新聞記事でたどる平成10000日+α

9月25日(269/366)

  • HOME »
  • 9月25日(269/366)

9月25日は何の日

安倍晋三首相「Buy my Abenomics」(平成25年9月25日)

9月25日は何の日 Buy my Abenomics

鳩山首相、メジャー始球式に登場(平成21年9月25日)

福田康夫氏、第91代首相に就任(平成19年9月25日)

中日・星野仙一監督、辞任表明(平成13年9月25日)

秋篠宮妃紀子さま、着帯の儀(平成3年9月25日)

転載記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。

2018 平成30年9月25日(火)

平成10853日目

2017 平成29年9月25日(月)

平成10488日目

2016 平成28年9月25日(日)

平成10123日目

【大相撲秋場所千秋楽】豪栄道、全勝で優勝に華

大相撲秋場所千秋楽(25日・両国国技館)14日目に初優勝を決めた豪栄道が、琴奨菊との大関対決を寄り切りで制し、かど番で15戦全勝優勝を果たした。日本人力士では1996年秋場所の横綱貴乃花以来、20年ぶりの全勝制覇で、11月の九州場所では横綱昇進に挑む。琴奨菊は6敗目。

横綱同士の一番は、日馬富士が鶴竜を寄り切って12勝目を挙げた。大関稀勢の里は大関照ノ富士を寄り切って、鶴竜とともに10勝5敗。照ノ富士は4勝11敗に終わった。《共同通信》

【佳子さま】高校生の全国大会で手話であいさつ

秋篠宮家の次女、佳子さまは25日、鳥取県倉吉市で開かれた「第3回全国高校生手話パフォーマンス甲子園」の開会式に出席し、手話を使って「大切な言語である手話に対する理解が一層深まることを願います」とあいさつされた。

大会は全国の高校生のチームが演劇やダンスなど手話を使ったパフォーマンスを競い、手話への理解を広げるのが目的。平成26年の第1回大会から続けて出席している佳子さまは約3分間、すべて手話を使い「手話パフォーマンスが皆様の努力の集大成になることを期待しております」と出場する高校生を激励された。会場の参加者らは両手を振る手話の拍手を送った。《産経新聞》

2015 平成27年9月25日(金)

平成9757日目

【天皇・皇后両陛下】和歌山県ご訪問

天皇、皇后両陛下は25日午前、国体の総合開会式などに臨席するため、羽田空港発の特別機で和歌山県に向かわれた。午後には田辺市の県立施設で、平成23年9月に和歌山県内で56人が死亡、5人が行方不明になった紀伊半島豪雨の被災者6人を見舞われる。《産経新聞》

【すき家】9月末の全店深夜営業再開を断念

牛丼チェーン「すき家」を展開するゼンショーホールディングスは25日、9月末をめざしていた、すき家全店での深夜営業の再開を断念すると明らかにした。人手不足などで2割にあたる約400店が深夜営業を停止中。今後は、期限を設けずに全店再開をめざすという。《朝日新聞》

【東北新幹線・はやて】停電後に立ち往生

25日午後8時半ごろ、岩手県の東北新幹線水沢江刺-北上間で、東京発盛岡行き下りはやて115号が停電で動けなくなった。JR東日本によると、午後10時ごろ、乗客約120人全員が、横付けした上りの新幹線に移動し、一ノ関までいったん戻り、後続の下り列車に再び乗り換えて、盛岡方面へ向かった。けが人はいない。

はやて115号のパンタグラフを上げて架線と接触させると付近の一ノ関-新花巻間の架線で停電が発生するトラブルが起き、仙台-盛岡間で運転を見合わせた。このため115号は通電させずに停車させた。

その後、架線の停電が復旧し、午後11時5分までに上下線とも運転を再開した。はやて115号は下り線に停車しているため一ノ関-北上間は上り線の線路を使って運転。JR東日本が詳しい原因を調べている。《河北新報》

【中日・山本昌投手】今季限りでの引退を発表

プロ野球最年長の中日・山本昌投手(50)が25日、自身の公式ホームページで今季限りの引退を発表した。

「決断しました」としたタイトルで、「今シーズン限りでユニホームを脱ぐことを決めました」とし「8月の登板で故障して以来、どうするべきか悩みに悩みましたが、きのうチームの今季本拠地最終戦でナゴヤドームに行き、若返りを推進しているドラゴンズの現状を目の当たりにして、ボクが残ったらダメだと強く感じ、引退を決めました」と悩んだ末の引退を決意したことを報告した。すでに25日、中日の白井オーナーには報告したという。《スポニチ》

【オリックス・平野恵一内野手】引退会見

オリックス・平野恵一内野手(36)が25日、大阪市西区の京セラドーム大阪で引退会見。14年間の現役生活を振り返り「幸せな14年間。やり切った感じがある」と晴れやかな表情で、胸のうちを語った。

今季は開幕戦の先発メンバーにも名を連ねたが、右かかとの肉離れで5月21日に出場選手登録を抹消。その後も「筋肉や関節、足の方に、次から次へと日々痛みが移っていくような状態」とケガに悩まされ、1軍復帰を目指してファームの試合にも出場したが「自分の中での感覚が、大事なときに期待に応えられない。動きができないと思った」と今月に入り引退を決意したという。《産経新聞》

【サッカー・ネイマール選手】裁判所が脱税を認定

ブラジルの裁判所は25日、サッカー同国代表のネイマール選手(23)が巨額の脱税をしたとして、同選手と親族の資産約1億8800万レアル(約57億4千万円)の凍結を決めたと発表した。同選手の広報担当は脱税自体を否定し、「裁判所の判断は不公正だ」としている。

複数の地元メディアによると、裁判所は、ネイマール選手について2011~13年に約6360万レアルを脱税したと認定。FCバルセロナへ移籍の際の報酬などが正しく申告されていなかったとした。罰金や金利が上乗せされ、凍結額が膨れあがった。《朝日新聞》

【山崎正昭参院議長】山本太郎氏を厳重注意

山崎正昭参院議長は25日、山本太郎参院議員(生活の党と山本太郎となかまたち)を議長室に呼び、安全保障関連法の採決に先立つ本会議で喪服を着て安倍晋三首相らに焼香するしぐさをしたことを厳重注意した。

議長は「次は容赦しない。議員バッジを外すことになるかもしれない」と述べ、国会法に基づく除名をちらつかせて警告した。議長は「神聖な本会議場の品位を汚す行為だ」などと厳しく批判。これに対し、山本氏は「議会制民主主義の破壊に対する自分なりの表現だったが、本会議場でのふるまいとして正しくなかった」と陳謝した。《時事通信》

2014 平成26年9月25日(木)

平成9392日目

【昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜】フジ系連続ドラマ:最終回

昼顔~平日午後3時の恋人たち~ Blu-ray BOX
昼顔~平日午後3時の恋人たち~

【名古屋市営地下鉄東山線】名古屋駅で線路冠水

名古屋市中村区の市営地下鉄東山線名古屋駅で25日未明、大量の雨水が構内に流れ込み、線路や改札付近が冠水した。この影響で東山線は始発から一部区間で運転を見合わせ、通勤客らに大きな影響が出た。市交通局がポンプによる排水作業を続けるとともに、冠水の原因を調べている。《日経新聞》

【ジュビロ磐田】名波浩氏の監督就任を発表

ジュビロ磐田は25日、成績不振により、ペリクレス・シャムスカ監督との契約を解除したことを発表した。また後任として、同クラブOBで元日本代表MFの名波浩氏が監督を務めることも、併せて発表された。
http://www.soccer-king.jp/

【太陽の党】田母神俊雄氏らが結成発表

元航空幕僚長の田母神俊雄氏と西村真悟衆院議員(無所属)は25日午後、国会内で記者会見を開き、新党「太陽の党」の結成を表明した。西村氏が代表、田母神氏は代表幹事兼国民運動本部長にそれぞれ就いた。

当面、国会議員は西村氏1人だが、次期国政選で党勢拡大を狙う。会見には次世代の党の石原慎太郎最高顧問も同席した。

新党は石原氏が代表を務めていた「太陽の党」を継承する形で運営する。主要政策としては、(1)憲法廃棄と自主憲法制定(2)国軍の創設、拉致被害者の救出(3)真の歴史観主張と日本の名誉回復(4)家族の復活、移民受け入れ反対、外国人参政権反対(5)原発再稼働、消費税10%凍結、相続税廃止-を掲げた。《産経新聞》

2013 平成25年9月25日(水)

平成9027日目

【JR北海道】レール異常箇所は270ヶ所

JR北海道で多数のレールの異常が放置されていた問題で、JR北海道は25日、新たな異常が約170カ所見つかったと発表した。異常は北海道全域で約270カ所になった。新たに見つかった異常の影響で、特急や普通列車など5本が一部運休となった。

JR北海道は増加の理由について「社内規定の基準値を誤って認識して計測していたため」と説明しており、結果として「放置」となった。

また、24日までに異常が確認された計97カ所の中には特急が最高時速130キロで走る本線の区間が3路線4区間あったことも判明した。《共同通信》

【オスプレイ】普天間基地への追加配備完了

在日米海兵隊は25日、垂直離着陸輸送機オスプレイ1機を一時駐機先の岩国基地(山口県岩国市)から普天間基地(沖縄県宜野湾市)に移動し、12機の追加配備を終えた。

米海兵隊は昨年10月、老朽化したCH46中型輸送ヘリコプターから交代させるため、普天間にオスプレイ12機を導入。追加配備分は今年7月に岩国基地に搬入し、8月に移動を始めたが1機は岩国にとどまり、これで24機の運用体制が整った。《日経新聞》

【安倍晋三首相】「Buy my Abenomics」

世界第三位の経済大国である日本が復活する。これは、間違いなく、世界経済回復の大きなけん引役となります。日本は、アメリカからたくさんの製品を輸入しています。日本の消費回復は、確実にアメリカの輸出増大に寄与する。そのことを申し上げておきたいと思います。ゴードン・ゲッコー風に申し上げれば、世界経済回復のためには、3語で十分です。

「Buy my Abenomics」

ウォール街の皆様は、常に世界の半歩先を行く。ですから、今がチャンスです。《首相官邸》

2012 平成24年9月25日(火)

平成8662日目

【プロ野球・オリックス】岡田彰布監督を解任

前代未聞のダブル解任だ。オリックスは25日、今季限りで退団する岡田彰布監督(54)と高代延博ヘッドコーチ(58)を休養させることを発表した。

球団は、22日の退団決定時に今季終了までの指揮を要望したが、前日24日ロッテ戦で最下位が確定したことで翻意。残り9試合でトップ2人を同時に休養させた。監督代行は森脇浩司チーフコーチ(52)が務める。

岡田監督が、しま柄のポロシャツを見て苦笑いを浮かべた。「オレも準備してなかったからな。だから、こんな格好よ。ネクタイしてくればよかったな」。《日刊スポーツ》

【全日空・日航】中国路線のキャンセル5万席

中国各地での反日デモなど日中関係の悪化を受け、全日本空輸と日本航空の日中間を結ぶ路線で、9~11月の団体客の予約キャンセルが計5万2千席を超えたことが25日、分かった。全日空は21日時点で約3万7千席、日航は24日時点で約1万5500席が取り消されたという。

このほか日本企業の出張自粛の動きが拡大してビジネス需要の減少も顕著となり、全日空や19日に株式を再上場したばかりの日航の業績に冷水を浴びせるのは必至。両社は既に10月発着便の一部について航空機の小型化または減便を決め、今後も追加措置を念頭に「動向を注視していく」という。《共同通信》

【玄葉光一郎外相】ロシア・ラブロフ外相と会談

訪米中の玄葉光一郎外相は25日午前(日本時間同深夜)、ロシアのラブロフ外相とニューヨークの国連本部で会談した。北方領土問題をめぐり、先の日ロ首脳会談で合意した外務次官級協議を10月中旬に日本で開催し、交渉進展に向けた協議を促進することで一致した。玄葉氏は、野田佳彦首相による12月のロシア訪問の際に北方領土問題も含め合意文書を交わす方向で調整していることを記者団に明らかにした。

ロシア側と安全保障分野での協力を進めることでも合意した。

玄葉氏はラブロフ氏に首相の訪ロを皮切りに領土交渉を本格化させたいとの意向を伝えた。《共同通信》

2011 平成23年9月25日(日)

平成8296日目

【三浦皇成さん・ほしのあきさん】ご結婚

【仙台空港】「完全復旧の日」

東日本大震災発生から199日目となる25日、仙台空港(名取市)が完全復旧を果たした。同空港は震災による津波の影響で滑走路を含むほぼ全ての施設が水没。ターミナルビル内も1階の天井付近まで津波が到達し、利用客や地域住民ら約1600人が一時孤立した。その後も空港・ターミナルビル共に閉鎖を余儀なくされていたが、4月13日に一部機能を回復して臨時便の運航を再開。

7月25日には国内定期便の運航を震災前のレベルまで戻し、9月11日からターミナルビル3階と展望デッキの使用も再開した。空港の主要機能の完全回復と国際定期便の就航に合わせ、ビルを運営する仙台空港ビル(同所)は25日を「完全復旧の日」とし、記念式典を実施。前田武志国土交通大臣や村井嘉浩宮城県知事ら30人が出席した。
http://sendai.keizai.biz/headline/1010/

【大阪市西成区】ホームレス襲撃相次ぐ

大阪市西成区津守1丁目の公園で今年3月ごろから計30~40回、数人から約20人の若者のグループが石やれんがを投げつけたり、ロケット花火を打ち込んだりして野宿しているホームレスを襲撃し、少なくとも1人がけがをしていたことが25日、分かった。 同一グループの犯行とみられ、支援団体は「これだけ集中的な襲撃は珍しく悪質だ」と指摘。一部の被害者から申告を受けた西成署も警戒を強めている。

公園は日雇い労働者が多く集まる同区の「あいりん地区」から約1・5キロ離れ、約30人のホームレスが生活している。《共同通信》

【大相撲秋場所千秋楽】横綱白鵬、20度目の優勝

大相撲秋場所千秋楽は25日、横綱白鵬が大関日馬富士を下して13勝2敗とし、2場所ぶり20度目の優勝を果たした。20回以上の優勝は史上6人目。2敗で並んでいた関脇琴奨菊が大関把瑠都に上手投げで敗れた時点で白鵬がトップに立った。琴奨菊は12勝3敗で、28日に大関に昇進する。

日馬富士は8勝7敗、把瑠都は10勝5敗で終えた。豪栄道を押し倒して12勝3敗とした関脇稀勢の里は2場所連続で2桁勝利を挙げ、来場所で大関昇進に挑む。関脇鶴竜は9勝6敗。小結豊ノ島が7連勝で勝ち越し。琴奨菊が殊勲、技能賞、稀勢の里は殊勲賞を獲得。平幕で活躍した臥牙丸が敢闘賞に輝いた。《共同通信》

2010 平成22年9月25日(土)

平成7931日目

【ゲゲゲの女房】NHK連続テレビ小説:最終回

ゲゲゲの女房―連続テレビ小説 (NHKドラマ・ガイド)
ゲゲゲの女房―連続テレビ小説

【ロッテ・西岡剛内野手】今季27度目の猛打賞

ロッテの西岡剛内野手(26)が25日、オリックス21回戦(京セラドーム)でプロ野球5人目のシーズン200安打を達成した。スイッチヒッターでは初。パ・リーグでは2人目。3回に右前安打、4回に中前適時打を放ち、大台に乗せた。さらに6回の左前適時打で今季27度目の猛打賞(3安打以上)をマークし、1996年のイチロー(オリックス、現マリナーズ)と並んでいたプロ野球のシーズン最多記録を更新した。

200安打は1994年のイチロー、2005年の青木(ヤクルト)、07年のラミレス(ヤクルト、現巨人)に続いて今季、マートン(阪神)が23日に達成。西岡は140試合目での到達となった。《朝日新聞》

2009 平成21年9月25日(金)

平成7566日目

【鳩山由紀夫首相】大リーグ始球式に登場

鳩山首相は25日、訪問中の米ピッツバーグで、地元大リーグチームのパイレーツの球場を訪れ、始球式を行った。首相は始球式に先立ち、対戦相手のドジャースの黒田博樹投手と面会。パイレーツとドジャースの双方のユニホームを贈られ、日本のプロ野球とのボールの大きさの違いなどの話題に花を咲かせた。

首相は始球式の前に、記者団から球種を尋ねられ、「つねに正直に、まっすぐで行きます」。大きく振りかぶって投げた球は、キャッチャーの手前でワンバウンド。スタンドからの歓声に手を振って応えながら、満足した様子でグラウンドをあとにした。《朝日新聞》

【野球・土井正三さん】死去

巨人の9年連続日本一に名二塁手として貢献し、オリックスの監督を務めた土井正三(どい・しょうぞう)氏が25日午後0時24分、膵臓(すいぞう)がんのため都内の病院で死去した。67歳だった。07年3月に手術を受け、入退院を繰り返していた。

立大から65年に巨人入りし、不動の「2番二塁」としてベストナイン2度、ダイヤモンドグラブ賞1度獲得。王貞治ソフトバンク球団会長(69)、長嶋茂雄巨人終身名誉監督(73)の「ON」を支えるいぶし銀の活躍でファンをうならせた。現役引退後は巨人の守備走塁コーチ、オリックスの監督など指導者としても実績を残した。《日刊スポーツ》

2008 平成20年9月25日(木)

平成7201日目

【スズキ・ワゴンR】フルモデルチェンジ

10552003_200809
http://www.goo-net.com/

【米原子力空母ジョージ・ワシントン】横須賀入港

米原子力空母ジョージ・ワシントン(約9万7000トン)が25日午前、新たな母港となる神奈川県横須賀市の米海軍横須賀基地に入港した。横須賀を拠点とする空母は1973年のミッドウェー以来、4代目。原子力空母エンタープライズの長崎・佐世保基地への初寄港から40年たち、原子力空母が初めて日本に配備され、大きな節目を迎えた。

ジョージ・ワシントンは動力源として2基の原子炉を搭載。米海軍は安全性を主張するが、同艦で火災が発生、さらに日本に寄港した原子力潜水艦の放射能漏れも相次いで発覚。「軍事機密」が壁となり、日本側が直接安全性を検証できず、懸念は解消されていない。《福井新聞》

【小泉純一郎元首相】政界引退を表明

自民党の小泉純一郎元首相(66)は25日、地元・神奈川県横須賀市で開いた支援者の会合で、次期衆院選には出馬せず、今期限りで引退すると表明した。後継者は次男の進次郎氏(27)とする意向も伝えた。

また、国会議員は退くものの、政治活動は続ける考えを示した。小泉氏はこの後、「引退するのか」との記者団の質問に無言でうなずき、タクシーに乗り込んだ。引退の理由は明らかになっていないが、関係者は「首相もやって、このあともうやることはないと考えたのではないか」と語った。《時事通信》

【麻生内閣】始動

麻生新内閣は25日、新旧閣僚が引き継ぎを行うなど始動した。11月上旬投開票との見方が強まる衆院選での民主党との決戦を意識し、来週からの代表質問だど国会論戦準備も早急に進めていく考えだ。麻生太郎首相らは、にこやかな表情の中にも緊張感を漂わせるスタートとなった。

首相は午前8時前、帽子にサングラス、白いトレーナーに紺色のズボン姿で私邸から現れ、記者団から声を掛けられると「おはよう」と一言。約20分間、日課としているウオーキングをした。初閣議を経て25日午前2時過ぎに帰宅したものの、疲れた様子は見せず、精力的な姿をアピールした。

午後には米国へ出発し、日本時間26日朝には国連総会演説で外交デビューを果たす。《福井新聞》

【麻生太郎首相】外交デビュー

麻生太郎首相は25日午後(日本時間26日午前)、ニューヨークの国連本部などで潘基文国連事務総長、オーストラリアのラッド首相とそれぞれ会談し、外交の舞台にデビューした。

麻生氏は潘氏に対し「国連が安定した力強い機関として活躍するよう期待する。できる限りの貢献をしたい」と強調。潘氏はアフリカ諸国の貧困克服や気候変動問題などへの一層の協力を要請。日本から政府開発援助(ODA)の増額も求めた。

ラッド氏との会談では、安全保障や経済分野などでの協力関係「戦略的パートナーシップ」をさらに強化させていくことで一致。米金融危機に連携して対応していく方針も確認した。《共同通信》

広告





2007 平成19年9月25日(火)

平成6835日目

【安倍内閣】総辞職

安倍内閣は25日午前の閣議で総辞職した。入院中だった安倍首相も医師の外出許可を得て出席し、「体力の限界を感じるに至った。年金や教育、都市と地方の格差、テロとの戦いなど、内外に山積する課題を前に去ることは断腸の思いだ」と述べ、最後に17人の閣僚全員と握手をした。

首相は「教育基本法改正、憲法改正のための国民投票法の制定、防衛庁の省移行など、戦後の政権がなし得なかった改革を成し遂げた」との談話を発表した。安倍内閣は2006年9月26日の発足以来、365日目で総辞職した。現行憲法下では歴代7番目の短期政権。《読売新聞》

【福田康夫氏】第91代首相に就任

自民党の福田康夫総裁(71)は25日夕、国会で首相指名を受け、第91代、58人目の首相に就任した。福田氏は同日夜に組閣を終え、福田内閣を始動させた。皇居での首相任命式と閣僚認証式は26日午前に行われる。

福田氏は25日夜、首相官邸で記者会見し、自らの内閣を「背水の陣内閣」と命名した。インド洋における海上自衛隊の給油活動の継続が当面の課題となる。都市と地方の格差の解消などにも全力を挙げる方針だ。

これに対し、参院第1党の民主党は、政府・与党との対決姿勢を強めており、福田氏は難しい政権運営を強いられることになりそうだ。《読売新聞》

2006 平成18年9月25日(月)

平成6470日目

=プロ野球高校生ドラフト=

【楽天】田中将大投手の交渉権獲得

プロ野球の高校生ドラフト(新人選択)会議が25日、東京都内であり、楽天は1巡目で駒大苫小牧の田中将大投手を指名し、横浜、オリックス、日本ハムとの競合の末、交渉権を獲得した。《朝日新聞》

【中日】堂上直倫内野手の交渉権獲得

高校生を対象にしたプロ野球の新人選手選択(ドラフト)会議は25日、東京都内のホテルで行われ、中日は1巡目で巨人、阪神との抽選の結果、高校生野手ナンバーワンの愛工大名電・堂上直倫内野手(18)の交渉権を獲得した。元中日選手で中日合宿所「昇竜館」館長の父・照さん(55)、兄・剛裕内野手(21)に続き、親子3人そろって中日へ。大きな注目を集める中、高校通算55本塁打のスラッガーは早くも「三冠王奪取」を宣言した。《中日スポーツ》

【巨人】坂本勇人内野手を1巡目指名

プロ野球の高校生ドラフト(新人選択)会議が25日、東京都内であり、巨人は外れ1巡目で光星学院の坂本勇人内野手を指名した。巨人は1巡目で愛工大名電の堂上直倫内野手を指名したが、抽選に敗れた。巨人は3巡目で田中内野手(東海大相模)、4巡目では伊集院捕手(鹿児島実)と野手3人を指名し、選択を終了した。《朝日新聞》

【広島】前田健太投手を1巡目指名

プロ野球の高校生ドラフト(新人選択)会議が25日、東京都内であり、広島は1巡目でPL学園の前田健太投手を指名し、交渉権を獲得した。3巡目では水戸短大付の會澤捕手を指名し、選択を終了した。《朝日新聞》

【日本ハム】吉川光夫投手を1巡目指名

プロ野球の高校生ドラフト(新人選択)会議が25日、東京都内であり、日本ハムは外れ1巡目で広陵の吉川光夫投手を指名した。日本ハムは1巡目で駒大苫小牧の田中将大投手を指名したが、抽選に敗れた。3巡目では地元・北海道の北照・植村投手、4巡目では関西・ダース投手を指名し、選択を終了した。《朝日新聞》

【ロッテ】大嶺祐太投手の交渉権を獲得

プロ野球の高校生ドラフトが25日、東京都内のホテルで行われた。八重山商工の投手・大嶺祐太は1巡目で千葉ロッテマリーンズと福岡ソフトバンクホークスが重複指名し、抽選の結果、千葉ロッテが交渉権を獲得した。《琉球新報》

【民主党】小沢代表の再選を承認

民主党は25日午後、都内で臨時党大会を開き、小沢一郎代表(64)の再選を承認した。小沢氏は来夏の参院選で野党の過半数獲得を目指す決意を強調、党執行部人事で菅直人代表代行(59)、鳩山由紀夫幹事長(59)を再任させ「トロイカ体制」を維持する方針を示し、了承された。

ただ小沢氏は体調不良を訴え大会終了後、2、3日間の予定で都内の病院に検査入院。臨時国会や10月22日の衆院統一補選を前に「健康不安」のダメージを懸念する声もある。《福井新聞》

【自民党】幹事長に中川秀直氏

自民党の安倍晋三総裁(52)は25日、幹事長に中川秀直政調会長(62)、政調会長に中川昭一農相(53)、総務会長に丹羽雄哉元厚相(62)を起用した。第二派閥の津島派は党の主要ポストから外れた。安倍氏はこの後、公明党の神崎武法代表、太田昭宏次期代表と会談し、連立政権継続の政策合意に署名した。

安倍氏は26日招集の臨時国会の衆参両院本会議で第90代、57人目の首相に選出され、戦後最年少、初の戦後生まれの首相となる。直ちに組閣に着手、同日夜の皇居での任命式・認証式を経て、安倍内閣が発足する見通しだ。《福井新聞》

2005 平成17年9月25日(日)

平成6105日目

【愛・地球博】閉幕

25日、小泉首相は愛知県で開催された愛・地球博(愛知万博)の「閉会式」に出席した。

121カ国と4つの国際機関が参加し、半年間にわたって開かれてきた「愛・地球博」(愛知万博)が閉幕した。「自然の叡智」をテーマに掲げた21世紀初の国際博覧会には、目標の1500万人を大幅に上回る約2200万人が入場した。

最終日は閉会式や閉幕イベントなどが行われ、参加国・国際機関の関係者全員による合唱などを通して185日間の祭典を締めくくった。

閉会式には万博名誉総裁の皇太子殿下御臨席の下、約2250人が出席、小泉首相は、「愛・地球博をきっかけとして、人間と自然が共生する新しい社会が実現することを祈念してやみません。」と挨拶した。

博覧会協会では会場の規模などから1500万人の入場目標者数を設定。最終的には700万人余り上回り、日本で開かれた国際博覧会としては、大阪万博、大阪花博に続く入場者数を記録した。《首相官邸》

【 hideミュージアム】閉館

人気ロックグループ「X JAPAN」の元ギタリストで、1998年に33歳で亡くなったhide(本名・松本秀人)さんの記念館「hideミュージアム」(神奈川県横須賀市)が25日、5年間の運営期限を終え閉館。

台風17号の影響で強い風が吹く中、hideさんをまねた派手な衣装に身を包んだ徹夜組のファンら2000人を含む2万3000人が詰め掛けて別れを惜しんだ。

閉館後に行われたセレモニーでは、設置された大型ビジョンで、生前のコンサートのビデオ映像などを上映。

多くのファンが映像に合わせて合唱する姿が見られ、仙台市から始発の新幹線で来たという会社員の女性(20)は「閉館の瞬間に立ち会うことができ、思い残すことはありません」と話していた。同館は2000年7月に開館。これまでにファンら約40万人が訪れた。《共同通信》

【大相撲秋場所千秋楽】横綱朝青龍、6場所連続14度目の優勝

【ベルリンマラソン】野口みずき選手、日本新記録で優勝

アテネ五輪女子マラソン金メダリストの野口みずき(27)が25日、ベルリンで行われたベルリン・マラソンで2時間19分12秒の日本新記録で優勝した。野口は昨年のアテネ五輪以来約1年ぶりのマラソン出場で通算5度目のレース。

これまでの自己新記録は2003年大阪国際女子マラソンで出した2時間21分18秒で、これを大きく上回り、目標とする2008年北京五輪での2連覇に向けて好スタートを切った。《共同通信》

【ボクシング・ダブルタイトル戦】長谷川穂積選手、新井田豊選手が防衛に成功

ボクシングのダブル世界タイトルマッチ12回戦は25日、横浜アリーナで行われ、世界ボクシング評議会(WBC)バンタム級は、チャンピオンの長谷川穂積(千里馬神戸)が挑戦者で同級8位のヘラルド・マルチネス(メキシコ)に7回2分18秒でTKO勝ちし、初防衛に成功した。長谷川の戦績は21戦19勝(6KO)2敗。

世界ボクシング協会(WBA)ミニマム級は、王者の新井田豊(横浜光)が同級2位のエリベルト・ゲホン(フィリピン)に10回2分1秒、2−1の負傷判定で下し、3度目の防衛に成功した。新井田の戦績は23戦19勝(8K0)1敗3分け。《福井新聞》

【プロ野球・楽天】田尾安志監督の解任を発表

プロ野球楽天は25日、ロッテ戦の試合終了後に田尾安志監督(51)の今季限りでの解任を発表した。 田尾監督は3年契約で約半世紀ぶりの新規参入球団を率いたが、選手層の薄さなどから4月に11連敗、8月にも11連敗を喫し、パ・リーグ40年ぶりの90敗を記録。

24日現在、38勝94敗1分けで最下位が確定している。球団内では8月から続投かどうかの検討を始め、監督に采配や選手起用についてのリポートを提出させたが、最終的には「来季以降につながらない」と判断した。《産経新聞》

2004 平成16年9月25日(土)

平成5740日目

【天花】NHK連続テレビ小説:最終回

NHK連続テレビ小説 天花 完全版 3 [DVD]
NHK連続テレビ小説 天花

【セ・リーグ】中日、マジック点灯

プロ野球セ・リーグは25日、中日が5−3で横浜に勝ち、ヤクルトが3−6で広島に敗れたため首位の広島に優勝へのマジックナンバーが点灯した。ストライキで中止になった2試合の代替試合を行わず138試合で順位を決める場合はマジック「4」。早ければ28日にも優勝が決まる。140試合を消化する場合は「6」となる。

中日は138試合の場合、マジック対象のヤクルト戦5試合に全敗しても4勝すれば、ヤクルトが12試合に全勝した場合を上回る。《福井新聞》

【堀江貴文氏・三木谷浩史氏】仙台でバッタリ

ともに仙台を本拠地にプロ野球参入を目指すライブドアの堀江貴文社長と楽天の三木谷浩史社長が25日、同市内で顔を合わせた。会談を断られた堀江社長が放送局で待ち構えての直接対決。新球団設立前から「東北シリーズ」が燃えている。

参入表明後、初めての「会談」が実現したのは、同日午後2時40分、仙台市青葉区のNHK仙台放送局。両氏はこの日、地元テレビ局をはしごしていたが、一足早く収録を終えた堀江氏が、三木谷氏がやや遅れて来るのを知り、玄関で到着を待ち構えた。お互い地元の支援を取り付けるため、市内を走り回るなかでの接近遭遇だった。黒塗りハイヤーから三木谷氏が降り立つ。報道陣に囲まれる中、2人は数秒立ち止まって顔を見合わせた後、局内のエレベーターに乗り込んだ。

「なぜ仙台に……」と堀江氏が三木谷氏に話しかけた。苦笑いの三木谷氏。真剣な表情の堀江氏に、三木谷氏は「大阪、神戸を第一に考えていたが、オリックスの宮内オーナーにどうしても納得してもらえなかった」「前から検討していた仙台で申請した」と答えた。この間3分ほどの立ち話だった。最後に堀江氏が「妥協点を見いだしたいですね」というと、三木谷氏は「そうじゃなくて……」。ここで、三木谷氏は番組収録に入った。《朝日新聞》

2003 平成15年9月25日(木)

平成5374日目

【警視庁】死を招いた医療ミスで医師3人逮捕

東京慈恵会医科大学付属青戸病院(東京都葛飾区、落合和彦院長)で昨年、前立腺がん摘出の腹腔鏡手術を受けた千葉県松戸市の男性(当時60歳)が死亡した事故で、警視庁捜査1課と亀有署は25日、手術を担当した泌尿器科の医師3人を業務上過失致死容疑で逮捕し、同病院など数カ所を家宅捜索した。同課は同署に捜査本部を設置し、手術に踏み切った経緯などを追及する。

警視庁は昨年6月、東京女子医大の人工心肺装置の操作ミスによる医療事故で、診療記録を改ざんし、隠ぺいを重ねた悪質さから医師ら2人を逮捕している。今回の事故は、十分な技術がないまま行った手術が男性の死亡につながったと判断し、異例の逮捕に踏み切った。《毎日新聞》

【ドジャース・野茂英雄投手】日米通算3000奪三振

ドジャースの野茂が25日、今季最後の登板となった当地でのパドレス戦の3回、日米通算3千奪三振(米で1796)に達した。しかし5失点で13敗目(16勝)を喫し、大リーグ自己最多の17勝目はならなかった。チームは1-6で敗れ、ナ・リーグのワイルドカード(各地区2位の最高勝率)でのプレーオフ進出を逸した。

ア・リーグはレッドソックスがワイルドカードを決め、マリナーズのプレーオフ進出はならなかった。地区シリーズは、ヤンキース-ツインズ、アスレチックス-レッドソックスの組み合わせとなった。《朝日新聞》

【塩川正十郎前財務相】政界引退を表明

塩川正十郎前財務相は25日、東京都内で開かれた所属する森派の会合で、「財務相退任を契機に政治活動も退任したい」と述べ、次の総選挙には出馬せず、今期限りで政界を引退することを正式に表明した。

塩川氏は衆院大阪13区選出で当選11回。運輸相、官房長官、自治相、党総務会長などを歴任。小泉内閣の発足以来、2年5カ月にわたり財務相を務め、22日の記者会見で引退を示唆していた。《朝日新聞》

2002 平成14年9月25日(水)

平成5009日目

【水曜どうでしょう】最終回

【深作欣二監督】がん公表

映画監督 深作欣二
映画監督 深作欣二

映画「仁義なき戦い」シリーズなどで知られる深作欣二監督(72)が25日、骨がんであることを公表した。都内のホテルで行われた大ヒット映画の続編「バトル・ロワイアルII」の企画発表会見で明らかにしたもの。

同作で通算61本目。深作監督は「なんとか最後まで持ちこたえたい。そこで燃え尽きたら一つの終えんとなるでしょう」と、命がけで撮影に挑む決意を語った。《スポニチ》

【オリックス・藤井康雄内野手】現役引退を表明

満塁本塁打14本のパ・リーグ記録を持つオリックスの藤井康雄内野手(40)が25日、グリーンスタジアム神戸で会見し、今季限りの現役引退を発表した。同内野手は「体力、気力に関してはまだやっていける気持ちはあるが、年々ファンを失望させることが多くなった。それが自分の中で許せない」と引退理由を説明した。《共同通信》

【小泉純一郎首相】30日にも内閣改造

小泉純一郎首相は25日夕、首相官邸で自民党の山崎拓幹事長、青木幹雄参院幹事長らと会談し、秋の臨時国会を10月18日に招集、12月14日ごろまでの会期とする方針で一致した。内閣改造、自民党役員人事をめぐる本格的な調整は27日の再協議に先送りしたが、山崎氏は30日に改造が行われるとの見通しを表明。

小泉首相は25日夜、金融機関の不良債権処理を加速するための公的資金投入をめぐり、与党内で強まる柳沢伯夫金融担当相の交代論について、記者団に「これからどういう対応するか、改造と絡んでくるから」と含みを残した。《福井新聞》

2001 平成13年9月25日(火)

平成4644日目

【中日・星野仙一監督】辞任表明

中日の星野仙一監督(54)は25日、ナゴヤドーム内で記者会見し、今季限りで辞任すると発表した。同監督は辞任理由を今季の成績不振とともに「あまり長い間、同じ人間が権力の座にいるのはいかがなものか。自分の人生観で決めた」と説明した。《福井新聞》

【小泉純一郎首相】米・ブッシュ大統領と会談

小泉純一郎首相は25日午前、ワシントンのホワイトハウスでブッシュ米大統領と会談、米中枢同時テロへの対応について協議した。会談で両首脳は国際テロ対策で資金源を断ち、両国が情報を共有することで合意、両国が連携しテロリズムと対抗していく方針を確認した。《福井新聞》

《福井新聞》

2000 平成12年9月25日(月)

平成4279日目

【シドニー五輪・ソフトボール準決勝】日本1-0豪州

第27回夏季オリンピック・シドニー大会第11日の25日、ソフトボールの日本は準決勝でオーストラリアを1−0で破り、26日の決勝で二連覇を狙う米国と金メダルをかけて対決する。日本は4回に宇津木麗華選手(日立高崎)の本塁打で挙げた1点を、20歳の増淵まり子投手(東女体大)が1安打に封じて守りぬいた。《共同通信》

【民主党・鳩山由紀夫代表】森首相の指導力の欠如を指摘

秋の国会論戦が25日、始まった。来年夏の参院選挙をにらみ、森喜朗首相は情報技術(IT)革命や景気対策への取り組みを強調。民主党の鳩山由紀夫代表は「指導者の理念がなければ心に響かない」と首相の指導力の欠如を指摘し、財政構造改革や永住外国人選挙権付与法案をめぐる自民党内の足並みの乱れを突く作戦を見せた。《福井新聞》

【指圧師・浪越徳治郎さん】死去

1999 平成11年9月25日(土)

平成3913日目

【パ・リーグ】ダイエー(王貞治監督)初のリーグ優勝

【山陽新幹線】山口県内で停電:立ち往生の「ひかり」11時間後に運転再開

【鳩山由紀夫氏】民主党新代表に選出

民主党は25日午後、都内のホテルで代表選出大会を開き、党所属国会議員らによる投票を実施、決戦投票にもつれ込んだ末、鳩山由紀夫幹事長代理が菅直人代表を破り、新代表に決まった。

決戦投票の結果は、鳩山氏182票、菅氏130票、無効2票。鳩山氏は就任のあいさつで「政権にすりよるのではなく、自らの力で政権を取りに行く愚直さで歩んでいく」と政権奪取の決意を強調した。《福井新聞》

1998 平成10年9月25日(金)

平成3548日目

【高知県】記録的豪雨

秋雨前線の影響で記録的な豪雨に見舞われた高知県は25日夕までに雨は小康状態となったが、高校生やお年寄りら男女計6人が死亡、床上・床下浸水が約2万3000棟に達した。高知県は高知市と南国市など4市町に災害救助法の適用を決定した。

高知地方気象台によると、高知市では同日午前0時から同11時までに240ミリの雨量を記録、23日夜の降り始めからの雨量は25日夜までに874ミリに達した。土佐山田町で995ミリとなった。《福井新聞》

【改正労働基準法】成立

労働時間ではなく成果で賃金を決める裁量労働制の対象を大幅に拡大することを柱とする改正労働基準法が25日午前の参院本会議で、共産党などを除く与野党の賛成多数で可決、成立した。

1947年に同法が制定されて以来初の抜本的な改正。今国会に提出予定の労働者派遣法改正案などと併せ、労働分野の規制緩和を進めるもので、サラリーマンの雇用条件や働き方に大きな影響を与えそうだ。《福井新聞》

【政労雇用対策会議】初会合

労相、通産相、官房長官など雇用問題に関連する政府関係閣僚と日経連、連合のトップらが、深刻な状況にある雇用問題の解決策などを探る「政労雇用対策会議」の初会合が25日、小渕恵三首相が出席して首相官邸で開かれた。

小渕首相は「雇用問題は、現在政府が直面している最大の課題。政府は雇用の拡大・創出を目指して情報通信、医療・福祉、環境などの分野で新規産業創出に取り組んでいる。雇用対策の実行には労使の皆さんとの意見交換が重要で、この会議を政労使が三者一体で施策を実施する第一歩としたい」とあいさつ。政府が労使と協力して雇用・失業情勢の改善に全力を挙げる決意を表明した。《福井新聞》

広告




1997 平成9年9月25日(木)

平成3183日目

【共産党・宮本顕治議長】退任

39年間にわたり、共産党最高幹部の地位にあった宮本顕治議長(88)が高齢を理由に議長職を退任、現在空席の名誉議長に就任することが決まった。今後は党の指導には直接かかわらず、事実上の引退となる。共産党の浜野忠夫常任幹部会委員が25日午前、静岡県熱海市で開催中の第21回党大会で明らかにした。《福井新聞》

【越智伊平農相】病気理由に辞任

越智伊平農相は25日午後、病気を理由に橋本竜太郎首相に辞表を提出、受理された。首相は後任に越智氏と同じ自民党旧渡辺派の島村宜伸農水政務次官の起用を決めた。

26日午後に認証式を行い、正式に就任する。第二次橋本改造内閣では既に佐藤孝行総務庁長官がロッキード事件有罪確定への批判から辞任しており、内閣発足後12日目で2人の閣僚が辞任するという異例の事態となった。《福井新聞》

1996 平成8年9月25日(水)

平成2818日目

【柔道・小川直也選手】「競技生活は今日で終わり」

柔道の重量級で日本のエースとして活躍した小川直也(28)=日本中央競馬会=は25日、全日本柔道連盟(全柔連)に国際試合強化選手辞退の届けを提出した。既に決めていたアトランタ五輪後の引退に伴う事務手続きで、事実上の引退届となった。

小川は4月29日の全日本選手権後に五輪終了後の引退を表明。五輪では95キロ超級で5位と不本意な成績に終わり、現役生活にピリオドを打つことを改めて表明した。

記者会見した小川は「競技生活は今日で終わり。これで肩の荷が降りた」とすっきりした表情で話した。今後、指導者の道を歩む予定は今のところないそうで、日本中央競馬会安全部の主査としての仕事に専念するという。《福井新聞》

【土井たか子衆院議長】解散後の社民復党を示唆

社民党の村山富市党首は25日夕、衆院議員会館で前日に引き続き土井たか子衆院議長と会談、土井氏の復党を改めて要請した。土井氏は会談後の記者会見で「衆院が解散されるまでは議長なので無所属でいなければならない」と述べ、衆院解散後、社民党に復党する考えを示唆した。

土井氏は会談で(1)消費税はその是非も含め白紙から議論し直す(2)企業・団体等の献金を直ちに廃止する、など5項目を挙げ、「社民党の基本姿勢に盛り込んでほしい」と提言。これに対し、村山氏は「謙虚に受け止め、党内で検討する」と前向きに対応する姿勢を示した。《福井新聞》

1995 平成7年9月25日(月)

平成2452日目

【WBCフライ級タイトル戦】勇利アルバチャコフ選手、7度目の防衛成功

世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトルマッチ12回戦は25日、東京・日本武道館で行われ、チャンピオンの勇利アルバチャコフ選手(協栄=ロシア)が挑戦者で同級1位のチャチャイ・エリートジム選手(タイ)を3−0の判定で破り、7度目の防衛に成功した。勇利選手は日本でのプロデビュー以来21戦全勝(15KO)。

【自民党】橋本新体制が発足

自民党は25日午後、党本部で第60回臨時党大会を開き、橋本龍太郎通産相の第17代総裁就任を正式に承認した。橋本総裁は党三役に、加藤紘一幹事長(旧宮沢派)、山崎拓政調会長(旧渡辺派)、塩川正十郎総務会長(旧三塚派)を指名。総務会で了承され、新体制が発足した。《福井新聞》

1994 平成6年9月25日(日)

平成2087日目

【プロ野球・日本ハム】大島康徳内野手、柴田保光投手の引退を発表

日本ハムの大島康徳内野手(43)と柴田保光投手(37)の今季限りでの現役引退が25日、球団から発表された。引退会見は柴田投手が27日に、大島内野手が28日に行い、東京ドームでの今季最終戦となる29日に引退セレモニーが予定されている。

日本ハムでは来季監督に、元オリックス監督の上田利治氏(57)が決まっており、両選手の引退は新体制へ向けての戦力整備の一環とみられる。両選手ともコーチ就任を打診されているが、ともに返事は保留している。《福井新聞》

【大相撲秋場所千秋楽】大関貴ノ花が全勝優勝

大相撲秋場所千秋楽(25日・両国国技館)大関貴ノ花が22歳1ヶ月の史上最年少全勝優勝を達成、横綱昇進を決定的にした。貴ノ花は小結舞の海を一方的に寄り切り15戦全勝、大鵬の持っていた22歳11ヶ月の最年少全勝記録を更新した。《福井新聞》

追記・9月24日に通算6度目の優勝が決定、26日、横綱昇進は見送られた。

【皇太子さま】全国育樹祭であいさつ

第18回全国育樹祭は25日、石川県河北郡津幡町の石川県森林公園で、皇太子ご夫妻を迎えて開かれた。皇太子さまは「地球的な規模での環境問題が発生し、森林の重要性が注目されています。緑の大切さを深く心に留め、豊かな環境を築き、未来へと引き継いでいかれることを願います」とあいさつされた。

この後、ご夫妻は昭和58年の育樹祭で昭和天皇が植えられたスギの木の枝おろしをし、アテの木に肥料をまかれた。育樹祭には原参院議長をはじめ大河原農相、全国の林業関係者など約7000人が出席。途中、かなり強いにわか雨が降ったが、式典は予定通り終わった。《福井新聞》

1993 平成5年9月25日(土)

平成1722日目

【阪和道】堺IC〜岸和田和泉IC供用開始

【ヤクルト・広沢克実内野手】サヨナラ弾は通算200号

中日5−6ヤクルト◇25日◇神宮

ヤクルトが延長10回、広沢克の23号本塁打(通算200号)でサヨナラ勝ちした。この回、先頭の広沢克は代わったばかりの郭のカウント2−1からの4球目をジャストミート。打球は左中間席に飛び込んだで、首位攻防の一戦に決着をつけた。

試合はヤクルトが1回、池山の満塁21号本塁打で逆転。しかし中日は5回、ステアーズの本塁打などで3点を奪い同点。接戦に持ち込んだが、最後は頼りの郭が一発を浴び、投手8人をつぎ込んだ中日の必死のリレーも力尽きた。《福井新聞》

【大相撲秋場所14日目】横綱曙、2場所連続5度目の優勝

25日、東京・両国国技館で行われた大相撲秋場所14日目で、横綱曙太郎が2場所連続、通算5度目の優勝を決めた。2敗で追っていた大関貴ノ花が敗れた時点で優勝が決まり、その後曙は若ノ花を破り14戦全勝とした。3敗目を喫した貴ノ花の史上最年少横綱昇進は絶望となった。《福井新聞》

【社会党】村山新体制発足

社会党は25日、東京・三宅坂の党本部で第60回党大会を開き、同日夕、村山富市委員長(69)と久保亘書記長(64)を柱とする新執行部を発足させた。村山氏は第13代委員長就任のあいさつで「細川連立政権を強く支え、革新性と主体性を発揮し党の再生・再建を図る」と所信を述べた。《福井新聞》

1992 平成4年9月25日(金)

平成1357日目

【ずっとあなたが好きだった】TBS系連続ドラマ最終回

【三井芦別鉱業所】28日の閉山を前に採炭終了

閉山をめぐる労使交渉が妥結したのを受け北海道芦別市の三井石炭鉱業芦別鉱業所(従業員約370人)は25日朝、採炭作業を終了、半世紀以上にわたるヤマの歴史に事実上の終止符を打った。坑内の整理作業などを進め28日に正式閉山する。

今年4月に始まった新石炭政策下での閉山第一号で、全国の主要炭鉱は北海道の住友赤平砿など3鉱と福岡県の三井三池鉱の計4鉱を残すだけとなる。《福井新聞》

【 NASA】火星探査機打ち上げ

米航空宇宙局(NASA)は米東部時間25日午後1時5分(日本時間26日午前2時5分)、火星の地表や大気の詳細な観測を目指す無人探査機マースオブザーバーをフロリダ州ケープカナベラル空軍基地から打ち上げた。

NASAの火星探査機打ち上げは1975年のバイキング以来17年ぶり。タイタン3ロケットで打ち上げられたマースオブザーバーは順調に飛行を続けている。《共同通信》

【PKO】先遣隊がプノンペン入り

国連平和維持活動(PKO)協力法に基づき、カンボジアで道路や橋の補修をする陸上自衛隊派遣施設大隊の先遣隊第一陣として、大隊長の渡辺隆二等陸佐ら12人が25日、航空自衛隊のC130輸送機3機に分乗してプノンペン・ポチェントン空港に相次いで到着、陸上自衛隊の部隊として初の海外派遣がいよいよ現地で活動を開始した。《共同通信》

1991 平成3年9月25日(水)

平成991日目

【東京ガス】天然ガス車を発表

【秋篠宮妃紀子さま】着帯の儀

秋篠宮妃紀子さまの着帯の儀が25日午前、東京・元赤坂の秋篠宮邸で行われた。妊娠9ヶ月目の戌の日に行われる着帯の儀は天皇、皇后両陛下から贈られた紅白の絹の帯を、洋服の上から着けて安産を祈る儀式。宮内庁によると紀子さまは10月末に出産の予定で経過は順調という。《福井新聞》

【PKO協力法案】審議入り

衆院国際平和協力特別委員会は25日、国連平和維持活動(PKO)協力法案、国際緊急援助隊派遣法改正案の審議入りし、自民党の柿沢弘治、武部勤、社会党の上原康助、川崎寛治、五島正規の5氏が質問に立ち本格論戦が始まった。

海部首相は停戦合意が崩れた状況での国連の指図と日本の指揮が食い違った場合の対応について「日本の実施要領が優先する」と述べ、業務の中断、撤収については日本独自の判断が優先することを強調した。《福井新聞》

1990 平成2年9月25日(火)

平成626日目

【フィギュア・浅田真央さん】誕生日

【セ・リーグ】巨人、全球団に勝ち越し

大洋4−6巨人◇25日◇東京ドーム

巨人が逆転勝ちして全球団に勝ち越した。巨人は一回、クロマティが2点本塁打して先制。四回、桑田が集中打を浴びて逆転されたが、五回に上田が2点二塁打して追いつき、続く六回には駒田が2点本塁打して6−4と勝ち越した。桑田は四回以外は安定し、完投で14勝目を挙げた。《福井新聞》

巨人が昨年を上回る85勝。しかもこの日の勝利で大洋への勝ち越しも決め、全球団に対する勝ち越しも決定し、優勝に華を添える試合となった。

チームとしては、1977年以来13年ぶりの”完全優勝”。藤田監督は「苦手をつくらなかったということでめでたいこと」と表情を緩め、西武の選手が観戦していたことについては「意識しない」と無視していた。《福井新聞》

【日朝対話】「謝罪」と「償い」最優先

初の直行便で朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)を訪れた自民、社会両党代表団の金丸元副総理、田辺社会党副委員長らは25日午前10時すぎから、平壌市内の万寿台議事堂で朝鮮労働党の金容淳書記(国際部長)らと初の政治会談を行い、過去の植民地支配に対する謝罪と償いの問題を中心に約2時間半にわたり意見交換、本格的な対話がスタートした。

この結果、両国関係の改善のため「謝罪」と「償い」の問題を最優先に解決する必要があるとの認識で一致した。

金丸氏は焦点の「償い」について、日朝関係がたとえ正常化していない段階においても北朝鮮の対日請求権や経済協力要請を受け入れる意向を表明、その話し合いの場として連絡事務所の相互設置を提案した。

しかし「償い」を実現する方法や手続きについては北朝鮮側が金丸氏の政治決断を求めたとされ、結論を持ち越す形となった。

謝罪については26日午前の金日成主席との会談で、海部首相の「自民党総裁親書」を手渡し、日本としての謝罪の意思を明確にすることを表明した。《共同通信》

1989 平成元年9月25日(月)

平成261日目

【同・級・生】フジ系連続ドラマ最終回

【米・ブッシュ大統領】国連で演説

ブッシュ米大統領は25日、国連総会で初演説。化学兵器を調印後10年間で地上から全廃する条約の締結に関する新提案を発表した。化学兵器は第三世界に拡散し中東などでの新たな脅威となっているが、この新提案はジュネーブ軍縮会議での交渉前進を促すため米ソが率先して行動することを狙っている。

新提案は(1)条約締結後8年で米ソが貯蔵する化学兵器を98%廃棄する(2)次の2年間で全廃する(3)ソ連が同意すれば今からでも80%の削減に着手する、の3項目から成っている。

化学兵器などは第三世界に拡散し中東などで新たな脅威となっているが、この新提案はジュネーブ軍縮会議での交渉の前進を促すため米ソは率先して行動することを狙っている。

大統領はまた、地域紛争、テロなどでの国連の重要性を強調、「全世界での平和努力を倍増すべきだ」と主張するとともに、国連が「平和維持」にとどまらず「平和構築」に向けて行動すべきだとの新たな課題を提案した。《共同通信》

【海部俊樹首相】米副大統領と会談

海部首相は25日午前、日本を初の公式訪問中のクエール米副大統領と約1時間、首相官邸で会談した。この中で首相と副大統領は日米協力について(1)安全保障関係を基礎とした友好同盟関係(2)宇宙開発、麻薬問題、第三世界への支援などに対するグローバル・パートナーシップ(地球規模の協力関係)(3)構造調整協議など二国間経済問題解決、をさらに進めていくことを確認した。

特に副大統領は世界規模の問題に対する日米協力の課題として麻薬問題、ニカラグア総選挙、ポーランドの改革支援で日本の積極的な協力を改めて要請したのに対し、海部首相は「自由と民主主義のため国際的に貢献していく考えだ」とし、麻薬問題の根本原因となっているコロンビアの貧困解決への支援やニカラグア総選挙の公正な実施への協力などに努力する考えを表明した。《福井新聞》

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

その日のできごと

1月1日(1/366)

1月2日(2/366)

1月3日(3/366)

1月4日(4/366)

1月5日(5/366)

1月6日(6/366)

1月7日(7/366)

1月8日(8/366)

1月9日(9/366)

1月10日(10/366)

1月11日(11/366)

1月12日(12/366)

1月13日(13/366)

1月14日(14/366)

1月15日(15/366)

1月16日(16/366)

1月17日(17/366)

1月18日(18/366)

1月19日(19/366)

1月20日(20/366)

1月21日(21/366)

1月22日(22/366)

1月23日(23/366)

1月24日(24/366)

1月25日(25/366)

1月26日(26/366)

1月27日(27/366)

1月28日(28/366)

1月29日(29/366)

1月30日(30/366)

1月31日(31/366)

2月1日(32/366)

2月2日(33/366)

2月3日(34/366)

2月4日(35/366)

2月5日(36/366)

2月6日(37/366)

2月7日(38/366)

2月8日(39/366)

2月9日(40/366)

2月10日(41/366)

2月11日(42/366)

2月12日(43/366)

2月13日(44/366)

2月14日(45/366)

2月15日(46/366)

2月16日(47/366)

2月17日(48/366)

2月18日(49/366)

2月19日(50/366)

2月20日(51/366)

2月21日(52/366)

2月22日(53/366)

2月23日(54/366)

2月24日(55/366)

2月25日(56/366)

2月26日(57/366)

2月27日(58/366)

2月28日(59/366)

2月29日(60/366)

3月1日(61/366)

3月2日(62/366)

3月3日(63/366)

3月4日(64/366)

3月5日(65/366)

3月6日(66/366)

3月7日(67/366)

3月8日(68/366)

3月9日(69/366)

3月10日(70/366)

3月11日(71/366)

3月12日(72/366)

3月13日(73/366)

3月14日(74/366)

3月15日(75/366)

3月16日(76/366)

3月17日(77/366)

3月18日(78/366)

3月19日(79/366)

3月20日(80/366)

3月21日(81/366)

3月22日(82/366)

3月23日(83/366)

3月24日(84/366)

3月25日(85/366)

3月26日(86/366)

3月27日(87/366)

3月28日(88/366)

3月29日(89/366)

3月30日(90/366)

3月31日(91/366)

4月1日(92/366)

4月2日(93/366)

4月3日(94/366)

4月4日(95/366)

4月5日(96/366)

4月6日(97/366)

4月7日(98/366)

4月8日(99/366)

4月9日(100/366)

4月10日(101/366)

4月11日(102/366)

4月12日(103/366)

4月13日(104/366)

4月14日(105/366)

4月15日(106/366)

4月16日(107/366)

4月17日(108/366)

4月18日(109/366)

4月19日(110/366)

4月20日(111/366)

4月21日(112/366)

4月22日(113/366)

4月23日(114/366)

4月24日(115/366)

4月25日(116/366)

4月26日(117/366)

4月27日(118/366)

4月28日(119/366)

4月29日(120/366)

4月30日(121/366)

5月1日(122/366)

5月2日(123/366)

5月3日(124/366)

5月4日(125/366)

5月5日(126/366)

5月6日(127/366)

5月7日(128/366)

5月8日(129/366)

5月9日(130/366)

5月10日(131/366)

5月11日(132/366)

5月12日(133/366)

5月13日(134/366)

5月14日(135/366)

5月15日(136/366)

5月16日(137/366)

5月17日(138/366)

5月18日(139/366)

5月19日(140/366)

5月20日(141/366)

5月21日(142/366)

5月22日(143/366)

5月23日(144/366)

5月24日(145/366)

5月25日(146/366)

5月26日(147/366)

5月27日(148/366)

5月28日(149/366)

5月29日(150/366)

5月30日(151/366)

5月31日(152/366)

6月1日(153/366)

6月2日(154/366)

6月3日(155/366)

6月4日(156/366)

6月5日(157/366)

6月6日(158/366)

6月7日(159/366)

6月8日(160/366)

6月9日(161/366)

6月10日(162/366)

6月11日(163/366)

6月12日(164/366)

6月13日(165/366)

6月14日(166/366)

6月15日(167/366)

6月16日(168/366)

6月17日(169/366)

6月18日(170/366)

6月19日(171/366)

6月20日(172/366)

6月21日(173/366)

6月22日(174/366)

6月23日(175/366)

6月24日(176/366)

6月25日(177/366)

6月26日(178/366)

6月27日(179/366)

6月28日(180/366)

6月29日(181/366)

6月30日(182/366)

7月1日(183/366)

7月2日(184/366)

7月3日(185/366)

7月4日(186/366)

7月5日(187/366)

7月6日(188/366)

7月7日(189/366)

7月8日(190/366)

7月9日(191/366)

7月10日(192/366)

7月11日(193/366)

7月12日(194/366)

7月13日(195/366)

7月14日(196/366)

7月15日(197/366)

7月16日(198/366)

7月17日(199/366)

7月18日(200/366)

7月19日(201/366)

7月20日(202/366)

7月21日(203/366)

7月22日(204/366)

7月23日(205/366)

7月24日(206/366)

7月25日(207/366)

7月26日(208/366)

7月27日(209/366)

7月28日(210/366)

7月29日(211/366)

7月30日(212/366)

7月31日(213/366)

8月1日(214/366)

8月2日(215/366)

8月3日(216/366)

8月4日(217/366)

8月5日(218/366)

8月6日(219/366)

8月7日(220/366)

8月8日(221/366)

8月9日(222/366)

8月10日(223/366)

8月11日(224/366)

8月12日(225/366)

8月13日(226/366)

8月14日(227/366)

8月15日(228/366)

8月16日(229/366)

8月17日(230/366)

8月18日(231/366)

8月19日(232/366)

8月20日(233/366)

8月21日(234/366)

8月22日(235/366)

8月23日(236/366)

8月24日(237/366)

8月25日(238/366)

8月26日(239/366)

8月27日(240/366)

8月28日(241/366)

8月29日(242/366)

8月30日(243/366)

8月31日(244/366)

9月1日(245/366)

9月2日(246/366)

9月3日(247/366)

9月4日(248/366)

9月5日(249/366)

9月6日(250/366)

9月7日(251/366)

9月8日(252/366)

9月9日(253/366)

9月10日(254/366)

9月11日(255/366)

9月12日(256/366)

9月13日(257/366)

9月14日(258/366)

9月15日(259/366)

9月16日(260/366)

9月17日(261/366)

9月18日(262/366)

9月19日(263/366)

9月20日(264/366)

9月21日(265/366)

9月22日(266/366)

9月23日(267/366)

9月24日(268/366)

9月25日(269/366)

9月26日(270/366)

9月27日(271/366)

9月28日(272/366)

9月29日(273/366)

9月30日(274/366)

10月1日(275/366)

10月2日(276/366)

10月3日(277/366)

10月4日(278/366)

10月5日(279/366)

10月6日(280/366)

10月7日(281/366)

10月8日(282/366)

10月9日(283/366)

10月10日(284/366)

10月11日(285/366)

10月12日(286/366)

10月13日(287/366)

10月14日(288/366)

10月15日(289/366)

10月16日(290/366)

10月17日(291/366)

10月18日(292/366)

10月19日(293/366)

10月20日(294/366)

10月21日(295/366)

10月22日(296/366)

10月23日(297/366)

10月24日(298/366)

10月25日(299/366)

10月26日(300/366)

10月27日(301/366)

10月28日(302/366)

10月29日(303/366)

10月30日(304/366)

10月31日(305/366)

11月1日(306/366)

11月2日(307/366)

11月3日(308/366)

11月4日(309/366)

11月5日(310/366)

11月6日(311/366)

11月7日(312/366)

11月8日(313/366)

11月9日(314/366)

11月10日(315/366)

11月11日(316/366)

11月12日(317/366)

11月13日(318/366)

11月14日(319/366)

11月15日(320/366)

11月16日(321/366)

11月17日(322/366)

11月18日(323/366)

11月19日(324/366)

11月20日(325/366)

11月21日(326/366)

11月22日(327/366)

11月23日(326/366)

11月24日(329/366)

11月25日(330/366)

11月26日(331/366)

11月27日(332/366)

11月28日(333/366)

11月29日(334/366)

11月30日(335/366)

12月1日(336/366)

12月2日(337/366)

12月3日(338/366)

12月4日(339/366)

12月5日(340/366)

12月6日(341/366)

12月7日(342/366)

12月8日(343/366)

12月9日(344/366)

12月10日(345/366)

12月11日(346/366)

12月12日(347/366)

12月13日(348/366)

12月14日(349/366)

12月15日(350/366)

12月16日(351/366)

12月17日(352/366)

12月18日(353/366)

12月19日(354/366)

12月20日(355/366)

12月21日(356/366)

12月22日(357/366)

12月23日(358/366)

12月24日(359/366)

12月25日(360/366)

12月26日(361/366)

12月27日(362/366)

12月28日(363/366)

12月29日(364/366)

12月30日(365/366)

12月31日(366/366)

PAGETOP
Copyright © 366 平成の記録 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.