新聞記事でたどる平成10000日+α

2月2日は何の日(33/366)

  • HOME »
  • 2月2日は何の日(33/366)

2月2日は何の日(2月2日のできごと)

2月2日は何の日 大相撲八百長問題が発覚

大相撲八百長問題発覚(平成23年2月2日)


安倍晋三首相、都知事選「舛添さんしかいない」(平成26年2月2日)

アニータさん、服役中の夫と面会(平成19年2月2日)

三宅島、4年5ヶ月ぶりに帰島実現(平成17年2月2日)

竹下登首相、米・ブッシュ新大統領と会談(平成元年2月2日)

転載記事は名前、住所など一部修正、抜粋してあります。

2018 平成30年2月2日(金)

平成10618日目

2017 平成29年2月2日(木)

平成10253日目

【ソニー】巨額損失で減益

ソニーが2日発表した2016年4~12月期の連結純利益は前年同期比80・7%減の456億円だった。将来的に市場が縮小すると見込む映画事業の価値を低く見直し、1121億円の損失を計上した。17年3月期も純利益予想を従来の600億円から260億円に下方修正した。保有株式を売却し黒字は確保する。

東京都内で記者会見した吉田憲一郎副社長兼最高財務責任者(CFO)は「反省している」と述べた。映画事業の撤退は否定した。今後は平井一夫社長が米国での映画事業にも携わり、関連する知的財産を活用したり、中国など米国以外で市場を広げたりして立て直す考えだ。《共同通信》

【東京都江東区・山崎孝明区長】豊洲問題「風評で迷惑」

豊洲市場(東京都江東区)の地下水から環境基準を上回る有害物質が検出された問題を巡り、江東区の山崎孝明区長は2日、記者会見で「小池百合子知事の責任で安全宣言を行うことがなければ、江東区は(築地市場からの移転を)受け入れられない」と述べた。

区長に豊洲開場の許認可権はないが、地下水モニタリング調査で環境基準の最大79倍に上る有害物質のベンゼンなどが検出されたことで、区全体に風評被害が広がるとも指摘。「汚染は豊洲市場がある東京ガスの工場跡地だけ。非常に迷惑だ」と訴えた。《共同通信》

【岡野俊一郎さん】死去

日本サッカー協会会長として日本と韓国が共催した2002年ワールドカップ(W杯)を成功させ、長年国際オリンピック委員会(IOC)委員を務めた岡野俊一郎氏が2日午後10時56分、肺がんのため東京都内の病院で死去した。3日、日本サッカー協会が発表した。85歳。東京都出身。葬儀・告別式は近親者のみで行う。

東大時代にサッカーの日本代表入り。コーチとして1964年東京五輪で8強、68年メキシコ五輪では銅メダルに導いた。70、71年には監督として日本代表を指揮。その後、日本オリンピック委員会(JOC)で日本体協からの独立に尽力した。《共同通信》

2016 平成28年2月2日(火)

平成9887日目

【警視庁】覚せい剤所持、元プロ野球選手を逮捕

覚醒剤を所持していたとして、警視庁組織犯罪対策5課は2日、西武や巨人で活躍した元プロ野球選手、清原和博容疑者(48)=東京都港区東麻布=を覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕した。「覚醒剤の所持で逮捕されましたが、私のものに間違いありません」と容疑を認めており、同課は今後、覚醒剤を使用していたかについても捜査する。《毎日新聞》

【ブラジル検察当局】サッカー・ネイマール選手を脱税で起訴

ブラジルの検察当局は2日、スペイン1部リーグのFCバルセロナに所属するネイマール選手を脱税と文書偽造の罪で起訴した。

同行連邦検察当局によると、ネイマール選手は、カンピオナート・ブラジレイロ(ブラジル全国選手権)1部のサントスFC(Santos FC)に所属していた2006年からFCバルセロナに移籍する2013年までの間に、脱税と文書偽造に関わった疑いがあるという。

【安倍晋三首相】甘利氏招致「国会の判断」

2月2日は何の日【安倍晋三首相】甘利氏招致「国会の判断」
http://www.kantei.go.jp/

衆参両院は2日の本会議で、石原伸晃経済再生担当相の所信を示す演説と質疑を行い、甘利明前経済再生担当相の辞任で空転していた国会が正常化した。安倍晋三首相は「閣僚の任命責任は私にある。国民に対し、たいへん申し訳なく感じている」と改めて表明。「今後ともしっかりと説明責任を果たしてもらえると考えている」と述べ、甘利氏が自身と秘書の金銭授受問題について引き続き説明に努めるとの見方を示した。

衆院本会議で民主党の西村智奈美氏の質問に答えた。ただ、西村氏が甘利氏らの国会招致を求めたのに対しては「国会の運営は国会が決めることだ」と述べるにとどめた。《毎日新聞》

2015 平成27年2月2日(月)

平成9522日目

【秋葉原無差別殺傷事件】被告の死刑確定へ

平成20年に、7人が死亡し、10人が重軽傷を負った東京・秋葉原の無差別殺傷事件で、殺人罪などに問われ1、2審で死刑とされた元派遣社員、加藤智大(ともひろ)被告(32)の上告審判決で、最高裁第1小法廷(桜井龍子裁判長)は2日、被告側の上告を棄却した。死刑が確定する。《産経新聞》

【韓国・光州地裁】富田選手の裁判を通訳が欠席

昨年9月に韓国・仁川アジア大会でカメラを盗んだとして窃盗罪で略式起訴され、後に無実だとして正式裁判を求めた競泳の冨田尚弥選手(25)の公判が2日、仁川地裁で開かれた。法廷通訳人が出席せず、韓国語が分からない冨田選手が内容を理解できないまま審理が行われた。

弁護人の黄文錫弁護士が、自分が通訳も兼ねるとして審理の続行に同意したが、証拠採用をめぐる同弁護士と検察との応酬や裁判官による訴訟指揮の説明は廷内で冨田選手に伝えられず、被告人の権利保護が十分だったか疑問だ。

検察は同日までに、犯行現場の監視カメラの映像を冨田選手側に開示したが、同選手側は「映像は不鮮明で本人かどうか分からず、編集でカットされている部分 もある」として証拠採用に反対し、元の映像を示すよう求めた。検察は元の映像を証拠申請すると表明。裁判所は捜査した警察官らを証人として尋問することを 決めた。

冨田選手は公判後、記者団に、事前に見た映像は「僕が写っているのかいないのかも分からない」と述べ、窃盗の証拠にはならないと主張した。通訳の不在について裁判所は「通訳人が公判期日を錯覚し来なかった」と弁明した。《共同通信》

【安倍晋三首相】「日本はテロに屈することはない」

中東のイスラム過激派組織「イスラム国」が後藤健二さん(47)を殺害したとする映像を公開したことを受け、政府は2日午前、首相官邸で臨時の政府・与党連絡会議を開いた。

安倍晋三首相は「残虐非道なテロリストたちを私たちは絶対に許さない。その罪を必ず償わせるため国際社会と連携していく」と改めて強調。「日本はテロに屈することは決してない。政府・与党の総力を挙げて日本人の安全を確保する」と述べた。《毎日新聞》

2014 平成26年2月2日(日)

平成9157日目

【第63回別府大分毎日マラソン】今井正人選手が2位

第63回別府大分毎日マラソン大会(毎日新聞社など主催)は2日、大分市の「高崎山・うみたまご」前をスタート、別府市を経由して大分市営陸上競技場に ゴールする42.195キロであり、34キロ過ぎに4人の集団から抜け出したアブラハム・キプリモ(ウガンダ)が、そのまま逃げ切って2時間9分23秒で 初優勝した。今井正人(トヨタ自動車九州)が終盤果敢に追い上げたが、7秒及ばず2時間9分30秒で2位。《毎日新聞》

【安倍晋三首相】都知事選「舛添さんしかいない」

東京都知事選(2月9日投開票)の選挙期間中、最後の日曜日にあたる2日、各陣営はそれぞれ街頭演説し、支持を訴えた。安倍晋三首相(自民党総裁)と公明党の山口那津男代表は東京・銀座で、今選挙戦で初めてそろって演説し、政党色を全面に出して舛添要一元厚労相を支援。その直後には同じ銀座で、細川護煕元首相と小泉純一郎元首相が街頭演説し、与党側との対決姿勢を強めた。

「東京はさまざまな課題を抱えている。具体的な政策を持って、取り組んでいけるのは舛添要一さんしかいない」首相は街頭演説で、社会保障政策や景気回復など都民の関心が高いテーマを挙げて、舛添氏の実務能力の高さを訴えた。《毎日新聞》

2013 平成25年2月2日(土)

平成8792日目

【桑田真澄氏】「痛みや恐怖心では根性育たない」

大阪市桜宮高校の体罰問題を受けて、市教委と大阪府教委のスポーツ指導に関わる教職員向け研修が2日、同市内で開かれ、元プロ野球選手の桑田真澄さん(44)が講演した。

桑田さんは講演後の記者会見で「痛みや恐怖心で根性がついた実感はなく(体罰を受けた経験が)マウンドで僕を手助けしてくれたことは一度もない」と体罰一掃を訴えた。《毎日新聞》

【元小結・黒海】断髪式

大相撲で旧ソ連出身初の関取となり、昨年9月の秋場所限りで引退したグルジア出身の元小結黒海(31)=本名ツァグリア・メラブ・レバン、追手風部屋=が2日、東京都内のホテルで断髪式を開き、白鵬と日馬富士の両横綱ら約200人がはさみを入れた。

黒海は師匠の追手風親方(元幕内大翔山)に大銀杏(おおいちょう)を切り落とされ「人間に必要な我慢を相撲界で覚えた」と感慨に浸った。現在はグルジアで日本食レストランを経営しながら、アマチュア相撲を指導。故郷では国民的英雄で「日本とグルジアの関係が良くなるために力になりたい」と政治家になる夢を披露した。《共同通信》

【安倍晋三首相】沖縄県・仲井真知事と会談

2月2日は何の日【安倍晋三首相】沖縄県・仲井真知事と会談
http://www.kantei.go.jp/

安倍晋三首相は2日、就任後初めて沖縄県を訪問し、那覇市内で仲井真弘多知事と会談した。仲井真知事は米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設問題について「県民は、なるべく県外へ(移設を)という強い願いがある。願いに沿うような形で解決していただけるとありがたい」と述べ、県外移設を要求。

安倍首相は「普天間の固定化はあってはならないことで、米国との合意の中で進めていきたい」と語り、県内移設に理解を求めた。《朝日新聞》

2012 平成24年2月2日(木)

平成8426日目

【中村勘太郎さん】6代目中村勘九郎を襲名

歌舞伎俳優の中村勘太郎さん(30)が2日、東京・新橋演舞場の公演「二月大歌舞伎」で、六代目中村勘九郎を襲名した。勘九郎は、父の勘三郎さん(56)が幼年から40年以上名乗っていた名跡。今回の襲名披露公演には、勘三郎さんをはじめ、中村吉右衛門さん(67)、片岡仁左衛門さん(67)ら人気役者が顔をそろえ、お祝いムードいっぱい。勘太郎改め勘九郎さんは、昼の部で能をもとにした「土蜘」など2演目に出演。夜の部で襲名の口上を述べる。

二月大歌舞伎は26日まで。襲名披露は3月、東京・浅草の平成中村座でも行い、その後、大阪、名古屋、京都、福岡と続く。《共同通信》

【DeNA・中畑清監督】インフルエンザで休養

今季新球団としてスタートしたプロ野球DeNAは2日、中畑清監督(58)がインフルエンザに感染したため、3日の練習から休養すると発表した。復帰の時期は未定で、高木豊ヘッドコーチ(53)が当面、現場を指揮する。

中畑監督はDeNAの初代監督に就任し、1日に沖縄県宜野湾市で始まった春季キャンプで自らノックを行った。2日も選手を指導したが、午後2時前に宿舎に戻った。中畑監督は球団を通じ「元気なのだけれど、うつしてしまったら迷惑をかけてしまうので、勇気ある撤退をさせていただきます」とコメントした。《共同通信》

【日本列島】日本海側を中心に大雪

強い寒気の影響で日本列島は2日、北―西日本の日本海側を中心に引き続き大雪となった。気象庁によると、大雪のピークは2日だが、3日にかけても降り続く見込みで、雪崩や交通障害などへの厳重な警戒が必要だ。さらに、3日以降いったん緩む寒気流入が、来週中ごろから再び強まる見通し。日本海側はまた大雪の恐れがある。

青森市・酸ケ湯で2日に観測された最大積雪は435センチと「平成18年豪雪」で記録した酸ケ湯の最大積雪453センチに迫った。新潟県妙高市の関山では346センチと2月としては観測史上最大。《共同通信》

【野田佳彦首相】大雪対策に関する関係閣僚会議を開催

2月2日は何の日【野田佳彦首相】大雪対策に関する関係閣僚会議を開催
http://www.kantei.go.jp/

2月2日、野田首相は官邸で、大雪対策に関する関係閣僚会議を開催した。

野田首相は冒頭のあいさつで、「昨年の11月から日本海側を中心として、平年を上回る積雪があり、地域によっては平年の2倍以上の大雪となっています。この雪害により、死者50名以上出すなど大規模な人的、物的被害が発生をしています。まずは、お亡くなりになられた皆様にご冥福をお祈りするとともに、被害に遭われている皆様に心からお見舞い申し上げたいと思います。(後略)」と述べた。《首相官邸》

2011 平成23年2月2日(水)

平成8061日目

【大相撲八百長問題】発覚

2月2日は何の日 大相撲八百長問題が発覚

大相撲の野球賭博事件に絡み、警視庁が家宅捜索で押収した現役十両力士数人の携帯電話に、数十万円で勝ち星の売買が日常的に行われていたことをうかがわせるメールの記録が残っていたことが2日、捜査関係者への取材で分かった。

取組内容を打ち合わせたようなものもあったといい、警視庁は八百長をしていた可能性があるとみて、警察庁を通じ日本相撲協会を所管する文部科学省に記録の内容を伝えた。文科省によると、高木義明文科相は2日、相撲協会に事実関係の調査を指示した。《スポニチ》

【菅直人首相】”年金”民主案修正に言及


http://www.kantei.go.jp/

菅直人首相は2日の衆院予算委員会で、社会保障と税の一体改革の中核となる年金制度について「民主党案をベースとするが、そのままスライドするのではない」と述べ、民主党案にこだわらず野党の意見を取り入れて修正する可能性に言及した。2013年8月の衆院議員の任期満了まで消費税率を引き上げないかと聞かれ「基本的な考え方はそういう設計図だ」と述べた。

小沢一郎民主党元代表の証人喚問に賛成するよう求められたのに対し「国会で説明すべきだという考えは変わっていない。最終的には、かかわった政治家自身が自分の責任で対処すべきだ」と述べた。《福井新聞》

2010 平成22年2月2日(火)

平成7696日目

【サッカー・国際親善試合】日本0−0ベネズエラ

国際親善試合、キリン・チャレンジカップは2日、大分・九州石油ドームで行われ、国内組で臨んだ日本代表はFIFAランキング50位のベネズエラ代表と0―0で引き分けた。《スポニチ》

【鳩山由紀夫首相】岡田外相の発言に不快感


http://www.kantei.go.jp/

鳩山由紀夫首相は2日夜、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の継続使用の可能性に触れた岡田克也外相の発言に対し「周辺の安全性を確保するためにゼロベースで検討している。もともとの場所に戻ってきたという話では、答えにならない」と述べ、外相発言に強い不快感を示した。

一方、岡田氏は記者会見で「最悪の場合、今のままになりかねないとの危機感を表した」と継続使用の可能性に重ねて言及、政府内の足並みの乱れが鮮明になった。《福井新聞》

2009 平成21年2月2日(月)

平成7331日目

【相撲協会】大麻所持で逮捕された十両力士を解雇

日本相撲協会は2日、東京・両国国技館で理事会を開き、大麻所持で神奈川県警に現行犯逮捕された十両W容疑者(25)を解雇処分、師匠の尾車親方(元大関琴風)を委員から平年寄へ2階級降格にした。

より重い除名処分を求める声も上がったが、「かわいそう」の声が強く解雇となり、退職金529万円も支払われることになる。昨年8、9月の大麻問題で降格された2人の親方の再昇格も明らかになり、身内に甘い協会の体質が露呈した。《日刊スポーツ》

【タイ・アピシット首相】「日本の経済支援に期待」

タイのアピシット首相は2日、5日からの訪日を前にバンコクの首相府で共同通信など日本のメディアと会見し、政情安定化に向けた努力を強調した。また麻生太郎首相が先月末の世界経済フォーラム年次総会「ダボス会議」で表明した1兆5000億円以上のアジア支援方針を歓迎、「首脳会議で具体的な協力策を話し合いたい」と期待を示した。《福井新聞》

2008 平成20年2月2日(土)

平成6965日目

【ボクシング東洋太平洋Sフェザー級タイトル戦】内山高志選手が初防衛に成功

【中国当局】ギョーザ中毒事件「工場、安全上問題なし」

中国製ギョーザによる中毒で、中国河北省の輸出商品の安全を管理する同省輸出入検査検疫局の程邦局長は2日、石家荘市内で会見し、問題のギョーザを製造した「天洋食品」(同市)の工場の原料や生産過程に「安全上の問題は見つからなかった」と発表、工場では中毒の原因となった有機リン系殺虫剤「メタミドホス」を使用していなかったと述べた。《共同通信》

広告





2007 平成19年2月2日(金)

平成6600日目

【アニータ・アルバラードさん】服役中の夫と面会

青森県住宅供給公社をめぐる14億円横領事件で服役中の元職員S受刑者(49)のチリ人妻アニータ・アルバラードさん(34)が2日午前、山形刑務所でS受刑者と面会した。アニータさんは面会後、報道陣に対して「離婚はしない。離婚の話をしに来たのではない。2人の間のことなので、話の内容については話さない」と語った。

S受刑者については「寂しそうだったが、会えてうれしかった。また会いに来たい」と話した。その後「チリに帰る」と言い残してタクシーで立ち去った。山形刑務所前には報道関係者ら40-50人が詰め掛けた。アニータさんは1997年に結婚。横領した約14億円のうち、約11億円がアニータさんに渡ったとされる。《福井新聞》

【吉本興業】中国で尻露出、トミーズ健さんを謹慎処分

吉本興業(大阪市)は2日、中国・海南島で1月末に行われたテレビ番組のロケ中に尻を露出して地元公安当局から事情聴取された同社所属の漫才コンビ「トミーズ」の健さん(47)を謹慎処分とし、芸能活動を当面自粛させると発表した。

現場に同行していた同社の30代男性プロデューサーを含む同社関係者5人 はそれぞれ戒告または厳重注意。健さんは「ばかなことをした。もうお尻は出しません」と記者会見で頭を下げた。《時事通信》

2006 平成18年2月2日(木)

平成6235日目

【マツダ・MPV】フルモデルチェンジ

【ポートライナー】延伸開業

16日の神戸空港開港を前に2日、空港への連絡橋「神戸スカイブリッジ」(1.2キロ)とポートライナー延伸部分が開通した。連絡橋(片側1車線)は午前4時に柵が取り払われた。神戸空港駅ではテープカットの後、ポートライナーが午前5時20分空港駅発の始発から動き出した。《毎日新聞》

【紅海】1400人乗りフェリー沈没

エジプト海運当局によると、乗員・乗客約1400人を乗せたエジプトのフェリー「アルサラーム・ボッカチオ98」(1万1800トン)が2日夜(日本時間3日午前)、サウジアラビア沿岸の紅海で沈没した。AP通信によると、エジプト海運当局者は、3日午後までに現場海域付近で約180人の生存者が確認されたと明らかにした。

ロイター通信によると、少なくとも45人の遺体が収容された。サウジ出入国管理当局によると、同船に日本人は乗っていない。乗客の大半はエジプト人の出稼ぎ労働者やイスラム教の聖地メッカ巡礼の帰りだったという。《毎日新聞》

【東横イン不正改造問題】社長が障害者団体訪れ謝罪

大手ビジネスホテルチェーン「東横イン」(東京)による不正改造問題で、同社の西田憲正社長が2日午後、東京都豊島区の日本身体障害者団体連合会を訪れ、 障害者用客室を他の施設に改造するなどした法令違反や、記者会見で「身障者の利用が少ないので改造した」と述べたことについて謝罪した。《福井新聞》

【小泉純一郎首相】靖国参拝「批判する人の気持ちが分からない」


http://www.kantei.go.jp/

麻生太郎外相は2日の参院予算委員会で、天皇の靖国神社参拝を求めた自身の発言について「天皇陛下、政府の代表者が、隣国やいろんな人の意見に気兼ねすることなく参れるような状況を作り出すことが肝心だという意味で問題提起した」と真意を説明した。

これに関連して小泉純一郎首相は「首相が1人の国民として参拝するのがなぜいけないのか。批判する人の気持ちが分からない」と強調。同時に憲法の政教分離規定に触れ「神道を奨励するために参拝しているわけではない」と主張した。《福井新聞》

2005 平成17年2月2日(水)

平成5870日目

【三宅島】4年5ヶ月ぶりに帰島実現

避難指示が解除された伊豆諸島・三宅島への帰島第1陣の62人を乗せた船は2日午前5時すぎ、同島東部の三池港に到着した。島民らは東京都三宅村が用意したバス2台に分乗してそれぞれの自宅に戻り、4年5カ月ぶりにふるさとでの生活を再開した。《朝日新聞》

【小泉純一郎首相】「自衛軍」明記に賛成

2005年度予算案に関する衆院予算委員会の基本的質疑が2日、小泉純一郎首相と全閣僚が出席して始まった。首相は憲法改正に関連し「自衛軍の明記に賛成だ」と述べ、「自衛軍」の創設を認める考えを示した。

その上で「自衛軍が海外に派遣される場合に武力行使をしてはならない」と強調、改憲後も国連決議の有無に関わらず、海外での武力行使はすべきではないとの考えを表明した。《福井新聞》

2004 平成16年2月2日(月)

平成5504日目

【小泉純一郎首相】メジャー「登板」が決定

松井秀喜選手の所属するヤンキースが来日し、3月末に東京ドームで行われる米大リーグの開幕戦で、小泉純一郎首相が始球式を務めることが2日、主催者から発表された。

小泉首相が始球式を行うのは、現職首相では史上初だった昨年夏の全国高校野球選手権以来。米国では大統領が大リーグ開幕戦で始球式を行うのが恒例になっている。《福井新聞》

2003 平成15年2月2日(日)

平成5139日目

【元関脇・貴闘力】断髪式

大相撲、元関脇貴闘力の大嶽親方(35)=二子山部屋=が2日、東京・両国国技館で引退相撲を行い、断髪式では400人近くがはさみを入れ、貴乃花親方(元横綱貴乃花)、横綱武蔵丸、新横綱朝青龍が雲龍型の土俵入りを披露した。

大嶽親方は昨年秋場所で現役を引退後、二子山部屋で後進の指導にあたってきた。3日からは義父である大鵬親方の大鵬部屋へ移動する。大嶽親方は断髪後に「これからはフェンに喜んでもらえる力士を育てたい」と話した。《福井新聞》

【川口順子外相】沖縄県・稲嶺恵一知事と会談

川口順子外相は2日、那覇市の沖縄県庁で稲嶺恵一知事と会談し、在沖縄米軍基地の整理・縮小問題に関連し「国際情勢を好転的に変えていく努力、目に見える形での沖縄の負担を減らす努力を今まで以上にやっていかないといけない」と述べ、政府として基地削減を目指して取り組んでいく考えを強調した。《福井新聞》

2002 平成14年2月2日(土)

平成4774日目

【あずさ2号】一日限りの復活

兄弟歌手「狩人」のヒット曲の題名となり、その後のダイヤ改正で消えたJR中央本線の特急あずさ2号が2日、23年ぶりに新宿駅から信濃路へ旅立った。JR東日本が企画したこの日限りのイベント。9両編成、定員520人の列車は満席。出発に先立ち、狩人が新宿駅で「あずさ2号」を歌い、ムードを盛り上げた。《福井新聞》

【雪印牛肉偽装事件】雪印食品を一斉捜索

雪印食品の偽装牛肉事件で、兵庫、埼玉両県警と北海道警、警視庁の合同捜査本部は2日、詐欺容疑で、同社本社(東京)や関西ミートセンター(兵庫県伊丹市)、本社ミートセンター営業調達部のH前部長(55)の自宅など十数ヶ所を家宅捜索した。

3日以降も続行し、捜査場所は約30ヶ所に上る見通し。狂牛病(牛海綿状脳症)対策の在庫買い取り制度を悪用した同社の偽装工作は3ヶ所で確認され、捜査令状はH前部長ら3人の共謀による詐欺容疑。捜査本部は組織的な犯行とみて、全容解明と上層部の関与追及を目指す。《福井新聞》

【小泉純一郎首相】冬季五輪選手団を激励


http://www.joc.or.jp/

8日に開幕するソルトレイクシティー冬季五輪の日本選手結団式、壮行会は2日、秋篠宮さまご夫妻を迎えて東京都区内のホテルで開かれた。結団式では団旗がフィギュアスケート女子の恩田美栄・旗手代行(東海学園大)に渡され、スキー・ジャンプの原田雅彦主将(雪印)が「最高のパフォーマンスを発揮できるよう、全精力を尽くしたい」と決意表明した。

壮行会には小泉純一郎首相も出席し「みんなが見ています。素晴らしい奮闘、健闘をしていただきたい」と激励した。《福井新聞》

2001 平成13年2月2日(金)

平成4409日目

【町村信孝文科相】不登校は自由のはき違え

町村信孝文部科学相は2日、報道陣との懇談で、小中学生の不登校(登校拒否)について「戦後教育の欠陥だと思うが」とした上で「はき違えた個性の尊重、はき違えた自由が不登校を生んでいる」と発言した。

文部科学省は「不登校はほとんどの児童生徒にも起こり得る。いじめ、教師への不信感など学校生活上の問題が起因して登校拒否になる場合がしばしばある」との公式見解を示している。町村文部科学相の認識は、これとは隔たりがあり、論議を呼びそうだ。《福井新聞》

2000 平成12年2月2日(水)

平成4043日目

【衆院定数削減法】参院本会議で成立

衆院比例代表の定数を20削減する公職選挙法改正案は2日午後の参院本会議で採決に付され、自民、自由、公明3与党などの賛成多数で可決、成立した。

これに先立ち与党は同日午前、代表質問終了後の参院本会議に、委員会審議を省略した形で中間報告を求める緊急動議を提出、可決した。衆院で「野党抜き」の採決だった定数削減法案の取り扱いは、参院で「審議抜き」も加わり、国会の混迷に拍車をかけるのは確実だ。定数削減は周知期間なしで施行され、次期衆院選は比例定数を現行の200から180に減らして実施される。《毎日新聞》

1999 平成11年2月2日(火)

平成3678日目

【民主党・鳩山邦夫副代表】都知事選出馬に意欲

民主党は2日、東京都知事選に党都連会長の鳩山邦夫副代表を無所属候補として擁立する方針を固めた。羽田孜幹事長らが近く鳩山氏に対し正式に出馬を要請、併せて同氏の出馬決断の環境整備を急ぐ考えだ。

鳩山氏は同日夜、記者団に「出馬を決意したら党籍は離脱する。民主党の論理から離れ、自民党も民主党もなくなり都民のためを考えなければならない」と出馬への意欲をにじませた。《福井新聞》

【小渕恵三首相】エリツィン大統領と「ぜひ乾杯したい」


http://www.kantei.go.jp/

記者「ロシアのエリツィン大統領が1日に68歳の誕生日を迎えました。まだ完全に回復していないようですが、訪日に向けて心配はありませんか」

小渕首相「まだ全然そういた情報は入っていないし、もう病院は退院されたんだろう。健康をますます増進していただきたい。写真を見ると一杯飲んでおられるようだ。ぜひ乾杯したいわな。東京で」2日夕、官邸にて《福井新聞》

1998 平成10年2月2日(月)

平成3313日目

【郵便番号7桁化】

【日産・キューブ】発売

NI_S017_F001_M001_1_L
http://www.carsensor.net/

【ダイハツ・ストーリア】発売

【東京・江東区】中3男子がナイフで警官を襲撃

2日午前零時15分ごろ、東京都江東区亀戸7丁目の亀戸7丁目北公園前路上で、バタフライナイフを持った同区内の中学三年の少年(15)が、自転車でパトロール中の城東署地域課のY巡査部長(54)の右胸に切りつけた。少年は警棒を一時奪い、頭を殴るなどしたが、同巡査部長が少年を取り押さえ、強盗殺人未遂、銃刀法違反などの現行犯で逮捕した。

Y巡査部長は制服の下に耐刃防護衣を着ていたため、ナイフに寄る負傷はなかったが、もみあった際、頭部に七針縫うけが。少年も軽傷。少年は取り押さえられる際「けん銃をよこせばいい」などと口にし、調べに「1月中旬ごろから警官を殺してでも(銃を)撃ってみたいと思っていた。1月24日深夜にも警官を襲おうと自宅周辺を回ったが、警官と出会わなかった」などと供述しているという。《福井新聞》

【フランス政府】高速増殖炉「スーパー・フェニックス」の閉鎖・解体を決定

フランスのジョスパン左派連立政府は2日、リヨン郊外クレイマルビルにある高速増殖炉「スーパー・フェニックス」の閉鎖・解体を正式決定した。

1986年に運転を開始した同炉は、約600億フラン(約1兆2千億円)の大金を投入しながら、実際に稼働したのはわずか6ヶ月という不名誉な結果を残して姿を消すことが確定した。《共同通信》

【橋本龍太郎首相】6兆円補正も視野


http://www.kantei.go.jp/

橋本龍太郎首相は2日の参院予算委員会で、追加的な景気対策の検討に当たっては「政党、民間などいろいろ意見がある。これらに注意を払いつつ業務を行うのは当然だ」と述べ、自民党の野中広務幹事長代理が提唱した6兆円規模の1998年度補正予算編成も対象に含める考えを示した。

ただ首相は、景気対策として当面は97年度予算案、98年度予算案などの早期成立が重要との姿勢を重ねて強調した。《福井新聞》

広告




1997 平成9年2月2日(日)

平成2948日目

【橋本龍太郎首相】ペルー・フジモリ大統領との会談を終え帰国

【第49回社会人ラグビー】東芝府中、9大会ぶり2度目の優勝

ラグビーの第49回全国社会人大会最終日は2日、東京・秩父宮ラグビー場で決勝を行い、東芝府中が39−21で三洋電機を下して、9大会ぶり2度目の優勝を果たした。《福井新聞》

【第46回別府大分毎日マラソン】ロランド・ベラ選手が初優勝

第46回別府大分毎日マラソンは2日、大分市営陸上競技場を発着点とする42.195キロのコースに海外招待の6カ国7人を含む275選手が出場して行われ、ロランド・ベラ選手(エクアドル)が2時間12分0秒で初優勝した。《福井新聞》

1996 平成8年2月2日(金)

平成2582日目

【福井県敦賀市】一晩で68センチの降雪

第一級の寒波が居座っているため福井県地方は2日、嶺南や奥越を中心に大雪に見舞われた。敦賀市では前日朝から68センチの降雪があった。一日の降雪量としては21年ぶりの記録。このため北陸自動車道が上下線とも福井ー滋賀にかけて通行止めになったほか、国道8号も敦賀を中心に渋滞し完全にストップ。JR北陸線も終日ダイヤが乱れた。《福井新聞》

【大和銀行】米国から撤退

ニューヨーク支店で起きた巨額損失隠ぺい事件で、米司法当局から業務閉鎖を命じられていた大和銀行は、撤退期限の2日、業務時間が終了した午後5時に米国内全拠点の業務を停止し、40年にわたった米国内での活動を停止した。《共同通信》

1995 平成7年2月2日(木)

平成2217日目

【山陽新幹線】復旧はGW明けに

JR西日本は2日、阪神大震災(兵庫県南部地震)で、不通になている山陽新幹線の新大阪ー姫路間を当初予定より約1ヵ月早い5月連休明けにも復旧したい、と発表した。被災区間の被害上京を詳しく調べた結果、短縮が可能になった。

芦屋ー神戸間が不通の東海道線も同時に全面復旧させる予定。復旧費用は総額約1200億円に上る見込み。

東海道新幹線は既に東京ー新大阪の全線で運転しており、阪神間で途切れている日本の交通の大動脈も地震から約4ヵ月ぶりに全面開通することになる。《福井新聞》

【村山富市首相】国際救助隊の国内出動へ道を


http://www.kantei.go.jp/

村山首相は2日の衆院予算委員会で、国内の大災害時の国際緊急援助隊の出動問題について「海外には出られるが、国内で組織的に働いてもらえない。仕組みに検討を加える必要がある」と述べ、国内で組織活動ができない同援助隊派遣法改正を早急に目指す考えを明らかにした。《福井新聞》

1994 平成6年2月2日(水)

平成1852日目

【東京高裁】長男刺殺の父に実刑

家庭内暴力を振るう長男を刺殺したとして殺人罪に問われた浦和市の元高校教諭A被告(55)=懲戒免職=と妻のB子被告(51)の控訴審判決が2日、東京高裁で開かれた。

佐藤文哉裁判長は「確定的な殺意を持ち極めて残忍な犯行。対話などの努力を尽くしておらず、殺すまでのことはなかった」と述べ、A被告について懲役3年、執行猶予5年とした一審浦和地裁判決を破棄し、懲役5年を言い渡した。B子被告については、懲役3年、執行猶予5年の一審判決を支持、検察側控訴を棄却した。

両被告、検察とも上告しない見通し。《福井新聞》

【細川護熙首相】自民党・河野総裁と会談


http://www.kantei.go.jp/

細川首相と自民党の河野総裁の連立政権発足後3回目のトップ会談が2日午後、首相官邸で開かれた。

両首脳は、政府が近くまとめる総合景気対策を中心に意見交換し(1)深刻化する不況に対し、早急に大型景気対策を策定する(2)日米首脳会談を成功させる(3)今後もトップ会談を必要に応じて行うーことで一致した。

この中で河野氏は、自民党がまとめた5兆円超の所得税減税を含む総額15兆円規模の緊急景気対策を細川首相に示し、早急に第3次補正予算を策定するよう要請した。

首相は「極力景気対策に反映させる」と、自民党の提案を可能な限り受け入れる姿勢を示した。1994年度予算については、自民党が別に要求をまとめ政府に示すこととし、減税財源のための消費税の問題などは話題にならなかったようだ。《福井新聞》

1993 平成5年2月2日(火)

平成1487日目

【カンボジア政権軍】ポト派攻撃は地域奪回が狙い

プノンペン政権のキュー・カナリット首相府顧問とバン・タイ軍事顧問は2日記者会見し、国連カンボジア暫定統治機構(UNTAC)が1日発表した同政権軍によるポル・ポト派に対する大規模攻撃を確認した。農民の保護や、ポト派が違法に占拠した地域の奪回などあくまでも自衛の措置であることを強調、「ポト派の攻撃がなくなればわれわれの反撃も終わる」と述べた。

タイ顧問らは、今回の問題についてUNTAC側と協議する方針を示し、もし条件が整えば戦闘地域から政権軍を撤退させ、代わりにUNTAC部隊に常駐してもらう考えがあることを明らかにした。《共同通信》

【宮沢喜一首相】国会空転で官邸待機


http://www.kantei.go.jp/

宮沢首相は2日、衆院予算委員会の審議が2日連続で空転したため、官邸で待機状態。1月の新車登録台数が7ヶ月連続で前年実績を割り込んだことに記者団が触れると「そうだなあ。12%減となっているなあ」と底なしの不況にため息。

「1月というのはいつも悪いんだがな」とぶつぶつ言った後「下げ止まっていないという感じだ。下げ止まっていない」と繰り返した。春先からは景気回復すると期待を込めた威勢のよう国会答弁とは裏腹に冬景気を実感している様子。《福井新聞》

1992 平成4年2月2日(日)

平成1121日目

【東京】震度5

2日午前4時4分ごろ、関東を中心に強い地震があった。東京で震度5(強震)、千葉などでも震度4(中震)を記録し、東海から東北地方まで広い範囲で揺れた。

気象庁の観測によると、震源地は東京湾南部の浦賀水道で、震源の深さは90キロの直下型地震。マグニチュード(M)は5.7と推測される。東京地方で震度5を記録したのは昭和60年10月4日以来で約6年4ヶ月ぶり。津波はなかった。《福井新聞》

【別府大分毎日マラソン】ディオニシオ・セロン選手が大会新記録で優勝

第41回別府大分毎日マラソンは2日、大分市営陸上競技場を発着点とし別府国際観光港を折り返す42.195キロのコースに外国招待5カ国7選手を含む490人が参加して行われ、ディオニシオ・セロン選手(メキシコ)が2時間8分36秒の大会新記録で優勝した。《福井新聞》

1991 平成3年2月2日(土)

平成756日目

【湾岸戦争】イラク軍、再びミサイル攻撃

湾岸戦争はサウジアラビア国境付近での地上戦闘が沈静化する中で、イラクが2日夜から3日未明にかけて、サウジのリヤド、イスラエルに対し計3発のミサイル攻撃を行った。

リヤドへ撃ち込まれた1発は、米軍のパトリオット迎撃ミサイルが破壊したが、破片が住宅街に落ち、サウジ国営通信によると29人が軽傷を負った。《共同通信》

【海部俊樹首相】答弁準備念入りに

4日から始まる衆院予算委員会を前に、海部首相は2日、東京・虎ノ門のホテルオークラにこもり、石原信雄官房副長官と有馬竜夫内閣外政審議室長を呼んで、想定問答集に目を通すなど、答弁の準備に念を入れた。

今国会は「首相にとって失敗の許されない国会」(自民党安倍派幹部)。というのも、予算委の最大の焦点は、多国籍軍への90億ドル(約1兆1900億円)の追加支援と自衛隊輸送機派遣問題だが、首相はこの決定をブッシュ米大統領に伝え、すでに国際公約になっている。そのため国会で対応をしくじり、90億ドルを支出できない事態になれば首相の政治責任が問われるのは必至だからだ。

それだけに、首相は、政府答弁のもたつきもあって廃案となった「国連平和協力法案の二の舞いは絶対に避けたい」(側近)とし、答弁には慎重のうえにも慎重を期す構えだ。《読売新聞》

1990 平成2年2月2日(金)

平成391日目

【プロ野球・近鉄】日本一に向け始動

悲願の日本一を目指す近鉄のキャンプが2日、サイパンのハファダイ球場でスタートした。気温31度。常夏のサイパンの日差しが照りつける中で正午すぎから練習が始まった。

準備運動、キャッチボール、ペッパー、守備練習、ハーフ打撃も行い、50メートルのダッシュを15回。そして筋力トレーニング。初日から精力的な動きだった。

澄み渡る青空の下でのキャンプインに仰木監督の表情も緩む。前日は雪の大阪を出発しての現地入りだった。それだけに「いい天気でよかった。きのうの藤井寺は雪が積もっていたもの。最高のコンディションでスタートが切れたね」と声が弾んだ。

昨季は”熱パ”を制し、あと一歩のところまでいきながら日本一を逃した。ハファダイ球場のセンターポールに掲げられるはずだったチャンピオンフラッグはお隣のグアムでキャンプを張っている巨人のものになっている。しかし仰木監督は「就任3年目でチームの形は備わってきつつある」と今季は勝負ありげである。

チームは若返った。サイパンキャンプ参加メンバーで30歳を超えているのは新井、大石だけ。あとはすべて20代である。さらにMVPのブライアント、新外国人トレーバー、最多勝、奪三振王の阿波野、そしてスーパールーキー野茂など、今年の近鉄には”派手”な部分も出てきた。

仰木監督は「粘りに若さと熱気が加わった。どれくらいうまくなるか楽しみ。それを開幕して1、2ヶ月で感じられたらいいんだが……」とスタートダッシュをもくろんでいるかのようである。《共同通信》

【5党首討論会】

海部自民党総裁(首相)、土井社会、石田公明、不破共産、永末民社の各委員長による5党党首討論会が2日午前、3時間にわたって東京・内幸町の日本記者クラブで開かれた。

総選挙後最大の焦点となる消費税について、海部首相は昨年12月に自民党がまとめた見直し案を実現して定着させることを強調する一方で、総選挙後の特別国会での与野党協議には再見直しを含んだ柔軟な対応をしていく考えを表明した。しかし野党はそろって廃止を主張、与野党の対立が改めて浮き彫りとなった。《福井新聞》

1989 平成元年2月2日(木)

平成26日目

【社会党・山口鶴男書記長】野党共闘で解散を

社会党の山口書記長は、2日、来賓として出席した総評臨時大会であいさつし、今国会への取り組みについて「改めて野党共闘の構築を図り、リクルート疑惑を徹底究明する」と述べた。

さらに「野党の足並みをそろえた闘いを通じ、竹下内閣の早期退陣、解散・総選挙を実現したい」と強調、前国会で亀裂が生じた社会党と公明、民社両党との関係修復を目指しながらリクルート問題で政府・自民党を追求する方針を示した。《読売新聞》

【竹下登首相】米・ブッシュ新大統領と会談


http://www.kantei.go.jp/

ブッシュ政権発足後、初めての竹下首相とブッシュ米大統領による日米首脳会談が2日午前11時すぎからホワイトハウスで約2時間にわたって行われた。

この結果、両首脳は「日米関係は世界の他の国々にとっても重要」との認識の下に、日米二国間にとどまらず、あらゆる分野での日米共同作業による問題解決の原則を確認。米側は「目に見える形で安全保障や対外援助を実行すれば、日米関係はさらに良くなる」と日本の責任分担増を求めたのに対し、首相も「最大限の努力」を約束した。《共同通信》

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 366 平成の記録 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.