7月25日

7月25日
7月25日 今日は何の日

舛添要一都知事「90%以上の東京都民は韓国が好き」(平成26年7月25日)

社民党・福島瑞穂党首、辞任表明(平成25年7月25日)

和歌山毒物カレー事件(平成10年7月25日)

F1・中嶋悟選手、現役引退を表明(平成3年7月25日)

大相撲・旭富士関、横綱昇進(平成2年7月25日)

転載記事は名前、住所など一部修正、抜粋してあります。

2016 平成28年7月25日(月) 平成10061日目

【鳥取県・平井伸治知事】鳥取砂丘を「スナホ・ゲーム解放区」宣言

スマートフォン用ゲーム「ポケモンGO」の人気を観光客誘致につなげようと、平井伸治知事は25日、鳥取砂丘(鳥取県鳥取市)を「スナホ・ゲーム解放区」とすることを宣言した。この日の定例会見で「鳥取砂丘は広大で安全にゲームを楽しめる。夏休みの旅の目的地としてもらいたい」と述べ、利用者に積極的に砂丘を訪れてもらいたい考えを示した。宣言の「スナホ」は砂とスマホをかけた。《朝日新聞》

【岸田文雄外相】中国・王毅外相と会談

ラオスを訪問中の岸田文雄外相は25日、ビエンチャン市内で中国の王毅外相と約1時間、会談した。岸田氏は東シナ海と南シナ海について、中国の領有権主張に対する懸念などを伝えたが、王氏は従来の中国側の立場を繰り返すにとどまり、議論は平行線をたどった。

オランダ・ハーグの仲裁裁判所が中国の南シナ海における領有権の主張について「法的根拠はない」と認定する裁定を公表して以来、両外相が会談するのは初めて。《産経新聞》

2015 平成27年7月25日(土) 平成9695日目

【隅田川花火大会】96万3000人が歓声

「隅田川花火大会」(実行委員会主催)が25日あり、夜空に色鮮やかな大輪を咲かせた。今年で38回目を迎えた東京の夏の風物詩。実行委によると、約96万3000人の見物客らでにぎわった。午後7時すぎから、約2万発の花火が次々と打ち上げられると歓声があがった。《朝日新聞》

【佳子さま】公務で初のあいさつ

秋篠宮家の次女佳子さま(20)は25日、静岡県御殿場市で開かれた第49回全日本高校馬術競技大会の開会式に出席し「皆さまは日々、馬と気持ちが通じ合うよう努力をしていらっしゃると思います。この経験は、馬術に限らずさまざまなところで生かしていけるのではないでしょうか」とあいさつをされた。

佳子さまが公務による式典であいさつするのは初めて。昨年は、姉の眞子さま(23)が出席し「練習の成果を存分に発揮してほしいと思います」と述べ、これも公務として初のあいさつだった。佳子さまは紺色のスーツ姿で会場に到着。地元の保育園児の出迎えを受けると、笑顔で声を掛けていた。《共同通信》

2014 平成26年7月25日(金) 平成9330日目

【東京都・舛添要一知事】韓国・朴槿恵大統領と会談

訪韓中の舛添要一東京都知事は25日午前、韓国の朴槿恵大統領と会談した。冒頭、朴氏は「正しい歴史認識を共有しつつ両国関係を安定的に発展できるよう、知事にも努力をお願いする」と発言。従軍慰安婦問題にも「普遍的な人権に対する問題」だと言及して日本側の対応をあらためて促した。《日経新聞》

【東京都・舛添要一知事】ソウル大学で講演

7月25日は何の日 舛添要一都知事、ソウルで講演

東京都の舛添要一知事は25日、ソウル大で講演し、在日韓国人らに対する「ヘイトスピーチ」(憎悪表現)に厳しく対応していく考えを強調した。舛添氏はソウル市の招待で東京都知事としては18年ぶりに来韓した。講演のテーマは「日韓関係の現状と将来展望―東京都からの視点」。150席の会場は夏休みにもかかわらず満席となり、通路に座る人もいた。

 舛添氏は「90%以上の東京都民は韓国が好きなのに、一部がヘイトスピーチをして全体を悪くしている」と指摘。「ある人種や国を悪く言うのは許しがたい行為で、民主主義の土台はさまざまな価値観を守ることである。恥ずかしい行為はやめてもらいたい」と述べた。

また、「ソウルと東京は隣の国の首都で姉妹都市なのに18年ぶりに来たのは極めて異常と思う。こういう異常な状況を正常な状況に好転させたい」との考えを示した。その上で、「草の根の交流をすることは未来への大きな第一歩となる」として、「朴槿恵大統領にもこういう気持ちを伝えた」と明らかにした。朴大統領も草の根の交流を続けてほしいと呼びかけたという。《聯合ニュース》

2013 平成25年7月25日(木) 平成8965日目

【富士山】入山料の試験徴収開始

夏休みシーズンを迎えた世界文化遺産の富士山で25日、山頂を目指す登山者から1人千円ずつを任意で集める入山料の試験徴収が始まった。

小雨の降る中、山梨、静岡両県の四つの登山口では「あなたのお気持ちを富士山へ」などと書かれた看板の下で県職員らが待機。登山者は集金箱に千円を入れて、次々と頂上へ向かった。

両県は環境保全の資金を確保するため、来年夏の本格導入を目指しており、8月3日までの試験徴収期間中に寄せられた登山者の意見を今後の参考にする。両県によると、名称は「富士山保全協力金」。《共同通信》

【富山地裁】捜査情報漏えいの元警部補に猶予判決、釈放

知人に捜査情報を漏らしたとして地方公務員法(守秘義務)違反の罪に問われた富山県警の元警部補K被告(54)=懲戒免職=の判決公判で富山地裁は25日、懲役1年、執行猶予4年(求刑懲役1年)の判決を言い渡した。加野被告は同日、勾留されていた富山拘置所から釈放された。

K被告は2010年4月に富山市の会社役員夫妻を殺害、住宅に放火した疑いで昨年12月に逮捕されたが、富山地検は24日に嫌疑不十分で不起訴処分とした。

判決によると、K被告は留置管理係長として勤務していた高岡署で昨年9月、面会に来た知り合いの男性に、男性の知人が近く逮捕されることを教えた。《共同通信》

【社民党・福島瑞穂党首】辞任表明

社民党の福島瑞穂党首は25日午後の常任幹事会で、参院選で惨敗した責任を取り、党首を辞任する意向を表明した。同日夕に記者会見して、辞任の理由などを説明する。

社民党は21日投開票の参院選で、改選2議席を確保できず、過去最低の1議席にとどまった。福島氏はその後の記者会見で「全ての責任は私にある」と語っていた。福島氏は1998年に同党の比例代表から出馬し初当選。土井たか子氏の後任として2003年に党首に就任した。09年には民主党などと連立を組み、鳩山政権で少子化担当相などを務めた。《時事通信》

【安倍晋三首相】東南アジア歴訪に出発

安倍晋三首相は25日午前、東南アジア3カ国歴訪の最初の訪問地マレーシアに向けて羽田空港を政府専用機で出発した。参院選後初めての外国訪問で、安倍政権が掲げる成長戦略実現を目指した経済外交を再開する。

出発に先立ち同空港で記者団に「東南アジア諸国連合(ASEAN)の活力を日本の経済再生に取り込んでいく」と抱負を語った。26日にはシンガポールで、同国訪問中のバイデン米副大統領と会談する予定で「日米同盟の絆を確認し、アジアでの日米同盟の意義について話したい」と意欲を示した。《共同通信》

【安倍晋三首相】マレーシア・ナジブ首相と会談

安倍晋三首相は25日午後(日本時間同)、マレーシアのプトラジャヤでナジブ首相と会談し、中国と東南アジア諸国連合(ASEAN)の一部加盟国が領有権を争う南シナ海問題で国際法の順守が重要との認識で一致した。日本が合流した環太平洋連携協定(TPP)交渉に連携して対応することで合意した。

安倍首相にとって参院選大勝後、初の外国訪問となる。今回の東南アジア訪問を皮切りに経済外交を加速させる方針だ。《共同通信》

2012 平成24年7月25日(水) 平成8600日目

【MLB・レイズ】松井秀喜外野手に戦力外通告

レイズは25日、松井秀喜外野手(38)を大リーグ契約の40人枠から外し、戦力外とした。今後はトレード、自由契約、マイナー契約での再契約などの可能性があり、10日間のうちに処遇が決まる。松井外野手は同日、遠征地のメリーランド州ボルティモアを離れ、本拠地のあるフロリダ州へ戻った。《日刊スポーツ》

【五輪・サッカー女子1次リーグ】日本2-1カナダ

ロンドン五輪のサッカー競技が25日(日本時間26日午前1時)、始まった。日本女子代表(なでしこジャパン)はカナダ代表との1次リーグ初戦を、英国中部のコベントリーで迎えた。

日本は前半33分、MF川澄選手のシュートで先制。さらに同44分、MF宮間選手が頭で追加点を決めた。日本が2―0で前半を折り返した。日本は前半と同じメンバーで後半に臨んだ。10分、カナダのタンクレディ選手にゴールを決められ、1点差に迫られた。19分、FW大野選手に代わってFW安藤選手(デュイスブルク)が入った。日本がリードを守り、2―1で逃げ切った。日本は勝ち点3を獲得した。《朝日新聞》

【大津市・越直美市長】いじめ自殺事件で遺族に謝罪

大津市の中2男子自殺で、越直美市長が25日、男子生徒の父親と市役所で面会し「学校や市教育委員会の調査は不十分で、もっと早く再調査するべきだった。本当に申し訳ございません」と述べた。自殺といじめをめぐる問題が明らかになってから遺族に直接謝罪するのは初めて。《産経新聞》

【名古屋市交通局】運転放棄したバス運転手を懲戒免職処分

名古屋市交通局は25日、市営バスの乗務中に運転を放棄し、乗客を残しバスから立ち去ったなどとして、中川営業所の男性運転手(39)を懲戒免職処分にした。

市交通局によると、運転手は6月28日午後1時10分ごろ、始発停留所の「地下鉄高畑」(同市中川区)で、男性から道を尋ねられて対応したために出発が予定より約1分遅れ、乗客の男性から「時間を過ぎている。早く行け」と大声で注意を受けた。

さらに降車ボタンが押されたが乗客が降りなかったことに、運転手は立腹。次の停留所を出発した後、約130メートル蛇行運転した上で急停止、乗客8人を残し立ち去った。《共同通信》

2011 平成23年7月25日(月) 平成8234日目

【中国当局】高速鉄道事故から2日、早くも運行再開

中国浙江省温州で起きた高速鉄道の衝突、脱線事故で、高架上での復旧作業が終わり、25日午前から列車の運行が再開した。現場では、高架から落下した車両が、地面に掘った穴に埋められ、事故原因の究明をないがしろにする当局の姿勢が鮮明になっている。ネット上などでは「証拠隠滅」との批判が一段と強まっている。

追突して落下した先頭車両の脇では24日早朝、数台のショベルカーが地面に巨大な穴を掘った。穴は幅15メートル、深さ5メートルほどだ。地元住民は本紙に「先頭車両は粉々に砕かれ、穴に埋められた」と証言した。同日午後、現場では穴に土砂がかけられ、残骸の一部が露出していた。

25日朝からは、ショベルカーがほかの落下車両の車体も砕き始めた。ネット上では「重機が運転席の計器を壊していた」などの証言とともに、ショベル部分を車体に繰り返し打ち続ける映像が出回っている。

鉄道省の王勇平報道官は24日、記者会見で「先頭車両を埋めたのは(他の車輌の処理など)処置を迅速に進めやすくするため」と説明した。《読売新聞》

【2011年度第2次補正予算】成立

東日本大震災の追加的な復旧策を盛り込んだ2011年度第2次補正予算は25日の参院本会議で共産党を除く各党の賛成多数で可決、成立した。2次補正は菅首相が「退陣3条件」の一つとしており、民主党執行部は残る再生可能エネルギー特別措置法案と赤字国債を発行するための特別公債法案の早期成立に全力を挙げる方針だ。《読売新聞》

2010 平成22年7月25日(日) 平成7869日目

【日本サッカー協会】新会長に小倉純二副会長を選出

【竹原信一阿久根市長】副市長に裏金を告発した元警官を選任

議会を開かずに専決処分を繰り返している鹿児島県阿久根市の竹原信一市長が25日、空席だった副市長に元愛媛県警巡査部長の仙波敏郎氏(61)を充てることを専決処分した。地方自治法は副市長の選任には議会の同意が必要と定めており、識者は「明らかな法律違反」と批判している。

同市の掲示板に25日、竹原市長名で、仙波氏の名前と生年月日を記し、「欠員中の副市長に選任した」とする文書が張り出された。仙波氏は愛媛県警時代の2005年、県警の裏金作りを実名で内部告発。2009年に退職し、現在は各地で講演活動などを行っている。《読売新聞》

【埼玉・秩父市】遭難者を救助中の県防災ヘリが墜落、5人死亡

25日午前11時10分ごろ、埼玉県秩父市大滝の山中で、山岳遭難者を救助中の県防災ヘリコプター「あらかわ1」が墜落した。県警によると、乗っていた機長、Aさん(54)、副操縦士、Bさん(32)、県防災航空隊員のCさん(42)とDさん(32)、秩父消防本部隊員、Eさん(33)の5人が死亡した。

ヘリは県が本田航空(同県川島町)に運航を委託。沢登り中に滝つぼに落ちた女性(55)を救助するため、7人が乗って上空でホバリングし、ロープで消防隊員ら2人を地上に降ろした後に墜落した。2人は無事で、うち1人が手の指に軽い打撲。県によると、2人は「着地と同時に異常な音がして、機体が落ちるのが見えた」と話した。《日経新聞》

【岡田克也外相】代表選出馬には慎重姿勢

アフガニスタンとベトナムを歴訪した岡田克也外相は25日、最終訪問地のラオスで一連の日程を終えた。8日間で約20カ国の外相らと会談し、環境や核軍縮を売り物とする「岡田外交」を盛んにアピール。9月の民主党代表選出馬には慎重姿勢で、引き続き菅直人首相の下で外相としての実績を印象付けることで将来への布石とそたい考えのようだ。《福井新聞》

2009 平成21年7月25日(土) 平成7504日目

【WBAライト級タイトル戦】嶋田雄大選手、戴冠ならず

WBA世界ライト級タイトルマッチは25日(日本時間26日)、アフリカ南部ナミビアの首都ウィントフークで行われ、37歳11カ月の嶋田雄大(ヨネクラ)が王者パウルス・モーゼス(31=ナミビア)に0―3で判定負けした。2回、青コーナー付近の濡れたマットに足を滑らせた嶋田は左太腿裏を負傷。最大11ポイント差の完敗にも「足がつった状態が12回まで続いた」と不満を漏らした。

南半球に位置するナミビアは真冬。会場のテントの外では気温が3度にまで冷え込んだ影響も否めない。「届く範囲の相手。再戦を希望したい」。世界ベルトにこだわり続ける男は、8月13日に38歳の誕生日を迎える。《スポニチ》

【麻生太郎首相】「高齢者は働くしか才能がない」

麻生太郎首相は25日、横浜市内で開かれた日本青年会議所の会合で、高齢化対策に関し「高齢者は働くことしか才能がない。80歳を過ぎて遊びを覚えても遅い」と述べた。

この後の仙台市での講演では、この発言について「元気な高齢者に働ける場をつくることが、活力のある新しい社会になると申し上げた。誤解を与えたようだ」と釈明したが、野党各党は「高齢者への侮辱だ」(志位和夫共産党委員長)と強く批判した。《福井新聞》

2008 平成20年7月25日(金) 平成7139日目

【鈴与】地域航空に参入

静岡市の総合物流会社、鈴与(鈴木与平会長)は25日、来年3月の静岡空港開港に伴い、小型ジェット機で地方都市間を結ぶ地域航空事業に参入すると発表した。当初は静岡空港と小松(石川県)、熊本、鹿児島の3空港を結ぶ路線を開設。それぞれ来年夏の運航開始を予定している。

事業主体は鈴与が設立したフジドリームエアラインズ(静岡市)。ブラジルのエンブラエル社製の小型ジェット機(76人乗り)2機体制で小松便を1日2往復、熊本、鹿児島便をそれぞれ1往復する計画。《福井新聞》

【大相撲名古屋場所13日目】横綱白鵬、3場所ぶり7度目の優勝決定

大相撲名古屋場所13日目(25日・愛知県体育館)後続に3差をつけて独走していた横綱白鵬が大関魁皇を寄り切り、13戦全勝で3場所ぶり7度目の優勝を果たした。名古屋場所での優勝は初めて。《福井新聞》

【東京高裁】ライブドア事件:元社長に二審も実刑判決

ライブドア事件で証券取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載、偽計・風説の流布)の罪に問われた元社長、堀江貴文被告(35)の控訴審判決公判が25日、東京高裁であった。長岡哲次裁判長は「ディスクロージャー制度を根底から揺るがしかねない犯行で強い非難に値する」として懲役2年6月(求刑同4年)の実刑とした一審・東京地裁判決を支持し、被告側控訴を棄却した。堀江被告側は同日、上告した。《日経新聞》

広告




7月24日 > 7月25日 > 7月26日

2007 平成19年7月25日(水) 平成6773日目

【プラティバ・パティル氏】第12代インド大統領就任:インド初の女性大統領

【トヨタ自動車】プラグイン・ハイブリッド車の試験車両を公開

トヨタ自動車は25日、家庭用電源で充電できる「プラグイン・ハイブリッド車(HV)」の試験車両を報道陣に公開した。同日に国内で初めて国土交通省の認可を取得し、今秋から公道で走行試験を開始する。近く米国や欧州でも同様の試験を行う予定だ。同社はHVの可能性を広げる技術とみて実用化を急いでいるが、滝本正民副社長は「現在の電池の水準では難しい。より小型で大容量な電池の開発次第」としている。《産経新聞》

【大相撲・琴光喜関】大関昇進

日本相撲協会は25日午前、名古屋市中区の愛知県体育館で秋場所(9月9日初日・両国国技館)の番付編成会議と理事会を開き、東関脇琴光喜(31)=愛知県出身、佐渡ヶ嶽部屋=の大関昇進を満場一致で決めた。《福井新聞》

【大相撲・横綱朝青龍】疲労骨折

大相撲の横綱朝青龍が腰などを痛め、8月3日から始まる夏巡業を休場することが25日、分かった。師匠の高砂親方(元大関朝潮)が同日、愛知県体育館で行われた理事会の後「巡業部に診断書を出した。腰を疲労骨折しており、ひじも痛めている。途中から出る可能性もある」と説明した。《福井新聞》

【安倍晋三首相】福井で演説

自民党の安倍晋三首相は25日、参院選福井選挙区の松村龍二候補の応援で来県し、越前市のサンドーム福井イベント広場で街頭演説を行った。首相就任から10ヶ月で雇用を60万人増やし、失業率を改善したと実績をアピール。

「改革を進めることで経財が成長し、みんなが豊かになる。景気の明るい兆しを福井県の家庭に拡大していく」と力を込めた。《福井新聞》

2006 平成18年7月25日(火) 平成6408日目

【東京地検】インサイダー取引で日経新聞社員を逮捕

日本経済新聞社の東京本社広告局社員によるインサイダー取引事件で、東京地検特捜部は25日午後、上場企業5社の株式分割の法定公告が掲載されることを公表前に把握し、各社の株式を不正に購入したとして、同広告局社員、A容疑者(31)を証券取引法違反(インサイダー取引)容疑で逮捕した。同容疑者は容疑を全面的に認めている。《日経新聞》

【栃木県警】5億円強奪事件:中国人1人を含む4人逮捕

栃木県旧南河内町(現下野市)薬師寺の運送会社「東武運輸栃木」(現東武運輸プリヴェ栃木支社)で2004年、国内最高額の現金約5億4250万円が奪われた事件で、栃木県警と警視庁は25日、中国人1人を含む4人を強盗容疑で逮捕したと発表した。さらにリーダー格とみられる宇都宮市内の指定暴力団組員や実行役の中国人ら計5人の行方を追っている。《毎日新聞》

【ホンダ】小型航空機事業参入を発表

ホンダは25日、小型ジェット機市場に参入すると発表した。米国に飛行機事業の新会社を設立し、2006年秋から受注を始める。米連邦航空局の認証を得たうえで、2010年に米国内で生産・販売を開始する方針だ。米国企業のほか、欧州などの富裕層らにも売り込む。日本での販売は未定。創業者・本田宗一郎氏が1962年に航空機事業への参入を宣言して以来の悲願が実現することになった。

ホンダが開発した「ホンダジェット」は6~7人乗りで、全長12.5メートル。既存機より燃費が4割良いという。価格は300万~400万ドル(約3億5000万~4億7000万円)となる見込みだ。《読売新聞》

【額賀福志郎防衛庁長官】総裁選出馬「世論見極め判断」

自民党津島派の額賀福志郎防衛庁長官は25日夕、9月の総裁選への対応をめぐり同派の青木幹雄参院議員会長、片山虎之助参院幹事長と都内で会談し、党内情勢や世論を見極めながら出馬するかどうか判断することで一致した。

片山氏は世論調査で安倍晋三官房長官が先行している現状に関し「総裁選が消化試合のようになるのは自民党にとってよくない。来年の参院選にも影響する」と指摘。青木氏も同様の考えを示したが、額賀氏の出馬については結論が出なかったという。《福井新聞》

2005 平成17年7月25日(月) 平成6043日目

【世界水泳・男子100m平泳ぎ】北島康介選手が銀メダル獲得

【MLB・デビルレイズ】野茂英雄投手を解雇

野茂英雄投手(36)が25日、デビルレイズから解雇された。デビルレイズは16日に野茂に戦力外通告をした後、トレード先を探していたが、25日 までに申し込みがなかった。今後は、保有権の放棄を告知するウエーバーにかけ、他球団からの獲得申し込みを待つ。代理人の団野村氏は「日本球界復帰の意思はない」と重ねて強調した。 《共同通信》

【東京地検】橋梁談合事件:道路公団副総裁逮捕

25日、鋼鉄製橋梁建設工事を巡る談合事件の日本道路公団(JH)ルートで、東京地検特捜部は同公団副総裁のA容疑者(60)を独占禁止法違反(不当な取引制限)ほう助と背任の容疑で逮捕し、公団本社や副総裁の自宅など関係先を家宅捜索した。

2004年の第2東名高速道路の高架橋工事で、談合を知りながらその遂行を助けたうえ、談合の結果、少なくとも約5000万円の損害を公団に与えた疑い。橋梁談合事件は、公団生え抜きの現職技術系トップの刑事責任が問われる「官製談合」事件に発展した。《毎日新聞》

【自民党】郵政民営化「造反」51人に弁明書を要求

自民党は25日、政治倫理審査会(笹川堯会長)を党本部で開き、郵政民営化関連法案の衆院本会議採決で造反した綿貫民輔前衆院議長ら51人(反対37人、欠席・棄権14人)に対して、国会会期末の8月13日までに弁明書を提出するよう求めることを決めた。

これにより具体的な処分問題は国会閉幕後に先送りされ、参院採決前の波乱を避けた形だが、反対派はもともと民営化法案をめぐる党内手続きに問題があり、党議拘束はかかっていないとの立場。亀井静香元政調会長は「政倫審をやられる覚えはない」と反発し、弁明書提出には応じない構えを見せており、党内対立が収まる気配はない。《福井新聞》

2004 平成16年7月25日(日) 平成5678日目

【長野・駒ヶ岳】ロープウェイに落雷、1050人が山頂に足止め

25日午後2時10分ごろ、長野県駒ヶ根市の中央アルプス・宝剣岳(2931メートル)の「駒ヶ岳ロープウェイ」で、山頂近くの千畳敷駅の避雷針に雷が落ち、衝撃でロープウエーの制御装置が壊れて運行ができなくなり、標高2611メートルの同駅付近に約1050人が取り残された。《読売新聞》

【川口順子外相】曽我さん夫訴追問題:司法取引に自信

川口順子外相は25日のNHKの討論番組で、北朝鮮による拉致被害者曽我ひとみさんの夫で元米兵ジェンキンスさんの訴追問題について、基本的には米国とジェンキンスさんの問題としながらも「同盟関係であり、日米両国で解決できない問題などない。それほどの信頼関係がある」と強調した。《福井新聞》

【命日】下條正巳さん《俳優》

2003 平成15年7月25日(金) 平成5312日目

【誕生日】庵原涼香さん《女優》

【プロ野球・阪神】貯金「40」マジック「36」

阪神7−1中日◇25日◇ナゴヤドーム

阪神は5連勝で56年ぶりの貯金40とした。2回、アリアスの二塁打で追いつき、沖原の二ゴロの間に勝ち越し。3回は八木の2点二塁打と桧山の適時打、矢野の犠飛で畳み掛けた。下柳は要所を締めて7勝目。中日は阪神に7連敗。1回に立浪の適時打で先制したが、先発の野口がつかまった。《福井新聞》

2002 平成14年7月25日(木) 平成4947日目

【巨人・川相昌弘内野手】プロ野球史上初の500犠打達成

巨人の川相昌弘内野手(37)は25日、阪神18回戦(甲子園)の9回に今季9個目の犠打をマークし、プロ野球史上初の通算500犠打を達成した。初犠打は1985年6月13日のヤクルト戦。川合はこの回無死一塁から代打で投前に送りバントを決めた。《福井新聞》

【小泉純一郎首相】税財政改革に意欲

全国都道府県議会議長会は25日、都内で総会を開き、地方分権の推進と地方財政基盤の充実を求める決議のほか、地方議会の権限強化を新たに盛り込むなどした要望35件を選択した。

小泉純一郎首相はあいさつで「地方財政の問題は非常に重要。(財政改革などを通じて)数年かけて地方の個性をいかに出すか、それが国の活性化につながる」と述べた。その上で小泉首相は「補助金、地方交付税、税財源の移譲を三位一体で考えていくが、問題を列挙している場合ではなく、いかに一緒に動き出すかだ」と早期に改革を進める意向を改めて示した。《福井新聞》

2001 平成13年7月25日(水) 平成4582日目

【FINAL DISTANCE】宇多田ヒカル:8th single リリース

【東京地裁】松本サリン事件:松本智津夫被告に4億6400万円賠償命令

長野県松本市で1994年4月に起きた松本サリン事件で、死亡した4人の両親8人がオウム真理教松本智津夫被告(46)=教祖名麻原彰晃=に計5億4500万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は25日、計約4億6400万円の支払いを命じた。《福井新聞》

【宮沢喜一元首相】靖国問題「口出すな」

25日、自民党の宮沢喜一元首相は共同通信社のインタビューに応じ、首相在任中にひそかに靖国神社を参拝していたことを認めた上で、8月15日の靖国参拝を表明している小泉純一郎首相に中国、韓国が激しく反発していることについて「国内問題だ。外国が口を出すことではない」と厳しく批判し、首相の参拝に理解を示した。《福井新聞》

2000 平成12年7月25日(火) 平成4217日目

【コンコルド墜落事故】

パリ郊外で25日午後4時45分ごろ、シャルル・ド・ゴール空港をニューヨークに向けて離陸したエールフランスの超音速旅客機コンコルドが墜落し、ホテルに激突した。フランス内務省などによると、乗客乗員109人全員が死亡した。同機はチャーター機で、乗客100人のほぼ全員がドイツ人だった。パリの日本大使館は日本人乗客の有無について確認を急いでいる。《共同通信》

【香淳皇后】斂葬の儀

6月16日になくなった皇太后さま(香淳皇后)の斂葬の儀が25日、東京都文京区の豊島岡墓地と八王子市の武蔵陵墓地で営まれ、97年の生涯を閉じた皇太后さまに最後の別れを告げられた。豊島岡墓地で同日午前行われた、斂葬の儀・葬場殿の儀には両陛下をはじめ皇族方のほか、三権の長、在京の各国大使ら計1063人が参列。皇太子妃雅子さまは暑さによる疲労を理由に欠席された。《福井新聞》

【東京地裁】元オウム真理教信者・端本悟被告に死刑判決

坂本堤弁護士一家殺害をはじめ松本サリンなど計3事件で殺人、殺人未遂罪などに問われた元オウム真理教信者の端本悟被告に対する判決公判が25日、東京地裁で開かれ、永井敏雄裁判長は「一家三人殺害は余りにも残虐、非道」などとして求刑通り死刑を言い渡した。弁護側は控訴する方針。《福井新聞》

【森喜朗首相】沖縄県「豆記者」の表敬受ける

森首相は、平成12年7月25日、首相官邸で、沖縄県内の小中学生から選ばれた「豆記者」の表敬訪問を受けた。あいさつで森首相は九州・沖縄サミットを振り返り、「沖縄県民の皆さんの努力のおかげで無事、成功できた。ありがとうと伝えて下さい」と感謝の意を表した。

沖縄豆記者を代表して城辺(ぐすくべ)町立城辺中学校1年生の謝敷智美さんが「各国の首脳を迎え、森首相の力添えもあって成功裏に終えることができ、県民は首相に感謝しています」と述べた。《首相官邸》

1999 平成11年7月25日(日) 平成3851日目

【プロ野球オールスター第2戦】ローズ選手6打点でMVP

1999年のプロ野球オールスターゲーム第2戦、全セントラルー全パシフィックは25日、7年ぶり開催の甲子園球場で行われ、全セが9−5で第1戦に続いて制し、最優秀選手には6打点を挙げた横浜のローズ内野手が初めて選ばれた。ローズ内野手の6打点は球宴の1試合最多打点のタイ記録だった。《福井新聞》

【改革クラブ】連立政権参加を決定

衆院で公明党と統一会派を組む改革クラブ(小沢辰男代表、衆参11人)は25日夕、都内のホテルで両院議員総会を開き、自民党との連立政権に参加する方針を正式に決定した。

小沢氏は総会後の記者会見で「政局を安定させるため強力な政権をつくらないといけない」と述べ、政権参加方針を決めた公明党と歩調を合わせ、野党から与党へ軸足を変える考えを強調した。《福井新聞》

1998 平成10年7月25日(土) 平成3486日目

【フレンチドレッシング】斎藤久志監督作品公開

【 Windows 98・日本語版】発売

【和歌山毒物カレー事件】

25日午後7時10分ごろ、和歌山市園部の住宅街で開かれた夏祭りに参加した住民約60人が、吐き気や腹痛など食中毒症状を訴え病院に運ばれた。住民の中には小学生以下の子供がかなり含まれている。

同市保健所は集団食中毒とみて、原因食材の特定などを急いでいる。患者が運ばれた病院によると、夏祭りでカレーライスを食べた住民が発症した。《福井新聞》

1998年7月25日に園部地区で行われた夏祭りで、カレーを食べた67人が腹痛や吐き気などを訴えて病院に搬送され、4人が死亡した。 当初保健所は食中毒によるものと判断したが、和歌山県警は吐瀉物を検査し、青酸の反応が出たことから青酸中毒によるものと判断。しかし、症状が青酸中毒と合致しないという指摘を受け、警察庁の科学警察研究所が改めて調査して亜ヒ酸の混入が判明した。
和歌山毒物カレー事件 -Wikipedia

【森喜朗氏】自民党幹事長就任決定

自民党の小渕恵三新総裁は25日、幹事長に森喜朗総務会長(三塚派)、総務会長に深谷隆司元自治相(旧渡辺派)、政調会長に池田行彦前外相(宮沢派)を充てる三役人事を決定、総務会でも了承された。《福井新聞》

1997 平成9年7月25日(金) 平成3121日目

【神戸地検】連続児童殺傷事件:少年を家裁送致

神戸の連続児童殺傷事件事件で神戸地検は、殺人などの容疑で再逮捕した中学3年の少年(15)の拘置期限が切れる25日午前、5月の小6男児殺害、3月の連続通り魔、2月の女児殴打の3事件を一括して神戸家裁に送致した。少年事件としては異例の1ヶ月近い拘置を経て捜査はすべて終結した。《福井新聞》

神戸連続児童殺傷事件とは、1997年(平成9年)に兵庫県神戸市須磨区で発生した当時14歳の中学生による連続殺傷事件。別名『酒鬼薔薇事件』『酒鬼薔薇聖斗事件』とも呼ばれる。この事件で、2名が死亡し、3名が重軽傷を負った。
神戸連続児童殺傷事件 -Wikipedia

【JRグループ】北陸新幹線を「長野行新幹線」と呼称することを決定

JR西日本金沢支社は25日、10月1日付で実施するダイヤ改正の内容を発表した。また、同日開業する北陸新幹線・高崎ー長野間(117.4キロ)を「長野行新幹線」の呼称に統一することを決めた。

今回の改正は長野行新幹線の開業に伴うもの。呼称については現段階で「北陸新幹線」だと紛らわしいため、暫定的な呼称としてJRグループ内での統一を図ったとしている。

1996 平成8年7月25日(木) 平成2756日目

【宮沢賢治童話村】岩手・花巻市|開村式

【新潟・巻町】原発住民投票告示

東北電力の原発建設の賛否をめぐり新潟県巻町の全国初の住民投票が25日、告示された。投票日は8月4日で即日開票される。投票結果は国の原子力政策に大きな影響を与えそうだ。《福井新聞》

【アトランタ五輪・柔道女子52キロ級】菅原教子選手、銅メダル獲得

【アトランタ五輪・柔道男子65キロ級】中村行成選手が銀メダル獲得

1995 平成7年7月25日(火) 平成2390日目

【誕生日】笠原拓巳さん《俳優》

【プロ野球オールスターゲーム第1戦】全セ4−4全パ

プロ野球サンヨーオールスターゲーム第1戦、全セントラルー全パシフィックは25日、横浜スタジアムで行われ、4−4で9回規定により引き分けた。

1回に1点を先制された全セは4回に同点とした後、6回にブラッグス(横浜)と古田(ヤクルト)の適時打で2点を勝ち越し。8回に清原(西武)田中(日本ハム)の長短打で逆転されたが、その裏、落合(巨人)が長谷川(オリックス)から球宴通算11本目となるソロ本塁打を放ち引き分けに持ち込んだ。《福井新聞》

【埼玉・日高市】短銃男が車にろう城

25日午前9時10分ごろ、埼玉県狭山市の元ダンプカー運転手で無職のA容疑者(45)方で、横領事件を捜査中の埼玉県警の捜査員が任意同行を求めたところ、A容疑者が短銃を突き付け捜査員1人を拉致し、覆面パトカーを奪って逃走した。

同容疑者は途中で捜査員を解放し別の乗用車に乗り換えて逃走。同県日高市内の県道で緊急配備中のパトカーに包囲されて車内に立てこもった。同県警は同日午後6時半前、事件発生から約9時間半ぶりに車に突入、身柄を確保した。その際、同容疑者は短銃で自殺を図り、病院に運ばれたが、弾は頭を命中しており、意識不明の重体。《福井新聞》

【フランス・パリ】地下駅で爆弾テロ、5人死亡62人重軽傷

パリ中心部の郊外電車の地下駅内で25日夕、爆発があり乗客ら5人が死亡、62人が重軽傷を負った。犯行声明は出されていないが、警察当局はテロ事件とみて捜査を開始、パリ市内や空港の警戒を強化した。

事件があったのはノートルダム寺院などのあるシテ島にある「サンミッシル駅」。警察当局によると、同駅に停車しようとする直前、電車の最後部車内で爆弾が爆発した。爆弾は座席の下に仕掛けられていたという。《共同通信》

1994 平成6年7月25日(月) 平成2025日目

【ダイエー・山本和範選手】「カズ山本」に登録名変更

パ・リーグは25日、ダイエーから届け出のあった「山本和範」外野手から「カズ山本」への登録名変更を受理、同日公示した。《福井新聞》

【海部俊樹氏・羽田孜氏・細川護熙氏】新・新党結成へ

海部元首相と羽田新生党党首、細川日本新党代表の3首相経験者は25日午後、都内のホテルで約1時間半会談し、共産党を除く野党9党派の大同団結を目指し、早期に「新・新党」を結成する考えで一致した。

新・新党の掲げる基本理念、政策については、海部氏が①規制緩和などにより豊かさの実感できる「国民のための改革」を実行する②「国際協調主義」を掲げ、非軍事力によって積極的に国際貢献するーを提起。羽田、細川両氏も大筋で合意した。《福井新聞》

1993 平成5年7月25日(日) 平成1660日目

【裸のままで】スピッツ、6th single リリース

【WBAジュニアフライ級タイトル戦】細野雄一選手、戴冠ならず

世界ボクシング協会(WBA)ジュニアフライ級タイトルマッチ12回戦は25日、韓国・慶州の現代ホテル内特設リングで行われ、挑戦者で同級7位の細野雄一(角海老宝石)はチャンピオンの柳明佑(韓国)に0-3の判定で敗れ、WBAストロー級に続き2度目の世界挑戦に失敗した。《共同通信》

【故・石原裕次郎さん】七回忌法要に3万8000人

数多くのファンに惜しまれながら昭和62年に52歳で亡くなった映画俳優、石原裕次郎さんの七回忌法要が25日、横浜市鶴見区の総持寺で営まれ、全国から集まった約3万8000人のファンが、献花や記帳をした。

境内にはこの日のためにアジサイやランの花で裕次郎さんの愛艇のヨットをかたどった巨大な献花台が設置された。《福井新聞》

1992 平成4年7月25日(土) 平成1295日目

【バルセロナオリンピック】開幕

スペイン・カタルーニャ自治州の首都、バルセロナを中心に開催される第25回夏季オリンピック大会の開会式が25日夜、五輪スタジアムで行われた。《共同通信》

【熊本県警】不法入国した中国人52人を逮捕

熊本県警本渡署は25日、同県天草郡苓北町都呂々漁港に着いた船から上陸した中国人と思われる52人(うち女性8人)を出入国管理及び難民違反の疑い(旅券不携帯など)で逮捕した。

調べでは、52人は25日午前0時ごろ、同港に着いた約80トンの鋼鉄製の船から上陸。漁港周辺や街中にいるところを発見され、同町都呂々公民館に収容されていた。

51人がパスポートを持っておらず、残る1人も入国の際の証印がない。日本語は話せず、「船に乗ってきたのは全員で61人」という情報もあり、同署は事情を聴くとともに、捜索を続けている。《福井新聞》

1991 平成3年7月25日(木) 平成929日目

【秋田道】横手IC〜秋田南IC供用開始

【 F1・中嶋悟選手】現役引退を表明

自動車のフォーミュラーワン(F1)シリーズで日本人ドライバー第1号として活躍してきた中嶋悟(38)は25日、同シリーズ今季第9戦のドイツ・グランプリ(GP)を控えた当地で記者会見し、今季限りで現役を引退すると発表した。

同選手は引退理由に「レーシングドライバーとして20年間務め、十分やり遂げたと感じた」と語り、「モーターレーシングの世界で私の20年のキャリアを支えてくれたすべての人に感謝したい」と謝辞を述べた。《共同通信》

【国際協力事業団】ペルーの協力隊員87人引き上げを決定

ペルーで日本人農業技師3人が射殺された問題で国際協力事業団(JICA)は25日、現在ペルーに派遣している専門職員、青年海外協力隊員ら計87人を一時日本に引き揚げさせる方針を決めた。

JICAは既に現地に派遣した安全対策調査団の報告を基に、帰国を希望する専門職員や安全対策が不十分とみられる地方で活躍している協力隊員については帰国させるとの方針を打ち出していたが、3人の射殺事件後も日本人誘拐や射殺事件など日本人、日系人を狙ったテロが相次いでいるため、これまで比較的安全とされてきた首都リマ在住の専門職員も含めた全派遣員を対象とすることにした。《福井新聞》

1990 平成2年7月25日(水) 平成564日目

【情熱の薔薇】THE BLUE HEARTS:9枚目のシングル発売

【真夏の果実】サザンオールスターズ:28枚目のシングル発売

【 P.S. I LOVE YOU】PINK SAPPHIRE:1stシングル発売

【大相撲・旭富士関】横綱昇進

日本相撲協会審判部は25日午前9時から、名古屋市中区の愛知県体育館で開いた秋場所の番付編成会議で横綱審議委員会で横綱に推薦された大関旭富士(30)=大島部屋、青森出身=の横綱昇進を決め、理事会もこれを承認した。

使者の伊勢ヶ浜理事と楯山審判委員が昇進を伝達した。

紋付き羽織、はかまの正装で使者を迎えた旭富士は「謹んでお受けいたします。横綱の名を辱めぬよう全力を尽くして努力、精進します」と言い、内臓疾患に苦労してきたとあって「健康に注意しながら心技体の充実に努めます」ときっぱり口上を述べた。《福井新聞》

【プロ野球オールスターゲーム第2戦】全パ12−7全セ

1990年のプロ野球オールスターゲーム、全パシフィックー全セントラル最終戦(第2戦)は25日、13年ぶりに平和台球場で行われ、清原(西武)の2本を含む5本塁打を放った全パが12−7で全セを退け、第1戦に続いて連勝した。通算成績は全パの62勝43敗4分け。

試合は全パ・野茂(近鉄)全セ・与田(中日)のルーキー投手の先発で始まった。2回、全パが清原が左中間場外へ本塁打して先制。全セは3回、二塁に走者を置いて落合(中日)が史上3人目となる両リーグ本塁打を放って逆転した。しかし全パは石嶺(オリックス)の2ラン、2試合制では新記録となる清原の今回3本目の本塁打などで着々と加点。8回には大量5点を奪って一気に突き放した。

最優秀選手には清原が選ばれた。《福井新聞》

1989 平成元年7月25日(火) 平成199日目

【誕生日】藤村大介さん《野球》

【誕生日】中矢力さん《柔道》

【プロ野球選手会】巨人・原辰徳外野手を2代目会長に選出

労働組合・日本プロ野球選手会は25日、東京都新宿区の日本青年館で各球団から代議員ら29選手が出席して定期大会を開き、任期満了の中畑清会長(巨人)に代わって巨人の原辰徳外野手(31)を第2代会長に選出した。会長を含め役員の任期は1年だが、二期以上在任する方針が確認されている。《福井新聞》

【プロ野球オールスターゲーム第1戦】全パ6−0全セ

プロ野球のサンヨー・オールスターゲーム、全セントラルー全パシフィック第1戦は25日夕、神宮球場に3万4000人近い観衆を集めて行われ、全パが6−0で快勝した。通算成績は全パの60勝42敗4分け。6回、全セの攻撃中に降雨で21分間の中断があった。

ブーマー(オリックス)の左犠打で1回に先取点を挙げた全パは3回にも田村(日本ハム)がソロ本塁打。4回は斎藤(巨人)を攻め、ブーマー、門田(オリックス)の連打などで1点を加えた後、初出場の藤井(オリックス)が右へ2点本塁打して5−0とリードを広げた。

最優秀選手には先発して3回を2安打と好投し、オールスター戦で初勝利を挙げた村田(ロッテ)が初めて選ばれた。《福井新聞》

広告




7月24日 > 7月25日 > 7月26日