9月10日

9月10日
9月10日 今日は何の日

セ・リーグ:広島、25年ぶり7度目のリーグ優勝(平成28年9月10日)

鬼怒川堤防決壊(平成27年9月10日)

鉢呂吉雄経産相、就任9日目にして辞任(平成23年9月10日)

日本振興銀行が経営破綻、初のペイオフ発動(平成22年9月10日)

海部俊樹首相、初の外遊を終え帰国(平成元年9月10日)

転載記事は名前、住所など一部修正、抜粋してあります。

2016 平成28年9月10日(土) 平成10108日目

【セ・リーグ】広島、25年ぶり7度目のリーグ優勝



カープV7グラフ

プロ野球セ・リーグの広島が10日、25年ぶり7度目のリーグ優勝を果たした。優勝へのマジックナンバーを「1」として迎えた東京ドームでの巨人戦を鈴木の2打席連続本塁打などで6―4で制した。

広島は1991年を最後に、12球団で最も長く優勝から遠ざかっていた。今季はベテランと若手が一体となり、6月にチーム32年ぶりの11連勝を飾るなど夏場以降は独走態勢に入っていた。《日経新聞》

【天皇皇后両陛下】山形県入り

天皇、皇后両陛下は10日、第36回全国豊かな海づくり大会に出席するため、山形県に入った。12日まで滞在する。

10日は鶴岡市の市立加茂水族館を視察。同館はクラゲの展示で知られ、両陛下は世界最大級のクラゲ大水槽などを見て回った。クラゲは生育が難しく、何度か全滅したとの説明に、天皇陛下は「苦心が生きてよかったですね」と話した。《朝日新聞》

2015 平成27年9月10日(木) 平成9742日目

【茨城県常総市】鬼怒川の堤防が決壊、市街地が浸水

hqdefault
https://www.youtube.com/

茨城県によると10日、常総市三坂町で鬼怒川の堤防が決壊した。台風18号の影響による大雨で増水したためとみられる。消防によると一部住宅が浸水しており、被害状況の確認を進めている。

茨城県の鬼怒川では10日午前8時までに、常総市若宮戸付近、筑西市船玉、伊佐山付近の計3カ所で堤防から水があふれ出た。国土交通省の下館河川事務所(同県筑西市)などが現場の状況を調べている。

常総市内ではブロック塀の上や建物に人が取り残された。県などによると、9日夜には境町の染谷川でも水があふれた。古河市では10日未明から朝にかけ、西仁連川の堤防と宮戸川の左岸が決壊し、周辺の田畑に水が流れ込んだ。県は自衛隊に災害派遣を要請した。《産経新聞》

【レスリング世界選手権女子58キロ級】伊調馨選手、63キロ級時代から通算10度目の頂点

【四国IL・高知】藤川球児投手との契約は今季限り

独立リーグの四国IL・高知は10日、藤川球児投手(35)との契約が今季限りで終了し、先発する16日の徳島戦(高知市営、午後6時)が最終登板となると発表した。球団公式ホームページは「藤川球児選手との契約は、今シーズンの最終戦をもって契約が終了いたしますので、この試合が最後の登板となる予定です」と掲載。

藤川も自身のブログを更新し、「間違いなく、高知ファイティングドッグスでは最後の試合登板になりますので、野球少年少女を連れて見に来て下さい!」と呼びかけた。《日刊スポーツ》

【東京証券取引所】日本郵政グループ3社の株式上場を承認

東京証券取引所は10日、日本郵政と傘下のゆうちょ銀行、かんぽ生命保険の3社の上場を承認した。11月4日に上場する。売り出し価格の想定に基づく時価総額は合算して13兆円を超え、昭和62年に上場したNTT(24兆9600億円)に次ぐ規模になる。3社合計で約1兆4千億円分が国内外で売り出される。《産経新聞》

2014 平成26年9月10日(水) 平成9377日目

【大阪・兵庫】局地的豪雨

hqdefault-1
https://www.youtube.com/

大気の状態が不安定となった10日夜、大阪、兵庫で局地的な大雨が降った。気象庁は、大阪府池田市付近で11日午前0時までの1時間に約120ミリの降雨があったと推定する記録的短時間大雨情報を発表。大阪や兵庫で11日にかけて雷を伴う激しい雨の恐れがあるとして警戒を呼び掛けた。

気象庁は10日から11日にかけ、大阪市や大阪府北部の池田市、箕面市、豊中市などで大雨洪水警報を発令。大阪府警によると、池田市の国道171号が10日夜に冠水し、11日未明から一部で通行止めとなった。

兵庫県伊丹市でも大雨洪水警報が出され、11日午前0時40分現在、降り始めからの雨量が149ミリを記録。市危機管理室によると、市民から「浸水しているので土のうを持ってきてほしい」という連絡が相次ぎ、11日午前0時半までに少なくとも30カ所で家屋への浸水被害が確認された。

市内の道路の一部が冠水で通行止めとなり、阪急伊丹駅前なども冠水した。大阪管区気象台などは、大阪府で11日午前0時からの24時間降水量を最大で140ミ­リ、兵庫県南部で最大100ミリと予想している。《産経新聞》

【サッカー・川島永嗣選手】結婚発表

日本代表のGK川島永嗣選手(31=Sリエージュ)が10日、自身のブログを更新。結婚したことを電撃報告した。

「皆様にご報告」とエントリーした川島選手は、「いつも応援してくださっている皆様にご報告があります。本日、かねてからお付き合いさせていただいていた彼女と入籍いたしました」と交際してきた女性と10日に婚姻届を提出したことを明かした。

川島選手は埼玉県出身で、浦和東高から2001年に大宮入り。04年から名古屋、07年から川崎Fでプレーし、10年から海外リーグへ挑戦。リールセを経て12年からSリエージュでプレーしている。 《スポニチ》

【世界レスリング女子48キロ級】登坂絵莉選手が2連覇

hqdefault-2
https://www.youtube.com/

レスリングの世界選手権第3日は10日、タシケントで女子4階級が行われ、48キロ級の登坂絵莉選手(至学館大)が2連覇、非五輪階級の55キロ級の浜田千穂選手(日体大)が初優勝を果たした。69キロ級の土性沙羅選手(至学館大)は銀メダルとなった。

21歳の登坂選手は1回戦から3試合連続でテクニカルフォール勝ち。準決勝で北朝鮮選手を下し、決勝はポーランド選手に10―2で完勝した。21歳の浜田選手は初戦の2回戦から3試合を勝ち、決勝でロシア選手に競り勝った。《共同通信》

2013 平成25年9月10日(火) 平成9012日目

【トーマス・バッハ氏】IOC新会長に選出

国際オリンピック委員会(IOC)は10日、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで開いた総会で、第9代の会長にドイツのトーマス・バッハ氏(59)を選出した。任期は8年。12年間会長を務めたジャック・ロゲ氏(71)の後任となる。《CNN》

【名鉄名古屋駅】 男性がホームから転落、乗客20人が電車を押して救出

名古屋市の名鉄名古屋駅で10日夜、電車とホームの隙間に転落して体がはさまれた男性を、居合わせた利用客らが協力して電車を押し、助け出した。

名鉄や消防などによると、10日午後8時50分ごろ、駅に入ってきた名古屋発岐阜行き特急列車の車両とホームの隙間(約20センチ)に、50代とみられる男性客が転落。ホームにいた約20人の利用客が一斉に電車を押して車体を傾け、隙間から助け出した。

男性は病院に搬送され、腰骨を骨折している疑いがあるが、意識ははっきりしているという。現場にいた利用客らによると、男性はふらついた様子だった。腰から下がホームと電車の間に挟まれた状態で、電車に数メートル引きずられたという。《中日新聞》

【餃子の王将】店内で客が全裸撮影「金沢片町店」閉店を発表

「餃子(ギョーザ)の王将」を展開する王将フードサービス(京都市)は10日、男性客9人が裸で店内のいすに座るなどした写真がネット上に流れたために営業停止していた金沢片町店(金沢市)の閉店を決めた。「公序良俗に反する行為があり、これ以上営業を続けられない」(広報)という。9人には賠償請求などの法的措置も検討する。《朝日新聞》

【サッカー・キリンチャレンジカップ】日本代表 3-1 ガーナ

サッカーの国際親善試合、キリン・チャレンジカップは10日、横浜市の日産スタジアムに6万4525人の観衆を集めて行われ、日本代表が2010年ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会ベスト8のガーナ代表に3―1で逆転勝ちした。

日本は前半に先制を許したが、後半に香川真司選手(マンチェスター・ユナイテッド)が同点ゴールを決め、遠藤保仁選手(G大阪)本田圭佑選手(CSKAモスクワ)も得点した。来年のW杯ブラジル大会へ向け、10月には欧州に遠征して強化試合に臨む。《共同通信》

【安倍晋三首相】経済対策を指示

安倍晋三首相は10日の閣僚懇談会で「消費税率を引き上げる場合には十分な対策が必要だ」と述べ、来年4月の増税を想定した経済対策を今月末をめどにまとめるよう指示した。増税後の景気底割れを防ぐのが狙いで、低所得者の負担軽減策や企業向け減税が柱となる見込み。対策を盛り込んだ2013年度補正予算の編成を検討する。

首相は経済指標を見極めて10月1日に増税の是非を最終判断するが、増税時の対策は先行して準備する。消費税率を予定通り8%へ引き上げることを決めた場合、経済対策も合わせて実施すると表明する方針だ。《共同通信》

2012 平成24年9月10日(月) 平成8647日目

【ボクシング・清水智信選手】現役引退を表明

前WBA世界スーパーフライ級王者の清水智信(31=金子)が10日、都内ジムで現役引退を表明した。4月4日、現王者テーパリットに挑戦も9回TKO負けで王座返り咲きに失敗。今後の去就について考えてきた。

周囲からは階級を変更して2階級制覇を期待する声も多かったが「負けて悔しさが沸いてこなかった。もう1回、世界挑戦との気持ちにもなれなかった」と戦意は戻らなかった。《日刊スポーツ》

【全米テニス】アンディ・マリー選手が初優勝

テニスの四大大会最終戦、全米オープン最終日は10日、ニューヨークで行われ、男子シングルス決勝はロンドン五輪金メダルで第3シードのアンディ・マリー(英国)が2連覇を狙った第2シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)を破り、四大大会初優勝を果たした。同種目で英国勢の四大大会制覇は1936年の全米王者のフレッド・ペリー以来で76年ぶりの快挙。

5度目の四大大会決勝進出となったA・マリーは全米の決勝で史上最長記録に並ぶ4時間54分の接戦を制し、優勝賞金190万ドル(約1億4820万円)を獲得した。同種目で五輪と全米の連勝は史上初。《共同通信》

【福島県浪江町・馬場有町長】「今後5年は戻れない」

東京電力福島第1原発事故で全町避難している福島県浪江町の馬場有町長は10日、「今後5年は町に戻れない。『戻らない』のではなく、インフラの復旧整備もされていないので、生活できない状態だ」と述べた。9月定例議会の一般質問に答えた。

馬場町長は、国の避難区域再編案について、年内をめどに受け入れる方針を明らかにした上で「低線量の区域でも戻って生活できる状態ではない。原発も安全とは言えず、区域再編を受け入れても軽々しく避難指示の解除はできない」と話した。

浪江町は放射線量に応じ「帰還困難区域」「居住制限区域」「避難指示解除準備区域」の3区域に再編される見通し。《共同通信》

【民主党代表選】告示

民主党代表選は10日午前に告示され、21日の投開票に向け選挙戦が始まった。再選を目指す野田佳彦首相(55)に対抗し赤松広隆元農相(64)、原口一博元総務相(53)、鹿野道彦前農相(70)が立候補を届け出た。4氏の争いとなった。党分裂を招いた首相の政権運営のほか脱原発や環太平洋連携協定(TPP)などが争点となる。首相支持は複数のグループに拡大しており、再選は確実な情勢だ。

今回の代表選は、辞任した菅直人前代表の任期満了に伴い実施される。21日の臨時党大会で国会議員投票を行い、事前に郵便投票した地方議員、党員・サポーター票と合わせて開票、新代表を選出する。《共同通信》

【政府】尖閣国有化を決定

政府は10日午後、沖縄県・尖閣諸島の取得と保有に関する閣僚会合を官邸で開き、尖閣のうち魚釣島など3島を地権者から買い取り、国有化すると決定した。藤村修官房長官が記者会見で正式に発表した。11日の閣議で予備費から購入のために20億5千万円を支出することを決め、同日中に地権者と売買契約を交わす方針だ。

領有権を主張する中国の胡錦濤国家主席は野田佳彦首相との9日の非公式会談で日本の国有化に「断固反対」と反発しており、日中関係の緊迫化は避けられない。中国中央テレビによると、中国の楊潔チ外相は10日、外務省で丹羽宇一郎駐中国大使と会い、国有化決定に抗議。《共同通信》

【松下忠洋金融担当相】自殺

10日午後4時45分ごろ、松下忠洋金融・郵政担当相(73)が東京都江東区の自宅マンションで首をつっているのを外出先から帰宅した妻や秘書官らが発見し119番通報した。

松下金融担当相は病院に搬送されたが午後7時半過ぎに死亡が確認された。関係者によると、遺書らしき書き置きがあった。警視庁は、現場の状況から事件性はなく、自殺を図ったとみて調べている。

金融庁によると、松下金融担当相は10日午後に会議出席のため登庁する予定だった。しかし、午前中に「行けない」との連絡があった。警視庁によると、その後も自宅から出てこず、携帯電話にも反応がなかった。金融庁には午後5時前に「自宅で倒れている」、6時前に「病院に搬送された」との情報が入ったという。《毎日新聞》

2011 平成23年9月10日(土) 平成8281日目

【パ・リーグ】田中将大投手と斎藤佑樹投手がプロ初対戦

楽天4-1日本ハム(Kスタ宮城)

プロ初対決を制したのは田中――。楽天・田中将大投手(22)が10日、日本ハム戦で9回5安打1失点、12奪三振で自己最多タイの15勝目を挙げた。06年夏の甲子園決勝で、再試合の末に敗れた斎藤佑樹投手(23)とのプロ初対決はともに譲らず完投。

完封目前の9回2死からの失点を猛烈に悔しがった田中投手だが、10安打4失点だった斎藤投手に貫禄を見せつけた。防御率1・28はリーグトップで、勝利数&奪三振数は2位。チームの連敗も3で止めた。《スポニチ》

【染谷将太さん・二階堂ふみさん】第68回ベネチア映画祭:新人俳優賞受賞


ヒミズ

第68回ベネチア国際映画祭コンペ部門に出品された園子温監督の「ヒミズ」の主演俳優、染谷将太さん(19)と二階堂ふみさん(16)が10日、マルチェロ・マストロヤンニ賞(新人俳優賞)に決まった。日本人の同賞受賞は初めて。日本作品が同映画祭で主要賞を受賞するのは宮崎駿監督の「ハウルの動く城」の技術貢献賞以来7年ぶり。

「ヒミズ」は古谷実氏の同名漫画の映画化。震災後の日本に生きる少年少女の過酷な青春を描き、がれきが広がる宮城県の被災地でも撮影した。染谷さんは父も母も家を出て一人で暮らしながら、「普通」の大人を目指して懸命に生きる中学生役、二階堂さんは染谷さんに心を寄せる同級生役を好演した。《日経新聞》

【野田佳彦首相】宮城、岩手を視察

野田佳彦首相は10日午前、東日本大震災発生から11日で半年を迎えるのを前に宮城県気仙沼市を訪れ、水揚げを再開した魚市場を視察した。職員から水産加工場の整備を要望されたのに対し、首相は「雇用なくして被災地の再生はない。2011年度第3次補正予算で対応したい」と述べ、雇用創出に全力を挙げる姿勢を強調した。

午後には岩手県陸前高田市に入り、屋上まで津波が押し寄せた市役所などを見て回る。就任後、首相の宮城、岩手両県の訪問は初めて。

首相は宮城県の三浦秀一副知事、菅原茂気仙沼市長と会談し「復興特区や使い勝手の良い交付金など、要望を第3次補正予算に反映させたい」と述べた。《共同通信》

【鉢呂吉雄経産相】就任9日目にして辞任


https://www.youtube.com/

鉢呂吉雄経済産業相(63)は10日夜、東京・赤坂の衆院議員宿舎で野田佳彦首相と会い、辞任を申し出て了承された。東京電力福島第一原発の周辺自治体を「死のまち」と表現し、福島視察後に記者団に「放射能をつけちゃうぞ」などと語ったことの責任をとった。内閣発足から9日目で原子力行政を所管する閣僚が辞任する事態になった。

首相の任命責任が問われるのは必至で、厳しい政権運営を迫られそうだ。野田内閣は10日の持ち回り閣議で、藤村修官房長官を11日付で経産相臨時代理に充てることを決めた。13日の臨時国会召集までに正式な後任を決める方向だ。《朝日新聞》

2010 平成22年9月10日(金) 平成7916日目

【日本振興銀行】経営破綻:初のペイオフ発動

経営再建中の日本振興銀行(東京)は10日、6月末時点で1870億円の債務超過に陥ったとして自主再建を断念、金融庁に経営破綻を申し出た。これを受け、金融庁は同行に10日から12日までの業務停止を命令、預金保険機構を金融整理管財人に選任した。

政府と機構は振興銀の破綻処理で、預金保険法に基づき預金の払い戻し保証額を元本1000万円とその利子までに限定する「ペイオフ」を初めて発動した。振興銀は10日、東京地裁に民事再生法の適用を申請する。《時事通信》

【大阪地裁】凛の会事件:村木厚子元局長に無罪判決


私は負けない  「郵便不正事件」はこうして作られた

郵便割引制度をめぐる偽の証明書発行事件で、虚偽有印公文書作成・同行使罪に問われた厚生労働省の元雇用均等・児童家庭局長、村木厚子被告(54)の判決公判が10日、大阪地裁であった。

横田信之裁判長は、検察側が描いた事件の構図の大半を否定。「村木元局長が証明書発行を部下に指示したとは認められない」と述べ、無罪(求刑懲役1年6カ月)を言い渡した。大阪地検は、2週間の控訴期間内に今後の対応を上級庁と協議する。

村木元局長は2004年6月、自称障害者団体「凛(りん)の会」が郵便割引制度の適用を受けるための偽の証明書を発行するよう、担当係長だったA被告(41)=同罪で起訴、公判中=に指示したとして、昨年7月に起訴された。《朝日新聞》

2009 平成21年9月10日(木) 平成7551日目

【新司法試験】合格者数が初の前年割れ

法務省は10日、法科大学院修了者を対象とする2009年新司法試験の合格者を発表した。昨年より22人少ない2043人で、目安とされた「2500~2900人」を大きく割り込んだ。合格者数が前年を下回ったのは4回目の今年が初めて。合格率も過去最低を更新し、昨年より5ポイント低い28%となった。

10年ごろに年間合格者を3千人にまで増やすという政府計画の実現は極めて難しい状況になった。法務省人事課は「合否の判定基準は変わっていない。(法曹となる)能力のある人が2043人にとどまった」としている。《共同通信》

【横浜地検】投資で巨額損失、詐欺容疑で神奈川歯科大元理事ら逮捕

学校法人神奈川歯科大学(神奈川県横須賀市)が投資ファンドを通じ巨額損失を出した資産運用で、横浜地検は10日、投資運用名目で法人から現金をだまし取ったとして詐欺容疑などで、元理事の男ら3人を逮捕した。うち2容疑者は来年6~7月のサッカーW杯大会開催を引き合いに、南アフリカの通貨を利用した投資商品の運用を理事会に提案していた。

52億円の損失を出した不透明な資産運用は、異例の刑事事件に発展した。逮捕されたのは財務担当の元理事A(61)=横浜市磯子区=、元投資顧問のB(45)=横浜市青葉区=、元理事のC(71)=千葉県市川市=の3容疑者。詐欺容疑は、08年11月、法人に「新たに現金を負担すれば10億円を確保できる」と虚偽の説明をして、2億5000万円を詐取した疑い。《産経新聞》

2008 平成20年9月10日(水) 平成7186日目

【自民総裁選告示】5氏が立候補届け出

退陣表明した福田自民党総裁の後継を決める総裁選が10日告示された。石原元政調会長、小池元防衛相、麻生幹事長、石破前防衛相、与謝野経済財政担当相の5氏が届け出た。

22日の両院議員総会で新総裁が選出され、24日の衆参両院本会議で新首相に選出される見通し。これまでの共同通信の取材では麻生氏が先行している。総裁選では景気・経済対策を中心に次期衆院選をにらんだ論戦が展開されそうだ。《共同通信》

広告




9月9日 > 9月10日 > 9月11日

2007 平成19年9月10日(月) 平成6820日目

【埼玉・羽生市】不燃ごみから現金1100万円見つかる

【大阪地裁】談合汚職、前和歌山県知事に有罪判決

和歌山県発注の公共工事を巡り、談合と収賄の罪に問われた前知事のA被告(55)に対し、大阪地裁(西田真基裁判長)は10日、懲役3年、執行猶予4年、追徴金1000万円(求刑・懲役4年、追徴金1000万円)を言い渡した。福島、宮崎の両県とともに昨年起きた県知事3人が絡む談合・汚職事件では、初めての判決。

判決などによると、A前知事は、元県出納長(61)=談合罪で有罪確定=や親しくしていたゴルフ経営会社元社長のB被告(56)らと共謀。04年11月にあったトンネルなど3件の工事の入札で、中堅ゼネコンのハザマ、東急建設、熊谷組がそれぞれ幹事社を務める共同企業体が落札できるよう談合した。また、04年6月上旬には、受注調整を仕切らせた見返りに井山被告から現金1000万円を受け取った。《毎日新聞》

2006 平成18年9月10日(日) 平成6455日目

【日本女子プロゴルフ選手権】宮里藍選手、大会最年少で優勝

日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯最終日(10日・北海道ニドムクラシックコース=6526ヤード、パー72)は単独首位から出た宮里藍が70で回り、通算6アンダーの282で今季国内初戦を優勝で飾った。

宮里は昨年の日本女子オープン選手権に続くビッグタイトルで、大会最年少優勝。アマチュア無線時代の1勝を含めツアー通算13勝目。賞金1800万円を獲得した。《福井新聞》

【全米テニス男子単】ロジャー・フェデラー選手が3連覇

テニスの四大大会今季最終戦、全米オープン最終日は10日、ニューヨークのビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで行われ、男子シングルス決勝は第1シードのロジャー・フェデラー(スイス)が、2003年優勝の第9シード、アンディ・ロディック(米国)を6−2、4−6、7−5、6−1で下し、1968年のオープン化以降最多で3人目の3連覇を果たした。《共同通信》

【天皇皇后両陛下】紀子さまと男の子見舞う

天皇、皇后両陛下は10日午後、秋篠宮妃紀子さまが入院している東京都港区の愛育病院を訪ね、6日に誕生した男の子と喜びの対面をし、紀子さまをねぎらわれた。

男の子は両陛下にとって初めての男の孫。陛下は病院を後にする前、報道陣に男の子の様子を尋ねられ「元気です。ありがとう」と答えた。皇后さまは白いベビー靴を持参し、花かごとともにプレゼントした。《福井新聞》

【小泉純一郎首相】中韓首脳と立ち話

フィンランドを訪問中の小泉純一郎首相は10日午前、ヘルシンキでにアジア欧州会議(ASEM)首脳会議開会に先立つアジア側首脳会合に出席する際、中国の温家宝首相、韓国の盧武鉉大統領とそれぞれ短時間立ち話をした。

今月下旬に退陣を控える小泉首相が最後の外国訪問を利用して接触を図ったとみられる。中韓両国は、小泉首相が終戦記念日に靖国神社を参拝したことに反発を強め、今回のASEM首脳会議では日中、日韓の個別の会議は予定されていない。《共同通信》

2005 平成17年9月10日(土) 平成6090日目

【世界柔道男子66キロ級】内柴正人選手、銀メダル獲得

【世界柔道女子52キロ級】横澤由貴選手、銀メダル獲得

【全米テニス女子単】キム・クライシュテルス選手が初優勝

テニスの四大大会今季最終戦、全米オープン第13日は10日、ニューヨークのナショナルテニスセンターで行われ、女子シングルス決勝で第4シードのキム・クライシュテルス(ベルギー)が第12シードのマリー・ピエルス(フランス)を6−3、6−1で下し、四大大会初優勝を果たした。《共同通信》

【阪神・星野仙一SD】阪神残留を表明

巨人の次期監督候補に名前が挙がり去就が注目されていた阪神の前監督で、現在は同球団のシニアディレクターを務める星野仙一氏が10日、大阪市内のホテルで記者会見し、来季の阪神フロント残留の意向を表明した。

同氏は決断した理由について「(事態を)沈静化するのが目的だが(残留を望む)ファンの声も響いた」と話した。また巨人からの監督就任要請を否定した上で、来季ユニホームを着る可能性について「それはない」と明言した。

ただ将来的な現場復帰の可能性については「(わたしは)野球人だから、タイミングというものでしょう。今がいいタイミングじゃなかったということ」と話した。阪神は8日に電鉄本社で行われた定例報告会で、手塚昌利オーナーがフロント職残留を正式に要請していたが、星野氏は明確な態度を保留していた。《サンケイスポーツ》

2004 平成16年9月10日(金) 平成5725日目

【プロ野球選手会】11日・12日のスト回避を決定

プロ野球の再編問題を巡り、労働組合日本プロ野球選手会(古田敦也会長=ヤクルト)と日本プロ野球組織(NPB=日本野球機構)は10日、団体交渉にあたる協議・交渉委員会を大阪市北区の大阪国際会議場で開いた。

選手会は、大阪近鉄バファローズとオリックス・ブルーウェーブの合併実施時期の1年間延期を求め、この点についてNPBが速やかに回答することなど、6項目で暫定的に合意したため、選手会は11、12両日のストライキ回避を決めた。

18日以降、9月中の土曜、日曜に設定しているストライキを実施するかどうかは、今後の交渉次第となった。《朝日新聞》

2003 平成15年9月10日(水) 平成5359日目

【サッカー・キリンチャレンジカップ】日本0−1セネガル

サッカーの国際親善試合、キリン・チャレンジカップ、日本代表ーセネガル代表は10日夜、新潟スタジアムで行われ、日本は決定力を欠いて0−1で敗れた。日本は大久保(C大阪)と柳沢(サンプドリア)の2トップで昨年のワールドカップ(W杯)ベスト8の強豪に挑んだが、再三の好機にシュートミスが目立った。ジーコ監督就任後の日本は通算3勝3分け6敗。《福井新聞》

【小泉純一郎首相】自衛隊幹部にイラク派遣準備を指示

小泉純一郎首相は10日午前、防衛庁と陸海空各自衛隊の幹部を集めた自衛隊高級幹部会同で訓示し、イラク復興支援特別措置法に基づく自衛隊派遣について「現地情勢の把握に努め、隊員の安全に十分配慮しながら、派遣を検討していく。周到な準備をしていただきたい」と述べ、派遣に向けて準備を進めるように指示した。

最近2年間は訪米などのため官房長官が代理で訓示しており、小泉首相の出席は初めて。《福井新聞》

2002 平成14年9月10日(火) 平成4994日目

【警視庁】ジー・オー巨額詐欺事件:元会長ら逮捕

高配当をうたった投資名目で会員から多額の金をだまし取ったとして、警視庁生活経済課は10日午後、詐欺容疑で「ジー・オーグループ」(東京)の元会長、O容疑者(39)と元社長のA容疑者(54)ら計7人を逮捕した。同グループは1996年ごろから通信販売の広告代やフィリピンの銀行の買収資金など収益見込みのない事業への投資と称して金を集めていた。

同課は、O容疑者らが96年8月ごろから今年2月末までの間に、全国の主婦や高齢者ら会員約3万3000人から約302億円をだまし取ったとみており、巨額詐欺事件の全容解明を進める。

調べでは、O容疑者らは、99年5月から2001年7月ごろにかけ、東京都江戸川区の無職男性(60)ら5人に、同グループに投資すれば高配当が得られるかのように持ち掛けて、計1億363万円をだまし取った疑い。O容疑者らは5人に約950万円を返却しただけだった。《産経新聞》

【沖縄県・稲嶺恵一知事】正式に出馬表明

沖縄県の稲嶺恵一知事(68)は10日、那覇市内のホテルで会見し、11月の知事選に2期目を目指して立候補する意向を正式に表明した。稲嶺知事は米軍普天間飛行場の移設で「15年(使用期限)問題を解決するために再出馬する」と強い調子で述べ、2期目在任中の15年問題解決を公約に戦う考えを示した。《福井新聞》

2001 平成13年9月10日(月) 平成4629日目

【農水省】千葉で狂牛病の疑い

農水省と千葉県は10日、同県白井市の酪農家で飼育されていた乳用牛から、牛海綿状脳症(狂牛病)の疑いがある牛1頭が見つかったと発表した。狂牛病は英国を中心に欧州などで相次いで見つかり、人にも感染するとして大きな問題になっているが、日本国内で狂牛病の疑いがある牛が確認されたのは初めて。《福井新聞》

【小泉純一郎首相】首相経験者らと意見交換


孤高の暴君 小泉純一郎

株価が最安値を更新、日本経済に対する厳しい認識が広がった10日、小泉純一郎首相の経済運営や外交に取り組む姿勢に対し、自民党の首相、総裁経験者や与党幹部から厳しい注文が相次いだ。小泉首相は「激励と受け止めている」と述べたが、経済指標の悪化とともに与党内の視線は厳しくなりつつあるようだ。

小泉首相は同日午後、首相経験者らを回り、東南アジア歴訪を前に意見交換。宮沢喜一元首相は「ここまでくると銀行がしっかりしていることが大事だ。これまで(銀行救済に)国債を出すつもりはないと言ってきたが、違う目的、新しい発想で考えた方がいい」と国債による銀行への資本再注入を進言した。河野洋平前外相と森喜朗前首相は景気対策への配慮を要請。中曽根康弘元首相はリーダーシップの発揮を協調した。《福井新聞》

2000 平成12年9月10日(日) 平成4264日目

【大相撲・琴錦関】引退表明「気力、体力の限界を感じた」

【ベルリンマラソン女子】松尾和美選手が2時間26分15秒で優勝

【全米テニス女子複】杉山愛・デキュジス選手組、初優勝

テニスの全米オープン最終日は10日、ニューヨークのナショナルテニスセンターで行われ、女子ダブルス決勝は第2シードの杉山愛選手(日本テレコム)ジュリー・アラール・デキュジス選手(フランス)組が初優勝した。四大大会での女子ダブルスで日本人選手の優勝は25年ぶり。杉山選手は昨年の混合ダブルスを制しており、2年連続でタイトルを獲得した。《共同通信》

【全米テニス男子単】マラト・サフィン選手、初優勝

男子シングルス決勝は第6シードのマラト・サフィン選手(ロシア)が第4シードのピート・サンプラス選手(米国)に勝ち、賞金80万ドル(約8500万円)を手にした。20歳のサフィン選手は四大大会初優勝。《共同通信》

1999 平成11年9月10日(金) 平成3898日目

【きらめきみなと館】福井県敦賀市:開館

【神奈川・茅ヶ崎市】77歳双子が孤独死:茅ヶ崎署員が見つける

【大阪地裁】O-157食中毒:堺市に被害女児遺族に対し賠償命令

【自民党総裁選】3候補が所見演説会

自民党総裁選で、3候補の所見演説会が10日午後、党本部で開かれた。

小渕恵三首相(総裁)は「政権基盤の安定」を訴え、自由、公明両党との連立政権に理解を求めたのに対し、加藤紘一前幹事長は衆院選、参院選で示された民意と懸け離れていることを挙げ「最小限の連立にとどめるべきだ」と反論、自自公連立をめぐり激しい火花を散らした。山崎拓前政調会長は直接の言及は避け「次期衆院選で単独過半数を失えば、自民党は主導権を失う」と強調した。《福井新聞》

1998 平成10年9月10日(木) 平成3533日目

【東京地検】防衛庁背任事件:NEC元専務ら逮捕

【エリツィン・ロシア大統領】プリマコフ氏を首相指名

ロシア大統領府によると、、エリツィン大統領は10日、3回目の下院での首相承認審議に向け、チェルノムイルジン首相代行に代え、プリマコフ外相代行を首相に指名した。

セレズニョフ下院議長(共産党)は「最も賢明な決定」として、下院がプリマコフ氏を間違いなく首相として承認すると表明。最大野党の共産党をはじめ、自民党を除くほとんどの会派が支持を表明しており、下院は11日午前5時から審議で承認するのは確実となった。《共同通信》

1997 平成9年9月10日(水) 平成3168日目

【熊本市】暴力団抗争:人違いで撃たれた看護士が重傷

【橋本龍太郎首相】内閣改造に向け最終調整


橋本龍太郎孤独な戦い

橋本龍太郎首相が10日、内閣改造に向け人事の詰めに動いた。首相にとっては3回目の人事。橋本色を強め、6大改革断行の局面をつくるため最終局面で旧派閥主導の人事にどれだけ切り込めるか、真価が問われる。首相はこの日朝、自民党の加藤紘一幹事長と会い、党三役の再任を確認した。《福井新聞》

1996 平成8年9月10日(火) 平成2803日目

【ソニー・DCR-PC7】パスポートサイズのハンディカム発売:24万円

DCR-PC7
http://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press_Archive/199608/96V-094/

【プロ野球・日本ハム】上田利治監督が突然の休養

オリックスと優勝を争っている日本ハムの上田利治監督(59)が10日突然休養した。球団によると家庭内の問題で同監督の心労が重なったのが理由。同日のオリックス戦は住友ヘッドコーチが代理監督を務めたが、11日以降の復帰のめどは立っていらず、場合によってはこのまま退団する可能性もある。《福井新聞》

【橋本龍太郎首相】沖縄米軍基地縮小に全力

橋本龍太郎首相は10日午後、首相官邸で大田昌秀沖縄県知事と会談、県民投票の結果を受けて米軍基地の整理・縮小と沖縄振興に積極的に取り組む方針を表明した。

知事は米軍用地強制使用のための公告・縦覧の代行に応じるかどうか明確な態度表明を避けたが、会談後の記者会見で「政府の施策を慎重に検討して判断できると思う。個々の問題も展望は明るい」と評価し、代行を応諾する姿勢を示唆した。

1995 平成7年9月10日(日) 平成2437日目

【誕生日】加藤あかねさん《女優》

【誕生日】笘篠和馬さん《俳優》

【ソニー・デジタルハンディカム】発売

DCR-VX700_252

【今津文化】西宮市唯一の映画館が閉館

兵庫県西宮市に一つしかない映画館「今津文化」が10日夜の上映を最後に姿を消した。阪神大震災で壊れた建物を応急修理して被災地の映画館の中でいち早く再開、被災者を励まそうと2月上旬から無料上映などをしてきたが、再建のめどが立たず、10月上旬には取り壊される。《福井新聞》

【坂本弁護士一家事件】長男とみられる遺体発見

坂本弁護士一家事件で、警視庁と神奈川県警の合同捜査本部は10日夕、長野県・大町温泉郷近くの坂本堤弁護士=当時(33)=の長男竜彦ちゃん=同(1つ)=の捜索現場で、幼児の全身の遺体を発見した。捜査着手から5日目。遺体の身体的特徴などから、捜査本部は竜彦ちゃんに間違いないとみている。遺体は同日中に神奈川県に向け出発した。11日、遺体を解剖し詳しい原因を調べる。

坂本弁護士夫妻に続き竜彦ちゃんとみられる遺体が発見されたことで、オウム真理教元幹部岡崎一明容疑者(34)ら実行グループの供述が裏付けられたことになり、事件は発生から5年10ヶ月で全容解明に向け最終局面を迎えた。《福井新聞》

【全米テニス男子】ピート・サンプラス選手、2年ぶり3度目の優勝

テニスの四大大会最終戦、全米オープン最終日は10日、ニューヨークのナショナルテニスセンターで行われ、男子シングルス決勝は第2シードのピート・サンプラス選手(米国)が第1シードのアンドレ・アガシ選手(米国)を破って2年ぶり3度目の優勝を果たし、賞金57万5000ドル(約5700万円)を獲得した。《共同通信》

【自民党総裁選告示】橋本龍太郎氏、小泉純一郎氏が立候補

自民党の総裁選挙は10日告示され、小泉純一郎元郵政相と橋本龍太郎通産相が立候補し、投開票日の22日に向け連立政権とのかかわりや、郵政民営化、国連常任理事国入りなどを争点に一騎打ちの選挙戦に入った。

両氏は立候補にあたって共同記者会見。村山連立政権への対応について小泉氏は「行財政改革、景気対策についてわが党の率直な意見を示した上で、一致できなければあえて連立離脱も辞さない」と強調した。これに対し橋本氏は「3党の信頼関係を大事にし、(連立の)枠組みの中でどこまで必要な政策を織り込めるかまず努力する」と述べるにとどまった。《福井新聞》

1994 平成6年9月10日(土) 平成2072日目

【世界リゾート博】和歌山|入場者数200万人突破

和歌山市沖の人工島で開催されている世界リゾート博は開幕から57日目の10日午後、入場者数が200万人を突破した。閉幕は今月25日で、今後も関西国際空港の見学とセットの団体客らで「最終的には250万人を超えるのでは」と話している。《福井新聞》

【世界水泳シンクロ・デュオ】奥野・立花組が銀メダル獲得

水泳の第7回世界選手権第10日は10日、ローマで行われ、シンクロナイズドスイミングのデュエットで奥野史子、立花美哉組(井村シンクロク)が銀メダルを獲得した。日本選手の同種目での銀メダルは前回大会に続き2大会連続で、メダルの獲得は第1回大会から7大会連続。《共同通信》

【全米テニス女子単】アランチャ・サンチェス選手が初優勝

テニスの四大大会最終戦、全米オープン第13日は10日、ニューヨークのナショナルテニスセンターで女子シングルス決勝などを行い、第2シードのアランチャ・サンチェス選手(スペイン)が2連覇を狙った第1シードのシュテフィ・グラフ選手(ドイツ)を下し、初優勝。賞金55万ドル(約5500万円)を獲得した。《共同通信》

【皇太子ご夫妻】羅臼岳に登頂

北海道・知床半島を訪れている皇太子ご夫妻は10日、知床連山の最高峰、羅臼岳(1660メートル)に登山された。

ご夫妻はこれまで、東京・奥多摩や岩手・八幡平などでハイキングを楽しまれているが、本格的な登山は初めて。約10時間半をかけて山頂まで往復、知床の自然を満喫された。《福井新聞》

【村山富市首相】秋田県の農家を訪問


村山富市が語る「天命」の五六一日

村山首相は10日午前、「国政に関する公聴会」(一日内閣)出席のため政府専用機で秋田入り、公聴会に先立って秋田県協和町の農家を訪問し、農民らと懇談した。

首相は長靴に履き替え、ネクタイを外したワイシャツ姿で同町の加藤幸作さんの水田に足を運び、「気持ちいいですね」を連発・刈り入れ間近の稲を手に取りながら「今年はずいぶん実りがいいですね。実りが多いほど頭を垂れる稲穂かな、だ」と豊作ぶりを実感して安心した様子だった。《福井新聞》

1993 平成5年9月10日(金) 平成1707日目

【誕生日】西野友毬さん《フィギュア》

【警察庁】ゴールド免許導入決定

無事故、無違反ドライバーの運転免許証有効期間を従来の3年から5年に延長する道路交通法の一部改正法が来年5月に施行されるのに伴い、警察庁は10日、こうした優良運転者を他のドライバーと区別するため、免許証の有効期間欄の色を従来のブルーから金色に変えた「ゴールド免許証」とするなど、運転者に応じて3種類に色分けした免許証を交付することを決めた。実施は改正法施行日の免許更新時から。《福井新聞》

【細川護熙首相】資産は13億円

細川首相ら21閣僚と同一家計の家族を対象とした細川内閣の閣僚資産が10日、公開された。閣僚本人の資産は共同通信社の調べによる「実勢価格」で、細川首相(日本新党)が13億円でトップ。2位は藤井蔵相(新生党)で8億7000万円、3位は4億7000万円の五十嵐建設相(社会党)だった。《共同通信》

【命日】ハナ肇さん《俳優》

hqdefault-1
https://www.youtube.com/

ハナ 肇(ハナ はじめ、1930年2月9日 – 1993年9月10日)は、日本のドラマー、コメディアン、俳優。コミックバンド「ハナ肇とクレージーキャッツ」のリーダーであり、同バンドのドラマでもある。《Wikipedia》

1992 平成4年9月10日(木) 平成1342日目

【富士通】世界最高速のスパコン「VPP500」発売

富士通は10日、従来の最高機種の10倍以上の処理速度に当たる1秒間に最大3550億回の科学技術計算ができる世界最高速のスーパーコンピューター「VPP500」を同日から発売すると発表した。《福井新聞》

【加藤紘一官房長官】ロシア大統領来日延期「支援は不変」

加藤官房長官は10日午前の記者会見で、エリツィン・ロシア大統領の来日延期について「日本の対ロシア対策は不変だ。拡大均衡というわが国の対ロ政策に変化はない」と強調するとともに、10月に東京で開く旧ソ連支援国会議についても「主催国としてイニシアチブを発揮したい」として会議の成功に向け努力する考えを明らかにした。《福井新聞》

【宮沢喜一首相】ロシア大統領来日延期「ゆっくり待ちましょう」

宮沢首相は10日午前、エリツィン・ロシア大統領の来日延期に関し「(大統領は電話で)こう言ったんだな。10、11、12月は冬に入り厳しい時期になるので国内にいなきゃならないと」と述べ、9日夜の電話会談の中で大統領が年内訪日できないことを表明していたことを明らかにした。

首相は今後の来日問題の進め方について「向こうの事情があるんですからゆっくりお待ちしましょう。(日本側から来日を)働き掛けるも何も、向こうの事情があるんですからお待ちしましょう」と述べ、当面、日本側から来日招請を働き掛ける考えがないことを示した。首相官邸で記者団の質問に答えた。《福井新聞》

1991 平成3年9月10日(火) 平成976日目

【電力総連】民社党支持を決定

電力総連は10日大阪市で開かれた定期大会で、政党支持問題について、これまでの純中立との立場を転換し、「民社党中心の政治勢力の拡大に取り組む」との1991年度政治活動方針を採択、民社党を支持することを正式に決定した。《福井新聞》

【海部俊樹首相】政治改革断行に強い決意

衆議院への小選挙区比例代表並立制導入を柱とする公職選挙法改正案、政治資金規正法改正案、政党助成法案の政治改革関連3法案の趣旨説明、各党代表質問が10日午後、衆院本会議で行われ、政治改革の本格論戦が始まった。

野党側が一斉に法案の撤回を迫ったのに対し、海部首相は「(リクルート事件後)どん底から出発した海部内閣だが、自民党の政治改革大綱の精神に心から共鳴し、不退転の決意で取り組んできた。3法案は一体であり、政党本位、政策本位の新しい政治をつくり出そうというものだ」と政治改革の断行に重ねて強い決意を表明した。《福井新聞》

1990 平成2年9月10日(月) 平成611日目

【雨】森高千里、11枚目のシングル発売

【中国・北京】韓国機が初の北京入り

22日から始まる北京アジア大会を取材する韓国の新聞記者ら約200人を乗せた大韓航空(KAL)チャーター機が10日昼前、北京に到着した。韓国機が中国の首都に乗り入れたのは初めて。今後、選手団や応援観光客などを乗せたKALチャーター機が往復で約20便飛ぶ予定で、国交のない中韓の交流活発化を印象付けることになる。《共同通信》

【金丸信元副総理】北朝鮮訪問が正式決定

金丸元副総理は10日夕、小沢自民党幹事長、田辺社会党副委員長、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)から帰国した自民、社会両党先遣団メンバーと都内の料理屋で会談、24日から28日まで5日間の日程で北朝鮮を訪問することを正式に決定した。《福井新聞》

1989 平成元年9月10日(日) 平成246日目

【名古屋市営地下鉄・桜通線】中村区役所〜今池開業

【陸上W杯やり投げ】溝口和洋選手、82m56で2位

【日本女子プロゴルフ選手権】谷福美選手が優勝

【全米テニス男子単】ボリス・ベッカー選手が初優勝

テニスの全米オープン最終日は10日、ニューヨークのナショナルテニスセンターで男子シングルス決勝などを行い、21歳で第2シードのボリス・ベッカー(西ドイツ)が7−6、1−6、6−3、7−6で第1シードのイワン・レンドルを破り初優勝した。《共同通信》

【社会党】「土井構想」発表

社会党は10日午後、栃木県黒磯市の文化会館で第5回全国政策研究集会を開き、土井委員長は連合政権を展望した政権ビジョン「新しい政治への挑戦」(土井構想)とそれに肉付けした政策文書を発表した。

土井氏は参院選の結果、自民党一党支配を変えようとの「新しい現実」が生まれたとの認識を示し、政権交代可能な政治構造、女性の政治参加などを実現、「新しい政治」の確立に全力を挙げる決意を示した。《福井新聞》

【海部俊樹首相】初の外遊を終え帰国

海部首相は米国、メキシコ、カナダ3カ国歴訪を終え、10日夕羽田着の日航特別機で帰国した。空港には首相臨時代理の橋本蔵相、森山官房長官、小沢幹事長らが出迎えた。《福井新聞》

広告




9月9日 > 9月10日 > 9月11日

このページの先頭へ