7月14日

7月14日
7月14日 今日は何の日

仏・ニースでトラック突入テロ(平成28年7月14日)

福岡県豪雨災害(平成24年7月14日)

参院、麻生首相問責決議案を可決(平成21年7月14日)

広島・黒田博樹投手、通算100勝(平成19年7月14日)

大相撲・横綱大乃国、現役引退を表明(平成3年7月14日)

転載記事は名前、住所など一部修正、抜粋してあります。

2016 平成28年7月14日(木) 平成10050日目

【フランス・ニース】トラック突入テロ

フランス南部のリゾート地・ニースで14日午後11時(日本時間15日午前6時)ごろ、フランス革命記念日を祝う花火の見物に集まっていた群衆にトラック1台が突っ込んだ。カズヌーブ内相などによると、子どもを含む84人が死亡し、18人が重傷を負った。運転手は警察当局に射殺された。

車内からは、ニース在住でチュニジア出身の31歳の男の身分証が見つかったと地元メディアは報じた。犯行声明などは出ていないが、バルス首相は「テロ攻撃を受けた」とツイッターで発言。対テロ部門が捜査に着手した。《毎日新聞》

【東京都知事選】告示

舛添要一前都知事の辞職に伴う東京都知事選が14日、告示された。「政治とカネ」をめぐる問題で2代続けて知事が任期途中で辞めており、都政の信頼回復に臨む姿勢が問われる。待機児童解消策など少子高齢化への対策、4年後の東京五輪・パラリンピックの費用負担問題も焦点だ。届け出が締め切られ、過去最多となる新顔21人が立候補し、激戦が予想される。31日に投開票される。《朝日新聞》

2015 平成27年7月14日(火) 平成9684日目

【NASA・ニューホライズンズ】冥王星上空に到達

米航空宇宙局(NASA)は14日、無人探査機「ニューホライズンズ」が打ち上げから9年半の旅を経て、日本時間の同日午後8時49分ごろ、冥王星上空に到達したと発表した。探査機が冥王星へ接近するのは史上初。接近観測にも挑み、通過後はさらに遠くの太陽系の小天体観測へ向かう。《毎日新聞》

【イラン核協議】最終合意

イランと欧米など関係6カ国は14日、イランの核問題で最終合意に達した。核開発を長期的に制限する見返りに制裁を解除する。10年以上にわたる交渉に終止符を打つ歴史的成果とみられ、今後の中東情勢や30年近く敵対してきた米イランの関係に影響を及ぼす可能性がある。《ロイター》

【愛知県警】同級生の耳たぶに画鋲、16歳の少年5人を逮捕

名古屋市内の建築・機械の専修学校で5月下旬、2年生の男子学生(16)の耳たぶに無理やり画びょうを刺したとして、愛知県警は14日午前、県内の少年5人(いずれも16歳)を暴力行為等処罰法違反の疑いで逮捕した。

5人は男子学生が痛がる様子を動画で撮影してツイッターに投稿しており、県警は悪質性が高いと判断した。県警は、男子学生がいじめ行為を繰り返し受けていたとみて経緯を調べる。

捜査関係者によると、5人は5月下旬、休憩時間に教室内で、嫌がる男子学生の体を押さえつけ、耳たぶに画びょうで穴を開けた疑い。5人は男子学生と同級生で、1人は事件後、自主退学した。

少年らは当初、同校の調査に事実を認めていたが、その後、「本人がピアスの穴を開けてほしいと言ったのでやっただけ」などと否認に転じたという。《読売新聞》

2014 平成26年7月14日(月) 平成9319日目

【岡山・倉敷市】下校途中の小5女児が不明に(19日に保護)

【千葉・山武市】踏切で捜査車両が立ち往生、JR特急が緊急停止

山武市内の踏切内で14日、山武署の捜査車両が立ち往生し、近くを走行していた特急電車が直前で停止するトラブルがあった。車は後退して脱出、けが人はいなかった。同署は過失往来危険容疑を視野に、詳しい状況を調べている。

同署によると同日午後2時40分ごろ、山武市和田のJR総武本線和田踏切内で、山武署刑事課の男性巡査(36)が運転する捜査車両が立ち往生した。

踏切進入後に警報器が鳴ったため、助手席の同課男性警部補(36)が後退を指示。遮断機がボンネットのミラーに引っかかるなどしたため、脱出に手間取ったという。《千葉日報》

2013 平成25年7月14日(日) 平成8954日目

【民主党・鈴木寛氏】演説中、女に殴られる

参院選東京選挙区に立候補している民主党現職の鈴木寛氏(49)の事務所は15日、鈴木氏が東京都武蔵野市で選挙活動中に女に顔面を殴られ、武蔵野署に被害届を出したと発表した。軽傷という。

事務所によると、鈴木氏が14日午後6時半ごろ、JR吉祥寺駅前で演説を終え聴衆と握手をしようとしたところ、40〜50代とみられる女が「うるさい」と言って素手で顔面を殴った。

そばにいた運動員も腹を蹴られた。運動員にけがはない。女は選挙スタッフらが取り押さえ、武蔵野署員に引き渡した。《共同通信》

【広島県警】「友達を殺した」16歳少女逮捕

若い女性の遺体を広島県呉市の山中に遺棄したとして、広島県警は14日未明、死体遺棄容疑で、広島市東区の無職少女(16)を逮捕した。

少女は12日「友達を殺した」と自首し、供述通り遺体が見つかった。

少女は「友達と2人で山に行き、殺して遺体は捨てた」と供述しているが、説明に不自然な点があり、県警は第三者が関与した可能性もあるとして呉署に捜査本部を設置した。殺人容疑も視野に入れて捜査する。《共同通信》

【米フロリダ州】黒人少年射殺の被告に無罪

米南部フロリダ州の路上で昨年2月、黒人少年を射殺したとして殺人罪に問われた元自警団リーダーのジョージ・ジマーマン被告(29)の裁判で、同州セミノール郡の陪審は13日、無罪評決を出した。米メディアが報じた。

事件をめぐっては当初、地元警察が正当防衛を主張した同被告を逮捕せず「人種差別ではないか」との批判が起こり、首都ワシントンやシカゴで黒人権利擁護団体が逮捕を求める抗議集会を開くなど、大きな波紋を呼んだ。《共同通信》

2012 平成24年7月14日(土) 平成8589日目

【九州北部豪雨】24万人に避難指示

梅雨前線の影響で、九州北部は14日未明から引き続き大雨に見舞われ、川の氾濫や堤防の決壊のため各地で避難指示が相次いだ。対象は福岡、佐賀、熊本、大分の各県で計約8万5千世帯約24万人に上った。福岡県八女市では土砂崩れに巻き込まれた女性が行方不明になった。

気象庁は、多い所で1時間に80ミリ程度の猛烈な雨の恐れがあるとして、土砂災害などに最大級の警戒を呼び掛けている。九州北部の大雨による死者は計20人、不明者は計8人となった。

福岡県柳川市と八女市、みやま市は川が氾濫したとして、市全域に避難指示。柳川市では小学校に避難した市民約30人が孤立している。《共同通信》

【大津市】生徒自殺で校長が会見「けんかと判断」

大津市の中2男子自殺で、男子生徒が通っていた学校の校長は14日、記者会見し、男子生徒が自殺する前から学校がいじめの事実を把握していたかどうかについて「いじめの認識はなかった」「けんかと判断した」などと否定した。校長の会見は滋賀県警による11日の家宅捜索後で初めて。

一方、男子生徒の自殺後に実施した全校生徒アンケートにいじめをうかがわせる回答がありながら対応が遅れたことに、校長は「聞き取りが不十分で、大きな見落としであると感じている。子どもを見る目や対応の仕方がまずかった」と責任を認めた。《共同通信》

【野田佳彦首相】被災者へ住宅支援強化

野田佳彦首相は14日、東日本大震災の被災者が住宅再建する際、消費税増税が妨げとならないよう負担軽減措置を検討すると表明した。被災地の中小事業者が抱える二重ローン問題の対応強化策として「東日本大震災事業者再生支援機構」による支援手続き期間を現在の半年から半減するよう関係省庁に指示したことも明らかにした。訪問先の岩手県大槌町で記者団の質問に答えた。

13年度予算の概算要求策定作業が来月本格化するのに合わせ、政権の最重要課題の一つである震災復興への取り組みをアピールする狙い。首相は住宅購入負担の軽減は自民、公明両党議員も要望しており「各党とも了解していると思う」とも強調。《共同通信》

2011 平成23年7月14日(木) 平成8223日目

【厚労省】中高生も値上げで「禁煙」

昨年10月のたばこ値上げをきっかけに、喫煙していた中高生の約2割が“禁煙”したことが14日、厚生労働省研究班の調査で明らかになった。

一方、毎日喫煙している中高生のうち、たばこ自動販売機用の成人識別カード「タスポ」を家族や知人から借りたことがある生徒は63・3%に上り、タスポ導入直後の2008年度の前回調査と比べ約1・5倍に増加した。

研究班代表の大井田隆・日本大教授(公衆衛生学)は「自由に使えるお金が少ない中高生の喫煙を減らすには値上げが有効といえる。タスポの効果は薄れたとみられ、自販機自体の撤去を進めるなど根本的な対策が必要だ」と話している。《共同通信》

【第145回直木賞】池井戸潤氏「下町ロケット」

第145回芥川、直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が14日、東京・築地の料亭「新喜楽」で開かれ、直木賞は池井戸潤さん(48)の「下町ロケット」(小学館)に決まった。芥川賞は該当作がなかった。

池井戸さんは岐阜県生まれ。銀行員などを経て作家に。受賞作は、国産ロケットの重要部品を受注しようと奮闘する町工場の物語。直木賞選考委員の伊集院静さんは「読み物として非常に面白く、読後感が爽快だ。救済されるべき人を取り上げており、震災後だからこそ見るべき点があるという意見も出た」と話した。《共同通信》

【大相撲・大関魁皇】通算1046勝

大相撲の東大関魁皇(38)=福岡県出身、友綱部屋=が名古屋市中区の愛知県体育館で行われた名古屋場所5日目の14日、旭天鵬を寄り切りで下し、千代の富士(元横綱、現九重親方)を超えて単独史上最多となる通算1046勝をマークした。

魁皇は初日から3連敗した後、4日目の豊ノ島戦で千代の富士が1991年夏場所に達成した史上1位の通算1045勝に並んだ。この日は館内が「魁皇コール」で沸く中、左四つで右上手を引く得意の形から力強い寄りで決め、2連勝で新記録を打ち立てた。《共同通信》

2010 平成22年7月14日(水) 平成7858日目

【警視庁】日本振興銀行前会長ら計5人を逮捕

中小企業向け融資を手掛ける日本振興銀行(東京都千代田区)の銀行法違反事件で、メールを削除し、金融庁の立ち入り検査を妨害したとして、警視庁捜査2課は14日、同法違反(検査忌避)の疑いで、前会長A容疑者(48)=中央区日本橋馬喰町=ら5人を逮捕した。《時事通信》

【菅直人首相】消費増税:具体案先送りへ

菅直人首相は14日、消費税増税を含めた税制改正の具体案をまとめる時期について「今後の議論の進め方は(民主党の)政策調査会で議論してもらっている」と述べた。官邸で記者団に語った。

菅首相は具体案を2010年度内にまとめる考えだったが、玄葉光一郎政調会長は10年度中の取りまとめは困難との認識を表明。首相の発言は党側の意向を尊重する考えを示したといえ、具体案決定が先送りされる可能性が一段と強まった。《福井新聞》

2009 平成21年7月14日(火) 平成7493日目

【レクサス】初のハイブリッド「HS250h」発売

10051006_200907
http://www.goo-net.com/

【WBCバンタム級タイトル戦】長谷川穂積選手、9度目の防衛に成功

世界ボクシング評議会(WBC)2階級と世界ボクシング協会(WBA)1階級のタイトルマッチ各12回戦は14日、神戸ワールド記念ホールと東京・後楽園ホールで行われ、神戸でのWBCバンタム級はチャンピオンの長谷川穂積(真正)が挑戦者で同級4位のネストール・ロチャ(米国)に1回2分28秒、TKO勝ちで9度目の防衛に成功した。《福井新聞》

【WBCフェザー級タイトル戦】粟生隆寛選手、判定負けで王座陥落

東京ではWBCフェザー級王者の粟生隆寛(帝拳)が挑戦者で同級1位のエリオ・ロハス(ドミニカ共和国)に0−3の判定で敗れて初防衛に失敗し、王座から陥落した。

【WBAミニマム級タイトル戦】高山勝成選手、判定負けで戴冠ならず

神戸のWBAミニマム級は挑戦者で同級1位の高山勝成(真正)がチャンピオンのローマン・ゴンサレス(ニカラグア)に0−3で判定負けし、王座獲得に失敗。《福井新聞》

【参院】麻生首相問責決議案を可決

民主、共産、社民、国民新、新党日本の野党5党が提出した麻生太郎首相に対する問責決議案は14日の参院本会議で、野党の賛成多数で可決された。法的拘束力はないが、野党は衆参両院で全面的な審議拒否に入った。

首相は21日の週に衆院を解散、衆院選を8月18日公示、30日投開票とする日程を表明しているが、国会は解散を待たず閉会状態となる。与野党は政権の座を懸けた4年ぶりの衆院選に向け事実上の選挙戦に突入する。《福井新聞》

2008 平成20年7月14日(月) 平成7128日目

【東京スカイツリー】着工

【歌手・忌野清志郎さん】がん治療のため全ての公演中止に

ロック歌手の忌野清志郎さん(57)は14日、腰に見つかったがんの治療に専念するため、今夏予定していた野外ライブなどイベントの出演をすべてキャンセルすると、所属事務所を通じて発表した。

事務所などによると、忌野さんは2006年に喉頭がんで入院し、活動を休止。今年2月、日本武道館でのライブで完全復活を果たしたが、今月8日に左腸骨への転移が確認され、現在は通院治療を続けている。

忌野さんは、自身のホームページに「楽しみにしててくれたみんなにはゴメン でも、すぐに帰ってくるから応援してくれ!」などとする自筆のメッセージを掲載した。《共同通信》

【東京高裁】布川事件:再審開始決定を支持

67年に茨城県利根町布川(ふかわ)で男性(当時62)が殺害され、現金が奪われた「布川事件」で、強盗殺人罪などで無期懲役刑が確定し、仮出所したAさん(61)とBさん(61)が裁判のやり直しを求めた第2次再審請求の即時抗告審で、東京高裁(門野博裁判長)は14日、水戸地裁土浦支部が出した再審開始決定を支持し、検察側の即時抗告を棄却する決定をした。

検察側は最高裁に特別抗告できる。抗告を断念すれば、再審が開かれることになる。《朝日新聞》

【福田康夫首相】予算枠内で原油高に対応

福田康夫首相は14日の政府与党連絡会議で、原油高対策について「今の予算の中で緊急にできることはまだある。早急に手を打っていくことが大事だ」と述べ、当面は本年度当初予算の枠内で対応していく考えを示した。

補正予算案編成についてはこの後、都内で記者団に「補正と言っても時間がかかる」と指摘。全国の主要漁業団体が窮状を訴えるために15日に一斉休漁を計画していることをめぐり「漁業だけでなく、農林業、運輸・交通関係の方々も困っている。政府としてはできるだけのことはしていく」と強調した。《福井新聞》

広告




7月13日 > 7月14日 > 7月15日

2007 平成19年7月14日(土) 平成6762日目

【広島・黒田博樹投手】通算100勝達成

広島8−2巨人

通算100勝達成は、あの日と同じ場所、同じ相手だった。1997年4月25日、東京ドームの巨人戦で完投し、プロ初勝利を挙げた黒田。あれから10年、リーグを代表する右腕へと成長を遂げた32歳が、同じ舞台でその真価を見せつけた。

「1人で100勝したわけじゃないし、いろんな人に感謝しないといけない」と頭を下げた。

負ければ早くも自力での優勝が消える一戦で、エースの球はすごみを増した。「すごかった。球、気持ち、すべてが充実していた」とは女房役の倉。4回一死一、三塁のピンチは二岡に149キロを打たせ、遊ゴロ併殺で脱出。6回は1失点後、一死一塁から小笠原、阿部を連続三振に仕留めると思わず雄たけびを上げた。

敵地の大観衆の前で、真っ向勝負を挑み、6安打2失点で4度目の完投勝利。「100勝はうれしい。でもここで満足したら終わり」。黒田は力強く宣言した。《福井新聞》

【安倍晋三首相】乗車した車に警護車両が衝突

参院選遊説で大阪府を訪れた安倍晋三首相の乗用車が14日昼、車列を組んで移動中、警護のためすぐ後ろを走っていた警察車両に追突された。けが人はなく、遊説日程にも影響はなかったが、首相の乗用車はバンパーがへこんだ。

事故は14日午前11時40分ごろ、大阪府堺市の国道で、首相秘書官らが乗ったジャンボタクシーが前を走る警察車両に追突、その弾みで警察車両が首相の乗った国産高級車に追突した。《福井新聞》

2006 平成18年7月14日(金) 平成6397日目

【タイヨウのうた】TBS系連続ドラマ:放送開始

【ホンダ・ストリーム】フルモデルチェンジ

HO_S023_F002_M001_1_L
http://www.carsensor.net/

【日本銀行】ゼロ金利解除

日銀は14日の金融政策決定会合で、2001年から続けてきたゼロ金利政策を解除することを全員一致で決めた。金融政策の目安である無担保コール翌日物金利の誘導目標を0%から0.25%程度に引き上げ、即日実施した。利上げは2008年8月以来、約6年ぶり。《福井新聞》

【経産省】「パロマ湯沸器で85年から17件の中毒事故発生」

経済産業省は14日、パロマ工業(名古屋市)が製造した半密閉式ガス瞬間湯沸かし器で、排気ファンの作動不良のため、1985年1月から2005年11月にかけて17件の一酸化炭素(CO)中毒事故が発生、計15人が死亡し、2人が重症、17人が軽症になっていたと発表した。

警視庁捜査一課は1996年3月に都内で発生した死亡事故の遺族の要望を受けて再捜査し、湯沸し器の不具合が事故につながった疑いが強いことが14日までの判明。昨年11月の事故についても捜査する。《福井新聞》

【小泉純一郎首相】郵政造反組「復党」に含み

小泉純一郎首相は14日午後、アカバのホテル内で同行記者団に対し、郵政民営化関連法案に反対して自民党を離党した衆院の「造反組」への対応に関し「参院選前に協力を求めたり、参院選での協力具合をみて判断する動きが出てくるだろう。事前に決める必要はない」と述べ、来年夏の参院選前の復党に含みを持たせた。

ただ「人によって違う」とも述べ、造反組を一括して復党させるのではなく、個別の事情により判断すべきだとの考えを強調した。《福井新聞》

2005 平成17年7月14日(木) 平成6032日目

【第133回芥川賞】中村文則氏「土の中の子供」

【第133回直木賞】朱川湊人氏「花まんま」

【松山地裁】出所直後に殺人、40歳被告に無期判決

愛媛県松野町で昨年7月、当時19歳の女性を連れ去り殺害したとして、殺人やわいせつ目的略取などの罪に問われた無職A被告(40)に対する判決が14日、松山地裁であった。

前田昌宏裁判長は「犯行は冷酷、残忍。常習性が極めて顕著」と述べ、求刑通り無期懲役を言い渡した。同被告は、強姦(ごうかん)致傷などの性犯罪で過去3度服役。今回は出所後わずか1週間の犯行だった。《時事通信》

【自民党・安倍晋三幹事長代理】「解散なら意図せぬ結果」

自民党の安倍晋三幹事長代理は14日午後、郵政民営化関連法案が参院で否決された場合の衆院解散に関し「そうなれば(小泉純一郎)首相も意図もしない結果を生む。予測できない世界には行かない方がいい」と述べ、首相は解散を選択すべきではないとの考えを強調した。自民党分裂や野党転落への危機感を示したとみられる。《福井新聞》

2004 平成16年7月14日(水) 平成5667日目

【女優・涼風真世さん】ご結婚

【野球五輪壮行試合】キューバ6−5日本

【新潟豪雨】死者6人に

集中豪雨に見舞われた新潟県で14日、水死した3人の遺体が新たに見つかり、死者は計6人となった。新潟県中之島町で男性2人が行方不明となり、不明者は新潟、福島両県で計4人。

新潟県内では同日、ヘリコプターやボートで計2400人が助け出されたが、三条市ではなお孤立した人が残され、救助活動が夜通し続けられた。15日にかけさらに大雨の恐れがあり、気象庁は注意を呼び掛けた。《福井新聞》

【小泉純一郎首相】年金改革法廃止要求を拒否

小泉純一郎首相は14日夜、都内のホテルで公明党の神崎武法代表らと夕食をはさみながら会談し、民主党が求めている年金制度改革法の廃止には応じない方針を確認した。

年金改革では(1)与党と民主党の3党合意に基づいて、社会保障制度全般を見直す協議に民主党の参加を呼び掛け、建設的に議論する(2)社会保険庁の「解体的な見直し」を断行するーことでも一致した。《福井新聞》

2003 平成15年7月14日(月) 平成5301日目

【大相撲名古屋場所9日目】横綱朝青龍が4敗目、初の休場決定

東横綱の朝青龍(22)が頚部挫傷のため名古屋場所10日目の15日から休場することになった。9日目の14日も敗れ、5勝4敗と不振。首から右ひじにかけて痛みがあるため、取組後に師匠の高砂親方(元大関朝潮)と相談して休場を決めた。朝青龍の休場は初土俵以来初めて。武蔵丸に続く休場で、ことし初場所以来の横綱不在となる。《福井新聞》

【埼玉県・土屋義彦知事】辞職願を提出

土屋義彦埼玉県知事(77)が14日午前、知事室長を通じ、滝瀬副次県議会議長に辞職願を提出した。資金管理団体の献金隠し事件で長女が逮捕され、県庁が家宅捜索を受けたことなどの責任をとった。辞職願では「一身上の都合」としている。《福井新聞》

【森喜朗前首相】閣僚、党三役一新を

自民党の森喜朗前首相は14日午後、ソウル市内のホテルで記者団と懇談し、9月の自民党総裁選後とされる内閣改造に伴う党役員人事について「挙党一致態勢ができるような三役にすることが大事だ」と述べ、山崎拓幹事長らの体制を一新すべきだとの考えを明らかにした。

内閣改造に関しても「全員入れ替えるのが大事だ。改革のための挙党態勢というのはそういう意味だ」と述べ、竹中平蔵金融・経財担当相の交代を含む全面改造が必要との見解を示した。《福井新聞》

【小泉純一郎首相】森・元首相に不信感

小泉純一郎首相は14日、森喜朗前首相が9月の自民党総裁選後は全面的な内閣改造が必要との考えを示したことについて「総裁選が終わってからの話しだ。ちょっと早すぎる」と述べ、不快感を示した。

首相は「まだ総裁選は始まっていない。私はこの国会で、法案審議に全力投球しており、それで精いっぱいだ。それが終わって総裁選だ」と強調した。《福井新聞》

2002 平成14年7月14日(日) 平成4936日目

【フランス】大統領暗殺未遂事件

パリのシャンゼリゼ通りでフランス革命記念日の軍事パレードが行われた14日、パレードの起点で凱旋門のあるエトワール広場の群衆の中に紛れ込んでいた男が、シラク大統領が乗った車にライフル銃を発砲した。大統領や市民にけがはなかった。男は市民に取り押さえられ、パリ警視庁に引き渡された。《共同通信》

【近鉄・中村紀洋内野手】FA権獲得

近鉄の中村紀洋内野手(28)が14日、フリーエージェント(FA)権の資格取得条件(出場選手登録9年)を満たした。同日、松山市内のホテルで会見した中村は「(権利)行使するかどうかは全く考えていない。チームを優勝させることだけを考えている」。

また進路については改めて近鉄優先の意向を示したが、その決め手は「自分がどれだけ精いっぱいできるところであるか」と語り、米大リーグへの挑戦も「これからじゃないですか」とだけ話した。《福井新聞》

2001 平成13年7月14日(土) 平成4571日目

【民主党・鳩山由紀夫代表】福井に来県

民主党の鳩山由紀夫代表は14日、参院選の同党候補応援のため来県し、福井市のだるまや西武前で街頭演説した。鳩山代表は「小泉首相の改革は抵抗勢力の前に早くも後退。政権交代しなければ構造改革はできない」と訴え、自民党内部の変わらない体質を批判した。

鳩山代表は「小泉首相の改革に国民が期待をよせるのも無理はない。そこまで自民は腐敗している」とけん制。「小泉首相になって変わったことは景気が悪くなっただけ」と小泉人気打ち消しに声を大にした。《福井新聞》

【京都・中京区】小泉首相の演説中に観衆5人が熱中症で倒れる

14日午後2時から小泉純一郎首相も出席して京都市中京区の京都市役所前で開かれた自民党の街頭演説会で、15ー67歳の聴衆5人が熱中症で倒れ、病院に運ばれた。症状はいずれも軽いという。近畿地方はこの日梅雨明けし、京都市は午後3時で35.8度を記録した。

強い日差しの中、汗だくになって演説に耳を傾けた聴衆は京都府警調べで約1万6000人、自民党京都府連調べで約2万5000人。同府連によると、今回の参院選の小泉首相の地方遊説でも最多という。

しかし、約15分の首相の演説が終わると、まだ2人の演説が残っているにも関わらず、聴衆は次々と会場を後にした。《福井新聞》

2000 平成12年7月14日(金) 平成4206日目

【第123回芥川賞】町田康氏「きれぎれ」

【第123回芥川賞】松浦寿輝氏「花腐し」

【第123回直木賞】金城一紀氏「GO」

【第123回直木賞】船戸与一氏「虹の谷の五月」

【福井県立恐竜博物館】開館記念式典(一般公開は7月20日〜)

勝山市村岡町の長尾山総合公園内に完成した県立恐竜博物館で14日、関係者約250人が出席して開館記念式典が行われた。恐竜の展示・研究施設としては国内初。恐竜研究の第一人者として知られる海外の研究者たちからは「世界に誇れる施設」と絶賛の声が寄せられた。《福井新聞》

【河野洋平外相】韓国・金大中大統領と会談

河野洋平外相は14日午前、ソウル市内で韓国の金大中大統領、李外交通商相とそれぞれ会談した。

金大統領は朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)との南北対話に関連して「日朝、米朝、南北(関係)が良い影響を与えながら進んでいくのが重要だ」と強調、日米韓の緊密な協調を継続していく立場を明らかにした。

大統領は金正日総書記が北朝鮮で指導力を発揮していると指摘した上で「関係改善には金総書記に直接意見が伝わることが重要だ」と日本側も意思疎通の方法を工夫していくべきだとの考えを述べた。《共同通信》

【米・喫煙被害者代表訴訟】たばこ5社に賠償15億円

喫煙のため肺がんになったとして米フロリダ州の住民がフィリップ・モリスなど米たばこ会社5社に損害賠償を求めた代表訴訟で、マイアミの同州高裁陪審団は14日、たばこ会社側に懲罰的賠償1450億ドル(約15兆6000億円)を支払うよう命ずる判決を下した。

原告側が求めていた1230億ー1960億ドルの範囲内での賠償額算定をほぼそのまま認める判断で、懲罰的賠償としては米国裁判史上最高額。会社側は口頭弁論で「支払い可能額は最大で150億ドル前後」と主張しており、たばこ会社存続にかかわる額となった。《共同通信》

【税制調査会】中期答申を森喜朗首相に提出


http://www.kantei.go.jp/

首相の諮問機関である政府の税制調査会(会長・加藤寛千葉商科大学長)は、平成12年7月14日、21世紀に向けた税制のあり方を示した中期答申「わが国税制の現状と課題ー21世紀に向けた国民の参加と選択ー」をまとめ、森首相に提出した。

今回の答申は、少子高齢化の進展や現在の財政事情を踏まえ、税制にとどまらず、社会保険などを含めた公的サービスと負担について国民的な議論を呼びかけているのが特徴。《首相官邸》

【森喜朗首相】ゼロ金利継続に期待

森喜朗首相は14日午後、内閣記者会のインタビューに応じ、日本銀行が意欲を示しているゼロ金利政策の解除について「景気は改善の兆しはみられるが、まだ本格的な回復軌道に乗ったとはいえない。日銀も適切な判断をしていただけるのではないかと期待する」と述べ、景気回復優先の立場からゼロ金利政策の継続に強い期待感を示した。《福井新聞》

1999 平成11年7月14日(水) 平成3840日目

【関西空港】2期工事着工

関西空港の沖合に2本目の滑走路を建設する2期工事は14日午前、関西国際空港用地造成会社が埋め立て海域に工事区域であるブイを設置する作業を開始、着工した。総事業費は1兆5600億円。2007年秋の新滑走路供用開始を目指す。《福井新聞》

【三菱自動車】デボネアに韓国製エンジン

三菱自動車工業は14日、来年初めにフルモデルチェンジする最高級車「デボネア」の一部に、韓国の現代自動車製のエンジンを搭載することを明らかにした。国内自動車メーカーが韓国製の基幹部品を採用するのは初めて。

高級車向けエンジンは需要が限られるため、開発、生産に多大なコストがかかる。三菱は「プラスになることなら、あらゆる分野で(内外のメーカーと)積極的に提携する」(河添克彦社長)としており、コスト削減のため現代のエンジン採用に踏み切る。《福井新聞》

【東京地裁】元自民党衆院議員に実刑判決

海上自衛隊の救難飛行艇開発をめぐり富士重工業側から500万円のわいろを受け取ったとされる受託収賄罪や、衆院選の買収工作に絡む公選法違反など5つの罪に問われた元自民党衆院議員中島洋次郎被告に対し、東京地裁は14日、懲役2年6月、追徴金1000万円(求刑懲役3年6月、追徴金約1153万円)の実刑判決を言い渡した。

判決理由で岡田雄一裁判長は「国会改革として創設された制度の悪用にまで及び、政治改革を求める国民の期待を裏切り、背信行為ともいえる犯行を重ねた。これまでに例のない極めて悪質な事案。政治不信を決定的なものにした」と厳しく非難した。

中島被告の弁護側は控訴。併せて保釈を請求し認められた。《福井新聞》

【小渕恵三首相】2次補正に前向き

衆院予算委員会は14日、小渕恵三首相と全閣僚が出席して、雇用や少子化対策などを盛り込んだ5198億円の1999年度一般会計第1次補正予算案の総括質疑を行った。小渕首相は景気回復をテコ入れする秋ごろの第2次補正予算案編成について「経済の動きを注視して政府が十分な動きを取るべき時は取る」と述べ、前向きに対応する姿勢を強調した。《福井新聞》

【命日】山花貞夫さん《元社会党委員長》

1998 平成10年7月14日(火) 平成3475日目

【自民党】ポスト橋本選出へ

自民党の後継総裁選びは、14日の総務会で選出手続きが了承され、本格的に動き出した。党内では小渕恵三外相、梶山静六前官房長官(以上小渕派)、小泉純一郎厚相(三塚派)らが取りざたされ、「指導力」「政策本位」「言語明瞭、意味明瞭」など、それぞれの思惑を込めた選考基準が飛び交った。

しかし、参院選惨敗後の後遺症に悩む党内は、新体制で衆院解散・総選挙に臨むかどうかの見極めもつかず、新たな「顔」はまだ見えてこない。《福井新聞》

1997 平成9年7月14日(月) 平成3110日目

【東海銀行】名古屋市内のコンビニにATMを設置、都市銀行で初

【東京地裁】1億5000万円脱税、テレビプロデューサーに猶予付き判決

東京地裁は14日、約1億5000万円を脱税したとして、法人税法違反の罪に問われたTV番組制作会社「邑」に罰金3800万円(求刑罰金5000万円)、元同社社長のテレビプロデューサーA子被告(70)に懲役1年6月、執行猶予3年(求刑1年6月)の判決をそれぞれ言い渡した。《福井新聞》

1996 平成8年7月14日(日) 平成2745日目

【大阪・堺市】集団食中毒の原因がO-157によるものと断定

大阪府堺市内の小学生の間に急速に広がった食中毒症状をめぐり、同市対策本部は14日、発症児童の便を検査した結果、病原性大腸菌「O-157」による集団食中毒と断定した。《福井新聞》

【石川・珠洲市長選】原発推進派、貝蔵治氏が初当選

最高裁の選挙無効判決に伴う石川県珠洲市のやり直し市長選挙は14日投票、即日開票の結果、無所属新人で原発推進派が推す前市総務課貝蔵治氏(58)=自民推薦=が、無所属新人の元小学校長樫田準一郎氏(65)を約1850票差で破り、初当選を果たした。

接戦が予想されたが、前回の950票差を大きく上回る票差がついた。投票率は91.86%。《福井新聞》

【命日】君島一郎さん《デザイナー》

1995 平成7年7月14日(金) 平成2379日目

【村山富市首相】「切れ目なく経済対策」

村山富市首相は14日夜、遊説先の横浜市内のホテルで記者会見し、今後の経済対策について「急激な円高によって(景気の)足踏み状態が続いている。上半期に75.6%の集中的な公共事業を発注、下半期には切れ目のないように第二次補正予算を検討していく」と述べ、秋の補正予算編成などで積極的に対応する考えを示した。

ただ、補正財源に赤字国債を発行するかどうかについては回答を避けた。《福井新聞》

1994 平成6年7月14日(木) 平成2014日目

【三遠南信道】草木トンネル供用開始

【自民党】首相指名選挙で造反、3人を戒告処分

自民党は14日午後、党本部で党紀委員会(林田由紀夫委員長)を開き、先の首相指名選挙の決選投票で、党議決定に反して海部元首相に投票した議員の処分を決めた。

昨年11月の政治改革法採決でも党議違反で処分を受けた赤城徳彦、山口俊一、浜田靖一の3氏は戒告、中尾栄一氏ら8氏は最も軽い処分の党則順守勧告とした。《福井新聞》

【プロ野球・広島】故・津田恒実投手をしのぶセレモニー開催

最後のストライク―津田恒美と生きた2年3カ月 (幻冬舎文庫)
津田恒美と生きた2年3カ月

14日の広島球場での広島ーヤクルト14回戦は、元広島カープ投手で、昨年7月に脳腫瘍で亡くなった故津田恒美さんをしのび、遺族らを招待し「津田メモリアルデー」として行われた。

試合前のグラウンドでのセレモニーでは、生前のビデオがスコアボードの画面に映し出され、遺影に向かって黙とうがささげられた。

始球式に臨む長男の大毅君(5つ)は津田さんと同じ背番号「14」のユニホームでリリーフカーに乗って大野投手と登場。ボールを投げ込むと、スタンドから大きな歓声が沸いた。《福井新聞》

1993 平成5年7月14日(水) 平成1649日目

【警視庁】総会屋に3300万円、キリン前総務部長ら12人逮捕

【宮沢喜一首相】奥尻島を視察

宮沢首相は14日、北海道南西沖地震で大きな被害を受けた北海道・奥尻島を視察した。

午前8時、函館市から自衛隊ヘリコプターで同島を訪れた首相は奥尻町役場で越森幸夫町長、救援活動を続けている自衛隊の幹部らから現地のもようについて詳しい説明を聞いた。《福井新聞》

1992 平成4年7月14日(火) 平成1284日目

【海の博物館】三重・鳥羽:新装移転オープン

【故・長谷川町子さん】国民栄誉賞受賞が決定

加藤官房長官は14日の閣議で、「サザエさん」で知られる漫画家の故長谷川町子さんへの国民栄誉賞授与を正式に決定したことを報告、了承された。

授与式は「参院選のための人気取りと思われたくない」(政府筋)との理由で参院選後の8月上旬に行われる見通し。《福井新聞》

【東京・中央労働基準監督署】商社員の死を労災と認定

年間100日を超える海外出張など過酷な勤務が夫の死の原因だとして、三井物産課長Aさん=当時(47)=の遺族が訴えた労災認可申請で、東京・中央労働基準監督署は14日、Aさんの死を業務上と認定、遺族補償年金の給付を関係者に通知した。

働き盛りのサラリーマンが脳卒中や心筋梗塞で倒れる「過労死」が社会問題化しているが、大手商社マンの過労死認定は初めて。《福井新聞》

1991 平成3年7月14日(日) 平成918日目

【大相撲・横綱大乃国】現役引退を表明

大相撲の62人目横綱大乃国康(28)=放駒部屋、北海道出身=が名古屋場所8日目の14日夜、引退を表明した。

休場明けの今場所4勝4敗の不振で引退を決意したもので、在位23場所、優勝2回に終わった。引退後は年寄「芝田山」を襲名して後進の指導にあたる。《福井新聞》

【埼玉児玉郡】刃物男が住宅襲撃、10人殺傷し焼身自殺

14日午前5時45分ごろ、埼玉県児玉郡神川町、農業Aさん(70)方に包丁のようなものを持った男が侵入、Aさんは自宅内で背中を刺され出血多量で死亡した。Aさんの悲鳴で起きた長男の会社員Bさん(37)も背中などを刺されけがをした。

この後、男は近所の農業Cさん(69)方に侵入、庭にいたCさんにそばにあったかま2本で襲いかかるなど、約35分間にAさん方も含めて半径500メートル以内の民家5軒と通行人を次々に遅い、計9人に全治3−1週間のけがを負わせた。

通報を受けた児玉署は連続殺傷事件として緊急配備、犯人の行方を追っていたが、男は最後に襲った小学校教諭Dさん(53)方ではDさん夫妻をかまなどでけがをさせ、屋外に追い出した。その直後に同家から出火、全焼し中から男性の焼死体が見つかった。

同署はこの焼死体が犯人とみており、犯人がDさん宅に放火、焼身自殺したらしい。目撃者の証言や体の特徴などから、犯人は近くに住む無職の男性(56)とみられる。

男性は13年前から精神病院に入退院を繰り返し、現在は自宅で投薬治療中だった。《福井新聞》

1990 平成2年7月14日(土) 平成553日目

【グンゼワールドテニス】伊達公子選手、準決勝で敗退

テニスのエキシビション大会、グンゼワールド第4日は14日、東京体育館で男女シングルスと混合ダブルスの準決勝を行い、日本の伊達公子(ヨネックス)はガブリエラ・サバティーニ(アルゼンチン)に2−6、6−4、2−6で破れ、決勝進出はならなかった。《福井新聞》

1989 平成元年7月14日(金) 平成188日目

【長崎署】本島等長崎市長に実弾送付、62歳病院長逮捕

「天皇に戦争責任はある」と発言した本島等長崎市長に二度に渡り、銃弾一発が同封された脅迫状が送りつけられた事件で、長崎署は14日午前、長崎県西彼杵郡琴海町、病院長A(62)を脅迫の疑いで逮捕した。

調べによると、Aはことし2月22日、旧日本軍の短銃実弾一発を同封し、大喪の礼のため上京を予定していた本島市長に「上京するな、殺されるぞ」と書いた脅迫状を長崎市玉園町の市長公舎に郵送。

3月1日にも実弾一発を同封し「早くやめればよし。やめなければ殺されるぞ」との脅迫状を市役所庁舎に郵送した疑い。《福井新聞》

【第15回先進国首脳会議】アルシュサミット開幕

第15回先進国首脳会議(アルシュ・サミット)は14日夕から、パリ・ルーブル宮のガラスのピラミッドでの公式歓迎式典を行い、三日間の会議の幕を開けた。

初参加の宇野首相ら8首脳は直ちに個別会合に入り、国際経済情勢など実質討議をスタート、引き続く夕食会、並行して開かれる外相会議で東欧の改革支援を中心とする東西関係、中国問題など、まず政治問題をめぐる討議を行っている。《共同通信》

広告




7月13日 > 7月14日 > 7月15日

このページの先頭へ