んでいる問題で、出版元の朝日新聞出版は19日、「不適切な表現が複数あった」として橋下氏に謝罪し、同連載を打ち切ると発表した。

同社が発表したコメントで河畠大四・週刊朝日編集長は「連載は継続できないとの最終判断に至った。橋下市長や関係者に深くおわび申し上げる」と謝罪。「全責任は当編集部にあり、再発防止に努める」とした。《日経新聞》

【東京大学】iPS細胞に関し虚偽の発表、研究員を懲戒解雇

東京大は19日、人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使った治療を行ったと発表したM同大医学部付属病院特任研究員(48)を同日付で懲戒解雇したと発表した。同大は、iPS細胞から作った心筋細胞を重症の心不全患者に移植する手術を6人の患者に実施したとする森口氏の発表について、少なくとも5件は虚偽だったと認定。大学の名誉や信用を著しく傷つけたとして、懲戒解雇処分とした。《時事通信》

【PC遠隔操作事件】三重県警が男性に謝罪

パソコン(PC)の遠隔操作事件で三重県警は19日、伊勢神宮の破壊予告事件で逮捕した男性(28)=その後釈放=と両親に、誤認逮捕を認めて謝罪した。

一連の犯罪予告事件では、4都府県の警察に逮捕された男性4人が誤認逮捕だった可能性が高まっていたが、正式に謝罪したのは三重が初めて。

大阪府警も同日、大阪市のホームページに大量殺人予告が書き込まれた事件で逮捕、起訴された同府吹田市の北村真咲さん(43)の誤認逮捕を認め、謝罪する方針を示した。大阪地検は同日、起訴を取り消した。警視庁と神奈川県警も近く、誤認逮捕を謝罪する。《共同通信》

2011 平成23年10月19日(水) 平成8320日目

【福島県警】酒酔い運転で31歳須賀川市議を逮捕

福島県警須賀川署は19日、道交法違反(酒酔い運転)の疑いで、同県須賀川市、須賀川市議、A容疑者(31)を逮捕した。逮捕容疑は18日午後7時50分ごろ、同市桙衝古館の市道で、酒に酔って乗用車を運転したとしている。A容疑者はガードレールに衝突、駆け付けた警察官が飲酒運転を確認した。同署によると、「18日夕に市内で酒を飲んだ」と供述している。須賀川市議会事務局によると、A容疑者は9月4日の市議選で初当選した。《産経新聞》

【DeNA】横浜球団買収へ

プロ野球の横浜ベイスターズを保有するTBSホールディングス(HD)が、球団売却で携帯電話向けソーシャルゲームサイト「Mobage(モバゲー)」を運営するディー・エヌ・エー(DeNA)と大筋で合意していることが19日、複数の関係者の話で分かった。DeNAは「交渉中であるのは事実」として買収交渉を認めた。

本拠地は横浜に残す方向で、最終的には両社が取締役会を開いた後に正式に発表する見通し。ただ、継続中の交渉について、TBSHD幹部は「もう少し時間がかかりそうだ」と話し、DeNAは「現時点では何ら決定いたしておりません」としている。《共同通信》

【野田佳彦首相】韓国・李明博大統領と会談

野田佳彦首相は19日、李明博大統領とソウルの青瓦台(大統領官邸)で会談し、欧州金融不安を受けたウォン安回避に向け、韓国への資金支援枠を現行の130億ドルから700億ドルに拡大することで合意した。中断している経済連携協定(EPA)締結交渉については早期再開を目指した実務協議の加速で一致した。

首相は未来志向の関係強化策の一環として「朝鮮王室儀軌」など朝鮮半島由来の図書計1205冊のうち5冊を引き渡した。首脳同士が相互訪問するシャトル外交の活発化でも一致し、首相は大統領の国賓としての早期訪日を招請。《共同通信》

2010 平成22年10月19日(火) 平成7955日目

【パ・リーグCS】ロッテ、日本シリーズ進出

プロ野球クライマックスシリーズ(CS)は19日、ヤフードームでパ・リーグのファイナルステージ(6試合制)のソフトバンク(リーグ優勝)―ロッテ(同3位)第6戦を行い、ロッテが7―0でソフトバンクを下し、5年ぶりの日本シリーズ出場を決めた。リーグ3位のチームの日本シリーズ進出は初めて。

ロッテは5回、ソフトバンク先発の杉内を攻め、二死満塁から連続死四球、今江の2点適時打で4点先行。8回には大松の2ランなどで加点し、ソフトバンクを突き放した。先発成瀬は4安打完封、ファイナルステージ2勝目を挙げた。《日経新聞》

【阪神・星野仙一SD】退団表明「野球がしたい」

阪神星野仙一オーナー付シニアディレクター(63=SD)が19日、大阪市北区のホテルで行われた会見で退団を表明し、楽天からの監督就任要請を受諾する発言を行った。坂井信也オーナー(62)と会談した12日に退団を申し入れた同氏は「ぼくは野球がしたい。甲子園で日本シリーズを戦いたい」と話した。タテジマと決別し、近日中に行われる楽天との正式交渉に臨む。

タテジマと別れを告げる星野氏の目には、うっすらと涙が浮かんだ。田舎育ちで甲子園にあこがれた少年時代。熱血漢で低迷したチームを劇的優勝に導いた反骨心。この日、退団を正式表明した会見で「本当にタイガースファンには愛されてきた。感謝の言葉しかない」としみじみと語った。《日刊スポーツ》

【 J1・大宮】観客者数を水増し

J1大宮アルディージャの渡辺誠吾社長(55)は19日、さいたま市内で記者会見し、2007年11月からの主催試合でリーグの統一基準に反して水増しした不正確な入場者数の発表を続けていたことを認めた。渡辺社長は辞任する意向を示した上で、入場者数の計算を行っていたクラブ幹部2人を解任することを明らかにした。渡辺社長によると、ホーム競技場のNACK5スタジアム大宮が使用可能となった07年11月以降、幹部2人が着席状況やイベントの参加人数などを目算、推計し入場ゲート通過者に上乗せして公式入場者数を水増ししていた。《日刊スポーツ》

2009 平成21年10月19日(月) 平成7590日目

【トヨタ・マークX】2代目発売

【広島地裁】少年院で収容少年らに暴行、43歳元教官に懲役9ヶ月

【MLB・マリナーズ】城島健司選手の退団を発表

マリナーズは19日(日本時間20日)、城島健司捕手(33)の退団を発表した。城島は日本でのプレーを希望している。球団によると、城島は2008年4月に結んだ総額2400万ドル(約22億円)の3年契約が2年残っているものの、家庭の事情などがある場合は、契約を解除できる条項が盛り込まれており、家族や友人のいる日本でプレーするために退団を申し出た。

城島は05年秋にマリナーズと3年総額1650万ドルで契約し、06年から日本選手では初めての「大リーグ捕手」としてプレー。1年目にア・リーグ新人捕手としては最多の147安打を記録するなど攻守に優れた捕手として評価された。しかし、今季は太もも肉離れや左足親指骨折などで71試合出場にとどまり、打率2割4分7厘、9本塁打、22打点だった。

2008 平成20年10月19日(日) 平成7225日目

【京阪・中之島線】天満橋〜中之島:開業

【麻生太郎首相】航空観閲式に出席

麻生太郎首相は19日、茨城県の航空自衛隊百里基地で行われた航空観閲式に出席し、訓示した。 インド洋での海上自衛隊による給油活動について「多くの国が犠牲を出しながらアフガニスタンへのかかわりを増やそうとしている。日本が活動から手を引く選択はない」と述べ、継続の必要性を重ねて強調した。

同時に「今後も『テロとの戦い』をはじめとする国際平和協力活動に主体的、積極的に取り組んでいく必要がある」と表明した。《共同通信》

広告




10月18日 > 10月19日 > 10月20日

2007 平成19年10月19日(金) 平成6859日目

【東京地裁】女性4人を相次いで監禁、26歳被告に懲役14年

東京と青森で計4人の女性を監禁し、けがをさせたとして監禁致傷罪などに問われた無職A被告(26)に、東京地裁(高橋徹裁判長)は19日、「複数の年若い女性を次々と監禁し、暴力や性的行為を繰り返した。反省の姿勢は全くうかがえず、刑事責任は重い」として、懲役14年(求刑懲役15年)の判決を言い渡した。

A被告は「女性と一緒にいたが、いつでも離れられる状態で監禁はしていない。暴行も脅しもしていない」などと無罪を主張。検察側は論告で「最長116日間も監禁した犯罪史上まれに見る悪質な犯行。“監禁王子事件”として報道され、社会に大きな衝撃を与えた」と指摘していた。

論告によると、A被告は2003年12月-04年12月、青森県や東京都の自宅などで、当時10-20代の女性4人に「逃げたら殺す」「ご主人さまの言うことが聞けないのか」と言って脅し、殴るなどして相次いで監禁。心的外傷後ストレス障害(PTSD)などを負わせた。

A被告は北海道江別市の自宅で同居の女性2人を殴るなどしたとして傷害や暴行などの罪で03年、札幌地裁で懲役3年、執行猶予5年の判決を受けていた。《日刊スポーツ》

【町村信孝官房長官】「解散発言」舛添厚労相を注意

町村信孝官房長官は19日午前の閣僚懇談会で、舛添要一厚労相に対して衆院解散に関する発言をしないよう注意した。舛添氏は18日夜に都内で開かれた故橋本龍太郎元首相をしのぶ会のあいさつで「早ければ年内にも解散・総選挙があるのではないか。いつあってもおかしくない」と指摘していた。

閣僚懇で町村氏は、衆院解散が福田康夫首相の専権事項であることを踏まえ「首相以外の者が解散に触れるのは不適切だ」と強調。舛添氏は「慎重さを欠いた」と陳謝した。《福井新聞》

2006 平成18年10月19日(木) 平成6494日目

【世界体操個人総合】冨田洋之選手が銀メダル獲得

【大阪地裁】寝屋川教職員殺傷事件:18歳少年に懲役12年

大阪府寝屋川市立中央小学校の教職員殺傷事件で、殺人などの罪に問われた卒業生の少年(18)に対し、大阪地裁は19日、懲役12年(求刑・無期懲役)の判決を言い渡した。弁護側は少年の広汎性発達障害を踏まえ、少年法55条に基づく家裁移送の決定を求めていたが、横田信之裁判長はこれを退けた。《毎日新聞》

【安倍晋三首相】米・ライス国務長官と会談

安倍晋三首相は19日午前、ライス米国務長官と官邸で会談した。北朝鮮の核実験に対する国連安全保障理事会の制裁決議を着実に実行するため、日米韓3カ国の連携を強化し、対応していくことを確認した。

北朝鮮問題の解決で、中国の役割が極めて重要との認識でも一致、あらためて中国の外交努力への期待感を示した。《福井新聞》

2005 平成17年10月19日(水) 平成6129日目

【ナ・リーグ】アストロズが初優勝

【岐阜家裁】息子2人を持つ男性が「性別変更」申し立て

心と体の性が一致しない性同一性障害の岐阜県羽島市、会社員、M子さん(44)が19日、岐阜家裁に、男性から女性へ性別を変更するため、戸籍法に基づく戸籍訂正と性同一性障害特例法に基づく性別変更を申し立てた。M子さんは昨年12月にも戸籍法に基づき同様の申し立てをしたが、今月5日に岐阜家裁で却下されていた。

M子さんは01年11月に性同一性障害と診断され、03年3月に戸籍上の名前を変更、同7月に性別適合手術を終えた。昨年7月施行の特例法は、子どもの福祉に影響することを理由に、子どもがいないことを性別変更の条件としている。M子さんには14歳と12歳の男子がいるが、2人ともM子さんを母親と認め、逆に戸籍上の性別変更ができないことに戸惑いを感じていると主張している。《毎日新聞》

【サダム・フセイン元イラク大統領】初公判で無罪主張

多数の住民虐殺などを指示したとして、戦争犯罪で起訴されたイラクのサダム・フセイン元大統領(68)の初公判が19日、バグダッドの特別法廷で開かれた。フセイン被告は統治の正当性を主張し全面的に争う方針。有罪判決の場合は死刑が有力視される。2003年のイラク戦争で政権の座を追われ、同年12月に米軍に拘束されて約1年10カ月ぶり。

24年にわたる「独裁政権の罪」を問う歴史的な裁判の行方は、新憲法案の国民投票を終えたばかりのイラク政情にも影響を与えそうだ。ただ被告弁護人のドレイミ氏は、弁護に必要な準備が不足しているとして、開廷直後に3カ月の休廷を求める方針。フセイン被告の罪状認否など実質審理を行う前に休廷する可能性がある。《共同通信》

【小泉純一郎首相】民主・前原代表と党首討論

小泉純一郎と前原誠司民主党代表による初めての党首討論が19日午後、開かれた。首相は自らの靖国神社参拝に中国などが反発していることについて「日中関係は靖国(問題)だけですべて規定されるものではない。総理大臣である小泉純一郎が一国民として参拝し、平和を祈念、戦場で倒れた人に敬意と感謝の誠をささげるものだ」と強く反論した。

前原氏が「(首相は)靖国神社参拝を強行し、日中間の戦略的、包括的対話の道筋が閉ざされた」と批判したのに答えた。《福井新聞》

2004 平成16年10月19日(火) 平成5764日目

【民主党・藤井裕久代表代行】「小泉首相は人殺し礼賛」

民主党の藤井裕久代表代行は19日夜、さいたま市内で講演し、小泉純一郎首相がイラク開戦支持の理由とした大量破壊兵器が存在しなかったにもかかわらず、開戦支持を正当化していることを念頭に「今の首相のやっていることは人殺し礼賛であり、これは許せない」と、首相の外交、安全保障政策を強く批判した。

藤井氏は「世界のリーダーとなった国は尊敬される財産を残すはずだ。日本は環境と平和(の政策)だ。唯一の原爆被爆国なのだから」と強調した。《福井新聞》

【小泉純一郎首相】年金一元化「2008年度までに結論」

小泉純一郎首相は19日の衆院予算委員会で、年金一元化の問題に関連し「厚生年金保険料負担が(年収の)15%を超える2008年度までに良い結論を見出したい、という考えはよく理解できる。与野党間でできるだけ早く議論に入ってほしい」と述べ、08年度までに結論を得ることが望ましいとの考えを初めて表明した。《福井新聞》

2003 平成15年10月19日(日) 平成5398日目

【えちぜん鉄道】京福電鉄(福井)を引き継ぎ全線開業

旧京福越前線を引き継いだ第三セクター・えちぜん鉄道は19日、勝山永平寺線の勝山ー永平寺口間で通常運行をスタートした。これで三国芦原線を含めた全線が開業。二度目の列車正面衝突事故(2001年6月24日)以来、約2年4ヶ月ぶりに鉄路が完全によみがえった。《福井新聞》

【杉原巨久さん】日本全国9649駅全駅下車を勝山駅で達成

全国のJRと私鉄、第三セクター鉄道合わせて9649の「全駅下車」という一風変わった記録に挑戦していた、横浜市中区の会社員で鉄道ファンの杉原巨久さん(55)が19日、最後に残ったえちぜん鉄道の勝山駅で”偉業”を達成。同鉄道の全線開業に花を添えた。《福井新聞》

【MLB】ヤンキース・松井秀喜外野手、ワールドシリーズで先制3ラン

米大リーグ、ニューヨークヤンキースの松井秀喜外野手は19日、ニューヨークのヤンキースタジアムで行われたフロリダ・マーリンズとのワールドシリーズ第2戦の1回に先制の3点本塁打を放ち、日本人選手として初めてのワールドシリーズで本塁打を記録した。《共同通信》

2002 平成14年10月19日(土) 平成5033日目

【田中耕一さん】ノーベル賞受賞決定を故郷富山に報告

ノーベル化学賞の受賞が決まった島津製作所の田中耕一さん(43)=京都市右京区=は19日午後、妻裕子さん(37)と受賞決定後、初めて出身地の富山県に戻り、家族らと受賞の喜びを分かちあった。《福井新聞》

【MLB】新庄剛志外野手、日本人初のワールドシリーズ出場、初安打

02年のワールドシリーズが開幕し、サンフランシスコ・ジャイアンツ(ナ・リーグ)が、アナハイム・エンゼルス(ア・リーグ)に4-3と競り勝った。ジ軍新庄剛志外野手(30)は「9番指名打者」でスタメン出場。第2打席に中前打を放ち、日本人選手初安打を記録した。また、初出場のバリー・ボンズ外野手(38)は、2回表の第1打席で先制アーチを放った。《日刊スポーツ》

【地村保志さん・浜本富貴恵さん】「滞在中に婚姻届を」

朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)から帰国し、小浜市に帰郷中の地村保志さん、浜本富貴恵さん=(47)=夫婦が19日コメントを発表。同市滞在中に婚姻届を出して新しい戸籍を作った上、北朝鮮に残している子供3人の出生届を取り寄せ、日本の法的にはっきりさせたいーとの意向を明らかにした。2人はこれからの対応が「今後、子供たちが帰ってくる上でもプラスになる」とし、永住帰国への意思を強くにじませた。《福井新聞》

2001 平成13年10月19日(金) 平成4668日目

【名古屋高速11号小牧線】小牧南〜小牧IC供用開始

【京福電鉄】福井県内3線の廃線届けを中部運輸局に提出

京福電鉄の石田栄一社長は19日、名古屋市の国土交通省中部運輸局を訪れ、県内の越前線(越前本線、三国芦原線、永平寺線=営業距離計59.2キロ)の廃線届を鉄道事業法に基づき津野田元直局長に提出した。廃線予定日は来年10月21日。

同社は昨年12月と今年6月に2度の正面衝突事故を起こし、6月以降運行を停止している。7月には国土交通省から事業停止命令を受けていた。《福井新聞》

【小泉純一郎首相】景気はさらなる悪化が懸念される状況」

政府は19日、経済財政諮問会議を開き、雇用対策を中心に総額3兆円程度を追加支出する2001年度補正予算案の骨格を了承した。ただ景気刺激効果が薄れることから会議では、今後の景気と経済政策運営に懸念が続出。小泉純一郎首相は、米中枢テロの影響で「景気はさらなる悪化が懸念される状況」との認識を表明した。《福井新聞》

2000 平成12年10月19日(木) 平成4303日目

【滋賀県警】「娘を襲う」などと脅迫電話200回:食糧庁所員逮捕

【森喜朗首相】北方領土問題:2島先行論で交渉

森喜朗首相は19日までに、難航する北方領土交渉を打開するため、二島先行返還を軸に四島返還に道筋を付ける方針を固め、年末から来年初めにロシアを公式訪問する方向でロシア側と調整に入った。複数の政府筋が明らかにした。《福井新聞》

1999 平成11年10月19日(火) 平成3937日目

【東京地検】防衛庁入札談合事件:石油7社の担当者9人逮捕

【プロ野球・近鉄】真弓明信氏の打撃コーチ就任を発表

【西村真吾防衛政務次官】核武装発言

西村真吾防衛政務次官は19日発売の週刊プレイボーイの対談で、日本の防衛政策に関して「日本も核武装したほうがええかもわからんということも国会で検討せなあかんな」と述べ、核武装論議を始めるべきだとの見識を示した。

西村次官は誌上で「個人的見解」としているが、野党側は一斉に反発。同日午後には青木幹雄官房長官と自民党の森喜朗幹事長が首相官邸で対応を協議し、青木長官が20日朝に直接事情を聴くことになった。《福井新聞》

1998 平成10年10月19日(月) 平成3572日目

【奈良地裁】月ヶ瀬村女子中学生殺害事件:被告に懲役18年の判決

【ジャスコ】青森産「落下」リンゴ販売へ

ジャスコは19日、台風10号の影響で落下した青森県産のリンゴを20日から緊急販売すると発表した。津軽地方などの「フジ」や「王林」などを20日から東北、関東の12店舗で販売を始め、22日からは近畿、中部地方など約200店舗で販売する予定。《福井新聞》

【小渕恵三首相】マレーシア・マハティール首相と会談

小渕恵三首相は19日夜、アフリカ開発会議に出席中のマハティール・マレーシア首相らと都内のホテルで会談、アジア経済危機などをめぐり意見交換した。《福井新聞》

1997 平成9年10月19日(日) 平成3207日目

【 F3・横山崇選手】レース中に事故死

【ボクシング・大雅アキラ選手】リング禍で死亡

【社民党】「閣外協力」年内に結論

社民党の伊藤茂幹事長は19日午後、党本部で開かれた党全国組織部長会議であいさつし、橋本内閣への閣外協力について「年末までにこの一年間のメリット、デメリットを政治論として振り返り、決算しなくてはならない。最後は土井たか子投手がどう判断するかだ」と述べ、早ければ年内にも最終態度を決定するとの考えを初めて明確に示した。《福井新聞》

【民主・菅直人代表】社さ早期の与党離脱も

民主党の菅直人代表は19日午後、仙台市で記者会見し、自社さ3党の与党の枠組みについて「来年の参院選まで社民、さきがけ両党が与党のままでいくのかどうか。どこかの時点で別の道を選択するのではないか」と述べ、年内も含めた早い段階で与党離脱もあり得るとの認識を表明した。《福井新聞》

1996 平成8年10月19日(土) 平成2842日目

【第41回衆院選】選挙戦最終日

第41回衆院選は19日、選挙戦最終日を迎え、各党党首、幹部と候補者たちは全国各地を駆け巡り、最後の訴えを行った。自民党の橋本竜太郎総裁(首相)は午前9時すぎから千葉県市川市のJR本八幡駅前を皮切りに同県内を街頭演説。新進党の小沢一郎党首は岩手県二戸市で政権奪取の決意を強調した。民主党の鳩山由紀夫代表は北海道函館市で自民党の過半数阻止と行革断行を訴えた。《福井新聞》

1995 平成7年10月19日(木) 平成2476日目

【群馬県警】公証人役場事務長逮捕監禁致死事件:特別手配中のオウム諜報省幹部を逮捕

【政府】防衛施設庁長官を解任

防衛施設庁の宝珠山昇長官が、沖縄県知事の米軍用地更新手続き拒否をめぐり、古川貞二郎官房副長官と18日会談した際「首相の頭が悪いからこんなことになった。法に基づき、淡々と行動してほしい」と、村山富市首相の対応を批判したことが表面化した。

政府は19日、宝珠山長官が首相を批判、内閣の話し合い解決の方針を踏み出して法的対応を進めるべきとの強硬姿勢を示したことに対し、宝珠山氏を事実上解任した。同氏は午後7時、衛藤征士郎防衛庁長官に辞表を提出、受理された。《福井新聞》

1994 平成6年10月19日(水) 平成2111日目

【誕生日】須賀健太さん《俳優》

【若者のすべて】フジ系連続ドラマ放送開始

【プロ野球・中日】小松辰雄投手が引退を表明、2軍コーチ就任

【秋の園遊会】約1800人が出席

天皇、皇后両陛下主催の秋の園遊会が19日、東京・元赤坂の赤坂御苑で開かれ、村山首相ら政府関係者や、日本人初の女性宇宙飛行士向井千秋さんら各界の功労者約1800人が出席した。《福井新聞》

1993 平成5年10月19日(火) 平成1746日目

【プロ野球・阪神】岡田彰布内野手の退団が決定

阪神の岡田彰布内野手(35)の今季限りの退団が19日、決まった。同選手は来季も現役でプレーすることを希望し、球団側もこの意向に沿い、移籍方法を検討していくことになった。《福井新聞》

【プロ野球・オリックス】仰木彬氏の監督就任を発表

プロ野球オリックスは19日、神戸市内のホテルで前近鉄監督で野球評論家の仰木彬氏(58)の次期監督就任を発表した。契約期間は2年で契約金5000万円、年俸7000万円。《福井新聞》

1992 平成4年10月19日(月) 平成1381日目

【誕生日】志保さん《女優》

【沢村賞】西武・石井丈裕投手

【プロ野球・日本ハム】土橋正幸監督の辞任を発表

【自民党竹下派】金丸前会長の後継者選びが難航

派閥継承をめぐって激しい派内抗争の続く自民党竹下派は19日、派閥事務所で2回にわたって最高幹部会を開き、後継会長選びについて協議した。20日午前に最高幹部会を改めて招集し、候補者の名前を挙げて議論することになった。

ただ「小渕対小沢」でこう着した場合、派内抗争に対する国民世論の反発が高まることも考慮して、羽田孜蔵相の新会長就任を含みとして当面、会長ポストを空席にし、臨時国会後の内閣改造時に新会長を選出するなどの妥協案を模索する動きも出ている。《福井新聞》

1991 平成3年10月19日(土) 平成1015日目

【社会人野球日本選手権】日本石油(神奈川)が初優勝

【プロ野球日本シリーズ第1戦】西武11−3広島

【自民党総裁選挙】告示

自民党総裁選は19日午前10時告示され、宮沢喜一(72)、渡辺美智雄(68)、三塚博(64)の3氏が立候補を届け出、締め切られた。投票日は27日で、党所属国会議員295人と約175万人の党員・党友による投票が行われ、同日中に海部総裁(首相)の後を継ぐ第15代総裁が選出される。《福井新聞》

1990 平成2年10月19日(金) 平成650日目

【誕生日】遠藤聖大さん《相撲》

【誕生日】宮川将さん《野球》

【きょうと号】京都・枚方〜熊本:高速バス運行開始

【埼玉・浦和市】幼稚園で集団下痢、2児の死亡が明らかに

【海部俊樹首相】自衛隊海外派遣「国連加盟時に留保条件はない」

衆院予算委員会が19日開かれ、国連平和協力法案の中心となる自衛隊の海外派遣問題をめぐり論戦が展開された。海部首相は国連加盟に当たって「軍事的協力」を除外する留保条件がついていたかどうかについて「加盟申請時の岡崎外相(当時)の宣言に留保条件が付けられていたとは受け取れない」と述べ、留保条件はないとの見解を改めて強調した。

将来の自衛隊の国連参加問題について工藤内閣法制局長官は「憲法上問題が残るのではないか」と指摘、憲法9条との間で疑義があるとの見解を明らかにした。《福井新聞》

1989 平成元年10月19日(木) 平成285日目

【誕生日】栩原楽人さん《俳優》

【過ぎし日のセレナーデ】フジ系連続ドラマ:放送開始

【プロ野球・阪神】川藤幸三氏の外野守備コーチ就任を発表

【プロ野球・ダイエー】田淵幸一氏の監督就任を発表

【プロ野球・ヤクルト】野村克也氏の監督就任を発表

ヤクルトは19日、東京・東新橋のヤクルト本社で、野村克也新監督(54)の就任を正式発表した。契約期間は3年。背番号は「73」が予定されている。

10年ぶりの現場復帰、セ・リーグで初めてユニホームを着ることになった野村新監督は桑原オーナー代行(本社社長)、相馬球団社長と同席して会見。「ヤクルトが本当に(自分のことを)必要と知って引き受けた。自信はないが、頭を使った野球で選手の潜在能力を引き出していきたい」と抱負を語った。《福井新聞》

広告




10月18日 > 10月19日 > 10月20日

このページの先頭へ